最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 別れ | トップページ | りんごの様子 »

2012年5月31日 (木)

佐渡レポ

少しずつ作っていた佐渡レポが出来ました。 こちら です。

何時までも涙の止まらないまっくママですが、まっくが天国へいけないと困るし
そろそろ元気で居ないといけませんね。

022
毎朝、まっくちゃん、おはよーと言い、水を変えて、良い匂いのお線香を立てます。
札幌の友人から貰ったスズランや、ハマナス、ラベンダーなどです。
そう言う行為が、段々と亡くなった事を受け入れて行く過程として有るんだなと
感じます。

庭に出て見ました。
025 026
ヒメイワダレソウが一面に咲いています。
友人からプランターに植える位貰ったのに、こんなに増えた。
ここは、屋根のない予備の砂利の駐車場なので、滅多に車は止まらない。
でも、人は歩く、踏まれても強くて元気です。
029  027
クロタネソウはまた白い花を咲かせる。
初めはブルーも有ったのに、もう何年か前から白だけに成った。
このペチュニァは昨年の夏咲いて、越冬して枝を広げて咲いている。
こぼれ種から育った物はとても強いのだろうか。

お天気はそろそろ梅雨入り間近と思わせています。
週末、久しぶりの山へ久しぶりの花に会いに行って来ます。
山から沢山元気を貰おう。

« 別れ | トップページ | りんごの様子 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

まっくちゃんの事、思う度に涙、涙だと思うけれど。。
皆さんで忍んでらっしゃるんだろうな。
そして少しずつ良き思い出に変わっていくんですよね。

私も12年居た手のりインコが亡くなった時はショックで、不意に鳴き声が聞こえたりしたもんですよ、幻聴というのか悲しみの余り、そんな体験があった事が思い出されます。

庭の花というより草原のような感じですね一面に楚々と咲いていますね♪

佐渡のレポは後ほどお邪魔して拝見します。

こんばんは!

少しづつでも元気になって行ってね。。


佐渡レポ・拝見しました・
まず青空が良かったねー

たくさんの種類の花があって
嬉しくなっちゃったでしょう、長年の夢が叶ったんだもんね、

安寿と厨子王って懐かしく聞きました。

私が小学4年の時(はははっ・・古すぎるよ)に6年生の人達が
学芸会で発表したのよ・・それが凄く芝居が上手くて、涙を流してみた記憶がある・・。

古すぎてすんませ~ん。。


山百合さん家のお庭の花が次々に変わって楽しませてもらってますよ。。
見事だわ。。。

週末はお出掛けなのねー
気をつけてね。。

こんばんは。

佐渡レポ、拝見しました。美しい海岸線や、沢山の花に感動です。
大きな写真がいっぱいで、島の様子が良く分かりました。
何度も行きたくなる気持ちになりますね~
温泉のことも聞きたかったな~なんて(^_^)

安寿と厨子王の舞台でもあったのですね。
因みに、私が中学2年の時の運動会で、仮想行列をしたのですが、
私は厨子王になりました^^
milkさんじゃないけど、古い話ですみませ~ん/(^^;)

お庭のお花も、次々と咲いていますね。知らない花もあって、
いつも楽しく拝見しています。

やっと やっと ブログを拝見できるようになった今。
なのに…
山百合子さんにも悲しみが訪れていたんですね。
なんて殺生なことが続くんでしょう。
毎朝、私と同じ思いをされているんですね。
お互いに心がやわらぐ日が早く来るといいですね。

千春ちゃん

千春ちゃんの所は手乗りインコが12年ですか。
鳥としては長生きですよね。
手乗りって可愛いし、結構甘えるのよね。
どんな動物でも、長年一緒にして、家族になり、人が守っていてこその命なので
別れは辛いです。
この子は特に私を親だと思っていたのでしょう、最近は買い物に出ると玄関で
待っていました。
それで、間に合わないのか、玄関のたたきにおもらしして有ったりしたの。
草取りをしていると、窓の淵からじっと見ていた姿など思い出されて、涙目
です。

ヒメイワダレソウ、写真の撮り方で、草原の様になったね。
今の季節、花が咲いて綺麗です。
これから晩秋までは緑で良いですよ。

milkさん

ありがとう、子供たちが心配するから頑張らなくてはです。

佐渡のレポ見て呉れてありがとう。
私も、宿に泊まって安寿と厨子王の事が佐渡にも関係有るんだと知りました。
私は安寿が厨子王を逃がして池に入水すると思っていたら、別の所で成人
して、母親を見つけるんだけど、盲目になった母親は悪人ばかり見ていたので、
娘と信じなくて、棒でたたいて・・・って悲劇的な話が出ていた。
だから、可哀そうな話には違いないのよね。
まぁ、milkさんは私より若いけど、学芸会の演目としてはピッタリだと思う。
小学4年生を泣かせるって、中々です。

今回、宿の住所が達者と有ったから、まるで私たち見たいと思ったのよ。
御達者クラブ・・・
でも、そう言う事だったんだと納得。

佐渡の青空、綺麗だった、空気も良いんだろうね。
山の上では日差しが強くて目が痛いほどだった。
花も多いし、良い山だわ。

あずささん

佐渡の宿は、初めは国民宿舎だったので普通のお風呂。
次の海沿いの宿は普通の色でしたが、石鹸の泡立ちの事から温泉だと
思いました。
でも、やっぱり山の温泉には敵わないね。
近くて、フェリーが安かったら何度も行きたい所です。

あずささんは厨子王に成ったんだ。
あの話は民話みたいなのと、森鴎外の山椒太夫と有るらしく、私もすっかり
忘れていたけど、話としては、悲劇よね。
何だか、拉致家族を思いだされてしまったわ。
蘇我ひとみさんが佐渡に帰れて、良い所だから嬉しかっただろうなと納得でした。

庭の花は、植えたままが好きですが、これからは、ポーチュラカとか夏ならでは
の苗も買ってこなくてはと思っています。

睦月さん

辛い事、嬉しい事も有った睦月さんですね。
でも、お母様の事はどんなにか心残りの事だったかとお察しします。
これからは、思い出にする時間が必要ですね。

お互いに対象は違っても、元気でいて、天国から喜んで貰えるようにしましょう。

佐渡のレポ、「にやけ」が止まりません。

な、なんなんですか!
あの青空と、花、蒼い海。
早とちりのカンゾウまで・・・

「トキの卵」・・・にやけの最高潮でした。

もったいないので、今日は一日目のみ。
明日、二日目から見ます。

2.3日目もにやけながら読みました。

これほどまでの素晴らしい旅、まっくちゃんからママへの感謝の気持ちなんだな。
って、今になって思いませんか?
私はそう思いました。

トレッキングだけでなく、お寺巡り、トキ公園、
花も春の花から初夏の花まで、

満足度・・・破裂しちゃって現せないですね。

ハイジさん

全部見て下さってありがとう。
本当に良い旅でしたから、まっくからのプレゼントでしようね。
こちらは雨だったのに、佐渡は晴れて暑い位でしたよ。
防寒対策して行ったんだけどね。

あの卵、何だったのかしらね。卵の数が多いでしょう。
ハイジさんのレポをしっかり読んで行ったんだけど、どうも生かし切れて無い。
今回の旅は欲張りで山も観光もとなったのですが、佐渡の魅力を堪能出来て
次も行きたいと思わせる所なんだわ。

週末はお天気悪いから、来週に延期。
やっぱり花は雨の時では残念だものね。
ハイジさんたちはそろそろ行動開始かな。

佐渡の旅レポ
楽しく拝見しました。
やはり自家用車での移動は羨ましい。。
道草、色々と出来てちっとも計画通りに進まない~な~んてnote

そんな旅も楽しいと思うけれどレンタカー借りても良いかな~なんて思うけれど生憎、、
運転達者な人が居ないぷくぷく会なので~~駄目だ、こりゃ!って感じですsad

千春ちゃん

佐渡ではバスと言う手も考えたんですが、何しろ足は遅いし、好き勝手に予定は
変わるので無理だと思いました。
なので、道草して景色も楽しめて良かったです。
初めてでしたから、効率よく回ると言う事も出来なかったしね。

ぷくぷく会だとレンタカーも楽だけど、人数が多かったら、タクシーって言う手も使
えるかもね。
山に行けなくても、海岸の景色も良いし、大野亀なども適当に歩けるから楽しめる
よ。

佐渡のレポ、アップされて直ぐに拝見していたのにコメント遅くなりました~^^;
もう一度レポ読み直してま~す!

お天気が凄く良かったのね~sun
両津港からの金北山などの山がとても綺麗だわ~
そっかぁ~ 両津港からドンデン山目指したのね。
なるほど・・・ドンデン山荘→尻立山に向けてあるいたんですね~
カタクリやアマナ、イチゲ、ヤマエンゴサクなどのお花も沢山見れて良かったね~(*゚▽゚)ノ
それぞれのお花に陽が射してとっても綺麗!!

カラッチ達はドンデン山に登ってないので、ドンデン池は初めてでした~
本当だ、あの卵ってトキの卵かなぁ~(^^ゞ

二日目は、白雲台から妙見山まで歩かれてたのね。
あのコースは、スミレやカタクリが一杯だったでしょう~
二日目も三日目も眩しいほどの好天だったのね!

レポを拝見する前に「観光だったのかな」などと書き込みましたが・・・
結構なコースを歩いてきたのね~run
14年温めてきた佐渡、楽しんできたのですね~lovely

カラッチさん

忙しいのに読んで下さってありがとう。
14年の念願がかなって佐渡へ行けましたよー
もう少し山歩きを出来たら良かったんだけど、欲張りにも観光も考えていたから
良いとこ取りで楽しめたの。
あの鳥の卵、何だったのかなぁーあまりに数も多いよね。
親はもっと人目に付かない所に産めば良いのにと思ったんだ。

白雲台から妙見山までは到達できなかったの。
白雲台の手前からの登山口が分からなかったので、途中の雪渓で挫折。
山の新緑も花も楽しめた良い旅だったわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/54843046

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡レポ:

« 別れ | トップページ | りんごの様子 »