最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 新年 | トップページ | 大福の事 »

2017年1月16日 (月)

大福の逃亡と帰還

相変わらずのビビリの大福。
娘が孫を連れて来ると、私の部屋に閉じこもって出ない。

毎日餌を欲しいと外の野良猫クロが来る。黒に餌をやって家に入ろうとドアを
開けたら大福が逃げ出した。
一瞬の事で追いかけたけど早い逃げ足。
お向かいの家に駆けて行き、庭におしっこしてる、「だいちゃん」と呼びかけると
きりっとした顔をして振り向いて走って行ってしまった。
いつも、眠そうな顔をしているのに、野生の顔を見た。
この日の夜は、何度も声を掛けて見たけど見えないし、気配もしない。

翌日は加古川まで義弟の一周忌で出かける。
朝になって、何度も呼んで見たけどやはりいない。
後ろ髪引かれる思いで、あんなに可愛がっても、赤ちゃんの時からのクルミの
様な事は無いのかと涙目で出かけた。

14日は泊まり、15日、法事が終わり、帰って来たのが夜の8時。
駐車場で車を降りて、門の辺りから、ダメだとは思っていたけど、「だいちゃん」と
呼びながら玄関に向かう。
その時、何か塊が走って来た。
大福だったのです。鍵を開けるのももどかしく荷物を下ろして近づいたら怯えて
逃げる。
仕方ないので、餌を見せて玄関を開けて、おびき寄せた。
おずおずと入って来たと思ったら、クルミに挨拶して二階に駆け上がる。
私も二階に行くと、餌場でガツガツと餌を食べている。
Img_20170115_200352
出掛ける時、以前は病院へ猫は預けたけど、2匹だとキャリーも1つしか無い
から考えて、自動給餌器を買おうとしたけど、思いついた時は間に合わない。
ペットショップで急遽買って来た右の簡単な物。
カリカリのキャッフードを食べてから、お魚ミックスと言うパウチを2匹に分ける。
大福は自分の分とクルミのほとんど残した分を食べた。
そして、少し落ち着くと。
Img_20170115_204747 
ソファーに座り、次は私の隣の椅子に移動して爆睡。
Img_20170115_212740_2
しばらくしたらいびきも聞こえる。
この寒い2日間どこでどうしていたんでしよう。
その後、1階の私の部屋に移動して、私のベットの枕の辺りで寝る。
クルミは私に抱っこされるようにしないと寝ないので、左右に猫の猫まみれ
で寝た。

もう帰って来ないと半分諦めていたから嬉しい。
これからは、玄関を開ける時は気をつけなくてはなりません。

« 新年 | トップページ | 大福の事 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

びっくり!
でも、帰ってきてよかったぁ。
家猫になる前からご飯を食べに来ていたんですもの、戻ってきますよ!
山百合子さんのこと、忘れるわけないじゃないですか。
でも、これからも逃亡はしそうだなぁ・・・。

chiyomiちゃん

出掛ける前だったから、根気よく待つと言う事が出来ず、涙目の出発でした。
でも、暗くなっての帰宅で周りが良く見えなかったのに、名前を呼ぶと走って来ました。
でも、やっぱり本当は外暮らしが良いんでしょうね。
かなり警戒してたし、家の中では寝転んでまで触れと言う子が逃げるのよ。

これからも家出はすると思う。
帰って来ると、手足は汚れているし、毛並もサラサラではなくなる。
この時期はノミもあまり付かないけど、夏になればそれなりに付くだろうし、窓を開
ける機会が増えるから、何としても出て行くね。

ご飯は良く食べる。クルミの分も食べる。
どうも、毛足の長いラグを芝生か叢と(言う程の毛足の長さは無い)間違えるのか、
昨夜はグランマの部屋でおしっこした(>.<)
まだまだ躾の途中の猫です。

わ~良かったねー
お出掛けでも心配だったでしょう・・

でもやっぱり優しさは届いてるんだね・・。

もしかしてく~ちゃんも心配していたのかもね。。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します…m(_ _)m

大福くん、ちょっくら脱走してみたものの、寒い時なのにママさんは泊まりでお留守。
こんな筈じゃ無かったと、一晩反省したことでしょう。
外ネコちゃんだったのに、ずっと家の中では野性の本能が…(笑)
夏の脱走は覚悟なんですね。

涙目のお出掛けで気がかりだった事でしょうが、良かったですね。
大福くん、目つきがちょっと悪いお写真ですが、可愛い寝姿に~♪
お孫さん達、ネコちゃん、グランマさんと今年も大忙しの山百合さんですね。
また、楽しんで伺いたいと思います。

milkさん

何だか年末から病院へ通い、風邪とか、口内炎とかやっと治って去勢も終わり
やれやれと思った矢先でがっくりしました。
でも、帰って来て呉れてホッとした。
これからも逃亡の恐れはあるけど、帰って来てくれると言うのも分かったから
様子見ですね。
くーちゃんはどうんかな、以前より距離は近いと思うけど。

クルミと大福、今年もよろしくです。

SAKURAさん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

やっぱりあんなに甘えっ子だから、どこかに飼われていて、元の家に何とか戻った
のかと思いました。
でも、帰って来たと言う事はやっぱり家なき子だったのね。
野生の血が騒ぐと外に行きたいのかとは思うのですが、ビビリでどうなんだろう。
朝早くから鳴き騒ぐのは外に行きたいのかとも思うけど、帰って来た時、手足が
とても汚かったので、外に出すのはためらいます。
夏になったらドアを開けて出て行くだろうなとは覚悟しています。

今年も、孫とグランマと猫の生活で、楽しいと思うように暮らして行きます。
でも、一番の難関はグランマで、危ないと常日頃から言っているのに、手押し車
を押さずに歩いたり、色々困ります。
でも、ディサービスでは皆さんから大事にされて、その点は社交的な性格が幸い
していると思い、安心しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/64770947

この記事へのトラックバック一覧です: 大福の逃亡と帰還:

« 新年 | トップページ | 大福の事 »