最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 久しぶりのドイツ村 | トップページ | 家猫、外猫 »

2016年11月 7日 (月)

声変わり

随分ご無沙汰してしまいました。

何かとバタバタして、どこまで書いたか忘れています。
グランマは、結局手術する事になりました。
高齢なのでしないと医師からも言われていましたが、骨折した部分が筋肉に引っ
張られてずれて来ている。
それで、このままでは自然に元に戻ると言う事は無理で、使えなくなるか、リスクは
多いけど手術するかどうかと提案が有りました。
元気になると言う事は無理としても、腕が使えないのは可哀想なので、万一と言う
事と、術後に具合が悪くなって行くと言うリスクは承知の上でお願いする事とに
しました。
それが、10月20日でした。
手術自体はそれほど時間も掛からず、術後の目覚めも問題なかった。
同じ日に手術したお隣のベットの方は81歳と言う事ですが、半覚醒の時に猛烈
に付き添っている息子さんに罵詈雑言、大声で騒いで私はもしグランマが同じ様
だったらどうしようと思いました。
グランマは大人しくしていて、夜まで付き添わなくても良かった。
後でグランマが言うには一晩中お隣は騒いでいたそうです。

術後も順調でホッとした所です。
所が私が思った以上に疲れたのか、2日後、グランマのお昼ご飯の様子を見て
いて、椅子から立ち上がろうとしたのがふらふらっとして、近くの看護師さんが
抱きとめて呉れた。
ワラワラと看護師さんが集まって来て、ストレッチャーに乗せられて別室へ。
血圧を測ると60台とか聞こえる、うわー低いと思ったら、心電図を取られたり
医師も来て、その頃は血圧も戻る。
冷や汗が一杯だと言われたけどあまり目を開けたくない気持ちでそのまま。
結局点滴されて、娘に連絡したので迎えに来て貰って帰りました。
その時、医師からは循環器内科を受診するように言われていたので、改めて
病院へ行き診察を受ける。
多分疲れにより急性低血圧だろうと言う事で終わり。

その後は疲れない様にと気を付けています。
そんなこんなでバタバタしていたら、この所、急にクルミが変な声になる。
心配で病院へ連れて行こうかと思ったのですが、ネットで調べると、思い当たる
のはストレス。
ストレスの状態が数週間続くと出ると言うのもぴったりです。
この所、私が居ない事が多いし、しばらく様子を見る事にした。
そして、家で私の膝に乗って来た時は、元々赤ちゃん抱っこの様にしたがるから
両手でしっかり抱っこしていたら、しっかり甘えっこの態度で胸の辺りに手を伸ば
して頭も付けて安心したようなので、しばらくそうしていたら満足して降りた。
そんな事を繰り返していたら、声も何とか元に戻り始めて一安心。
Img_20161107_091054
パソコンをしていると、横のプリンターの上に乗っている。
近くに居ないと、鳴いて探しているから、留守中は大声で鳴いて探しているの
でしよう。

グランマはリハビリで頑張っては居ますが、食が細いのと、認知度が進んだ。
好物の物を持って来ても良いと言うので、時々好きなおかずと、フルーツを
持って行く。
毎日行っても、顔を見ると、1週間も会わなかったような態度です。
どうしても疲れたらお休みしますが、行かなければ私も心配で、可哀想で困る。
グランマも早く退院できれば良いし、クルミも寂しい思いをしないかな。

« 久しぶりのドイツ村 | トップページ | 家猫、外猫 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

グランマさん、手術を受けられたのですね・・と思いながら読んでいくうちに、びっくりしました。

疲れがたまっていたのでしょうか。今年はフル回転の日々ですものね。
無理せずと言っても、なかなかゆっくりとはできないかもしれませんが、
どうぞ、お大事にしてください。

クルミちゃん、不安な気持ちと淋しさからの声変わりだったのですね。
からだと心の関係は、不思議ですね。

みんな、寄り添いながら暮らしているのだなと思うこの頃。秋だからかなあ・・・。

繰り返し・・ほんと、お大事に。

山百合さん、大変でしたね
グランマの手術は高齢だけに心配だったと思います。
なんとか良い方向へ進んでくれることを願っています。

山百合さんの体調が悪くなってしまった事がとっても心配でしたが・・
ストレスと疲れからの症状だったのかな?って思います。

貧血とは無縁だった私が何度も倒れそうになったりしました。
色々な検査をしても原因さえ分からない症状に悩まされました。
何が起こるかなんて想像が出来ません。

目に見えないストレスって身体に心に色々な変化を与えてしまいます。
山百合さんと一心同体のクルミちゃんだって同じですよね。

元気になって良かったです。

おはよう。

読んでいて、やっぱり山百合家はとても居心地良く生活してるのがわかりました。

手術後とか麻酔をかけた後とか
意識がはっきりしていないときは
そういう事が起きるらしい。
私も胃カメラを全身麻酔した時
うかつな事を言わないか心配したわ。
普段の態度が出ちゃうのよね(>_<)

山百合さんが心配、無理しないで休める時は休んでね。

くぅちゃんもなんだか可愛いと言うか可哀想と言うか。しっかり家族だね。

寒くなって来たからね、
気をつけてね。

誰の声変わりかと思ったら、クルミちゃんがストレスから来る声変わりだったとは。
家族の大変さが伝わるのね。
グランマさんも山百合子さんも、クルミちゃんも無理せず、穏やかに暮らせる日が来ますように・・・
ストレスが少しでも減りますように・・・
これから寒くなる季節、体調これ以上悪くなりませんように・・・
沢山、沢山、祈っています。

ぴとこさん

高齢ですから手術は出来ないと言われていたのに、筋肉が引っ張るので自然治癒
は難しいと言われて、選択をする事に医師と共に悩みました。
でも、グランマは普通の生活が出来るようになると信じて、その時に左手が不自由
なのは可哀想だと思いお願いしました。
医師は家族の選択次第だものね。

手術前にリスクについて散々聞かされていたので、無事に終わってホッとしたのが
一気に出たのか私が倒れるなんてびっくりしました。
でも、肉体の疲れでは無くても体に出ると言うのを実感しました。

それ以来、気を付けて過ごそうとしています。

ピカリ♪さん

ピカリさんも遠距離介護に通ったものね。
その間には色々な困難も有ったでしょうし、体に出ないかなと思っていました。
やはり色々出ていたのね。
私も今までも色々な事は有りましたが、周りに助けられていたんだと今更の様に
思いました。
グランマも順調で、左手も肩くらいまでは上げられます。
リハビリで廊下を歩いています。
一日3回から4回リハビリの理学療法士さんが来てくれるので、少しでも筋肉が
付くと良いです。

クルミも相変わらず私が出かける事が気に入らない様です、グランマの居ない
事もきっと変だと思っているのだと思う。
昨夜はあまり探して鳴くので、お風呂のドアを開けたら、びっくりして入浴中の
私を見ていました(^^;;

milkさん

グランマの手術の時、グランマの先に手術して部屋に戻ってきたおばあさんの
凄さにびっくりしました。
術後なのによくあれだけ大きな声が出ると言う感じでね。
とうとう、何だか注射されたけど、それでも幾分収まったと言う感じでした。
グランマは大人しくてホッとしたわ。
あまり騒ぐと家族が付き添うらしいよ。

ク~ちゃんは相変わらず出かける時は階段の中ほどでじーっと見ている。
帰って来ると、散々鳴いて頭を付けて体を擦り付けて来ます。
ごめんごめんと抱っこしてもそういう時はダメです。
ストレスたまっているのね。

私も無理せずぼちぼちやって行こうと決めています。
心配して下さってアリガト。

ハイジさん

沢山祈って呉れてありがとうね。
グランマは目下リハビリで頑張っています。
時々私も様子を見ていますが、足も手の動きも良くなって来ています。
療法士さんも良くして呉れて、頑張りの成果が出れば励みになる様です。

ストレスはどうしても有りますから逆らわずら、出来るだけ受け流せるように
したいと思っています。


あれまぁ~ 色々大変だったようですね~

グランマさん、結局手術されたのですね。 術後の経過もよいみたいで、リハビリも頑張ってらっしゃるのね。
色々心配やら疲れから、山百合さんが目眩おこされ一時的な低血圧症となったのですね!
山百合さんのこと、何事にも一生懸命だからグランマさんの介護やらお孫ちゃんの相手・・・しかも二人だもんね~
知らない間に疲労が蓄積していたのでしょ~~
くれぐれも無理なさらず、介護も病院通いも時には気を抜きながらやって行ってね~~

そうしてクルミちゃんもストレスで声変わりしちゃったの~~?
愛情いっぱいで育ってるクルミちゃんですから、山百合さんが忙しくしてるとストレス感じちゃうのかな~

兎にも角にもグランマンさんに早く良くなって、自宅に帰って来てほしいですね。

山百合さん
たいへんでしたね、グランマさん リハビリも進んでいられる様子、よかったです。
山百合さん、ご自身も、お疲れがでてしまったんですね。
クルミちゃん、いつもと違う様子、感じちゃったんですね、
これから、寒くなりますが、ムリなさらず、みんなで、おうちで過ごせられるようになれるといいですね

カラッチさん

心配頂いてありがとう。
グランマも段々リハビリに慣れて来て、歩いたりして訓練しています。
術後も安定していると言う事でリハビリ病棟に変わったので、周りは皆さん同じ様な
方ばかりで、廊下を歩いています。
まだグランマは後ろで理学療法士さんが倒れても良いようにしているので、安心して
見ています。

手術は本当に心配な事でしたから、自分でも思った以上に疲れたんだと思う。
あんな感じで倒れたのは初めてだったから自分でもびっくりでした。
今は、疲れない様にと無理しないでやって行ってますから大丈夫です。

孫は近くにいる子が時々遊びに来て呉れます。
もう私は遊び相手で楽しんでいますよ。
可愛くて随分癒されています。孫の存在が私には本当に大きいです。

クルミも声変わりにびっくりしましたが、家に居る時は出来るだけなでたりして
いてだっこしたりして良くなって来ました。
グランマが倒れて、私が救急車を呼んでいる時、大声で鳴いて聞こえない程でした。
その時から家の異変を感じていたんでしょうね。
猫のストレスも時間が経ってから出ると読んで納得です。
話が出来なくても分かっているんだわ。

らっしーさん

ありがとう。
グランマがリハビリに頑張って早く帰って来たら良いなと思っています。
認知も進んで色々忘れてしまって、私が三島から電車で病院に来ていると思ったり
私と話をしていると良いんだけど、夢を見るらしい。
それが現実か夢か分からなくなるらしい。

猫も感じる事って有るのね。
今は頑張って、可愛がっていますから声も戻って来ています。

いきなり寒くなったから、夜はちょっと熱めのお風呂にゆっくり入っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/64458507

この記事へのトラックバック一覧です: 声変わり:

« 久しぶりのドイツ村 | トップページ | 家猫、外猫 »