最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

さくら桜の福島

22日から25日まで福島へ行って来ました。
久しぶりの東北です。
例年なら桜満開の所も有るのですが、今年は早かったので、三春の
滝桜は残念。
でも、鶴ヶ城、、八重の桜のオープニング写る石部の桜は綺麗でした。

新幹線で行き、レンタカーを借りました。
地図を忘れたのでナビが役に立ちました。

レポは、もう少し先になると思うので、その時はまた知らせます。
取りあえず桜の鶴ヶ城と石部の桜。
P1030693
P1030733_stitch

2013年4月19日 (金)

型染めの講習会

染物に興味の薄かった私に、ネットの友達BBさんから家で育てた藍の
葉で
染物をしたいけど、誰かそう言う事の好きなお知り合いがいたらと
言われて
ボタニカルの教室でご一緒しているTさんを紹介した。
紹介するのは私も一緒でないとと、初めての藍の葉での染物を一緒に
した。
見ているだけと思っていたのに、その面白さにすっかりはまり、二人や
一人で草木染。
玉ねぎの皮とか、スオウを買って染めたり。
図書館で本を借りたりして楽しんでいた。

染めの材料を東京へ出た時に買に行った店で型染めの本を見て、藍染
も良いなぁーっと調べていたら、千葉の館山にその本の先生たちは住
んでいる。
そして、ホームページにたどり着いた。
そこに講習会のお知らせが出ていた。
電話で問い合わせして、今日、19日にBBさんと館山まで行って来ました。
シダーハウスと言う所です。
若干道を通り過ぎてしまうと言うロスタイムは有りましたが、予定時間の
9時
半に到着。

初めにする事は藍で染めない所を抜くために、型紙を切り抜く。
Imgp0334 Imgp0335
黒い所をカッターのようなもので切り抜く、右が切り抜いた所。
Imgp0336 Imgp0338
布の上に紙を置いて、その上に網を乗せます。
そして、もち米の粉と糠を混ぜた糊をヘラにとって置いて行く。
右が私の糊を置いた布。
Imgp0337 Imgp0339
テーブルセンターにする人もいた。
その布を乾かしてから使います。
布を乾かしている間に、持って行ったお弁当を食べる。
この日の参加者は13名とか。
地元の方が多い中で市原からと言うと、驚かれた。
私たちは館山には、山で良く行くので何とも思わなかったけど、遠いと
思われているんだ。
Imgp0340 Imgp0342
糊の乾いた布を均一に染まりやすくするためにぬるま湯に浸ける。
そして棒に掛けてからいよいよ染めに入ります。
Imgp0341 Imgp0343 
この藍のプールは深さが1.4m有るそうです。
そこへゆっくり布を入れて行きます。

Imgp0345
Imgp0346
数分漬け込んでから引き揚げると少ししてから色が段々濃くなって行く。
空気に触れる事で発色する様です。
Imgp0348 Imgp0349
浸ける、引き上げると何回か繰り返してから、水で藍を流します。
Imgp0350 Imgp0351
藍を流したら少し水に漬けておく。
今度は水道のホースの水流をストレートにして勢いよく糊を流します。
再び水に浸けて置いてから脱水して乾かす。
Imgp0358

私は真ん中を薄くして、下の方を濃くすると言うグラデーションにする
それは、何度か屈伸をするので膝は大丈夫かと言われたけど、山歩き
ではないし、頑張ります。
Imgp0355 Imgp0356
私たちの前の人がやっているのをしっかり見る。
このようにして何度も付けたり上げたりを繰り返して下を段々濃くして
いく。
一連の作業を終えて、出来上がった布にアイロンを掛けて出来上がり
です。
Imgp0360
これが私の壁掛け。
模様はシランです。
他の模様にフクロウが有ったのですが、切り抜きが細かそうで初めて
にはこちらの方が良いだろうと思って
シランにした。
初心者も多いと言っていましたが、皆さん気持ちよく働いて作業して、
先生も驚く手際のよさでした。
先生二人も、もっと厳しい物が有るのかと思ったら、本当に気さくに色々
話をして下さり、お昼ご飯を一緒に食べながら、ホームページの話で花が
咲いたり、キジの赤ちゃんが落ちていて育てた話など楽しい時間を過ごせ
た。
年二回こう云う講習会が有るそうですから、秋にも参加したい。
BBさんと、本当に楽しかったねと言いながら帰りました。
 
  
     
  

2013年4月15日 (月)

1歳になった

この一週間色々忙しくブログの更新が出来ずでした。

10日にくるみの一歳の誕生日。
特別な事も無いけど、体重は多分4.2キロ位は有ると思う。
どんどん重くなって、抱っこも腕がだるくなる。
何もしないけど、2匹に新鮮な水が飲めるようにとこんなものを買いました。
水が循環して途中でろ過して呉れる。
良く水を飲むので時々水を補充、一週間に一度全部を水洗い
P1030592 P1030594
りんごも日にちは分らないけど、4月生まれで16歳になりました。
何時も元気でいて欲しいと願っています。
それでも、くるみは甘えっ子、眠くなると、ニャンニャン鳴いて私が添い寝
したら大人しくなってもたれかかって寝る。赤ちゃんです。

今年は何もかも早く、庭の花たちも忙しいです。
P1030595 P1030596
姫ウツギが咲き始めた。

P1030600 P1030598
この桜は横に枝を貼り出さないタイプです。
上に伸びるだけ、名前は天の川」
右の木はハナイカダ、葉をてんぷらにして食べる。
フェンスに絡まっているのがクレマチスの原種、アーマンディー
もう花は落ちて、新しいツルが出ています。

P1030597 P1030609
ボタンとスズラン、今年は花が少ない。

P1030602 P1030604
P1030605 P1030608
そして、大好きなチゴユリ、年々増える、嬉しいです。
このペチュニア、名前は「さくらさくら」で、ここ数年越冬して咲いて居ます。
経済的な花です。
 

2013年4月 4日 (木)

咲いた

つぼみが見えていたので、楽しみにしていたイチゲさんが咲きました。
P1030579 P1030580
今まで、毎年1輪だけ咲いて居たのに、今年は2輪、イチゲさんでも、
多分園芸種ではないかと思っています。
嬉しいー
この椿は、もう36年ほど前になるか、夫の母の看病で大阪に行っていた
時に、義母から貰ったもの。
その時は鉢植えになっていて、私が綺麗と言ったので、お礼にと言われ
ずっと鉢植えにしてあったのをこらに引っ越してから地植えにして大きく
なった。
私はお母様の椿と呼んでいる。
P1030582 P1030583
の椿の根元に咲くのがヒマラヤユキノシタ、数年前に友人から貰った
シランが咲き始めた。
P1030586 P1030587
白い花は毎年教えて貰い、覚えるのに、一年経つと忘れる。
年々増えている。
ピンクの花は、グランマのお友達から貰い、ジュリアンでしようが、私
たちは、84歳で亡くなったお友達の名前から、とくさんの花と呼んでいる。
この花を見ると、とくさんの優しい笑顔が思い出されて寂しい。
 
 

2013年4月 3日 (水)

雨の鎌倉

一昨年は震災で中止、昨年は爆弾低気圧のせいで中止、今年こそは
臨んだ鎌倉アルプス歩き、またもや雨で、散策と美味しいもの食べて
帰って来ました。

メンバーは、東はmoguさんとあずささんと私、西は、らっしーさんといく
ゃんとすずちゃんの6人で北鎌倉駅に集合。
久しぶりに会う人はすずちゃんの成長にびっくり、もういくちゃんの背丈を
越している。
なのに、足が長く小顔で可愛いい。
世代の違いは足の長さか・・・と短足の私は思う。

雨では滑る所も有るからアルプスは諦めようと言う事に決定。
でも、建長寺には行きたいと歩き出した。
Imgp0309
線路沿いの道にはお洒落なお店や緑の綺麗なお寺も有ります。
桜はかなり散ってしまっているけど、新緑の始まりが綺麗。
Imgp0310 Imgp0311
Imgp0314 Imgp0316
立派な総門をくぐり、拝観料300円を払うと、桜のトンネル。

Imgp0317 Imgp0318
ここの桜は木肌に苔が付いていかにもの古さを感じさせます。
この門は三門。
Imgp0320
このおびんずるさまは、自分の体の痛い所を撫でると治るそうです。
早速好き勝手に自分の痛い所を撫でて見た。
私は膝。
Imgp0321 Imgp0322
この立派な木はびゃくしんです、立派な木でした。
この奥が仏殿で、お参りしました。

ここから天園ハイキングコースが続くのですが、涙を呑んで次回とする。
Imgp0319 Imgp0325
桜もまだまだ綺麗、雨に濡れた山の新緑が素晴らしい。
新緑って1週間なのよね、また来たいわぁーとmoguさんが言う、一同同感。
ここから、駅まで歩く事にして、途中の八幡宮にお参りをする。
雨で写真は撮らず。
お参りをする時に、ちゃんと住所氏名が忘れず言えた。願いかなうか(笑)

江ノ電に乗り、七里ヶ浜で降りてお昼のレストランへ。
リストランテ、アマルフィー、ここは、以前milkさんえびちゃん、ぴとこさん
矢車草さんたちと一緒に来たところ。
Imgp0327 Imgp0328
Imgp0329
ランチメニューから、前菜、バスタ、デザート、美味しく頂きました。
久しぶりに会ったので、色々お喋りして時間のたつのを忘れます。
窓から見える海の様子。
Imgp0331
寒い日なのに、元気ですねぇーサーファーは。

レストランの裏手の道から駅に向かう途中に江ノ電が来た。
Imgp0332 Imgp0333
江ノ電の家々の軒をかすめるような様子がこんな所でも見られて
良かった。
今年も残念でしたが、来年こそ鎌倉アルプス絶対歩こうと約束して
西と東組は分かれました。
    
 
   

2013年4月 1日 (月)

久しぶりのドイツ村

以前は年パスを持ってウォーキングに出かけていたドイツ村。
一緒に歩くお仲間の不調でこの所年パスの更新をしていなかった。
冬のイルミネーションも行こうと思いながら、足が向かない。
新聞の折り込みチラシに駐車場代だけ千円払えば車に何人乗っていて
良いと言うのが入っていた。
今朝になって、グランマがテレビで見たよ、綺麗だったと言うので、用事
済ませた午後二人で出かけた。
ここの良い所は、道路の両側が車を止められる所になっているので
何処でも好きな所に車を置ける。
ドイツ村に向かうと、ゲートが既にノロノロ。
春休みでしたね。
子供連れが沢山いました。
グランマの目当ての芝桜の所へ行く。
P1030537 P1030539
P1030545 P1030553
P1030555 P1030556
P1030550 P1030540
丘の上に広がる芝さくらは以前から有った所はしっかり密集している
けど
新しく増やしたところは若干まばら、それでも綺麗で喜ぶ。
次に行った所は「竹の子掘り」と旗が立っていたので、ついフラフラと。
P1030558 20130401143551
P1030561 P1030560
この竹林の中に青い棒が立っていて、それは目印になっていた。
そこを掘れば竹の子が取れる。
若干お手軽ですが、クワが思いのほかの重さ、頑張って掘ると、
グランマは珍しがって見ていて喜ぶ。
結局小さなもの2本と出たばかりの小型1本、重さは400gで4百円
楽しかった。
車で待っているかと思っていたのに、グランマは杖を突きながらゆっくり
歩いて私の所まで来たのです。
結構好奇心が強い人ですから、待っていられなかったらしい。

竹林の入り口に綺麗な山桜が有った。
この桜は、ドイツ村の出来るずっと前から有った物だそうです。
古い桜も、周りの変遷には驚いているかな。

次に、水仙の丘へ車で移動です。
P1030562 P1030565
P1030563 P1030564
P1030567 P1030569
P1030570 P1030571
P1030573 P1030574
P1030575 P1030576
緩やかな坂ですが、ここもゆっくりグランマと歩いてラッパ水仙の群落
と桜、初めに見た芝さくらが見えたりの景色を楽しんで帰りました。
久しぶりのドイツ村、この混雑はテレビや新聞で紹介されたからでしょう。
花のドイツ村、健在で良かった。


  

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »