最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月12日 (水)

白内障手術 の 結果

8月に診察を受けて、12月3日に右目、10日に左目の手術をしました。
ここの病院の評判が良くて、順番待ちで4ケ月掛かりました。
単焦点眼内レンズを入れる予定で、中間から遠くがしっかり見えるタイプです。
所が、術前の1週間ほど前に、医師から電話が有りました。
単焦点レンズと多焦点レンズと言うのが有るのは聞いていました。
多焦点はメガネで言えば遠近両用の様な物ですが、片目で50万ほど掛かると言う
ものでした。
医師の話は意外な内容で、来春から多焦点眼内レンズが保険適用できるようになり、
この病院が指定医院になり、来週レンズが届くので、カルテを見て、私が適用出来る
がどうしますかと言う事でした。
医師も、こんな事が起きるとは思わなかったのでびっくりですと言う。
保険適用できるので、費用は単焦点と同じですと言う。
メガネの無い暮らしがしたかったのでお願いする事にした。
何と言うラッキーな事でしよう。4ケ月待ちで無かったら、予定通り単焦点レンズ
だった訳です。

手術は無事に終わり、今は、近くは綺麗に見える。
遠くがまだはっきりしませんが、徐々に改善されるはずです。
まだメガネの無い暮らしに慣れず、つい、メガネを探したりしています。
何よりびっくりしたのは、顔を見て、シミやシワがくっきり見える・・・・
何と言う酷さでしよう。
ハハハ、まぁ、こんなものかもしれませんが、少しは化粧でもしなくてはと思った
次第です。

2018年11月29日 (木)

紅葉の粟又の滝

今日は、孫たちの1日保育の日で、娘が私に付き合って呉れると言うので、紅葉
粟又の滝遊歩道を歩いて来ました。
001
まず、お腹が空いては歩けないので食事をします。
麦とろご飯です。
田舎汁のみそ汁は、結構大きめの大根が入って居たり、手作りこんにゃくが美味しい。
天ぷらにはむかごが入っています。
麦とろが美味しくて、お腹一杯になりながらも完食。
右の奥歯は治療中で出来るだけ左側で噛むようにしていたのに、何故か右側に
天ぷらが行き、何か、パキンと音がした。
ヒビが入っていると言われた歯が欠けた(;;)
まぁ、神経は抜いて有るので痛くない。
次回の診察は土曜日、ちょっと申告するの恥ずかしいなぁ~
お腹も一杯になったし、遊歩道に向かいます。
002 003
005 006
009 014
流れる水も綺麗で、マイナスイオン一杯。
紅葉も綺麗です。
012 017
020 026
027 032
粟又の滝に到着。滝の左側に付いている道を上に行く。
033_stitch
滝の上部です。

036
これは、滝を上から眺められる所から写真。
のんびりゆっくり、娘と他愛のないお喋りをしながらの散策で満足。
車の所へ戻り、いよいよ念願の温泉に行きました。
ここには何度か来ていて、しっかり温まるのが好きです。
良く温まり、良い1日だったと2人でほっこりして帰って来ました。

2018年11月 9日 (金)

菊が咲く

暦の上では初冬になりました。
何時もだったらストーブの活躍を始める頃ですが、今年は思ったより暖かい。
それも、太陽次第ですがね。曇りの日はやはり寒くなる。
最近は、あれもこれもと出来なくて、庭の気になる部分はそのままになって居ます。
手入れが悪くても菊が咲き始めて綺麗です。
しかし、勝手気ままに咲いていて、どうなっているのだろうと不思議なことも有ります。
植えた覚えのない色合いの菊が咲くし、覚えのある物も色が違ってきたりしています。
白い菊は無かったのに咲いています。
それと、場所も移動している。
何だか不思議です。土質の違いは関係あるのでしょうか。
これから咲く色の違う菊も有ります。
002 004
006 007
010 012
最後の小菊は、リュウノウギクです。
葉をもんで見ると、良い匂いがします。
数年前に頂いて、今年は一気に増えました。野山を歩くと見かける菊です。
001 011
008 014
ランタナもそろそろ切ろうと思っていたら、次々と花を咲かせるので切る事が
出来ない。
バラも咲いているし、ムべは良い色がついて、種は多いのですが、中身は甘い。
リンドウは、元々この地に咲いていて、庭に場所を移動してもう30年以上毎年
細々と咲いています。
この地に有った花として何だかいじらしいです、そして、吾亦紅もこの地で育って
いた物です。
移植すると具合が良くありませんが、好き勝手しておくと、毎年秋が楽しみです。
毎年ドライフラワーにしています。

