最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火)

再びの水仙遊歩道

昨年水仙遊歩道を歩いた時に、残念参加できなかった矢車草さん
誘い、milkさんえびちゃんと4人で28日に水仙遊歩道を歩いて来ました。

28日の朝方から雪が舞い始め、段々ひどくなってきました。
間もなく積もり始める、予報ではその後晴れて来ると言っていますが、皆さん
アクアラインバスで来るので心配。
待ち合わせが遅めで良かった。
家では車の上の雪を落としての出発。

バス停では、ダイヤが乱れていると有ったけど、ほぼ定刻、少し早めに到着
して良かった。
まず、浜金谷のザ・フィッシュで食事をするので時間調整で下道を行くことに
する。
milkさんとえびちゃんと私は海鮮丼、矢車草さんは地魚づけ丼です。
20130128114319 20130128114403
他にも目移りする様な美味しそうな品が有りましたが、お腹の容量には限り
が有りますから、見るだけで我慢。

富士山が見えるし、波も穏やかで、暖かくてついお喋りに花が咲きそうですが
水仙を見に行かなくては目的は果たせないものね。
と言う事で、今度は高速に乗る。
道の駅はハイウェーオアシスですから、高速の駐車場から下へ降りる事が
来るんです。

のんびり歩きながら行きます。
P1030140 P1030142
風が無く暖かいので、甘い匂いがよく分ります。
P1030145
野いばらの実が可愛い。
P1030147 P1030148
トラベエさん夫妻と歩いた時とは、花にそれ程の変化は有りませんでしたが、
青空と暖かな事で、春めいて随分と気が緩むような感じです。
P1030151
山頂で、光る海を見たり、おやつを食べたり、お喋りしたりしていると、
鳥が来ました。
矢車草さんからジョウビタキの雌と教えて貰う。
P1030152 P1030153
P1030161
下り道のハイライトは何時も綺麗です。
海岸に近い所に生えていると言うフウトウカズラ、赤い実を付けた雌株。

道の駅に戻り、お買い物をする。水仙は売り切れてしまってなかった。
車を高速の駐車場に置いたかと言うと、このまま富浦まで行き、館山方面
へ行くと美味しいピーナツのソフトクリームのお店が有るのです。
最後の締めが女子会らしく、ソフトクリームでした。
603144_440140616058452_1610360233_n

写真はカメラを車に置いていたので、えびちゃんから借りました。


お蔭様で、久しぶりにえびちゃんと矢車草さんに会えて良かった。
また一緒に遊んでね。
      
 

2013年1月27日 (日)

富山

26日
ぐっすり眠り、気持ちの良い目覚めです。
相変わらずの強い風ですが、今日はどうしようかと言いながら朝風呂に入る。

それから、バイキングの朝食、ここでの宿泊経験のある私が、アジの干物を焼きながら食べられると早速3人分のアジと焼道具を用意。
と言っても、普通の旅館などで小鍋などの時に固形燃料
下に入れてと言う物
上に乗るのが網と言うだけの事。
焼き始めている間に、早速あれこれお皿に取、ご飯をよそい、味噌汁と思ったら
ちょっと分らない。
近くのお兄さんから、お椀に具を入れて、コーヒーを入れるような機械の下に置
押せば一杯分出てくると教えられる。
初めてです、味噌汁自動落下機。
アジを焼くようなもので、目玉焼きの出来るものも有ったけど、他のお客さんは
誰も食べていない、断然アジの干物が人気の様です。
そんなこんなで、何時もより色々な食材を頂いてお腹一杯になる。
お部屋へどうぞと言われてコーヒーを持って部屋へ帰る。

ここ、コンドミニアムの難点は、部屋へ帰る時、エレベーターを降りると、マンシ
ョン
の廊下と一緒ですから、まともに外の風を受ける、寒いです。

風は吹いているけど、何をしても風は止まないし、山へ行こうと宿の廊下から
目の前に見える富山(とみさん)に登ることにした。

車で登山口近くの無料駐車場に着くと、車が一杯、土曜日だから人出が多い
様です。
皆さん、風なんかなんとも思っていないのね。
P1030104 P1030106
歩きだしてすぐに水仙が咲いて居るとか、青空が綺麗とか、中々登山口には
着かない。
P1030110
アロエの花、近くの電線とかトタン屋根とか入れないで撮るにはと色々角度
を変えて写真を撮る。
P1030112 P1030120
ようやく登山口、お墓の横の道を登りますが、道の反対にはこんなに綺麗に
水仙が咲いて居る。
アスパラの実が可愛い、これってあのアスパラなのかしら、実が出来ると
言うのは雌株って事らしいけど。
等と言いながら登って行く。
途中で水仙の植えられている所が有り、今年はまだこれからって所でした。
P1030123
そんなこんな階段道を登りようやく、南峰から北峰へ行き、山頂です。
P1030127
山頂にもかなりの人、展望台からの眺めでは富士山は分りにくい。
朝見えたから良しとしましよう。
最近は、山歩きの人たちの服装がカラフルになったと感じる。
山ガール、ボーイの影響でしようか。
P1030128 P1030129
海には白波が立っていて風は強いです。
ここで、お昼を食べて、急に気温が下がったような気がして下山です。
下りは急な階段が続く道。
車も通れるような道になり、陽だまりは風もなく暖かくて春の様です。
今まで見た事のない新しい治水工事の後に付けられた様な道も出来ていたり
少し周りの様子が変わっていた。
ようやく伏姫の籠穴に到着。
階段を上って行くと、以前は入れなかった籠穴の扉が開いていて中が見える。
P1030131
小説、里見八犬伝で伏姫と犬の八房が隠れ住んだ籠穴かと思わせる所。
私が山歩きを始めた頃は、ここまで行くのに深山幽谷を行くような雰囲気で
架空の話とは思えないリアルさだった。
それが、高速が出来、道の駅が出来ると言う前に整備されて、すっかり観光
用になってがっかりだったけど、それも時代でしようね。

入り口に説明書きが有り、それを読んだトラベエさんが何やらショックを受けて
いた。
八犬伝って、猛烈に長い物語で、全部読むのは無理だけど、それなりの解説
本やテレビの人形劇などで、おぼろげな筋は知っている。
でも、それは、読んだ年代によっても解釈は違うから、伏姫と八房の関係は
大人として見るとかなりの話なんですよね。
折角、美しいと話と信じていたのに、世俗にまみれさせてしまった様で少々
残念でした。
P1030132 P1030133
石垣好きな私にはこの雰囲気が好き。
そして、何時もなら綺麗に咲く紅梅も遅れている様子で花が少ない。
辺りには良い匂いがするから、もうすぐ咲けばもっと良いでしよう。
P1030135 P1030137
帰り道の途中にも水仙の咲く所などが有り、のんびりしてしまう。
梅もわずかに咲いて居る物も有で、春はもうすぐそこまでと言った所。

トラベエさん夫妻の帰りの時間も心配ですから、候補上がった伊予
ヶ岳は、来年のお楽しみでドライブで周りを見るだけにして道の駅に行く。
ここで、海の幸、畑の幸を求めて高速に乗り、我が家まで送って貰った。
まだまだ首都の混雑を抜けて行く苦労が有りますが、懲りずにまた是非
来年もと約束してお別れしました。
お世話になり、楽しい時間をありがとうございましたhappy01

水仙遊歩道

そろそろ水仙も咲いて居るだろうと、群馬のトラベエさん夫妻を誘って水仙
遊歩道を25日に歩いて来ました。

館山道の市原SA内に外から入れる駐車場まで娘に送って貰い、お二人を
待つ。
この日は強い風、飛ばされそうになりながら、鋸南保田で降りて、大崩(をくずれ)
水仙郷へ。
今年は開花が遅れているとと言うので心配していたんです。
何とか5分咲きと言った所で、ほっとするが、満開の時に比べるとショボイweep
_1030042 _1030045
何時もは咲いて居る紅梅もぼつぼつ。
_1030047 _1030048
枯れた花が無く、つぼみも多いから、とても綺麗。
_1030046 _1030049_2
エサ呉れぇーのカモに追われる。
歩道にまで乗り上げてくる、中々手ごわかった。

そして、今度は富山水仙遊歩道へ向かいました。
そこへ行くまでの道端にも水仙は咲いて居ます。

道の駅「富楽里」へ車を置いて相変わらずの強い風に飛ばされそうに
なりながら遊歩道へ向かう。
_1030052 _1030054
山茶花の咲く道を登り、ようやく水仙の群落へ出た。
_1030055 P1030063
P1030065 P1030069
P1030073 P1030075
5分咲きですが、ここも枯れた花が無いので新鮮な感じで良かった。
いくつかの群落を過ぎると伊予ヶ岳の見える場所へ出た。
この下は日影なので花は少ない。
この遊歩道の道ではあまり風の影響はなかった。
P1030076
展望台から光る海が見えて、海無し県のトラベエさん夫妻は喜ぶ。
風が冷たくて長居は出来ない。
平日だからか、何時もながらここは人でも少なく静かです。
P1030080 P1030088
P1030081 P1030089
下りのハイライト、ここは良く咲いて居て良かった。
花を見て、写真を撮ってお喋りしながらゆっくりと楽しむ。

ここから近いコンドミニアムが今夜の宿です。
5階の部屋の窓から富士山が見える。
P1030099
大風の吹くベランダに出て冷えながら写真を撮る。
P1030098 P1030100
P1030101 P1030102
天城山あたりと思われるところへ日が沈む。
富士山見たり、日が沈むのを綺麗と言いながら寒さの我慢会撮影は続く。

冷えた体は、12階の展望風呂に行き温まって帰ると、お願いして有った
海鮮丼が間もなく到着。
P1030103
ビールと地酒と私はお茶で乾杯、美味しく頂きました。
ここは、1DKのマンション仕様で、ゆっくり寛げて家にいるような感覚になる。

天気予報では風は強いと言うので、予定は朝になって決める事にして、9時
頃にはおやすみなさいになった。

続く
 
     
 

2013年1月23日 (水)

寒い寒い

雪が降って以来、寒い日が続いている。

引きこもっている訳でもないけど、猫の事などを・・・

Imgp0020 Imgp0022
ご飯ごはんと鳴く猫。
20130122182946 20130122183310
ストーブの前に寝ていたクルミの横にリンゴが近づく。
手に触れるかどうかの所まで腕を伸ばすクルミ。
リンゴの微妙な態度。
腕を引っ込めたリンゴをじっと見つめるクルミ。
相変わらず首を上げて目だけつぶっているリンゴ、間もなくリンゴが
この場所から離れて、がっかりしたようなクルミでした。

 

2013年1月14日 (月)

雪だぁー

雨で寒い一日だと本なんか読んでうだうだして、ふと窓から外を見たら雪が
降ってる。
それも、大粒。
どんどん積もって来たので写真を撮った。2時頃ですね。
Imgp0001 Imgp0004

そして、4時過ぎにはこんなに積もっていた。
Imgp0007 Imgp0009
沈丁花が雪をかぶって枝がしなっている。
大丈夫かな、雪割草はどうしたのか、明日の朝は凍ってしまうから車は
出せない。
そして、数年前雪ばかり降った年にあちこちのホームセンターへ行き
品切れ続きだったのをやっと買ったのに、その後雪は降らずに出番の
無かったスコップ、明日は道路の雪かきをしなければ。

こんな時、日が出るとあちこちの家から人が出て、なんとなく嬉しそうに
雪かきするのよね。
雪国だったら見られないのどかな光景が広がるはず。
  

2013年1月11日 (金)

今日もまた開いてます

1月もそろそろ半ば、寒い日が続いているけど、晴れていれば家の中は
暖かいし、風が無ければ外も日中は暖かいです。

家の中では、相変わらずクルミに癒されています。
P1030020 P1030025
段ボールハウスですが、マイホーム破壊活動中。
幸いにもこれ以上は進んでいません。
P1030021 P1030024
新聞を読んでいると必ずポイントの辺りに座る。
P1030019
そして、相変わらずひねり技で開いています。

   

2013年1月 2日 (水)

新年

明けましておめでとうございます。

年末はバタバタする割には何も出来ないと言う事で、大晦日はにわかにあれも
これもと思ったので、夜の9時頃まで掃除や片付けをしてました。
予定では、早めにお風呂に入ってのんびりテレビを見ると決めていたのに。

で、お正月はお蔭様で思いっきりノンビリです。
上の娘は明日と明後日がお休みなので、明日は家族で初もうでです。

お年玉にクルミに新しいおもちゃを買いました。
そろそろと袋から出そうとしたら、目ざとく見つけて飛びついて来ました。
P1030011 P1030008
P1030012 P1030013
同じ玩具は鈴も取れてしまい、羽も半分、棒も半分くらい短くなっていました。
今は一番気に入っている玩具です。
それで下の娘に遊んで貰い、高く飛び上がったりぐるぐる回ったり、その玩具
を遠くて飛ばすと咥えて娘の所へ持ってきます。
散々遊んで疲れて倒れている所

20130101205121 20130101205226
リンゴが寝ている所へそろそろと近づいて、しっぽの所へ顎を乗せて寝る。
気が付いたリンゴが離れると回り込んで出来るだけ近くで寝る。
そのリンゴはお姉さんに撫でて貰って幸せ。
P1030015

新年から猫と遊ぶ私たちです。

今年もよろしくお願いします。
  

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »