最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« りんごの様子 | トップページ | 赤城のツツジ »

2012年6月 5日 (火)

サンコウチョウ

以前高尾山へセッコクを見に行った時、6号路でサンコウチョウを待っている人
たちがいて、写真を見せて貰ったりした。
何時か、サンコウチョウだけを撮りたいと思っていたら、高尾山へ行かなくても
市原の市民の森へ来ると言うので、友人のBさんと楽しみにしていた。
お互いの都合を合わせて、今日、Bさんを迎えに行き、市民の森を目指しました。
001 002
駐車場には結構な車が止まっている。
管理事務所の人に聞くと、大勢カメラマンが入っているよと教えてくれた。
鯉のぼりが下がる下にはショウブが咲き始めている。
003 004
ノイバラが咲いていたり、ウツギも綺麗だった。
電線にキセキレイらしき鳥が止まっている。

今回は、コンデジがズーム24倍ですし、あれこれ考えずに撮れるので
こっちを持って来た。
ミラーレスの方は、景色や花は綺麗に撮れるんですが、望遠には
ちょっと交換レンズの力不足が有る。

途中場所がで分からなくて、カメラを持った方に聞いて、サンコウチョウ
がいる森の中へ入って行く。
今回、久しぶりにコンデジを使う・・・ドジでした。
メディアを入れ忘れた、内臓メモリーで撮る。

教えて貰ったコースに行くと、カメラを持った人が林の中に見える。
少し階段を上がった辺りに、沢山のカメラが此方に向いて列をなしていた。
それも、バズーカ砲の様なレンズを付けたカメラばかり。
一瞬気後れしましたが、Bさんも私も始めてみる鳥ですから、そんなカメラ
の中に入り、近くの方に教えて貰った巣の有りかに合わせて、自分たちの
ポジションを決める。
立派なカメラの列の中で、三脚も無い私のショボいコンデジが小さい。

時々、月日星ホイホイホイとサンコウチョウの鳥の名前に合う鳴き声が
する。
声はするのに、中々巣に近づかない。
待つ事一時間、お腹すいて来たので、座ってお結び食べていたら、メスの
サンコウチョウの影が・・来たっと、大慌てで片付けてポジションに付く。
すぐに何処かへ行ってしまったけど、それから不意にメスのサンコウチョウが
来た。
一瞬静かになり、カメラのシャッター音だけが続く、緊張の一瞬です。
隣の立派なカメラのおじさんが、私に、「お母さん良かったね、もうすぐオス
が来るよ」と言う。
しかし、その後オスは現れず、メスも何処かへ飛んで行った。

皆さん、もう少し頑張るそうですが、私たちは、まずメスを見られて大満足
帰る事にしました。
006
この三角に見えるのが巣です。
皆さんの話によると、三日位で作ったものらしい。
まだ卵を産んでいないので、ここへ来るのが1時間おきとかに成るけど、卵
を抱えると、30分おき位に来るそうです。
007
たった一枚ですが、ボケていますが巣の上に止まったメスです。
尻尾の長いオスも見たかった。
中々楽しいバードウォッチングだった。


« りんごの様子 | トップページ | 赤城のツツジ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

粘ったんですね。

サンコウチョウ、山百合さんのお蔭で、名前だけちょっと覚えていたから、
先日高尾でも、周りの人の様子に、ふむふむと思いました。


鳥を追いかける人の気持ちも、このレポを読んでいたら、少しわかるような気がします。

楽しそう。

ぴとこさん

高尾山に長時間サンコウチョウを見るために粘ろうと思っていましたが、こんな
近くに来ると言うので、これから暇を見て通いたいです。
鳴き声は中々特徴が有るから、静かに待っていると聞こえて来るの。
でも、中々巣までは来なくて忍耐の一言。
メスが来た時は嬉しかったわぁー
本当はオスの長い尻尾を見たかった。
隣のおじさんは800ミリの望遠でしたよ。

待っているのは大変そうでも、来ると思う期待と来た時のワクワク感、面白いlovely

佐渡の記事を見させていただきました。
私はまだ行ったことが無いのでとっても参考になりました。
雪解けのゴールデンウィークがねらい目ですね!

お花に詳しい山百合子さんとおもいきや、鳥にも詳しくて、う~ん♪ とっても、ほれぼれしています。
「サンコウチョウ」ってちょっと憎めないお顔立ちですね。
そうそう もう一つ、行動力のある山百合子さんにもほれちゃいました(^^)

おはようございます。
サンコウチョウを見られたなんて、羨ましいです。
椋鳩十の本で読んだのと同じ三角の巣でした。

以前に三島大社にサンコウチョウがいるのよーと
教えてくれましたね。
機会があったら一緒に見たいです〜。

佐渡のレポも見せていただきました。
まだ雪があってびっくりです。
お寺の彫刻やお庭は立派で、お花もいいですね。

大野亀がとっても懐かしかったです。
行った当時は、ハイキングとか考えもしなかったから
今度行ける時は、緑いっぱいの佐渡を楽しみたいなって思いました。

サンコウチョウのオスをネットで検索しました。
尾が長い鳥というと、南国を思い描いていましたが、
日本にも居るのですね。
今度の機会には、オスが見られるといいですね。
佐渡のレポも拝見しました。
あの青い空の近くにお兄ちゃんが住んでいるのだと
思うと、ちょっぴり胸がキュンとなりました。

山百合子さん、こんにちは~♪

山光鳥・・・ちょうど今月のWCカレンダーの写真に載ってて。
夏鳥で日本にも来るんだって知って会いたくなりました。
身近なところで、こんな鳥に会えるなんていいですね。
近くだったら絶対に行くのになぁ。

高尾山にもいるようですが、場所が特定できないと
なかなか難しいですよね。
バードウォッチングって楽しいですよね。
時間が経つのをわすれちゃいますね。

睦月さん
サンコウチョウはオスの姿が渡り鳥と言うのに、尾が凄く長くて綺麗です。
鳥は夫が好きで色々見ていたのですが、私は分からないです。
小さな鳥は皆スズメに見えるけど、違うらしい。

以前自然の番組でテレビで見たので、何時か見たいと思っていました。
それが、高尾山へ行くと、6号路で来るのを待っていると言う人たちがいて
写真を見せてくれました。
尻尾だけとか言いながら、良く通っていると言ってました。

それが、何と、市内の森に来ると言うので、友人と6月には絶対行こうと
約束していたのよ。
行けたし、メスだけだけど見られて良かった。
様子が分かったから、次回は絶対粘ってオスも見たいlovely

いくちゃん

鳥好きないくちゃんなら、絶対見たいと思うよね。
この三角の巣も別の所に作ったんだけど、気に入らなかったのか、人の
気配が多くて捨ててしまったそうです。
新しく作ったこの巣で産卵して欲しいと思うんだけど。
抱卵すると、30分おき位に巣に戻って来るらしい。

佐渡は駆け足だったから、もっと色々見どころが有ったと思うし、山も
もっと歩きたかった。
大野亀もぐるっと歩けたら良かったと思いましたよ。
いくちゃんの次は親子旅行も良いかもね。

ももちゃん

新潟を通る時、ももちゃんの所のお兄ちゃんの事を思い出していました。
娘も住んでいたから余計感じましたよ。

サンコウチョウのオスはどうしてあんなに長い尾なのに、渡って来れるんで
しようね。
カメラを持ったおじさまの話だと、抱卵している時に、長い尾なのに、巣の中
に入るって、折りたたまれるのかなぁーっと言ってました。
近いうちに、また行きたいです。

矢車草さん

鳥を見ていると時間を忘れると言うのは今回分かりました。
市民の森の良い所は、巣が分かっているから、待っていればよいと言う所
ですね。
ただ、今回の巣も人の目線が気に成るかもしれないと言ってました。
昨年とか、その前とかは鳥にも人にも良い所だったらしい。
暗いし写真も撮りにくいけど、姿が見られて良かった。
もっと、深い森に行かないと駄目かと思っていたからね。

ただただ待っていれば会えますが、その待つのも大変です。
天気が良い日の都合の良い日となると中々難しいけど、来週には行って
みたいです。
早朝が良いらしい。

こんにちは!

まったく鳥の知識も無くて・・
こんな鳥が日本で見られるんですねー
ネット検索したらこの場所は有名なんですね。

待った甲斐があってメスを見れただけでも万歳ですよ。。。
オスは尻尾が長いんですって・・次は是非見れるように。。。

いよいよ梅雨に突入のようですね・・今日、明日???
久しぶりの休みで洗濯三昧です・・。

milkさん

今日は暑くて夏が来たみたいだわ。

この鳥を知った時は、日本で見られる鳥と思えなかった。
オスの目の周りはブルーの大きな輪だし、尻尾はメスの三倍は有ると言う。
てっきり見られない鳥と思っていたら、森に毎年来るらしいよ。
高尾山で何時間も待つつもりだったから、良かった。
でも、近い様で中々行けないのよ。
朝早い方が良いらしいんだけどね。

写真は綺麗に撮れない。薄暗い森の中だからね。

明日は雨の予報、来週には梅雨入りかな。
鬱陶して季節だわ。

おぉ~ 今度は野鳥ですか~
サンコウチョウって初めて知りました~^^;

カラッチも検索してみて、お目めが青くて綺麗な鳥なんですね~
本当だ!! 雄はとっても長い尻尾なんですね!
これは雄も見てみたくなりますね。
ピヨロピ、ホイホイホイって囀るって書いてありました~(^^ゞ

カラッチさん

この鳥は月日星ホイホイホイと鳴くから、三つの光、三光と言う事から
名づけられたんだって。
良く聞いていると、日の所が強く上がって最後のホイホイホイって言うので
分かりやすいの。

今度オスも見に行きたい。
鳥見は絶対忍耐が必要。
何時間でも待っている覚悟がいるんだわ。
でも、飛んで来た時の周りの緊張して空気、中々良かった。
写真はボケボケなんだけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/54884470

この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウ:

« りんごの様子 | トップページ | 赤城のツツジ »