おまけ
003
最後の冬瓜を収穫しました。
こんなに沢山冬瓜を食べた年は有りません。
まだ納戸に3個待機しています。
もう終わりだと、茎を片付けようとしたら、雨が降り出して、また後回しです。
ピーマンがまだ頑張っています。
次に寒さが来たら終わりでしようが、葉は青々として小さな実が幾つもついています。
この夏も沢山収穫して食べきれなかった物は、冷凍庫に入り、出番待ちです。

2018年11月 5日 (月)

チクチクと

天気がはっきりしなかっつたり、予報より寒かったりですが、この所ちょっと暖
かな日が続いてます。
最近はすっかり家の人で、出かける事も少なく、孫に会いに行ったり来たりの
お出掛け位で、のんびり過ごして居ます。
体調も万全ではないかも知れないけど、ひと時の様な不調は改善されている。
そして、今は、頂き物の着物からチュニックベストを作ったりしている。
Img_20181105_200157
軽くて着心地が良いので気に入ってます。
下の娘は、まだ家に残したままになって居る物が有り、適当に捨てていましたが
大きなマフラーを見つけた。
暖かそうなので、着物地と同じパターンで作ってみました。
Img_20181105_200102
フリンジをそのまま裾に生かしてみました。
適当に裁断したら、襟元に偶然模様が来て良かった。
マフラーだっただけに暖かくてこれからの季節重宝しそうです。
Img_20181105_200341
以前フリースの生地が端切れとして売られていたので買って有った。
孫たち2人にフードつきのコートが丁度2枚作ることが出来た。
100均でフエルトが売っていたので小さく切って、くっつけて縫い付けた。
コンモリとした花の様になり喜んで呉れるかな。
フードの真ん中にも付けた。
みーちゃん1号には送り、みーちゃん2号には近日中に渡す予定。
みー君の物も何か作らないとなぁ~
女の子の物の方がどうも制作意欲が出るのは困った事です。

今年の事なのに、春になって石油ストーブのガードをしまった所を忘れている。
孫たちが触ったりしたら危ないかと買ったものです。
納戸かと思って探したけど無い。
屋根裏収納かと思って探したけど無い・・・・・一体どこへ行ったのでしよう。
小さな物ではないし、畳んで縛った事までは覚えているのに困った。
他にも、どうしても見つからない物が有るんです。
何処へしまったか忘れているから始末が悪い。
有った事は確かです。
以前はそんな事無かったのにと嘆いても無い物は無い、と開き直ってしばらく
無い無いと言い続け、その事も忘れる様になるのかも(^^;;  
ハハハと誤魔化そうっと。

2018年10月29日 (月)

ドイツ村

良いお天気が続き、以前良く行っていたドイツ村に行く事になった。
駐車料1000円だけで入る事の出来る切符を頂いていたのです。
お昼用にと炊き込みご飯のおむすびとフラィドホテトを持って行きます。
みーちゃんは嬉しそう。バァバ大好きなんて言ってます。
車を降りると、目についたのが恐竜でした。
Img_20181029_105220 Img_20181029_110530
みーちゃんは怖がって近づかない。みー君はちょっと喜ぶ。
この恐竜、目が動くし、尻尾を振りながら、がぉ~と声も出る。
みーちゃんとママは観覧車に乗る事になった。
私はベビーカーを押しながらキバナコスモスの咲いている所へ行き待っている。
Img_20181029_110201 Img_20181029_110226
中々綺麗です。
ここから、子供の遊ぶ場所へ移動する。
芝生の中に色々な遊具が有る。
ブランコもみー君が乗っても大丈夫のようなので乗せて揺らすと喜んでいたが
ママがちょつと大きく動かしたら怖がって泣く。それからは乗るのはダメ。
ここで、木の下にレジャーシートを敷いて、持って来たお昼を食べる。

ここから、コキアの谷に行く。
数日前にテレビで見た時は綺麗だったのに、残念終わりです。
Img_20181029_121406 Img_20181029_123203
上の見えるのがコキア、赤い花はベコニアです。
ここからは、見晴らしの遊歩道を通り、コキアの谷を見下ろしながら歩く。
元に戻り、ベコニアを見ながら、坂を登って行きます。
みーちゃんも全部歩かないので、ママも大変、ここからは車でこども動物園に
行く。
Img_20181029_132044 Img_20181029_132049_2
こども動物園の隣には菊の花が咲いている。
丸くなる種類の様です。
Img_20181029_132622 1540803526356
丁度、子豚が散歩していた。
可愛くて、娘が触ると、フワフワで柔らかかったと言ってます。
ここでは、モルモットとや羊、ヤギなどがいます。
少し飽きて来たので、芝生の広がる所へ移動。
Img_20181029_135555
青い空と広々として気持ちの良い所で、持って来たボールで遊んだりする。
Img_20181029_140715 Img_20181029_143006
私は木の下の日陰で休みながら見ている。
みー君は集めた葉を前にご機嫌です。
そろそろミーちゃんたちも昼寝の時間。
楽しく遊んで帰って来ました。また遊ぼうね。

2018年10月23日 (火)

コスモスロード

来月末で免許の更新になり、75歳になるので、先日教習所で認知機能検査を
してきました。
結果次第で2時間か3時間の講習を経て免許の更新に進めると言う事です。
認知機能の方は、色々な絵を見せられて、後から何か有ったか応えると言う物。
結果は大丈夫と言う事で、昨日、2時間の講習に行った。
私より少し高齢らしい男性と女性の各1名ずつと私の3人で受講します。
講習の後、目の検査。
機械の前に座り、支持された通りに見えたらブザーを押すとかして、私は目が良い
と言われた。
次は運転です。
何故か私からと言う順番で、普段は軽自動車に乗っているので、久しぶりの普通車
はチト感覚が掴みにくい。
一番厄介だったのは細いS字でした。
少し後ろのタイヤをこする。
しかし、私の後の方たちはもっとこすった。
まぁ、自分の車ならスイスイ行くと男性の方は言っていた。
2時間の講習も終わり、やれやれと帰って来ました。

午後からは、孫たちを連れて娘が来たので、木更津の馬来田と言う所の
コスモスロードへ行く。
Img_20181022_144030 Img_20181022_144043
Img_20181022_144225 Img_20181022_145035
Img_20181022_144358

Img_20181022_145054 Img_20181022_145102
川沿いに植えられたコスモスを見ながら3人で歩き、1人はベビーカーに乗り
私が押すと言う状態です。
みーちゃん2号は相変わらず歩かないで走る。
たまに転んだりもする。時にはママ抱っこと言う。
先日の台風の時の塩害が有ったがここまで回復しましたと看板に書いて有った。
何故かのんびりとして、気持ち良く歩くことが出来る。
久しぶりの青空も気持ち良く、もっと先に行けるらしいけど、子連れは限度も有り
ますから、元の道をブラブラと帰る。
みーちゃんは、途中は道草ばかりになり、ママから、帰ったらおやつ食べようとか
喉が渇いたから、ジュース買おうとか言われてしぶしぶ付いて来た。
子連れは難しいから、機会が有ったら、大人ばかりでもっと先の湧水の所も
行ったみたい。

