最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

大福の事

今月のもう終わりです。
お正月から1ケ月になるんですね。月日の経つのが早い事。
あまり変化の無い日々ですからブログもサボり気味。

大福の事でも書く事にします。
大福が家の子になって1ケ月は過ぎました。
一度逃亡しましたが、それ以来、気を付けているので今の所家の子でいます。
大福は、野良猫だったのか、どこかで飼われていたのか分かりません。
保護した時は、酷い風邪だったし、目やにも一杯で太っていること以外野良猫
を思わせていました。
人懐こいのでどこかで飼われていたかと思ったのです。

家の子にはなりましたが、野良生活の名残りなのか、布団の上や毛足の長い
カーペットでおしっこをしてしまう。
そのカーペットは、大型コインランドリーへ持って行き、苦労して洗濯して帰り
ました。
こんな大きな物を洗うのは初めてで、使い方がよく分からず、近くに居たおじ
さんから丁寧に説明されて何とか洗濯乾燥できた。
私の布団に2回、泊まりに来た娘の敷き布団に1回、とうとう、今日は、グランマ
の掛け布団にした。
これは、間違えて少しの間グランマの部屋に閉じ込められていたからだとは思う。
ちゃんとトイレでする時の方が多いのに、何故でしよう。
猫トイレは2階と1階に有る。

大福は飼われて居た時か野良の時か多分叩かれていたのだと思う。
頭を撫でようとすると、首をすくめて目をつぶる、それで、撫でる時は頭から
ではなく、体の方から撫でる様にしている。
その点、クルミは当たり前の様にごろごろ言ってそんなそぶりは見せない。
とに角びびりで、私とグランマ以外の人が来ると、私の部屋に逃げ込んで
出て来ない。

沢山食べる。
家に来たばかりの時は、がつがつ食べていて、お腹も緩かったので、トイレに慣れて居なくて、あちこちするのでとても大変でした。
最近は落ち着いているので、夜中に鳴くのはお腹が空いているのかと思い
自動で無くなると餌が落ちてくるのを置いて見た。
何と、朝になり、全部食べて有った。
それでお腹が緩くなったので、今は1日4回に分けてのご飯です。
有ればあるだけ食べておかないと何時食べられるか分からない野良の習性
でしようか。

家にはようやく慣れて来て、二階でぐっすり寝込むようにもなったし、私が
行く部屋に2匹で付いて来て、近くにいる。
クルミの様に、邪気のない目で私を見るのではなく、まだ何となく大丈夫
かと言う目をする時も有る。

そんな大福が不憫です。
何とか、家の子になるように、根気よく沢山可愛がって行きたい。
Img_20170129_082344 Img_20170122_075622
大福は足が短い、初めの頃は腰をかがめて歩いていたからあまり気になら
なかったけど、こうしてみるとよく分かる。
もう生まれた時から家の子ですと言うクルミ。
Img_20170129_091927
安心しきっての昼寝です。

2017年1月16日 (月)

大福の逃亡と帰還

相変わらずのビビリの大福。
娘が孫を連れて来ると、私の部屋に閉じこもって出ない。

毎日餌を欲しいと外の野良猫クロが来る。黒に餌をやって家に入ろうとドアを
開けたら大福が逃げ出した。
一瞬の事で追いかけたけど早い逃げ足。
お向かいの家に駆けて行き、庭におしっこしてる、「だいちゃん」と呼びかけると
きりっとした顔をして振り向いて走って行ってしまった。
いつも、眠そうな顔をしているのに、野生の顔を見た。
この日の夜は、何度も声を掛けて見たけど見えないし、気配もしない。

翌日は加古川まで義弟の一周忌で出かける。
朝になって、何度も呼んで見たけどやはりいない。
後ろ髪引かれる思いで、あんなに可愛がっても、赤ちゃんの時からのクルミの
様な事は無いのかと涙目で出かけた。

14日は泊まり、15日、法事が終わり、帰って来たのが夜の8時。
駐車場で車を降りて、門の辺りから、ダメだとは思っていたけど、「だいちゃん」と
呼びながら玄関に向かう。
その時、何か塊が走って来た。
大福だったのです。鍵を開けるのももどかしく荷物を下ろして近づいたら怯えて
逃げる。
仕方ないので、餌を見せて玄関を開けて、おびき寄せた。
おずおずと入って来たと思ったら、クルミに挨拶して二階に駆け上がる。
私も二階に行くと、餌場でガツガツと餌を食べている。
Img_20170115_200352
出掛ける時、以前は病院へ猫は預けたけど、2匹だとキャリーも1つしか無い
から考えて、自動給餌器を買おうとしたけど、思いついた時は間に合わない。
ペットショップで急遽買って来た右の簡単な物。
カリカリのキャッフードを食べてから、お魚ミックスと言うパウチを2匹に分ける。
大福は自分の分とクルミのほとんど残した分を食べた。
そして、少し落ち着くと。
Img_20170115_204747 
ソファーに座り、次は私の隣の椅子に移動して爆睡。
Img_20170115_212740_2
しばらくしたらいびきも聞こえる。
この寒い2日間どこでどうしていたんでしよう。
その後、1階の私の部屋に移動して、私のベットの枕の辺りで寝る。
クルミは私に抱っこされるようにしないと寝ないので、左右に猫の猫まみれ
で寝た。

もう帰って来ないと半分諦めていたから嬉しい。
これからは、玄関を開ける時は気をつけなくてはなりません。

2017年1月10日 (火)

新年

バタバタとした年越し、新年も娘たちが来たりして、それなりに忙しい日々でした。
ようやく落ち着いて、来年回しとしていた事に手を付けようかと思う日々です。

そんな中で、大福とクルミを見ていると何だかほっこりした気持ちに成ります。
Img_20170107_114207 Img_20170107_114244
小さいクルミの方が元気で大きな大福に挑みかかります。
大きな体で腰をかがめているのを見ていると、可哀想です。
早くこの家に慣れて欲しい物です。
Img_20170110_084011 Img_20170103_123615
常にクルミが上の方に居る、ちびのくせに生意気なくるみ。
牛のぬいぐるみのイチゴとくるみ、ここに大福が来たら、イチゴ大福とクルミ大福
になるんだけど。

爪とぎが古くなったので新しく買って来た。
付いていたマタタビの粉を振りかけたらもう2匹が大興奮。
Img_20170110_163109 Img_20170110_192031
ダンボールがよだれでしみが出来る。こんなに興奮するのは初めて見た。

1483585657738
クルミにとっては、ちびちゃんの来ることが一番の恐怖。
お姉さんの所の娘が覗いている。
下の娘のちびちゃんが来ると、「あっ」とか言いながらバタバタと追いかけるから
一番苦手。
時々、シャーっと言いながら逃げたりする。
大福に至っては、部屋の隅に逃げて出て来ない。
猫たちがちびちゃんと遊べる日が来るのだろうか。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »