最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2018年1月14日 (日)

ありがとう

Img014_2
この写真は、グランマの通うディサービスに、ネイルアートの方が来て爪に塗って貰った
と喜んでいる所です。

年末の29日に退院して来て、どんどん体力が落ちて来ていたグランマが1月12日に
静かに眠るように旅たちました。
念願だった、家での看取りで、特別な治療はしませんでしたので、何も器具を付けていない
し、痛いとか苦しい事もなく、ほぼ私がそばにいると言う数日を過ごしました。
認知が進んで、訳が分からない不安から、時々困る事を言いだして、時には怒ったり
宥めたりした日々からも解放されて、おしめを替えたり、体を拭いたり入れ歯を洗ったり
すると「ありがとう~なんと言って良いか分からない」と感謝の言葉を言う。
大丈夫よと声を掛けると、私が「疲れてしまうね」と言うのです。
手を撫でたり、足をさすったり、私は本を読んだり、一緒にテレビを見たりしていました。
それは、私が旅や山へ行って帰り、その時の出来事を話をすると、喜んで聞いて呉れた
頃のグランマです。
11日の夜は、グランマの部屋に私も一緒に寝て、クルミも一緒です。
そして、12日の早朝に旅立ったのです。
私1人が見送り、娘たちに早朝ですが連絡しました。
早朝にもかかわらず医師もやって来て、ご自宅で看とられて良かったですねと言って
下さった。
娘たちがやって来るまで、1人でずっとグランマの傍で語りかけていました。
近くの娘が一人でやって来て、その時、ずっとため込んでいた気持ちが溢れてしまい、とう
とう、二人で抱き合って号泣、娘から、背中を撫でられて一気に気持ちが落ち着いた。
間もなく上の娘もやって来ました。

忙しくなるなと覚悟した居たら、葬儀社の方が、年末年始で火葬場が押せ押せで、17日し
か空いていないのでと言われ、その間は、家で毎日ドライアイスを交換して、納棺師が
日々のケアをすると言う事で、まだ自宅で眠るようにいます。
綺麗に化粧もされて、声を掛けると目を開けそうです。
この日々が一気の喪失感も無く、ゆっくり別れが出来ると思います。
ディサービスの方やケアマネさんが来て下さり、写真を何枚も届けてくれました。

故人の強い強い希望が以前より有り、守らなかったら化けて出るよと言われていたので
無宗教の他の方を呼ばない私たちだけのお別れ会としました。
お友達も姉妹も弟たちも亡くなっていて、本当に親しかったと言う方も高齢で遠方と言う事
も有ります。
後、1週間で100歳だったのにと娘たちと残念がっています。

言葉がはっきりしなくなって、最後に分かった言葉は「ありがとう」でした。
それは私たちがグランマに送る言葉です。
Img015
励ましの言葉を沢山頂きました。ありがとうございました。

これからは、1人暮らしになりますが、グランマの様に、明るく、元気に過ごして行きたい
と思っています。

2018年1月10日 (水)

新しい年に思う

新しい年を迎えましたが、退院したばかりのグランマの事も有るので、近くに住む
娘夫婦が3日にやって来ただけでした。
例年なら、色々料理も沢山作ってでしたが、結局買い出しもままならずで何時もの
食事のお正月を過ごしました。

グランマは退院してから食事はほんの少しをやっと食べるくらい。
トイレにも支えながら行きました。
私たちは、入院する日の朝もきちんと食べて、2階の食堂まで歩いていたので、
以前の様になると信じていました。
1週間の寝たきりの生活が、すっかり体力を奪ってしまったのです。
どうしたら食べるのか、好きそうな物をあの手この手で色々しました。
とうとう食べないのが心配で、高エネルギーの栄養ドリンクを飲ませるようにした。
1本で200キロカロリー有るそうです。それを1日1本半位飲む。
水分不足が心配で常に吸い飲みで飲ませる。
それが段々ドリンクも飲まなくなる。トイレに行こうとして部屋から出ることが出来
ない。歩けなくなって来ました。

ようやく4日になってケアマネさんと連絡がついて、これからの相談をする。
連休明けの9日にケアマネさんと、ヘルパーさん、介護用品の会社の方が家
まで来ました。
介護用品は今まで借りていた手すりや車いすをお返しして、電動ベットを借りる
事にした。
ヘルパーさんは月曜水曜金曜で、着替えと体を拭いて貰う事で来て呉れる事に
なった。
もう少し早くから出来たら良かったのですが、年始と連休とで仕方ないです。
この日の午前中に町内のかかりつけ医の所へ行き、往診が出来るか相談に行く
と、良いでしょうと言われホッとする。

10日は、ドリンクも飲みたがりません。
丁度介護用のゼリーをネットで注文して有った物が届いたのですが、1口で
もう良いと言う。受け付けるのは水だけです。
お昼過ぎに医師が来てくれました。
ケアマネさんにもお話しましたが、医師に、私たちの希望としては、入院はしない
で、最後まで家で看たいと言う事です。
病院へ行けば、本人は理解できず不安がるだろうし、私たちも好きな時に傍に居られないのは寂しいと。
医師もそれは理解して呉れました。
苦しい事、痛い事をしてまでと言う事では無く、すぐ家族が近くにいて気持ち良く
過ごせる事を優先します。
医師も往診して呉れるので、来週からはヘルパーさんも来てくれる。
金曜日には介護ベットが入るので、介護する私たちにも楽になります。

グランマは、見返りを求めない無私の愛で家族を支えて来てくれたのです。
私も子供たちもそんなグランマに甘えて来ていました。
夫が旅立ってからはグランマが居たから、私も頑張れました。
戸籍の上では私の伯母さんですが、子供がいない伯母は私が生まれた時に
母の手を引っ張りお産は大変だと実感しながら、初めて抱いて、それ以来ずっと
私を子供の様に可愛がって来て呉れました。
母は57歳で伯母の事をお願いねと言って亡くなったのです。
祖母に対する記憶の無い娘たちは、ずっとおばあちゃんとして甘えて来ました。

皆が大変ねと言って呉れますが、今はグランマに掛かりきりで他の事はあまり
しないので、精神的以外は大変では有りません。
心配する友人たちが情報を呉れて、良いゼリーが有るとか、綺麗な花かごを届
けて呉れたりして、良いお友達を持てたのも、グランマの影響です。

しばらくはブログの更新は出来ないかも知れませんが、グランマとの良い時間を
過ごして居ると思って下さい。


2017年12月30日 (土)

年末

今年も残すところ1日。色々な事が有りました。
相変わらず孫との過ごす時間を楽しむ事が多く、7月には我が家には初めての
男の子が生まれました。
2年で3人の孫が出来るなんて、と友人たちから嬉しい祝いの言葉を貰いました。

昨年末に我が家の子になった大福が9月に突然いなくなり、散々探したりしま
したがとうとう帰って来ませんでした。
絶対家を忘れたり、私の事を忘れるような猫では無かったので、事故に有った
のだと思っています。
甘えっ子で、デブ猫であちこちオシッコして困った所も有りましたが可愛かった。
残った、クルミは心細いのか、私の行く所を付いて歩くようになったし、居ないと
探す。

平穏に年を越すのかと思っていたら、23日の朝、風邪気味だった
グランマが咳き込んで苦しんで、普通ではないと思い救急車を呼んだ。

近くの大学病院はダメで、少し遠い労災病院が受け入れて呉れると言う事で、
私は後から車で追いかけた。
もしも入院となったらと、タオルやティシュなどを持って行くと、うっ血性心不全と
頻脈性心房細動と言う事で入院となりました。
病室へ行くと、酸素吸入、点滴の状態で、娘たちに連絡しながら覚悟はしてと伝える。
不安な日を過ごして、翌日行って見ると、酸素吸入が外れて鼻への酸素だけ
になり、相変わらず点滴はされて居た。
遠くに住む上の娘も日帰りで来る。
下の娘と3人で病室へ入ると、喜んだ。
と、看護師さんが来て、心拍数が急に上がったのでと点滴に薬を入れる。
娘たちを見て嬉しくて心拍数が上がったのでしよう。
長期入院を覚悟していましたが、数日して病院から安定していますから退院
して良いと許可が出た。
1週間の入院で帰って来ました。
娘たちはグランマは不死鳥だと喜ぶ。
しかし、後20日程で100歳になるのです。寝たきりの7日間は体力を奪い、
ちゃんと歩く事は難しい。
車椅子を持って迎えに行きましたが、車に乗せる時と家について下ろす時が
少々大変でした。
お正月を病院では可哀想だと思っていましたから、ちょっと安心。
しかし、トイレに連れて行く時はかなりの手助けが居るし、食事も雀の涙ほどで
体力が付くにはまだまだです。

