最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

養老渓谷

今年は色々な予定が立て込んでいて養老渓谷には1度くらいしか
行けないなぁーっと思っていた。
28日に春から約束していたmoguさんとChiyomiちゃんとお天気を見て
歩いて来ました。
お天気見たと言っても、この日は予報に反して曇り。
先日下見した所を車で通り、何時もの駐車場に車を置く。

P1000983  P1000984
先日の下見の時に見た所、少し遅いか・・・
P1000985 P1000986
駐車場の上の崖の紅葉が綺麗。
元気に出発です。
P1000988 P1000990
P1000991 P1000995
沢コースは微妙に変わっている。
先日の台風で一時土砂崩れで通行止めになっていると言われ、11月の
8日に開通したそうです。
今までよりも広くなっている所なども有る、砂地はどうしても変化する。
P1000996 P1000997
P1010001 P1010003
紅葉も綺麗に見えて、贅沢な気分になり、これで晴れていたらもっと
良いだろうねと言いながら進む。
P1010004 P1010017
P1010007 P1010013
崖の上の赤が綺麗。
P1010018
お腹空いたぁーっとお昼にします。
お休み所の木の椅子とテーブルの半分が使用禁止。
崩れているんです。
使用できる、大丈夫な所で休んで魚雷サンドやおやつを食べる。
P1010020 P1010024
日高邸跡を目指して行くと、この辺りも道がかなり削られている。
P1010029 P1010031
ここのモミジの葉が残って居る時に来た事が無いんですが、わずかに
見られる。
上を見上げると綺麗です。
P1010038  P1010050
さて、元の道に戻り、お昼を食べた分岐から大福山を目指します。
P1010058 P1010061
道は上りになり、いよいよ紅葉谷が見えてきました。
P1010064 P1010065
こんな木の根がむき出しになった所を登って行く、上を見上げると
色づいた葉が綺麗です。
P1010066 P1010067
P1010068 P1010069
P1010077 P1010078
P1010079 P1010081
P1010084 P1010085
P1010086
もう何が何やら、写真はすべて紅葉一杯のハチャメチャ、収拾が付かない。
嬉しい事に、この時、日がさして来て、色鮮やかさを見せて呉れた。
もみじ谷が過ぎて、尾根道を通り、大福山の山頂辺りに出ます。
本当の山頂は上に有り、目立たない標識も無い所の様です。
もう、ここまで来たら、山頂にしよう。
P1010089
展望台です。この右手から細い尾根道を行くと山頂で、白鳥神社の
裏手です。
P1010090 P1010091
ここからは車道を通り、植栽された紅葉を楽しんで下る。
P1010092 P1010093
のんびり下り、いゃー楽しかった。
お二人には感謝です。
来年の約束もしたし、元気で過ごしましょう。




2013年11月20日 (水)

紅葉の下見

紅葉の便りが各地で聞かれ、そろそろ終わりと言う。
あれこれと予定が立て込んでいて、こちらの紅葉を期待するしか
ないかと来週には絶対前からの約束を果たしながら行こうと思って
いる。
その養老渓谷に、ドライブを兼ねてグランマと、代休のお姉さんの
3人で出掛けた。
養老渓谷駅でお昼を食べてから、駅に有る足湯に入る。
ここは、駅前に500円で車を止めていたら入れる。
または入場券を買ってはいるどちらかです。
私たちは、入場券を買って温まった。
P1000939 P1000938
しっかり温まって、車で大福山の駐車場に向かった。
途中の紅葉はぼちぼち・・・これからの所が沢山有る。
P1000940 P1000942
何時もなら真っ赤に紅葉している所ですが、こちらもまだ。
ならばと、狭い林道の紅葉を目指して行く。
P1000944 P1000945
鮮やかな木も有りますが、まだまだ・・・
と言う事で、林道を降りて、上総大久保駅まで行く。
P1000953 P1000954
ここの銀杏が黄色に色づくと綺麗ですが、ここもこれからですね。
次は飯給(いたぶ)駅へ。
P1000960 P1000956
駅に有る日本一大きなトイレです。
ドアを開けるとぽつんとトイレが有る。
中のカーテンのして有る所がトイレ、女性用です。
このトイレの前に、多目的のトイレが有りました。男性も使える。

ここは、一昔前の姿を感じさせてくれる所で、桜と菜の花が咲くときが
一番綺麗な場所だったのに、変な物を作った物です。
何もないそのままが良いと言う事を知らないんだね。
P1000958 P1000962
と思っていたら、電車が来た。

あと一歩で綺麗な紅葉が見られると期待して帰ったドライブでした。

2013年11月 4日 (月)

ムベ

今年はムベが沢山出来たので収穫。
P1000931
重かったぁー
それで、半分に割ってスプーンで、種を取り出す。
写真が無いのは、見た目あまり気持ちの良い物でない・・・
P1000932_2
鍋に入れて、リンゴのすりおろしを入れて煮る。
種の周りの果肉がかなり分離する。それを、ザルに取って、漉す。
その辺りは懸命に漉していて写真を撮る余裕なし。
漉した物を煮て出来上がり。
P1000933 P1000935
出来上がったジャムみたいな物。ヨーグルトに掛けて頂きました。
砂糖を使わないので優しい甘さです。

おまけ
P1000934
種を取った後の皮に、ざらざらした種の後ろに膜が有ります。
それをスプーンで取除いて皮を刻んで甘味噌炒めにしたもの。
ちょっと苦味が有り、ちょっと変わった味です。
しかし、余りに手が掛かるので、15個ほどで挫折、後は諦めました。
不老長寿の伝説のある実です。

2013年11月 2日 (土)

再びの散策

今日はBBさんのお誘いで木更津へ。
まずは、駅からバスでオープンガーデンをしているサマンサと言う手
作り菓子と雑貨を扱うお店もしている所へ行く。
P1000926  
P1000913 P1000914
平屋の建物の前には素敵な庭が広がっています。
お邪魔しまぁーすと庭に入る。
庭の奥にお菓子と雑貨を売るお店が有る。
バラが綺麗です。ミニバラの扱いが参考になる・・が、私は挫折しそう。
バラって、消毒と肥料管理が大変。
P1000919 P1000920
P1000916 20131102202154
可愛いく、大人しいわんちゃんもいて、お店でバラの模様のお菓子を
買い、春の桜と、バラの時に伺う約束をする。
ここのオープンは土日と祝祭日、バラの開花時期は月、火もオープン
だそうです。

再び木更津駅へバスで戻り、お昼を頂いてから太田公園へ。
少し雨が降っていたけど公園内を散策して、いつも寄りたくなる安西家
住宅へ。

旧安西家住宅              

・江戸時代中期に建てられた安西家の住宅を移築復元したものです。安西家は
代々組頭を勤めた家柄で、家は寄棟づくりの茅葺きの床面積約70坪で上総地
方では大きな民家です。
             

P1000923 
懐かしいかまどに火が入っている。それだけで何だほっとするし懐かしい。
P1000927 P1000928
大八車、これも時代劇では見るでしょう。
ボランティアの方たちがいて、色々楽しいお話を聞く事が出来る。

最後は美味しいコーヒーを頂きに、ブラジル屋へ。
P1000929
お洒落で、静かなお店で美味しかった。 ここへは二度目。
コーヒーを頼むと、デザートも付いてくる。
コーヒーはもう一杯のお代わり付きです。お花も付いている。
BBさんはホトトギスだった。
楽しかったね、また遊びましようと別れる。

2013年11月 1日 (金)

散歩

用事が無い限り出かけない引きこもり状態が多いので、たまには散歩
に出て見ようかと、近くの農業センターへ行く。

_1030963 _1030964
ちょっと秋っぽい風情が出てきました。
P1030969 P1030970
白の山茶花が咲いて居る。
P1030972 P1030973
この桜の木は毎年この時期にも花を付ける。春にも咲くからどうなって
いるのか分らないけど、今年は花が多いように思った。
P1030974 P1030975
パンパスグラスがのびのびとして風に揺れている。
P1030978 P1030982
P1030983
少し小高い所へ行くと、こんなアーチが出来ていて、ローズヒップが
沢山赤い実を付けていた。
何でも、ここは恋人の丘とか呼んでいるらしく、ここでご縁の出来た人が
ローズヒップの苗を寄付したとか・・・
それにしては、下の方にも沢山有るんです。疑い深いわたし。
P1030977 P1030976
一際小高い所はどうやら古墳と言うか、昔の豪族の墓ではないかと
言われている。
公園なので、ズカズカと登って行くが、どうも塚と分って居ては落ち着かない。

あちこちに柿などが実っている。
そろそろ収穫したらどうでしょう、とおばさんはいらぬお節介。
美味しそうなんですもの(^^)
紅葉はまだですが、何時里に下りて来るのでしよう。

おまけ

_1030957 _1030962

置物と一緒に置物みたいになってたクルミ。

長い尻尾はくるりと巻いてる。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »