最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 遊んでぇー | トップページ | 初狩り »

2013年7月 9日 (火)

型染展

うーあぢーっと言う8日、東京銀座の三越で開催されていた伊藤澄夫、
千秋洋子先生の型染展にBBさんと出かけた。

ご主人の伊藤先生は、野菜が多く、奥様の千秋先生は花の作品が素敵。
P1000282 P1000283
P1000284 P1000285
今年の4月に館山のお宅まで講習会を受けに行った。
それ以来、次は型染めに挑戦だと思いながらいまだに、染める
所までには至らない。
材料は買って有るのに・・・・
千秋先生がいらして、色々なお話を伺い、秋の講習会が楽しみになった。
P1000287 P1000288
P1000289 P1000291
P1000292 P1000293
P1000294 P1000296
どれも素敵でした。
人参と椿の隣にあるイワシの所では、ただ吊るしてあるのではと言う
事で、少し肉を削って有るから骨が見えるでしょうと言う。
作品の中には、お宅や、近くの風車、などがさりげなく入っていて
南房総のお宅を思い出したり、ご夫妻の自然と溶け合うような暮らしぶりが
見られて素敵。

私たちは、お昼を食べてから、田原町に有る染物の専門店へ行き、
その足で日暮里へ向かう。
日暮里では麻の布をゲット。
何を作ろうかなぁーしかし、暑いよー
山手線に乗ると、雷がゴロゴロ。
地下の総武線に乗り、電車が地上に出たら雨になっていた。
それも千葉になると何事も無く、暑いだけ。
充実した気持ちで家路につきました。

« 遊んでぇー | トップページ | 初狩り »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

道中の暑さはわかりませんが、型染展会場は涼しそうで良い雰囲気ですね。
型染ってどういうものか全然知りませんけど、何故か懐かしさを感じます。

そういえば、私が生まれた家はご近所さんには「こうやんち(=紺屋の家?)」って呼ばれていました。
ご先祖は染めものと何か関係があったんですかね?

BBさんもお元気そうですね。
よろしくお伝えください。

麻の布って夏には最高に涼しそうだよねー

こんな素敵な作品に影響されて、大きな作品を作ってください。。
作りごたえもあるでしょうが
完成品の見事さに感動しちゃうかも・

また楽しみが増えて・いいよね。

トラベエさん

ホント、会場に一歩足を入れたら別世界でした。
型染めと言うのは、染めたくない部分に糊を置いて、染料の中に
浸けるんです。
でも、先生たちの作品には色々な色が付いていましたから、単純に
染めていませんね。

トラベエさんのご実家の辺りは絹の生産地ですものね。
きっと屋号からして、染物関係でも有ったのかも知れません。
私の住む市でも、古い所は今でも、屋号で呼んでいるらしい。
なので、〇〇と言うと分かるんですって。
そう言うの良いですねぇー

BBさんは我が家から車で20分程のセカンドハウスに定住するように
なりました。
田舎暮らしを楽しんでいます。
なので、ちょくちょく一緒に遊んでいます。

milkさん

こんなに大きな作品はとても難しいでしょうね。
先生は、美大で取り掛かりを付けて、着物の先生の所で型染めをして
居たそうです。
でも、そうなると、自由な発想が出来ないので、自分たちで好きな物を
作るようになったと言ってました。
お二人とも、芸術家のイメージで気難しいと思っていたら、とても素敵な
人たちで、生き方も自然体でした。
庭で育てている野菜をモチーフにしたり、花をモチーフにしたりとご夫妻
でもそれぞれが好きな物を作っているようです。
11月に講習会が有るので楽しみにしています。

昨年だったかなぁ~ こちらのブログで、この先生の型染を拝見して素敵だなって思ってました。

野菜やお花などのタペストリー・・・色合いもいい感じで素敵ですよね~note
大きなお家で広いリビングがあったら、こんなタペストリー掛けたいと思うよね。

ユリの手提げ袋やミズマショウの暖簾(タペストリーかな?)・・・す・て・き!!

山百合さんの作品も秋には作れるのね~
出来上がるのを楽しみにしいぇますよ~(^^ゞ

カラッチさん

今年の4月に先生の所で型染めの講習会が有り、それ以来すっかり
型染って良いなぁーっと思っています。
草木染から始まった染物、年取ってからも楽しめると思って始めた
事ですから、焦らずボチボチやって行きます。

本当に素敵なタペストリーとかバックでこの展示会の空間だけが涼しい
風が吹いている様でした。
房総の館山に住んでご夫妻で好きな事をしていると言う自然体な暮らし
も素敵でした。
11月に講習会が有るから楽しみなのよー

本当に素敵な作品ばかりですね~~
水芭蕉の大きな暖簾、好きだな~

草木染、私も興味があります。型染めも楽しそう~
秋には、山百合さんの作品が出来るのを楽しみにしてますhappy01

あずささん

私は染物には手を出さないと決めていたのに、何気なく始めた事から
型染めに行きつきました。
それはそれでとても面白くて、染め上るまでどうなるか分らないんです。
大よその見当は付くんですけどね。

材料店でこの本を進められて、千葉の館山に住んでいるのと、HPが有り
そこで講習会の事を知りました。
行って見ても素晴らしい先生の作品とお人柄で、この展示会も楽しみにし
ていたんですよ。
本当に素敵な作品ばかりでした。

秋の講習会はどんなものを作るのかなと今から楽しみです。
見よう見まねでのれんを作って見ました。
色々不出来ですが、良いんです、自分の楽しみだから(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/57757066

この記事へのトラックバック一覧です: 型染展:

« 遊んでぇー | トップページ | 初狩り »