これからの家での過ごし方を、様子を見ながら考えて行きたいです。
と言うのは老老介護ですから、娘たちから母親が倒れたら困ると言われて、
ケアマネさんと相談しながら、ヘルパーさんの事、元気になったらディサービス
へ行きたいとこの先を見ています。

さぁ、来年はどんな年になるでしよう。
孫たちは2歳になります。いつ見ても可愛い。まだまだ舌足らずで何を言って
いるのか分かりませんが、飛びついてこられるとその温もりに愛しさを実感する。

あまり更新は頻繁に出来ないかも知れませんが、どうぞ、来年も山百合日記
よろしくお願いします。
そして、皆様も元気て良い年をお迎えください。
20171230_155021 20171230_155422
すっかり冬景色の庭で咲いている花です。

2017年12月 4日 (月)

色々な事が有った

11月の末に私の誕生日が来ました。
74歳になりますが、来年は後期高齢者とか、実感は有りませんが、そうなのでしょう。
そして、去年は上の娘がサプライズで帰って来ました。
今年は無いだろうと思っていたら・・・・何と、キッチンで夕食の下準備をしていたら
階段の辺りで、「ばぁちゃん」と言う声がした。
急いで見ると、みーちゃん1号がママと一緒にいるでは無いですか。
びっくり、泣きそうになりました。
下の娘も合流して、私の誕生会になりました。
Img_20171130_182019
美味しく頂きました。

2泊3日の予定でしたから、翌日はグランマも連れて下の娘の家に遊びに行きました。
その日は下の娘も家に来てお泊まり。
みーちゃん1号とみーちゃん2号は1号が積極的に接触しようとするので、2号
の方が怖がってバタバタとしています。
最終日は、近くの農業センターへ遊びに行き、そこでお別れです。
紅葉が綺麗に残っている所が有り、落ち葉の下や芝生広場で一杯遊んだ。
1512223087647 1512223223380
孫たちが帰って気の抜けた私ですが、何とか養老渓谷の紅葉も見ておきたいと
グランマを車に乗せてドライブして来ました。
何時もなら、4日の今日辺りは綺麗なはずでしたが、残念終盤でした。
001 004
006  007
010 011
全部が綺麗な時には間に合いませんでしたが、一部は残っていて、今年は
これで満足する事にしました。
グランマも、喜んだり、寝てしまったり、妄想話をしたりと少しのドライブを楽しん
で呉れて良かった。
明日は、忘れているかなぁ~

2017年11月29日 (水)

紅葉の季節

この所の寒さで庭も色づいて来た。
友人からの連絡では、先週はまだ養老渓谷は紅葉には早かったと言っていた。
 
門の前に有るドウダンツツジが綺麗になって居る。
右のモミジは、勝手に生えて来て、どうしようかと思っている内に大きくなって
しまった。
余り色は良くない。綺麗な紅葉を期待してもダメかしら。
002_2  003_2  

我が家の優等生のブルーベリーも綺麗です。
今年は忙しかったのに、豊作で20キロ以上収穫が有った。
ジャムにする時間が無くて、一部冷凍しておいた。
005_2  009_2
鳥さんの贈り物があちこちに出て大きくなっている。マンリョウ。
006_2  
007_2
アメリカハ
ナミズキも来年のつぼみが一杯ついている。
010_3   011_3
まだ11月なのに 早くも水仙がつぼみが出ている。
この水仙は日本水仙で、プランターに入れて有る物で、ここに何時の間にか
菊が出ていて、伸び始めたつぼみと一緒。
何時もは、お正月間近に咲くと思っている水仙、今年は早い。
012_2   014_2

最近は、このネメシアがあちこちに出てまだ咲いている。
南天も鳥に食べられる前で実が可愛い。
016_2 018_2
最近のくるみ。
001
娘が来ると、もれなく煩いチビが一緒。
キャーっと言って脅したりするし、触りたくて追いかけるから逃げたり威嚇したり
する。
そんなこんなで落ち着かないのか、娘が来た日は、特に夜になってベットに
入ると甘え放題。
寝ている私の顎に頭を乗せて、時には口や鼻の辺りに毛皮が有るので呼吸
困難。
寝返りすると、ちゃんと懐に入るように自分も移動して来る。
ご近所のミミちゃんが家に入りたがるんだけど、クルミの怒りが爆発して、今まで
聞いた事のないような声で脅すので、家に入れるのは止めた。
猫でも、焼きもちを焼くんだわ。


2017年11月18日 (土)

11月

色々と忙しくしていたら11月になってしまっている。

忙しいと言っても、グランマの事と、娘のSOSと言うか、私が孫に会いたくて
行くか、来るか、散歩して遊んでいたのです。

最近は、ショートステイも中々空きが無くて、空が有ったらとお願いてしておき
やっと13日から2泊3日で取れました。
上の娘の所へ行く事が出来た。
グランマは、少々嫌そうでしたが、無事に送り出してから、アクアラインバスで
新宿まで行く。
そこから電車を乗り継いで武蔵五日市。
以前は三頭山などへ行くのに、電車や車で行った居た。ここまで来ると、山歩き
をしていた頃が懐かしい。
当日は孫も含めて楽しく過ごす。
実は、月末で74歳になる私の為にと、サプライズが有りました。
Img_20171113_205340 Img_20171113_205451
いきなり、娘が電気を消すので何事かと思ったらケーキ登場。
一気にローソクの火を消せなかったcoldsweats01
美味しく頂きました。手袋も貰って、嬉しいサプライズでした。

娘の運転で翌日は都民の森から奥多摩へ。
Img_20171114_111719
都民の森の入り口の紅葉が綺麗。数本はもう散っていた。
以前鍋っ子遠足でも来たし、新緑の時も来たと懐かしく見回す。
Img_20171114_114539  Img_20171114_120709
Img_20171114_120716 Img_20171114_120754
紅葉が見られて嬉しいです。

3日と言っても楽しい日々はあっという間。
最後の日は、近くの広徳寺の銀杏を見に行きました。
カメラマン沢山来ていた。
Img_20171115_094957 Img_20171115_095254
Img_20171115_095322  Img_20171115_100919
1510737763343 Img_20171115_101517
黄色の絨毯の様に綺麗な落ち葉で喜んで走り回る孫。
Img_20171115_095756 Img_20171115_095709
この木は、タラヨウと言うモチノキ科の樹木と有ります。
赤い実が綺麗、都内最大の大きさだそうです。
Img_20171115_100622
我が家の方はまだまだ紅葉は少し先でしょう。
思いがけず綺麗な紅葉に満足して帰って来ました。

沢山お喋りするようになった孫とは、どこまで通じたかは分からないけど、
滅多の会えないのに、ばぁちゃんばぁちゃんと後追いして可愛かった。
次に会えるのは年末か、年始ですね。待っているわ(^^)

帰って来ると、下の娘が風邪気味。
と言う事でこちらにやって来ました。
天気の良い日はみーちゃんと散歩。近くの公園まで歩いて行きます。
雨の日は、おんぶして傘をさして近所を散歩します。
柿の実やミカンの実を見ると、喜ぶ。
わぁーっと感嘆の声を上げるのは、娘の子供の頃にそっくりです。
そして、みー君が泣いていると、撫でてやったりします。
これからはもっと仲良く出来るでしょうね。喧嘩したりして成長すると思うのも
楽しみです。
1510912004580
みー君も大きくなり、重くて、私の抱っこも段々大変になります。
寂しがりで顔が見えないと泣く。あやすとニコニコするのが可愛いです。
と相変わらず孫バカバァバで元気に過ごして居ます。

とは言っても、膀胱炎や胃腸炎にもなり、体調管理は大切だと実感する日々です。
グランマも分かっている様で色々物忘れや妄想で困ることも有ります。
夜、眠りにつこうとする頃に、訳の分からない事で起こされたり、明け方3時半
頃に、覚えのない物が届いている話をして来たり、安眠妨害です。
みー君をあやしていると100年の時を隔てて会話できているかのようにみー君
が声を出しています。
グランマも、孫たちが来ることがとても楽しみの様で嬉しそうです。
そんなこんなの日々、次はいつ更新できるかな・・・

2017年10月12日 (木)

秋の花

暑い日が続いた。明日から10度ほど下がり寒いらしい。
なんて事でしょう。こんなに気温の上げ下げが激しいと困ります。

庭の花も秋色になって来ました。
004 005
008 012
011 013
コスモスも普通の花のはずなのに、こんな違う色が出るようになった。
003 009
マリーゴールドは1株おまけに貰ったのに、いつのまにか種がこぼれて増えてる。
バラは春だけの1期咲のはずなのに、まだ時々咲く、不思議。
016 021
020 027
028 030
相変わらずごちゃごちゃと咲いている。もう少し整備出来たら良いんだけどね。
002 015
023 017
こぼれ種のコキアが赤くなって来た。
この様になるのを待っていたので、グランマも大喜びです。
そして、Tさんちの猫が遊びに来る。玄関を開けると入って来る。
029
この間は2階でくーちゃんとフーフー言い合っていたけど、迫力なしで、私が
この猫を抱えて外に出した。
朝晩遊びに来るのはどうしてかしら。

2017年10月 5日 (木)

10月

10月になり、今日は寒いです。
最近は徐々に季節が移って行くと言う事が少なく、暑いと思っていたら秋になり、
それでも暑い日が有ったりしたのに今日の様に急な寒さは応えます。

みー君があやすと笑うようになりました。
とても良い子で、1ケ月検診が終わり、大人と一緒のお風呂に入れる様になって
から、夜中か明け方に1度ミルクで起きるだけ。
Img_20171002_175925
ママを見て笑うみー君。丸々として可愛いです。
話しかけると声が出るようになったし、成長が楽しみです。
暑さが去り、みーちゃんとは外散歩の季節です。
散歩に行こうと言えば、私の手を取って、階段を下りて、玄関で靴を履いて
外に出ます。
こう言う事はイヤイヤとは言いません。
飛行機を見るとアッアッと言って指差すし、少し言葉は遅いかも知れないけど
いつか、お喋りになるだろうと思っています。
おうちに入ろうと言えば、イヤイヤです。
反省している事は、何かする時に、私のよいしょと言うのを覚えてしまい、ヨッショ
と言います。わざとお茶を飲んであ~っと言うのも真似しています。

大福が居なくなって、クルミは落ち着かないのか、私の膝に乗って甘えっ子です。
Img_20171002_080800 Img_20171002_080820
膝に乗るだけでは嫌で、ちゃんと私が抱っこするように腕で支えないといけない。
この写真は膝に乗るクーちゃんを右手で抱えて左手で撮ったものです。
夜は、相変わらず枕の横に来て、頭を私の顔にどんと押し付けてから、ぴったり
くっついて寝ています。
これから寒くなったらお互い暖かくて良いんですけどね。

体調は良いと思っていましたが、先日膀胱炎になり、辛い2日を過ごしました。
病院で薬を貰ったので早く回復しましたが、1週間は薬を飲み切ると言う事で、
来週もう1度検査となりました。
静かに過ごせと言うので、折角楽しみにしていた東京で開かれている、友人の
ボタニカルの個展に行けなくなりました。
最近は東京に行く事もなくなり、引きこもりです。
終末は大阪で義兄の法事、こんな事で姉弟が集まるようになって、以前は親の
法事だったのに、明日は我が身かと現実味を感じています。



2017年9月26日 (火)

9月も終わり

暑いと言っていたら急に涼しくなったり、また暑くなったりと忙しい9月でした。
そろそろ本当に涼しくなると予報は言っています。
お蔭で、延び延びになって居た大根の種まきも済んで、芽が出て来ました。
これで冬の大根確保です。

大ちゃんが居なくなったら、今までも時々遠くで顔を見せていたTさんちの猫が
馴れ馴れしくやって来て、クロと一緒にご飯と鳴きます。
そして、撫でさせるし、抱っこも平気です。
甘えて、すり寄って来て、今日は、グランマをディから帰って来るのを待っている
車いすに乗っている。
足元に絡みついて危ない。
001
中々見た目はゴージャスな猫です。今度機会が有ったら名前を聞いて見る。
窓からそんな様子を見ているクルミにシャーっとは言ったりするけどね。
クルミは夜になると、大福を探して鳴いています。

庭の花も、まだ菊はこれから、コスモスもボチボチです。
002 003
006 011
008
ルリマツリは増えて、2ケ所で咲いています。
ペチュニアは、一度盛大に咲いて弱り、切戻したら復活して元気に咲き始めました。
ランタナは増えて困るので、時々切っています。
シュウメイギクはつぼみが一杯、これから沢山咲きますね。
涼しくなったら、草取りと、伸びすぎた木や、花たちを整理しなくてなりません。
砂利を敷いた所は草も出ないで、去年まで見ているだけでストレスでしたが、
今年はとても気持ち良いです。

今日は、友人から生姜を2キロ頂いたので、甘酢に漬けました。
Img_20170926_204632
少し待って、味がしみたら頂きます。
日持ちがするので、かなり楽しめます。
ご馳走様ですhappy01

2017年9月19日 (火)

大福の事

金曜日の夜、二階でテレビを見ていた私が1階の部屋へ戻ると、寝ていた大福と
クルミが一緒に付いて来た。
こうなると、大福は外に出たいと鳴いて来る。
私の部屋の窓を開けると、外を見ながら尻尾をぶんぶん振り、それから外に出る。
土曜日の朝、何時もの様に、窓を開けて、「だいちゃん」と呼んでも来ない、野良の
クロだけが餌を呉れと鳴く。
どうした物かと思っていたけど、とうとう夜になっても帰って来ない。
そして、どこにも気配はしない。
休日明けの今日、ごみ処理場に電話して、私の住む町内で猫の処理を頼まれ
無かったか問い合わせした。
土曜日からでは遠い地域が1件だけとの事でした。
以前野良猫のシャムちゃんの時も、美容院の人がほんの少し引かれた状態を
見たと言うだけで、結果どうなったのか分からないままでした。
多分金曜日の夜か、土曜日の早朝に事故に有ったのだと思う。

昨年末に酷い風邪を引いていた大福を保護して、家の子にしてから色々な事が
有りました。
今まで飼ったどの猫より手が掛かり、どの猫より甘えっ子でした。
寒い間は、2匹で私の布団に入って来て、私は猫まみれで寝ていた。
去勢したのに、春になったらクルミを襲うようになり、クルミから怒られても怒られ
ても治らずで、外に出たくて窓をガリガリしたりして、それがダメと分かると私の
布団におしっこする。
グランマの部屋のふかふかのカーペットにもおしっこする。
とうとう、根負けして外に出してやりました。
それからは、家と外と自由に出入りして、クルミを襲う事もないし、家に帰って
トイレをしたり、ご飯を食べに帰って来たり、野性を忘れたような寝方をしていました。
呼べば大抵近くにいて、家に入りたくない時もじっと窓の下で私を見ていた。
私が庭仕事していると近くにすり寄って来たり、洗濯物を干したり入れたりして
いると、ごろんと寝転んで撫でてと言って来ていた。

最近はグランマにも撫でて貰うようになったし、娘たちとも、チビにも撫でさせる
様になって居ました。
クルミは異変が分かるのか、とても寂しがるし、私が外に居ると探して鳴いているのが
外に聞こえるほどです。
大福がいる時はそんな事もなく、時々追いかけっこしたり、大福になめて貰って
いました。
Img_20170710_202137 Img_20170907_195017
体重も6キロほどで、重くて抱っこするとずるっと落ちそうだった大福。
9ケ月弱、お母さんは一緒に過ごして幸せだったよ・・・

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー