最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月24日 (月)

肌寒い日が有るかと思うと、今日は蒸し暑くなる。
すっきりした秋晴れにならなくて、テンション下がる。
そんな時に、上の娘の所からどっさり栗が送られてきた。
知り合いにも分けて、私は、渋皮煮を作る。
Img_20180919_204124 Img_20180921_080335
夜、しこしこと無言で栗をむく。
疲れたので、ここまでとした。
少々穴の開くものも有り、何度も水を変えて、筋も取りいよいよ砂糖を入れます。
何度も煮るを繰り返して美味しく出来ました。
食べきれない物を冷凍にする。
残りのクリは、年末の栗きんとんにしようと冷凍した。
そして、一部を煮て、近くの娘の所へ届ける。
栗ご飯にして食べる様にと置いて来た。
最近は、みー君が私が行くと、大喜びする。
私がトイレに行くと、泣きながら付いて来て、トイレの前で待っている。
ドアを開けるとみー君に当たる。ここでまた泣く。
帰ろうとすると泣く、後ろ髪引かれます

2018年9月14日 (金)

冬瓜

夏は、ナスと、ミニトマト、ピーマンは必ず植えています。
ピーマンとミニトマトは買った事が有りません。
ナスは、1週間ほど収穫出来ない時に、産直で買った事は有りますが、今も収穫
して食卓に乗っています。
一応毎年、冬瓜の苗を買って植えていますが、去年は1個だけだったような気がする。
今年も大きな期待をしないで姫冬瓜を植えてみました。
Img_20180913_062652 Img_20180913_094830_2
今年はもう3個収穫しました。
1本だけなのに、広がって、椿の木にまで這い上がっています。
伸びすぎたのは、先を取って、広がらない様にはしています。
ルリマツリもしっかり覆われてしまい、花が見えなくなっています。
Img_20180913_094714 Img_20180913_094839
その椿の木に巻きついた茎に小さな実が見えます。
これが花が咲いて、虫などが受粉して呉れたら大きくなるはず。
下の方の実は中々良さそうな見えます。
後幾つ収穫できるでしょう。
暑くて、その後胃腸炎で延び延びになって居た大根用にする畑を耕しました。
草が伸びて草抜きが中々大変でしたが、後はたい肥を入れて種まきです。
する事が泥縄だとは思いますが、まぁ、何とか収穫出来れば良しとします。
夏の畑仕事は、蚊と草との戦いです。
頭からかぶる網を頂いたので、腰には蚊取り線香を下げて長そでを着ての事。
蚊取り線香が切れると、蚊がやって来ます。よく分かるんですね。

私は、畑を2分して、3月にジャガイモを植える、そして、秋に大根を植える。
隣は、夏野菜、夏野菜が終わると、休ませて、来春ジャガイモを植える。
大根を植た場所は夏野菜と言うように循環しています。
連作障害が起きないようにとは思いますが、夏野菜は、接ぎ木の物にしています。
休んでいる間の畑には、生ごみが入れられると言う事にしています。
何時まで出来るか分かりませんが、楽しみな自給自足生活です。

Img_20180910_223438
孫のみーちゃん2号が遊びに来ると、牛のいちごちゃんに乗ったり、引き倒したり
します。
帰った後、そんないちごちゃんの隣にクルミが寝ていました。
孫が来ると、嫌なんでしょう、出来るだけ目だたない所に潜んでいるクルミです。

2018年9月 9日 (日)

昨日は、届けたい物が有り、娘の家に行く。
私の顔を見ると、みーちゃん2号が、バァバだ、お帰り~と喜ぶ。
お昼御飯中で、食事中よと言う。色々な言葉を使える様になって来た。
「バァバは食べないの」とまで聞いて呉れた。
みー君も、動きが活発になり、2人とも容赦なく対応が厳しくも嬉しくも有です。

今年の夏の暑さの疲れも出たのか、胃腸炎で少々ダウンです。
冷たい麦茶ばかり飲んでいたし、体力が落ちたなぁっと実感した夏です。
予報では、暑いのは今日までと言うので、秋には元気になって居たいです。

娘の家からの帰り道、虹が出ていた。
本当に久しぶりの虹で嬉しくて、車を止めて携帯で写真を撮った。
Img_20180908_162737
初めに見た時、この虹に飛行機が掛かり、飛行機からは見える物かと思った。
真ん中が無くて、右にも虹が有り、輪になった虹は本当に見ていないなぁと思ったり。
娘と買い物に行く途中で、東の空に黒い嫌の雲が有るねと見ていた。
その辺りに雨が降ったのだろうか。
どちらにしても、久しぶりに嬉しい景色でした。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »