最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 大福の逃亡と帰還 | トップページ | 成田山新勝寺 »

2017年1月30日 (月)

大福の事

今月のもう終わりです。
お正月から1ケ月になるんですね。月日の経つのが早い事。
あまり変化の無い日々ですからブログもサボり気味。

大福の事でも書く事にします。
大福が家の子になって1ケ月は過ぎました。
一度逃亡しましたが、それ以来、気を付けているので今の所家の子でいます。
大福は、野良猫だったのか、どこかで飼われていたのか分かりません。
保護した時は、酷い風邪だったし、目やにも一杯で太っていること以外野良猫
を思わせていました。
人懐こいのでどこかで飼われていたかと思ったのです。

家の子にはなりましたが、野良生活の名残りなのか、布団の上や毛足の長い
カーペットでおしっこをしてしまう。
そのカーペットは、大型コインランドリーへ持って行き、苦労して洗濯して帰り
ました。
こんな大きな物を洗うのは初めてで、使い方がよく分からず、近くに居たおじ
さんから丁寧に説明されて何とか洗濯乾燥できた。
私の布団に2回、泊まりに来た娘の敷き布団に1回、とうとう、今日は、グランマ
の掛け布団にした。
これは、間違えて少しの間グランマの部屋に閉じ込められていたからだとは思う。
ちゃんとトイレでする時の方が多いのに、何故でしよう。
猫トイレは2階と1階に有る。

大福は飼われて居た時か野良の時か多分叩かれていたのだと思う。
頭を撫でようとすると、首をすくめて目をつぶる、それで、撫でる時は頭から
ではなく、体の方から撫でる様にしている。
その点、クルミは当たり前の様にごろごろ言ってそんなそぶりは見せない。
とに角びびりで、私とグランマ以外の人が来ると、私の部屋に逃げ込んで
出て来ない。

沢山食べる。
家に来たばかりの時は、がつがつ食べていて、お腹も緩かったので、トイレに慣れて居なくて、あちこちするのでとても大変でした。
最近は落ち着いているので、夜中に鳴くのはお腹が空いているのかと思い
自動で無くなると餌が落ちてくるのを置いて見た。
何と、朝になり、全部食べて有った。
それでお腹が緩くなったので、今は1日4回に分けてのご飯です。
有ればあるだけ食べておかないと何時食べられるか分からない野良の習性
でしようか。

家にはようやく慣れて来て、二階でぐっすり寝込むようにもなったし、私が
行く部屋に2匹で付いて来て、近くにいる。
クルミの様に、邪気のない目で私を見るのではなく、まだ何となく大丈夫
かと言う目をする時も有る。

そんな大福が不憫です。
何とか、家の子になるように、根気よく沢山可愛がって行きたい。
Img_20170129_082344 Img_20170122_075622
大福は足が短い、初めの頃は腰をかがめて歩いていたからあまり気になら
なかったけど、こうしてみるとよく分かる。
もう生まれた時から家の子ですと言うクルミ。
Img_20170129_091927
安心しきっての昼寝です。

« 大福の逃亡と帰還 | トップページ | 成田山新勝寺 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

大福ちゃん、安堵感の中にもなんとなく遠慮がちな顔つき無理もありませんね~幸せな家猫生活に戸惑っているのでしょうね。
元々、性格の良さを感じますものね、時間の問題で野良体質も解れてくれるでしょう!

それにしても、この寒い時期に温かくいられるって感謝だにゃ~って思っているでしょうcat
ネコ好きな私としても少しの変化も喜び合いたいな~と思いますので、
大福ちゃんレポ楽しみですnote

つらい経験があったのでしょうね。
食べられるときに食べておかなくては・・という習性も切ないけどたくましい。

縁あって、山百合さん宅の家ネコちゃんになって、ほんとによかったね・・と声を掛けたくなるような、大福ちゃんのお顔です。

それにしても、あちこちにお粗相、想像以上に大変でしょうね。

大福ちゃん・の心の声を聴きたいわ。

ホッとして、安心して、一寸甘えたりして、油断しちゃったりして粗相しちゃうのかしら?

根気良く可愛がってあげたいって・・素晴らしい言葉だわ。。
山百合さんは素敵です。。


それにしても・・ニャンコの脚ってこんなに違うの?
本当に短いのね・・愛嬌があって中々いいわよ。

千春ちゃん

大福の顔にも少しずつですが、変化が出て来ました。
今日は私が昼寝しようとソファに寝転んだら何気に傍に来て、とうとうぴったり
くっついて寝ました。
初めの頃は二階でご飯食べたらすぐに下へ降りて、隠れていたのが可哀想でした。
こんなに寒い時期に外で暮らすなんて考えただけで可哀想だよね。
今ではストーブの前で寝転んでいるのにね。

これからも、時々変化を報告しますね。

ぴとこさん

私の前を歩いていても、階段の踊り場に付くと、バタッと倒れて撫でられるのを待つ
のです。
クルミを撫ででいると、座っていたソファを降りて近くに寝転びます。
撫でて欲しいのでしよう。
両手で2匹を撫でる事になります。
おしっこ問題は中々難しいですね。
野良の頃には好きな所でしていたんだろうし、不思議にうんちだけはちゃんと猫トイレ
でします。

本当によく食べます。
クルミは残したら絶対食べられるのに、やっぱり残す。
それを見て、自分の所は休んでクルミの残した餌を食べて、また自分の餌を食べる
その時の足の位置が笑えます。
自分の餌の所から軸がずれず、体だけ傾けるんです。

milkさん

本当に大福は短足ですhappy01
太っているからか分からないんだけどね。
グランマはお腹が大きいのかいと聞いてきます。男の子だよと言うとお腹がパンパン
だからと笑います。

粗相は多分草むらとか、庭でしていた当時を思い出すのか、ふかふかの所にします。
うんちはしっかり掘らないといけないので、猫トイレでするんだけどね。

甘えっ子ですが、まだまだ心から安心していないのかと思う。
野良だったんだから、本当に根気よく付き合わないと育てられないね。
外に出たそうに鳴くと心が揺れるけど、シャムちゃんみたいに車の事故も可哀想
だし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/64830587

この記事へのトラックバック一覧です: 大福の事:

« 大福の逃亡と帰還 | トップページ | 成田山新勝寺 »