最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月21日 (木)

野良猫シャム

庭に時々現れて、昼寝などしている猫がいる。
初めは毛色から飼い猫だと思っていたが、娘が散歩している時にご近所の生け垣
の中に入り、その時に子猫の泣き声が聞こえたので、良く見たら子猫が3匹居た
「あの猫がTさんの生垣で子供を産んだ」と言う。
少し心配になり見に行くと居ました。
Tさんの玄関に行き、ピンポンしたら、ご主人が出て来て知っていると言う。
猫好きなTさんの所は何匹もいて、どうした物が困っていますと言う。
帰ってから色々調べたら、保健所に連絡すると、ボランティアの方を紹介して呉れ
るのでまずそち連絡すると良いと言う事でしたです。
Tさんに連絡した結果、目が開いたら連絡して呉れと言う事になったと言うので少し
安心。
私も、朝晩生垣までクルミの食べない美味しい餌を届けていた。
Tさんが家に来て、猫が子供を咥えてどこかへ行ったのを見たので後を付けたけど
見失ったと言うので近所を二人で探したけど見当たらない。
子猫だけでも何とかしたいと言う願いは届かないのか・・・
元の場所には死んだ1匹が取り残されていた。
ごみを捨てに行った時に、その猫がいた。おいでと言うと付いて来たので、また餌
をやると食べる。

それ以来朝になると玄関前で待っている様になった。
勝手に名前をシャムにした。
P1040739 P1040738
右目がどうも悪く、見えているのかどうか。
ある一定の距離になるとシャーと言っている。餌貰う身でどういう事と思うけど、
まぁ、仕方ないでしょう。子猫はどうしたのか聞いても答えは無いし。
私としては、我が家にも授乳中の娘がいて何だか他人事で無いような気がした
からの行為なのでまぁ、何とも言えないのですが・・・
Img_20160420_080750 Img_20160420_080539
シャムが餌を食べていたりすると何処からともなく現れる黒猫。
シャムも怒りもしない。こちらはちょっと位なら触らせて呉れる。
黒猫は庭で昼寝している事が有る。
Tさんの話だと、このシャムは捕まえる事が出来ないそうです。
どうした物かと思いつつ、朝晩この子たち用にと買ったキャットフードを与えてる。
家のクルミはグルメなのか単に好みの問題なのか、決まった餌に好きなおかか
をトッピングしたり、2口ほどで食べる量を入れると完食、そして、また同じ位入れ
ると食べるの。日に何度もそんなことの繰り返し、一度に沢山入れておくと残す。
シャムやクロちゃんの様に一度に沢山食べられないようだ。
Img_20141211_063228

庭の花
P1040717 P1040720
合田草、秋に実がなると小判の様な形で、素敵なドライフラワーが出来る。
シランは、以前友人が送って呉れた。窓の下で咲き始めた。
友人の所でも咲いているだろうか。
P1040718 P1040719
八重桜が咲いた。去年は花を塩漬けにしたが、今年は良い時に雨だったり
大風だったりしてもう遅いので諦めたが、葉が出たので天ぷらにした。
横に広がらず、上に伸びるタイプの桜で名前は「天の川」。
P1040732 P1040722
アメリカハナミズキが沢山咲いた。その右手にはオオデマリが緑の花をつけて
いる、もう少しで真っ白な大きな花の塊になって綺麗です。
P1040726 P1040729
P1040730 P1040731
大すきなチゴユリも咲いている。今年は増えて嬉しいミニ群落になった。
P1040724 P1040733
P1040737
庭の隅に咲くスミレ、ヒメウツギもボタンも咲いて、庭が一気に花盛りです。


2016年4月11日 (月)

春爛漫

1月に上の娘が出産して、3月に下の娘が出産。
孫二人になって、一気に忙しくなりました。
すっかりご無沙汰した日記も1月末で更新していなかったのですね。
もう4月では有りませんか、と言う程月曜日が来るとすぐに金曜日なのねと言う
日々でした。
12月に里帰りして来て、4月初めに上の娘は帰って行きました。
ようやく落ち着いた暮らしになるとは思いましたが、まだまだ良く泣く孫がいます
から出番は多いです。
とは言っても、孫の世話は娘たちがするので、私は食事作りと、洗濯とです。
と言ってもなんだか来客も多く、食事もグランマと二人の時の様には行きません。
楽しい時間で、可愛い孫の成長をしっかり見られて幸せな暮らしです。

庭の花も咲き始めています。
P1010171 P1010172
P1010175 P1010176
P1010180 P1010185
P1010181 P1010183
P1010188 P1010189
変わり映えはしない花でしょうが、夫々に思い出も有るので毎年咲くのを待って
居る花ばかりです。
ドウダンは娘が小さなころ、社宅に住んで居た時に植えて、こちらに引っ越す時
に一緒に来て大きくなりました。
スズランの様な真っ白な花が咲き、秋には真っ赤に紅葉します。
ヒメウツギも間もなく咲くでしよう。その後ろに咲いているスノーフレークはまだ
元気だった頃の友人が送ってくれた。
連絡も途絶えてしまったけど、元気でいるかと花を見ては思う。
いつの間にか咲くようになった、パンダスミレと言うのか、大きめなスミレが庭に
出たので、まとめて鉢植えにしておいた。春を忘れず咲いて呉れる。
その右のピンクの花は、グランマの良い友人だった「とくさん」から頂いて、毎年
咲いて呉れます。
もう20年以上前に亡くなって、この花が咲くと、とくさんの花と言っている。
イチゲが今年も咲いた、そして、株は増えている。
園芸店で終わりかけていたのが片隅にあり、買って来て植えた物。
あのままでは捨てられると思ったのですが、環境が合うのか合わないのか
毎年1輪だけ咲く、その後ろにには、チゴユリが増えて、念願のミニ群落に
なった。
我が家の八重桜、「天の川」が開花した。
去年は花を塩漬けにしたし、若葉を天ぷらにしたら大好評。
今年も楽しみです。

もう少し、娘が帰るまで孫に付き合って楽しみます。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »