最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月19日 (月)

秋雨前線滞在中

ずっとお天気が悪く、家に引きこもり中。
土曜日は、今日だけ晴れと言うので、沢山の洗濯をして、畑に大根を蒔きました。
と言ってもする事が泥縄ですから、草除けシートを外して適当に肥料をまいて、
耕してから種を蒔く。
もっと早くから色々と準備をした方が良いとは分かっているのですけど・・・
今年は草取りに取り組まなかったので、蚊の発生が凄い。
外仕事をする時は、蚊取り線香を腰に2つ下げて、蚊が来にくいと言う繊維の
入った上着を着て、手首にも蚊よけの物を巻きつけています。
お蔭で被害には合わずに済みました。
その様にしないと、蚊が顔にも体にも当たって、痛い位です。
どれだけ不衛生な家の周りの環境でしよう。

予報通り、日曜日からはあいにくの天気です。
貧乏性なのか、何かしていないと面白くない。
と言う事で、ちびちゃんたちの物をチクチクとしています。
001 002
私から見れば孫は双子がいる様なもので、何を作るにも2つ。
娘たちは、山百合コレクションと呼び、着せています。
作っていると、段々慣れて来て、何とか様になって来ました。
喜んで呉れるかな。
後は、着物を形見分けの様に沢山貰ったので、リフォームしてブラウスやベスト
風の物を作っています。
夏の仕事で、友人や、親戚に送り、喜ばれています(はず)
気にしないでいましたが、全部記録として写真撮れば良かった。
後から誰に何を作ったか忘れるのです。

忘れると成ると、グランマですが、物忘れは激しいながらすっかり元気になり、
ご飯も普通に食べるようになりました。
娘たちは、驚異的と評していますが、本当にそう思う。
ディサービスにも行っています。
ディサービスへ行くようになって、すぐにお友達になった人がいました。
その方が7月に風邪で休み、間もなくグランマも風邪になった。
グランマは元気になり、1ケ月掛かりましたが行ける様になったけど、その方が
どうも来ていないらしい。
どうして来ないのか様子を聞く事は私も怖くて出来ないのです。
同じ送迎バスに乗って、ニコニコとしていた笑顔を思い出しています。

昨夜は、お風呂に入れて、寝るからと言うのでお休みをしたのに、しばらくして
部屋の電気が付いている。
見ると、洋服を着替えて、ディサービスへ行くんでしようと言う、夜の8時半です。
夜だし、お風呂入って寝るんでしょっと言い聞かせてやっと納得した。
困る事も色々有りますが、笑って済ませる事も有るのが救いです。
多分、土日はお休みするので、その辺りの感覚が分からなくなるようです。

2016年9月 4日 (日)

9月

台風が来たり、大雨になったり、落ち着かない天候が続き、ようやく9月になって
朝晩は窓から涼しい風が入るようになりました。

7月の末にグランマが風邪を引いた、それが私にも移り、熱も出るし、グランマの
事も有るしでキツイ日々でした。
私は気合と根性でと治すと言うのは娘たちが来ると言う日までには何とかしたいと
思っていたからです。
2人で風邪を引いている時は、近くの娘が様子を見に来ると言うのも、ちびちゃんに
移ったら大変だからと断っていた。

グランマは中々風邪も抜けず、何より食欲が無くなった。
私は言った通りに元気になって娘たちもやって来た。
楽しみにしていたひ孫たちも帰り、グランマは益々食が細くなり、朝ごはんは食
べない。昼になって無理に食べさせても、2口ほど。
医者は年齢が年齢ですからねぇ~っと言って薬を呉れるだけでお盆休みに入って
しまった。
出来るだけ、好きな食べ物、お刺身にしたりしても効果は無い。
言葉も不明瞭になるし、妄想らしいことも言った。
昼間も寝てばかりいて、息をしているかと見に行くほど。
私もいよいよかと覚悟を決めていた。
食が細くなり、木が枯れる様に痩せて行くのが、最後は苦しまないで逝ける事に
通じると聞いた事が有ります。
それでも、何とか頑張っていたら、8月も末になって、やっと何とか3食食べられ
るようになった。
それからは、薄紙を剥がす様に、少しずつ食事の量も増えた。
起きている時間も長くなり、31日に1ケ月休んだディサービスへ行く事も出来た。
まだ、毎日は無理だろうと1日おきにデイサービスを利用している。
以前よりは少ないけど、しっかり食事も出来るし、何もすることが無くてつまらない
様子で、今週は毎日行きたいと言うので、様子を見て楽しい事なら良い事だと
思っています。

言葉もはっきりして来て、人って凄いなぁっと感心した。
40キロほどだった体重も35キロになり、本当に骨川筋子になってしまったけど
回復力には驚かされました。
しかし、認知度は進み、自分の立ち位置が分からないようで、家に帰ると言ったり
ここに居ても良いのかと聞いて来たり、娘たちの子供も顔を見れば分かるのに、
居なくなると、さっぱり分からなくなり支離滅裂になる。
娘たちと、私の事は分かるけど、婿さんたちとの関係が理解出来ず、娘が図に
書いたら、毎日眺めては頭に入らないと言っている。
下着なども、夏用と冬用に分けて入れてあるのに、起きていると勝手に入れ替えて
ゴチャゴチャと分からなくなっている。
それでも、きっちり畳んである所がグランマらしいのです。
私が居ないと、不安の様なので、出来るだけ、昼間はグランマの部屋の隣で
縫い物したり、PCしたりしている。

先日、お風呂に入れていたら、「お世話になるねぇ~」っと言うから、私も沢山
助けて貰っていたんだし、この位大丈夫よと言うと、「それだけ可愛かったんだよ」
と言われて、子供の頃からの事を思い出して涙が出た。
本当に無私の心で可愛がられた事が思い出されます。
伯母さんなのにと言われますが、子供の頃から子供も居ないせいも有り、私は
本当に可愛がられていました。
なので、お互いに遠慮なく言いたいことも言うし、夫が亡くなってからは精神的にも
助けられてきた。
98歳と7ケ月、残りの時間はやはり少ないとは思うけど、日日大切に過ごして
貰うようにしようと改めて思う。


« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »