最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1歳になった | トップページ | さくら桜の福島 »

2013年4月19日 (金)

型染めの講習会

染物に興味の薄かった私に、ネットの友達BBさんから家で育てた藍の
葉で
染物をしたいけど、誰かそう言う事の好きなお知り合いがいたらと
言われて
ボタニカルの教室でご一緒しているTさんを紹介した。
紹介するのは私も一緒でないとと、初めての藍の葉での染物を一緒に
した。
見ているだけと思っていたのに、その面白さにすっかりはまり、二人や
一人で草木染。
玉ねぎの皮とか、スオウを買って染めたり。
図書館で本を借りたりして楽しんでいた。

染めの材料を東京へ出た時に買に行った店で型染めの本を見て、藍染
も良いなぁーっと調べていたら、千葉の館山にその本の先生たちは住
んでいる。
そして、ホームページにたどり着いた。
そこに講習会のお知らせが出ていた。
電話で問い合わせして、今日、19日にBBさんと館山まで行って来ました。
シダーハウスと言う所です。
若干道を通り過ぎてしまうと言うロスタイムは有りましたが、予定時間の
9時
半に到着。

初めにする事は藍で染めない所を抜くために、型紙を切り抜く。
Imgp0334 Imgp0335
黒い所をカッターのようなもので切り抜く、右が切り抜いた所。
Imgp0336 Imgp0338
布の上に紙を置いて、その上に網を乗せます。
そして、もち米の粉と糠を混ぜた糊をヘラにとって置いて行く。
右が私の糊を置いた布。
Imgp0337 Imgp0339
テーブルセンターにする人もいた。
その布を乾かしてから使います。
布を乾かしている間に、持って行ったお弁当を食べる。
この日の参加者は13名とか。
地元の方が多い中で市原からと言うと、驚かれた。
私たちは館山には、山で良く行くので何とも思わなかったけど、遠いと
思われているんだ。
Imgp0340 Imgp0342
糊の乾いた布を均一に染まりやすくするためにぬるま湯に浸ける。
そして棒に掛けてからいよいよ染めに入ります。
Imgp0341 Imgp0343 
この藍のプールは深さが1.4m有るそうです。
そこへゆっくり布を入れて行きます。

Imgp0345
Imgp0346
数分漬け込んでから引き揚げると少ししてから色が段々濃くなって行く。
空気に触れる事で発色する様です。
Imgp0348 Imgp0349
浸ける、引き上げると何回か繰り返してから、水で藍を流します。
Imgp0350 Imgp0351
藍を流したら少し水に漬けておく。
今度は水道のホースの水流をストレートにして勢いよく糊を流します。
再び水に浸けて置いてから脱水して乾かす。
Imgp0358

私は真ん中を薄くして、下の方を濃くすると言うグラデーションにする
それは、何度か屈伸をするので膝は大丈夫かと言われたけど、山歩き
ではないし、頑張ります。
Imgp0355 Imgp0356
私たちの前の人がやっているのをしっかり見る。
このようにして何度も付けたり上げたりを繰り返して下を段々濃くして
いく。
一連の作業を終えて、出来上がった布にアイロンを掛けて出来上がり
です。
Imgp0360
これが私の壁掛け。
模様はシランです。
他の模様にフクロウが有ったのですが、切り抜きが細かそうで初めて
にはこちらの方が良いだろうと思って
シランにした。
初心者も多いと言っていましたが、皆さん気持ちよく働いて作業して、
先生も驚く手際のよさでした。
先生二人も、もっと厳しい物が有るのかと思ったら、本当に気さくに色々
話をして下さり、お昼ご飯を一緒に食べながら、ホームページの話で花が
咲いたり、キジの赤ちゃんが落ちていて育てた話など楽しい時間を過ごせ
た。
年二回こう云う講習会が有るそうですから、秋にも参加したい。
BBさんと、本当に楽しかったねと言いながら帰りました。
 
  
     
  

« 1歳になった | トップページ | さくら桜の福島 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

素敵な壁掛けが出来上がりましたねー
もうお家の中にかけてあるのかしら?
雰囲気が変わるでしょう。


こんなに素敵なものが出来上がったら
もっと作りたくなっちゃうでしょう・・

藍っていい感じだよねー

切り抜きが難しそうだけど。

素敵な藍染(型染め)のタペストリーが出来ましたね~note
milkちゃんが書いてるように山百合邸にとても合いそうですね。
初めてこんなに素晴らしいのが出来るなんて、やはり山百合さんは器用なんだわ~

藍染(型染め)の行程が、こと細かに記録されて良くわかりましたよ!
型を切り抜いたり、染めながらこんなにコマめに写真に撮られるなんて凄いですよぉ~(*^-^)

シランの染め抜きもいい感じ~~happy01
「恭」の字も素敵よ!!

milkさん

型抜きはそれほど難しくはないの。
この黒くなっている所をカッターでゆっくり切り取るから、皆さん綺麗に出来てた。
どんなものが出来るのか楽しみだったし、少し糊が届かなかったら、先生が上手
に補正して呉れた。
東京のお店に行った時に一応染めるセットを買って来て有ったけど、体験してから
と思っていて、時間の有る時に取り組みたいと思っている。

この壁掛けも家の木で上を通す棒にしたいと思うし、ミシン掛けて縫わないと出来
上がりとはならないね。

明日からお出かけの予定だし、帰ったら畑の夏野菜の用意と結構時間が取れない。

カラッチさん

先生が、初心者でも大丈夫と言う事で出かけましたが、皆さん素敵に出来たのよ。
フクロウも写真撮り忘れたけど可愛かった。
ここでは年2回講習会が有るんですって。
近くの方たちも通って楽しんでいるようです。

カメラをエプロンのポケットに入れておいて、必要な所は忘れないようにと撮ったの。
同じようにしている人もいた。
名前は、好きなサインを書いて出すと先生が切り抜いて下さる。
皆同じものだから出来上がった時に名前が無いと困るからよね。
素敵なサインになっている方もいました。

藍染めも楽しいなぁーっとBBさんと言っているのよ。

すっごい素敵なタペストリーですね。
恭の字が効いていると思いますよぉ。
初心者でも、こんなに素敵に仕上がるのなら、
先生の藍染めはどんなのかしら?
また機会があれば、披露してください。m(__)m

ももちゃん

お返事遅くなってごめんなさいね。
桜桜の福島へ行っていました。

先生のお宅のギャラリーには作品が並んでいました。
素敵ですよぉー

シダーハウスで見て下さると出ています。
秋にはどんなものをするのか楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/57206835

この記事へのトラックバック一覧です: 型染めの講習会:

« 1歳になった | トップページ | さくら桜の福島 »