最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 困った新入り | トップページ | シャムちゃんの事 »

2016年12月 5日 (月)

養老渓谷

朝起きたら良い天気です。予報には雨マークが付いていたけど、雨は夜の
うちに降ったらしい。
なら、思い切って養老渓谷へ行く事にして、おむすび作ったりして10時頃に
家を出る。
1時間ほどで到着、いつもの駐車場はガラガラ。
この駐車場は少し上のシイタケ栽培をしている方の持ち物で、シイタケを買った
りしているうちに親しくなった。
帰りに寄りシイタケを買った時に今年は駐車場はさっぱりと言ってた。
山頂近くに市の無料駐車場が出来たし、駅前にも止めるから今年はあまり止
める車が無かったとの事。季節的に、良い副業だったはずです。

ここの駐車場から歩きだして沢コースから行きます。
001 002_stitch
上を見れば紅葉は残っています。
歩きはじめると、こんな地層も千葉では良く見られます。
008 010
沢を渡って行きます。
013 
018
落ち葉を踏みしめて行くと良い匂いがします。
020 021
毎年来ていますが、崩れやすいのか、道が少しですが変わっている。
右の写真は左上の道だったはずですが、先に進んで沢を渡る様になって居た。
024 029
幾つも沢を渡ります。
014 019
良く日が当たる上の方は綺麗な紅葉。
026_stitch
ここからの眺めは何時も綺麗です。真っ青な空です。
030 031
間もなく日高邸跡に到着。手前に大きな木が倒れています。
途中にも、綺麗に紅葉した楓が倒れていましたから、最近の事でしようね。
034 035
日高邸跡です。ここでお昼にしました。誰もいません、独占状態とは珍しいです。
037 038
ここから元の道を戻り、山頂までの分岐に入る。
何やら上の方で騒がしい声がする。枝が揺れる。待って見ていたらサルが
左の写真の枝を渡って行った。2匹です。かなりの大きさでした。写真に写って
居なくて残念。あちらは行動が早いから…写真が間に合わない。
040 045
木の根の階段の様な所を登ります。いよいよモミジ谷です。
046 047
050 051
052 057
059 061
モミジ谷の紅葉です。
たっぷり堪能して、ゆっくり歩いて行きます。久しぶりの歩きでそろそろ足に
来ているのか足元を気を付けて行かないと転んだら一人ですから大変。
062 065
山頂に出る手前の崖に初めての花を発見。いつもは上ばかり見て気が付かない
で通り過ぎていたのでしょう。
小さな目立たない花でした。不思議な存在感。
066 069
070
両側に植栽された楓の続く舗装路を下って行きます。
随分木も大きくなりました。

私たちが通い始めた頃はまだ木も細かった。下の娘が小学生で、トンビが
上空に舞っていて、トンビの歌を歌いました。
その時、トンビの鳴き声がピーンヨロンと言う事を知った娘は、びっくりして、
この歌は、ピーンと立った時にヨロンと転げるのかと思ったと言うので、家族
で大笑い、笑い過ぎて歩けないよと言った事が思い出された。
その娘も一児の母です。
家族4人で歩いた思い出です。
067 068
071
リンドウがあちこちで咲いていました。
リンドウを見ると、山友達でリンドウが好きだと言う人を思い出します。

ここは、毎年何度も来ていたし、お友達も案内して、家族とも来た同じ市内の
山です。
家からは1時間くらいで来れますから、紅葉ばかりではなく春にでもと思って
いたら、途中の注意書きに、イノシシ、マムシ、そして、山ヒルがと書いて有り
写真まで添付されていた。
ヒルの話は聞いたことが無かったので、いよいよ養老渓谷まで進出して来た
のかと恐ろしい事です。
お天気も良くて、寒くもなく、紅葉も綺麗で良かった。命の洗濯をしました。


« 困った新入り | トップページ | シャムちゃんの事 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

家から一時間でこんな素敵なところがあるんですねえ。
まだまだ紅葉ばっちりでしたね。
娘さんのピーンヨロン、家族の楽しい思い出ですねえ。
我が家も息子と歩いた時のことを思い出すことありますが、
もう今では髭の生えたおっさんです。

Kyouさん

最近はこの辺りも人気で、観光バスも来るようになりました。
大きな観光バスを見るとびっくりです。
関東で一番遅い紅葉と言うのがうたい文句のようです。
もう少し前の方が綺麗だったかもしれませんが、十分堪能して満足です。

娘たちと歩いた思い出は色々有ります。
このピンヨロォ~ンは特に印象に残っています。
Kyouさんのご子息とは一緒に山へ行った事が有りますね。
もう立派な社会人になって、こちらが年取る訳です。
子供たちも山へ連れて行って良かったと思う時が有ります。
次は孫もと思いますが、こちらは難しいでしょう。私の方が先に参りそうですcoldsweats01

わぁ~綺麗だね・今年も健在だね。

懐かしいわ、シイタケも買ったね。
そうそう、色々場所だったり、時期だったり・思い出すよね。

お嬢さん二人ともママになっちゃって・・
ほ~~んと、年取るね・
静かに歩けましたね・・

milkさん

最近は予定を立てられなくて、天気と時間とを見て思い切って出かけました。
お蔭で今日は筋肉痛、養老渓谷へ行き、筋肉痛なんて初めてですよ。
どれだけ歩いていないかの証明になりました。

でも、もう少し早く行けたらもっと綺麗だったとは思うけど、十分堪能したから
良かったわ。
あのシイタケ屋さんです、良い副業だったと思うけど、観光バスも来るようになって
市でも無料駐車場を山頂近くに作るから仕方ないかな。
でも細い道だから、出来れば上までは車は止めて欲しいのよ。

一人で歩いていると、色々な事が思い出されて、それはそれで良かった。
お昼は一人だけだったけど、それなりに登って来る人もいたの。
でも、多分、この土日がピークだったのではないかな。
また、一緒に歩きたいね。その時には筋肉痛にならない様に歩いておこう。

懐かしい風景を、再び堪能させて頂きました。
ご家族での楽しい思い出の場所でもあるのですね。
ピーンヨロ~ンのお話も楽しい思い出ですね。

あの駐車場、止める人が少なくなってしまったのね~
無料の駐車場があれば仕方がないものね。
養老渓谷も晩秋の雰囲気ですが、モミジ谷は綺麗ね~~

最近、左足が攣るようになって、ウォーキングしていて
ちょっと心配な時があります。北岳の時の後遺症かな~なんて・・・
いつかまた歩きたいですね。

あずささん

一緒に楽しく歩いたよね。
あの頃は、週2で歩いても平気だったのに、今回は本当に久しぶりで、筋肉痛。
歩かないとダメだと実感しましたよ。

あの駐車場のご夫婦はとても良い方たちで、時々近くの農業センターでの催しや
他の所での売り出している所でも会う事が有ります。
美味しいしいたけを栽培しているの。
駐車場も広々しているから沢山止めていたのに、山頂近くの無料の所が出来たのが
痛手の様でした。

左足がつるのですか、体調万全でないと歩くのが不安ですよね。
また何処か楽な所をご一緒したいです。

養老渓谷、連れて行ってもらいましたね。
もみじ谷、あの時も見事だったし足元を注意していないと根っこがあったり斜めになっていたり危ない箇所もあったり痩せ尾根のようなところもありチョッとした登山で汗を掻いた、良い思い出です。

チョッとした沢の箇所もあったり変化に富んだ楽しめるコースですよね。

道が無くなって・・・とは川沿いは地盤が緩くなって変化しているのでしょうかね?

時間の隙間に思い切って出掛けて正解でしたね!リフレッシュできて良かったですね♪


千春ちゃん

楽しい山歩きしたよね。
今年はもう少し数日早かったら、もっと綺麗だったかなとは思いましたが十分綺麗で堪能出来たから満足
でした。
沢コースは地質的に崩れやすく、毎年少し道が変わる。
本当は梅ヶ瀬渓谷と言うのも、梅を植えていたのに結局流されてしまったそうです。

本当に思い切って出掛けて良かったです。
こう言う時間も大切だわね。千春ちゃんも日々頑張って、私も元気を貰えて居ますよ。

懐かしい気持ちでいっぱいに。

養老渓谷は、わたしの大切な場所の一つです。

また行きたいなあ。

先日から古い写真を確認する作業をしていて、子供たちを連れて登った山の写真などが出てきて
すごく新鮮な気持ちになりました。

小さな山でも。


家族も友達も、一緒に歩けた場所があるって、幸せなことですね。

ぴとこさん

養老渓谷は、家族と言ったり、親しい友人と一緒に行き、沢山の思い出が有ります。
何度も通っているうちに、シイタケ屋さんとも仲良くなり、行けば買うし、市内での催しの
時にも有れば買っています。
奥さんは、有る時から耳が悪くなってしまい、ちょっと聞こえにくいのです。
まだお子さんが小学生のころから見ていて、今では20歳過ぎていると聞くと、こちらも
当然年取る訳です。

ここは、少し年とっても行ける所ですから、これからも秋には通えそうです。
また機会が有ったら行きたいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/64587407

この記事へのトラックバック一覧です: 養老渓谷:

« 困った新入り | トップページ | シャムちゃんの事 »