余談
この辺りにも隠れキリシタンが居たとか・・・
真里谷(まりやつ)と言う地名はマリアにも通じるとか、真里と言う場所も有るらしい。
真偽のほどは分かりません。
調べて見なくては・・・・

2018年10月21日 (日)

頂きます

先週の日曜日に親戚の法事に出かけました。
お坊さんは、お経をあげて、最後に説教と言うのでしょうか、法話を皆の方を見て
お話しして下さいます。
その中で、私たちは、意識して居なくても仏教の影響を生活の中で自然に受け
継いで来ていると。
食事の時に頂きますと言う事もそうだと言います。
それをある県の父兄だったか教師だったか、仏教のしきたりを教育の中に持ち
込むのはいけないと言い出した。
それで、給食の時に頂きますとは言わないのだそうです。
びっくりして、ネットで調べていたら、こんな記事を見つけた。

************************************************************************

以前、食について非常に造詣の深い木村まさ子さんがこんな文章を書いておられました。
『・・・・・少し前のことになりますが、給食の際に、なぜ「いただきます」「ごちそうさま」を言う必要があるのかという声が一部の父兄から上がり、問題になったことがありました。給食費を払っているのだから食べるのは当然の権利。そんな言葉を言う必要がないというのが、親たちの言い分です。
「いただきます」「ごちそうさま」と子どもに言わせるのは、宗教教育だからやめてほしいという父兄まで出てきました。こうした“騒動”に、学校の先生方は困り果てました。「“いただきます”とは、動物や植物そのもののいのちをいただくということ。いのちをいただくことで、自分のいのちを永らえさせていただくという感謝の言葉です」と思われた先生もきっといたことでしょう。

でも、どうしても父兄は納得しなかったようです。そこで驚くべき結論を出し、それを実行した学校がありました。「いただきます」という代わりに、笛を吹くことにしたのです。先生が「ピー」と笛を鳴らすと、子どもたちはいっせいに食べ始めます。

「いただきます」の言葉には、感謝する心、思いやる心、想像する心など、目に見えない大切なものを育む力があると思います。
食べ物は“餌(えさ)”ではなく、食事はものを食べる訓練とは違います。これでは心が育つはずがありません。』
*****************************************************************

今まで何も考えずにと言うわけでは無かったけど、自然に頂きますと言って
居ました、これからはもっと、感謝の気持ちを持って頂きますと言いたい。

孫たちも、ご飯を食べる時は、ちゃんと手を合わせて頂きますと言う。
娘は、食べ物を粗末にすると小さい子供とは言え真剣に怒る。
私たちも特別に意識して教育した積りは無いけど、食べ物は大切にしなくてはと思うのは、農耕民族の血が流れているのだと思う。
そんなご先祖さまから受け継いだ心だけは失いたくない物です。





2018年10月13日 (土)

花の少ない庭

台風でシュウメイギクが全滅と思っていた。
所が、北側に風の当たらなかった所が有り、以前はそこにシュウメイギクが植え
て有った。
日当たりが悪く、育ちにくいと南側の日の良く当たる所に移したら増えて綺麗に咲いた。
その北側の隣家の山茶花の木がばっさり切られ、こちらにも日当たりが良く
なった。
日陰で、雪割草が育って良かったけど、日当たりでダメになり、何故かシュウ
メイギクの生き残りが増えて、今回の台風の被害も受けず綺麗に咲いていた。
助かっても、倒れているので切り花にした。
Img_20181013_115348
沢山有ると華やかで嬉しい。
庭の花もぼちぼちしか咲いていない。
そんな中で、だるま菊が咲き始める。
Img_20181013_144051 20181013144042_p
これは台風の塩害も受けなかったのか強い。
Img_20181013_144248 20181013144154_p
コスモスの咲き方がしょぼい。
まぁ、手入れしないで勝手に生えたままにしていたので文句は言えない。
20181013144545_p Img_20181013_144534
涼しくなったので、垣根に絡み茂って困っていたムべをバサバサと切って居た
ら、実が沢山ついている。
なので、実が色づくまでこの辺りは切るのを少しにして残しておいた。
これでも、かなり実も落としているのです。
ごみ4袋の葉を切ったのです。
最近は、熱心に手入れしないので、花の数も減り、草もあちこちで元気です。
涼しくなったし、頑張れるかなぁ~

2018年10月 3日 (水)

お祭り

9月28,29,30日と上の娘の所でお祭りが有りました。
毎年日付は一緒で今年は金土日と良い日柄です。
と言う事で下の娘の運転で孫2人と一緒に1泊で出掛けました。
28日は、何とかお天気で、娘の家に到着してから阿伎留神社まで歩いて行きました。
このお祭りは五日市の三大祭になって居る様です。
今年は、婿さんも獅子舞に出ると言う事で、子供の頃に参加していたので体は
今でも覚えていて練習してすぐ出来たと言っています。
 
Zl42834664_1142722572561461_5085869761538226975631
この獅子舞には出ていません。違う町会の人たちの担当の様です。
この神社みーちゃん1号のお宮参りに来た所で、その時は誰も居なくて静かな
所でしたから、お祭りの人出の多さにびっくりです。
みーちゃんたちは、獅子を怖がって中々近づいて行かず、ママに抱っこされて
見学しました。
みー君は、ベビーカーで私と一緒。入って来た神輿の露払いの人から大きな
団扇で扇がれたりする。
1538227064177
仲良く手をつないで歩くみーちゃんたち。
1538226940989
3人が家の外を眺めている後ろ姿。
1ケ月半違いのみーちゃん1号よりみーちゃん2号の方が背が高い。
しかし、良く食べるみー君はきっとすぐにお姉ちゃんたちを追い越すのではない
かと思われる。
段々みーちゃんたちは仲良く遊べるようになって来た。
玩具の取り合いは多少あるとしても、楽しそうに笑っている姿は見ていて楽しい。
みー君は、例え、邪魔にされても果敢に攻める。末頼もしい限りです。
1538226962718
夜も娘たちは出かけて行きました。
それなりに楽しかった様です。

翌日は雨、婿さんの獅子舞を見に行く。
中々面白かったです。
残念雨で、残りの行事を見に行く元気が無くて、娘たちだけが屋台の出店で
タコ焼きなどを買って来た。
中々楽しいお祭りと、孫たちとの1泊二日の旅でした。
少々風邪気味なのと、雨で心残りも有りました。

2018年9月24日 (月)

肌寒い日が有るかと思うと、今日は蒸し暑くなる。
すっきりした秋晴れにならなくて、テンション下がる。
そんな時に、上の娘の所からどっさり栗が送られてきた。
知り合いにも分けて、私は、渋皮煮を作る。
Img_20180919_204124 Img_20180921_080335
夜、しこしこと無言で栗をむく。
疲れたので、ここまでとした。
少々穴の開くものも有り、何度も水を変えて、筋も取りいよいよ砂糖を入れます。
何度も煮るを繰り返して美味しく出来ました。
食べきれない物を冷凍にする。
残りのクリは、年末の栗きんとんにしようと冷凍した。
そして、一部を煮て、近くの娘の所へ届ける。
栗ご飯にして食べる様にと置いて来た。
最近は、みー君が私が行くと、大喜びする。
私がトイレに行くと、泣きながら付いて来て、トイレの前で待っている。
ドアを開けるとみー君に当たる。ここでまた泣く。
帰ろうとすると泣く、後ろ髪引かれますweep

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー