最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月28日 (木)

桜満開

26日に近くの農業センターへグランマと桜を見に行きました。
ここは毎年恒例にしている所で、その都度グランマは今年も見られた」と
言い、来年はどうかと言うので、このセリフを10年くらい言い続けていると
子供たちから笑われている。
でも、95歳です、私たちはもっともっと長生きしてほしいと願ってます。
P1030502 P1030504
ここは小高い丘になっているので、少し遠い道路からも丘の上がピンク色
に見えるのです
満開ですねぇーとゆっくり歩いて楽しむ。
P1030508 P1030511
P1030509 P1030519
この中は色々な花が植えられていて、赤の椿は花が大きい。
P1030512 P1030513
左の花は木蓮の大木です。
右手にしだれ桜が咲いている。
P1030523 P1030518
P1030522 P1030524
モミジの若葉が綺麗です
P1030526 P1030527
写真では分かりにくいですが、この池の周りの斜面にはタンポポが咲いて
黄色に見える。

そして、家の庭にも春の花が咲き始めた。
P1030528 P1030529
クレマチスのアーマンディーと言う原種です。
P1030530  P1030531
P1030536 P1030535
今年は白の椿の侘助が沢山花を付けた。
そして、最後はシュガープルーンです。
花が咲いたから今年こそ美味しい実がなって欲しいと願っています
       

2013年3月26日 (火)

ハナネコさんに会いに行った

この季節は各地で花便りが聞かれて、気もそぞろ、忙しいです。
先週行きたかったけど、お墓参りも有り、都合付かず遅いとは思いましたが
高尾山
日影までハナネコノメを見に出かけました。

花もですが、お馴染みのネットの友達に会えるのも楽しみ。
今回はmilkさんとぴとこさん、えびちゃんは残念都合が悪くなり、前夜に涙の
メール
weep
私は、最近新宿へ行くなら、混雑とは縁遠いバスで行きます。
日によって、道の混雑具合で東関道だったり、アクアラインを使ったりで、今回
アクアラインだった。
座ってらくちんで行き、新宿で京王線特急、途中でぴとこさんと合流。
高尾山口でmilkさんとも合流。
お天気は家を出る時は雨だったけど、高尾でも降りそうな気配、ザックにカバー
を掛けて出発。
P1030467 P1030469
今年は桜の開花が早くて、ハナネコさんに会いに来るようになって初めて
桜の咲く小仏川沿い、レンギョウも満開。
P1030471 
Imgp0223
桜と梅との競演です。
Imgp0219 P1030473
スミレを見つけたり、ラッパ水仙を見たり、川沿いの道をのんびり歩いて行く。 P1030477_2 P1030478_2
Imgp0228 Imgp0229
梅林公園を過ぎると間もなく花が色々咲く場所に出る。
エンゴサクとユリワサビ。
Imgp0235 P1030482
キバナアマナが増えたように思う。
数年前からしっかりロープが張られるようになり、保護が進んだからかな。
Imgp0238 Imgp0239
Imgp0246 Imgp0242
ここを過ぎた辺りから雨脚が強くなる。
途中の豆腐屋さんでおからのドーナツを買う。
Imgp0251 Imgp0252
Imgp0253 Imgp0255
花街道と呼ばれるはずです、沿道沿いのお宅には花が沢山咲いて居る。
Imgp0256 Imgp0257
Imgp0260 Imgp0264
そろそろお腹が空いたと思ったらお昼。
丁度、喫茶「ふじな」が有るので、お昼を持ち込みで良いかと聞くと快く
どうぞと言って貰えて、コーヒーを頼んでお昼にした。
雨に濡れて寒かったので、暖かなコーヒーは嬉しい。Imgp0270 Imgp0271
桜も下を向いて咲く小さな花など色々な種類が有りますね。
Imgp0275  Imgp0276
Imgp0280 Imgp0288
ハナネコさんは終盤で赤いしべはほとんど残って居なかった。
それでも、今年も会えて良かった。
Imgp0278_2 Imgp0291
写真はボケボケですが、イチゲさんがやっと開いているので・・
Imgp0295 Imgp0296
Imgp0302 Imgp0297
今、アブラチャンが沢山咲いて居ます。
Imgp0292 Imgp0298
ニリンソウの群落も段々復活しているようです。
Imgp0299 Imgp0300
火事で焼けた森の図書館を再建しているのでしようか。
何時も、写真展を見たり、お昼にしたりする場所と決めていたので再建
されると嬉しい。
雨は止んだけど、のんびりゆっくりしたので、帰りはバスで高尾駅まで。
駅前の一言堂でお茶。
Imgp0307
美味しい黒豆のチーズケーキとコーヒーを頂き、お喋りが尽きない私たち。
雨でも楽しく歩けて、色々な花も見られて、高尾は色々と楽しませて呉れる。
また、お邪魔しますのでよろしくー

    
 
  

2013年3月22日 (金)

翌日

21日
今日は娘たちと三島の良い所を楽しむ予定。
まず、楽寿園へ。
車を止める都合で裏口から入る。
Imgp0148 Imgp0151
Imgp0152
雰囲気が良いと喜んで、娘たちは写真を撮りあったりしてここでも中々
足取りは進まない。
Imgp0154 Imgp0156
カピバラさんがいました。
大きいんですね。中々可愛い。
Imgp0158 Imgp0159
アルパカのクララ。
近くには、一時話題になった人を噛んで逃げ回ったサルのラッキーが
居ましたが、写真を撮ってはいけないと言う事で見るだけ。
でも、ちょっと落ち着かない様子で動き回っていた。
Imgp0165 Imgp0166
Imgp0167 Imgp0163
万葉集に出てくる植物が植えられた所も感じが良かった。
深い森の中を抜けて出ると、小浜池が見えてきた。
しかし、残念、水は枯れていた。
Imgp0168 Imgp0170
この小浜池、私が若かった頃は一年中水をたたえていた物です。
しっかり底が見えてしまい、悲しい。
工業化が進み、上流で地下水をくみ上げる結果でこんな状況になった。
色々訳は有るのでしようが、水の町と言われた三島なのに残念。
雪解けが進んでここにも水があふれるほどになると良いなぁー
Imgp0172 Imgp0173
楽寿園から出て、せせらぎコースの道を歩いて行きます。
まずは、通称宮さんの川の傍を通る。
この流れの中には大きな鯉がいる。
一旦、国道を渡り、三石神社から源兵衛川に沿って川の中に作られた
遊歩道
を歩きます。
Imgp0181 Imgp0183
時の鐘です。
ここに座って、川の方に足を出している娘たち、リラックスしています。
Imgp0184 Imgp0187
足元にはつくしが生えている、春ですねぇー
Imgp0188 Imgp0189
カラーの花が植えられていたりする。
線路の下の石を渡って出ると間もなく電車が来た。
Imgp0190 Imgp0191
Imgp0193 Imgp0194
川の中の飛び石や木道を気持ちよく歩く。
Imgp0196 Imgp0197
Imgp0198 Imgp0199
Imgp0200
桜も咲いて、春爛漫。
水の苑緑地に出ました。
ここにはカワセミが来ると言う事で、大きなカメラの人が数人いた。
下の娘は三島へは子供の頃、私の伯母が生きていたので春と夏には
遊びに
来ていて、大好きな街になっているのです。
上の娘はここを歩くのは初めて、妹が三島に住みたいと言う気持ちが
初めて分かったと、この道を歩きながら言っている。
ここから引き返して、途中のレストランで食事。
Imgp0204
前菜。
Imgp0205 Imgp0206
Imgp0207
メインは夫々の注文は違い、魚、パスタ、鶏肉。
Imgp0208 Imgp0210
Imgp0211
デザート夫々違う物。
ここは、以前いくちゃんが予約して呉れて、milkさんぴとこさん、ぴかりさん
たちと来た所、美味しかったです。
その時のレポはこちら

楽しかった三島、目的はお墓参りでしたが、私たちが元気で明るく過ごして
居る事を夫も喜んでいると思う。

行きも帰りも娘の運転で、母は楽が出来るようになったし、3人寄れば実に
姦しく、笑うばかりの旅でした。
最後はアクアラインの海ほたる休憩で、最後のお茶
Imgp0213
ヨゴリーノを頂きました。

                    おしまい
 
       
      

お墓参り

夫が亡くなって16年になります。
と言う事で家族だけの17回忌のお墓参りに行って来ました。
Imgp0115 Imgp0116
少し富士山も見えていましたが、雲に隠れてしまった。
駿河小山の富士霊園です。
久しぶりのお参りに娘たちがせっせと水を掛けたり、線香や花を生ける。
きっと喜んで呉れたことと思う。

ここから三島へ向かいました。
と、246号に出ると左に道の駅が有り、通り過ぎようと思ったら、娘たちが
大きな赤い車を発見、急きょ道の駅へ入りました。
Imgp0117 __
丁度車に乗り込もうとしていた人がいたので、何の車か聞いて見た。
海上自衛隊の飛行場の消防自動車で、納品に行く所だと言う。
3台も見られて娘たちは何故か喜ぶ。
途中下車の多い娘たちとの旅で、中々目的地に着かない。

やっとホテルにチェックインして、いくちゃんとは三島大社で待ち合わせる事
にする。
Imgp0118 
Imgp0122
思いがけず、桜が綺麗に咲いて居て嬉しい。
Imgp0121  Imgp0127
Imgp0130 Imgp0131
そろそろ夕方ですが、参詣の人、桜を見る人と人通りは絶えません。
いくちゃんとすずちゃんと合流。
娘たちは久しぶりの再会で、すずちゃんの大きくなった事にびっくり。
Imgp0134 Imgp0135 Imgp0141
桜も良く見ると、花びらが円かったり、尖って居たり。
Imgp0139 Imgp0140
この左の写真の建物は舞台になっているのだと思う。
その昔、昔々に山百合にも若い時が有りました。
当時の上司の奥様にお琴を習っていて、夏祭りの時に弾いたことが有る。
懐かしい場所です。

本殿では、お参りをする。
危うく住所氏名を名乗らない所だった、危ない・・・
神社では、住所氏名を名乗らないと、どこの誰から頼まれたのか分らない
のでと言われて以来、名乗るようにしているのだけど、時々忘れる・・

いくちゃんの三島大社のレポはこちら

ここから、近くの昔からの友人の家に行き、挨拶だけの積りが、夕飯まで
ご馳走になり、お喋りしてからホテルに帰りました。
一日目は終わり、翌日に続く。

    
  

2013年3月18日 (月)

風の強い日

先日も風が強く吹いて、色々な物が飛んだ。
今日も強いと言うから要注意。
そんな中咲いた花を写真に撮った。

P1030450 P1030451

植え替えようと思っていてもついそのままで今年も同じ場所で咲いた
ヒアシンス。
雪柳も咲いた。これは、多分鳥からのプレゼントだと思う。

植えた覚えもなく、数年前から我が物顔です。
P1030455 P1030456
P1030457 P1030459

最後の写真の雪割草は、前から家に有った物から種がこぼれたのか
増えていた株から初めて咲いた、後ろには咲いたすみれも一緒。
P1030460 P1030462

ヒマラヤユキノシタ。
ビオラの周りにイオノプシスディウムが取り囲んでいる。

これは意図的に植えた物では無く、ビオラだけ植えたつもりなのに、ここにも
繁殖して咲、中々可愛い。

P1030465

今年はわびすけが沢山咲いた。

東京は桜が開花としたの事。
週末は満開で見ごろでしようと言うから、こちらはもう少し来週が見ごろに
なると思う。
春は花追っかけが忙しい。
   

おまけ

71918_148597265307335_571224790_n

暖かさにつられてお昼寝。

そこへリンゴまで来て2匹と一緒に至福の時間。
それを娘に写真に撮られた。

2013年3月12日 (火)

美味しかった新宿

新宿富士フォトギャラリーで 桜・春景写真展にぴとこさん作品を出品
したと言う事で、お馴染みAKB4の皆さんと出掛けました。
ぴとこさんは残念お仕事で不参加。
新宿駅まで私はバス、これがとても楽、電車の乗り換えなんて出来なくなり
ました。
バスから降りると、矢車草さんからメールで、バス停まで迎えに行くと。
待っていると、milkさん、えびちゃんと3人が来ました。
先に食事にしようと言う事で御苑近くのここへ
Imgp0104
サラダが来ました
スープと飲み物は各自好きなように持ってきます。
Imgp0105 Imgp0106
Imgp0107 Imgp0108
上からチーズを掛けて貰ったら同じように見える。
私は明太子にシメジをトッピングしたもの。
矢車草さんのパスタの名前は凄い、絶望ですって、でも、名前とは違い絶望
する
様な味では無かったそうです。
あえて、デザート付きにしなかった。

近くの富士フォトギャラリーに行く。
春爛漫の桜や花の写真。
日本列島の南から北へと続くように配置された写真がどれも素敵。
八千穂高原で撮られた写真で「花笑み」という題がぴったり。
ぴとこさんの写真はズミが手前に有り写りこんでい奥深い感じが良い
と表現力の無い私が解説しても・・・スミマセン、綺麗な色でここに行きたい
と思わせる物でした。
もう一ケ所別の写真展を見て、いよいよお茶にしました。
Imgp0109 Imgp0110
ケーキにしようかと思ったら、ワッフルが美味しそうと言う事で、メープル
シロップワッフル。
矢車草さんはアイスの乗った物。
久しぶりにいただきましたが、美味しかったです。
ゆっくりお喋り出来て、楽しいひと時。
いつもいつも、milkさんえびちゃん、そして、バス停で見送ってくれた
矢車草さんありがとうでした。
   

2013年3月 8日 (金)

桜を見る

伊豆では河津さくらと言われていますが、房総では、その桜を頼朝さくら
と呼んで
います。
石橋山の合戦で敗れた源頼朝が安房に上陸して再起を期した事から
名づけられた様です
頼朝さんの伝説は千葉にも色々有って、市原には切替さんと言う名前の
方がいらっしゃる。
ご先祖さんは、頼朝さんの旗竿を新しく取り替えてあげたとか。
喜んだ頼朝さんは、天下を取った暁には、馬で一日走っただけの土地
与えると言うのを、いやいや、牛で良いですと答え
たので、後に約束通り牛
歩いただけの土地を頂いたそうです。
そちらのお宅は白壁の塀の続く立派なお宅です。
団地からはそれほど遠くない所にお住まいです。

その河津さくらの原木を頂いて、鋸南町では川沿いや、佐久間ダムに植えて
いて、最近は木も大きくなって来たので、お祭りなんかもあるらしい。

と言う事なので、今日は、グランマを連れて行って来ました。
場所は先日ハイジさんが教えてくれた日向畑に。
P1030421 P1030422
P1030423 P1030424
P1030427 P1030430
ポカポカと暖かい長閑な景色でした。
斜面に植えられた桜はまだ木が小さいから、これから大きくなったら
見事でしょう。
水仙も綺麗に咲いて居て、ここも、いたるところに水仙の畑が広がって
居ました。

次に、佐久間ダム、をくずれ水仙郷です。
P1030431_stitch

P1030435_2 P1030445_2
P1030447 P1030448
ここも北側斜面は水仙が綺麗だった。
桜と梅と水仙の競演、春が来たと嬉しいドライブになった。 

2013年3月 4日 (月)

春近し

暖かいと喜んだ次は寒くなって三寒四温とはよく言ったものです。
今週は明日辺りから暖かくなると嬉しい予報。
庭に出て見ました。
P1030408 P1030409
もう10年以上前にバコバと言われて買った花。
SAKURAさんが正しい名前を教えて下さった。
イオノプシスディウムと長いです。
鉢に入っていて、そこから種がこぼれて、翌年からはこぼれた種があちこちから
出て花を咲かせた。
そして、今では居心地の良さそうな所で群落になる。
遠くから見ると雪でも積もっているようです。
P1030410 P1030411
P1030412 P1030413
雪割草が咲いて居る。
やっぱり可愛いですねぇー
P1030419 P1030420
沈丁花とこぼれ種から咲いたサクラソウ、肥料不足か痩せてる・・
P1030415 P1030417
今年は遅れに遅れ、その上ショボイ株になった水仙。
もうすぐ咲きたいですと言う雪柳。
P1030405
家の中ではカトレアが咲いた。
このカトレアは、私が数年お世話になった蘭の育種家の先生が交配し
種から苗を育てていた物ですが、有る時、その出自を示すラベルが無くな
って
沢山有る物の中で先生には必要でなくなった物を貰ったのです。
まだ小さくてどうかと思いましたが、頑張って育てて10年くらいして咲いた。
毎年咲いて株も増えて丈夫な花です。
先生に写真を見せたら、交配した親がわかると言って、ラベルを付けて呉れた。

その先生が、昨年の末、温室の整備をしていて、不慮の事故で亡くなった。
残された温室の整理に一日だけ行き、お線香をあげて来たけど、今では形見
のようになってしまった花です。

猫の近況を
P1030393
ストーブの前の二匹。
P1030395 P1030396
りんごさんが近くにいて嬉しいクルミ。
微妙に手が触れあっているけど、何時飛び掛かったりじゃれ付いたりする
かと警戒しているりんごの様子がおかしい。
P1030397
結局我慢できずにリンゴにちょっかい出して逃げられた。
P1030399 P1030401
クルミの肉球は黒、リンゴは綺麗なピンクです。
まっくはピンクや黒のまだらでした。
この肉球を触ると柔らかくてつるつるしている。
P1030404
朝の食事風景。
P1030406 P1030407
お腹一杯だし、もう寝ようかな・・・
          

2013年3月 1日 (金)

ツル編

もう何年前になるか、友人の近くでツル編を教えて貰う機会が有った。
ツルを取る所から初めて面白かったので、時には藪に入ってツルを取ったり
して、その頃は、車の中に小型のナタとかはさみを入れて、何時でも状態に
していた。
最近知り合いになったMさんの所へネットの友人BBさんと遊びに行くと、ツル
編もしませんかと言われて、即座に
りたぁーいと、二人は答えた。
そちらのお宅はお庭が広く、沢山の花が植えられていて、リタイヤした女性
が一人で頑張っている。

先週、藪に入ってツルだけ取って終わりにしていたので、28日は先に藪
入ってツルを取り、午後から編む予定で出かける。
藪に突入は面白いけど、色々気を付けなくてはいけない。
と、取ったツルを芝生の庭に置いてお昼を食べる。
Imgp0095 Imgp0096
お昼を食べて、芝生に座り込んで始める。
暖かくて春の陽気です。
私は乱れ編をしたことが無いので、そちらを習う事にした。
いよいよ、先生がお手本を示して下さる。
Imgp0097 Imgp0098
こんな感じにツルを編みこんで行く。
Imgp0099 Imgp0100
取って来たツルの中から、ツヅラフジと言うツルを取り出して作る。
まずツルの種類もよく分っていない私たちですが、先生が分類して呉れ
たので、そのツルをずるずると引っ張って編みこんで行く。
予定のあるBBさんに合せて、3時前に終了。
来週また別の籠を編むことにして、残りは家で仕上げる。
Imgp0101 Imgp0102
Mさんのお宅の広い庭の手入れは大変そう。
庭のはずれの木を切り倒して整地した所を見てと言うので、外れまで
行って見た。
境界から向こうはカヤトの原が広がって気持ちの良い眺め。
Mさんは別の場所で畑までやっていて、ブロッコリー白菜、フキノトウと
、お宅に沢山実ったハッサクをお土産に帰りました。
Imgp0103
家で仕上げた物、うーん・・・良い出来ではないけど、嬉しい。
何気にハートだわとにんまり。
秋にはこれに山盛りの菊を生けると良いそうだ
来週はどんな籠が出来るかな。

女性は年取ってもこんな風に知り合いが知り合いを作り、似たような趣味
嗜好
で親しくなって行く。それには垣根も何もなく、好きと言う事だけ。
年取って、バリアが取れて気に入った物だけを取り入れるようになり、そ
分幸せが増えて来た。
     

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »