最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月26日 (水)

新緑の養老渓谷

紅葉の季節ばかり歩いていた養老渓谷ですが、周りの新緑がどんどん緑が深ま
まって来た。
行くなら今日しかないと25日にグランマがディサービスに出かけてから支度して
家を出た。
何時もは下の駐車場に車を置いて沢コースから歩くのですが、久しぶりに上の
駐車場に車を置いて歩く事にする。
ここまで家から1時間。
001
養老渓谷に行く前に菜の花畑で有名な所を丘の上からチラッと見る。
もう花は終わっているけど、来年はちゃんと菜の花の満開の時に来たい。
菜の花畑の中を走る小湊鉄道はカメラマンの狙い目です。
004 
駐車場の楓、秋には真っ赤に紅葉して綺麗な所。
ここからすぐに山頂と言うか展望台へ寄る。
006_stitch
展望台から見える山並み。新緑が綺麗です。
013
山ツツジも咲きだしている。
ここからは、下りながら日高邸を目指します。
014 015
尾根道は木の根に守られているのか、むき出しの木の根が網の目の様。
ここからの眺めは紅葉の時には錦谷と呼ばれている。
023 026
ドンドン下る、沢が近くなると、湿った辺りにタニギキョウの花が可愛い。
017 029
まだ山桜が綺麗に見える。新緑と桜、癒される空間です。
032 034
今度はハコベの花が可愛い。
035 036
いよいよ日高邸跡に到着。
ここの大きな楓は見事です。
ここでお昼にしました。ここまでで出会ったのは2人。ここを出発した時に2人に
出会いました。
結局この日に出会ったのは4人だけ。
043 047
沢コースに入る。所々に山ツツジが咲いている。
048_stitch
紅葉の時には綺麗と見上げる場所です。
051 052
ここも、紅葉の時には立ち止まる所。
054_stitch
沢コースも終わり、これからは林道を歩きます。登りです。
新緑が綺麗で見とれてしまう。
058 059
新緑の中の山ツツジ。
060 062
ここも紅葉の時は綺麗な楓の道。
そんな中で崖にホタルカズラの花を見つけた。
その場所にだけ咲いていた。春に来なければ見つけられない物で嬉しい。

これからは新緑の季節にも歩こうと思ったのです。
新緑の静かな山歩きが出来て嬉しい1日でした。


2017年4月21日 (金)

今日は、近くの農業センターの園芸祭りです。
野菜の苗を売るので、毎年購入しています。
今年は少なくして、ミニトマト2本、ナス4本ピーマン2本買いました。
去年はミニトマトが毎日沢山取れたので同じ品種の「アイコ」にしました。
先日、Eテレの野菜の時間を見ていたらトマトの植え付けをやっていた。
と言う事で、今年は教えられた通りにやって見ました。
020
一番奥がピーマン、真ん中がナス、手前がミニトマトです。
ジャガイモも右の畑に葉が出ていますね。
その手前はソラマメですが、この豆は、松山から届いたと言う種豆をお向かい
さんから貰った。ご飯に入れて食べる様です。
トマトの手前は、三つ葉、どこか、山菜取りに行った時の株が毎年増えて
います。
もう少し手入れしたら、別の物も植えられるでしょうが、現在の私にはこれが
精一杯で、耕す、植える、結果は疲労に加えて腰が痛くなるのです。

八重桜の「天の川」が咲きました。
横では無く上に伸びますから他の木を邪魔しないのが気に入っているし、葉を
天ぷらにしたり、花を塩漬けにしたり出来る。
桜の木の右に有る緑の葉はハナイカダ、左はブルーベリー。
001 004
チゴユリも咲きだした。
007 008
2本から始まってもう何年になるでしよう。
今年はまた増えました。大好きな花ですから、山で出あうと嬉しかった。
今は中々山歩きが出来ないので、庭を眺めて満足しています。
012 013
シランとヒメウツギが咲き始める。
014 015

011
可愛い、オトコヨウゾメの花。
アメリカハナミズキも咲いた。
これから、次々と色々な花が咲いて楽しみです。

2017年4月14日 (金)

近場でお花見

昨日は、植物画の仲間と家の近くの農業センターでお花見した。
余りに綺麗だったので、今日はグランマを連れて行く。
001 002
車椅子を押しながら、周りの花を楽しむ。
003 004
丁度風が吹いて、花吹雪です。
006 007
シャクナゲが綺麗に咲いて居る。季節が違うように思うけど、もう1本何時も
この季節に咲く木が有る。
タンポポは昨日の話では日本タンポポだそうです。後ろのガクで西洋とは違う。
008 010
009 014
しだれも綺麗です。
017 023
グランマも嬉しそうです。
025 028
ソメイヨシノが遅かったので、八重も咲き始めて一緒に見られます。
ピンクの八重。
029 030
白の八重は、花が桜餅の匂いがします。
ピンクは何も匂わない。
お天気も良く、暖かな午後、良いお花見が出来ました。
来年も一緒に見られると良いね。

グランマは忘れる事も沢山有り、時には話を創作して、それがいかにも本当
の様で混乱させられます。
日々難しいことも有ります。介護と言うのは体の事だけでは無く、精神的に
も多々有るので、こちらの気の持ち方も平常心を保つ様にと思いますが
理想的にはいかない物です。

2017年4月12日 (水)

花が咲いたし、キノコも出た

暖かくなると、庭の花も一気に咲きはじめたり、これから咲くぞのサインが有る。
003 020
スノーフレーク、ドウダンツツジの白い花。
005 007
イチゲさん、今年は増えているのにやっぱり花は1輪だけ咲いた。
ピンクの花は、グランマがお友達から頂いて、もう亡くなって久しい方の名前
を取って、「とくさんの花」と私たちは呼んでいる。
008 010
こう言うスミレも好き、左はもっと色は濃い。
022 014
パンダスミレと言うらしい。何時の頃か庭で咲くようになった。
006 019
クレマチスの原種アーマンディー、今年は開花が遅かった。
013 025
アメリカハナミズキ、もう少しで綺麗に開花するでしよう。
右は大好きなオトコヨウゾメ、一番日当たりの良い所に植えて居た頃は中々
大きくならなかった。育て方を見たら、あまり日当たりの良い所はダメと有った
ので、プルーンの木の近く、少し木陰になる所へ植え替えたら、大きくなって来た。
026 028
庭と言うか、畑にアミガサタケと思えるキノコがニョキニョキと出ている。
20本程有るかなと見ていたら、他にも有る。
Img_20170412_110432
一応収穫して見た。美味しいらしいけど、食べた事は無いし、確認して貰って
無いキノコは怖いし、娘たちは、絶対食べるなと言うし・・・不思議です。
今までこんなキノコは出た事が無かったのに。

Img_20170409_195839 001
4月10日、クルミは5歳になりました。
大福って本当は幾つくらいなんだろう。

2017年4月 9日 (日)

桜の鎌倉

桜の開花宣言を東京が早くて、こちらはまだまだと思っていたら、一気に開花して
そろそろ満開に近いです。
そんな時ですが、鎌倉で良く行く布屋さんがメール会員なら20%引きと言うので
milkさんとえびちゃんを誘って行って来ました。
まぁ、布と桜の半々の目的のお出かけです。

あいにくの雨ですが鎌倉駅は大混雑、人が溢れています。
えびちゃん、milkさんみっけで、先に用事を済ませて、午後には雨は上がると
期待して出発。
店までの通りすがりで市場を見る。
お洒落な野菜も沢山売られているし、近くだったら買って行きたい物が有る。
なんと、ツクシも売ってた。

布を買い、以前から行きたかった店 コバカバ でお昼を頂く。
人気の店で、店の前に並ぶ。
変わった名前だと思ったら、以前は小林カバンと言うお店だったので、名前を
残したくて縮めてコバカバと言うらしい。
私はカバ好きなえびちゃんが名前にひかれて行きたかったのかと思っていた。
001 002
私とえびちゃんは鳥のつくね。五穀米、ニンジンのシリシリ、右上のサラダの
中身は何だったけ・・・味噌汁が美味しかったし、すべてが優しい味でした。
milkさんは魚を選び、サゴシです。

お腹も一杯になったし、いよいよ段葛の中を通って鶴岡八幡宮を目指します。
若宮大路ですね。以前より広くなった感じ。
004 006
ここは、改修によって以前の桜は無く、新しく植えられてので、まだ木が小さい
です。
それでも、健気に花をつけて綺麗でした。
007 011
016 017
源氏池から見る桜が綺麗です。
この石は政子石と言われ、頼朝が、政子の安産祈願した岩だそうです。
雨に濡れて、木木や苔が綺麗。
020 022
本殿前では結婚式が有りました。
巫女さんの舞で中々しっかりとは見えませんが、沢山の人に見守られた結婚式。
私たちおばさんは、「今が一番の時なのよね」その後は・・・と無責任な発言を
してました。あっ、それは主に、私とmilkさんね。
えびちゃんは今でもお幸せです。
どちらにしても、こちらのお二人もお幸せにねhappy01

お喋りしながらの散策で、締めはこちら。
お茶とチーズケーキを頂く。
024
あいにくの雨でしたが、桜も見られたし、布も買えて、何を作ろうか、まずはちび
ちゃんの物だなと思いながら帰途につきました。

milkさんのブログです。

http://milk0109.exblog.jp/

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »