最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月29日 (日)

新緑の森

28日の土曜日、日本野鳥の会千葉支部の野鳥観察会が有るからと友人に
誘われていたので、娘を連れて、千葉泉自然公園へ行って来ました。
友人は千葉駅からバスで行こうと決めていましたが、お弁当を作ったりして
バタバタしていたら、電車の時間に微妙に成って来た。
地図を見て車で行く事にした。
高速を使ったら、あっさり着いてしまい、ゲートの開くのを待つ。
009 005
9時集合、Bさんとも会えて、総勢40名で行動します。
幹事さんの案内で、森の中へ入って行きます。
011 012
いきなり、大きなイチリンソウを見た。
周りは新緑の始まりで綺麗です。
014 015
次々とイチリンソウ、そのうちニリンソウも混じった群落も有る。
019 020
アマナと喜んでいたら、次に出て来たのはこの群落、アマナが一杯。

このアマナはオオアマナと言い、在来種では無く、明治の頃に入って
来た帰化種だそうです。
ピカリ☆さんから教えて頂きました。
在来種は花弁外側の赤いストライプが特徴ですが、こちらはほぼ
白です。

021 022
この緑一色に何だかワクワクする。
鳥の事より花を見つけてバチバチ写真を撮る。
023 025
ここでカメラでは無くバズーカ見たいな望遠鏡を三脚に付けている
皆さんが見ているのは、右の写真の池の近くの枝にオシドリがいる
と言うので見ているのです。
見せて貰いました、もう何年も綺麗な羽を付けたオシドリを見た事は
有りませんからもっとはっきり見たいと思った。
029 030
鴨も泳いでいるし、こんな木の上には亀が一杯です。
031 032
またまたオオアマナが出てきた。
裏高尾に行った時はロープで囲われていて、貴重な感じでしたから
こんなに有ると、道端の花状態ですが、こう云う自然のままに有ると
言う事はちゃんと保護されていて繁殖しているのだと納得、そして嬉しい。

在来種のアマナは、もう少し花の時期が早いそうです。

034 037
ちょっと高い崖の所にキンラン、足下にはホタルカズラ、嬉しくて
ワクワクしています。
目的は鳥を見るはずなんですが・・・
040 044
この辺りにはカワセミが来るとか、色々説明して貰える。
新緑が綺麗で、うっとりとしながら森の中を歩く。
046 051
イチリンソウの群落と、ウラシマソウの集団。
054 055
八重桜が咲いていて、先に進むと広場。
ここで立ち止まって静かにしているのは、左の木の幾つか有る穴の中に
シジュウカラが入ったとか出たとか言うので、皆さんフリーズしたまま
様子見しています。
結局出てこないのか、既に出てしまったのか姿は見られず。
063 068
このニリンソウは花弁の数が多い。
やっぱりイチリンソウは花が大きい。
069 070
イチリンソウなのに、二輪咲いている。
そして、ここは、皆サンリンに成って咲いている。
074 075
タニギキョウとキランソウ。
080
フデリンドウも咲いている。
085 086
087 088
ここは、人の手で植えられた植物の所です。
別の森の中にはクマガイソウは有りましたが、遠くて良く見えない。
その点、間近で見られる。クマガイソウの後ろにはエビネ。
シャガとイカリソウ。
他にも花は咲いていないけど、色々植えられていた。
093 
リキュウバイ、爽やかな良い匂いがした。

梅林の所でお昼に成りました。
40人もいたので、途中で前と後ろで最後の所で道を別れてしまったけど
ここでお昼と決めていたので、無事に全員集合。

お昼を食べ終わったら、鳥合わせをします。
初めに渡されていた鳥の名前を順に、見たと言う鳥をチェック。
私は望遠鏡でモズを見せて貰い、コゲラは見付けられた。
後は、オシドリ、マガモ、カルガモ、そして、自分で見たと言えるのは
カラスです。
会の人たちは、鳴き声で何がいるとか分かるんですね。
そして、見たら若いとか、メスとか・・凄いです。
皆さん、親切で和やかでとても良かった。
私はほとんど花ばかり見ていましたけど。
095 096
094 097
解散して、いずみ橋の上から池を見下す。
ほとんどモミジの様ですから、紅葉は綺麗だろうなと思った。
スミレも今が一番と咲いていました。

楽しい散策で、娘も喜び、誘って呉れたBさんありがとう。

2012年4月26日 (木)

桜満開の長野の旅

23日から25日まで、友人四人で長野に行って来ました。
毎年秋に成ると旅をしている長年の友人の都合が昨年は悪く、
今年の春になった。
長野と小布施に行くと決めて、楽しみに待った数ヶ月。

今年は知り合って50年に成る、記念の年と言うのは、現地で
話をしていて気が付いた。
何時もの様にゆったりのんびり春を楽しんだ旅でした。
レポはいずれ作りたい。
162_3
  城山公園近くの桜並木
097
小布施、中島千波美術館

楽しい旅でした。

2012年4月19日 (木)

庭の花

今年は桜の咲くのを待ちわびて、花の間は忙しい日々でした。
でも、春は桜だけではないし、身は一つだし、悩ましい事です。

その上、待ちに待った竹の子の季節なのに、市原の竹の子から規定以上の
セリウムが出たとかで、農家の方に電話したら、掘れないと言ってる。
もう大好きな竹の子なのにと、隣の市の農産物直販所へ行ったら、有りました。
ここのは検査を通ったと言う事ですが、数キロしか離れていないのに、どう言う
事なんでしようね。
シイタケも同じで、業者は泣いている。
養老渓谷の知り合いのキノコの方たちは大丈夫なのかしら。

買って来た竹の子を複雑な気持ちで日々食べています。

気を取り直して、庭に咲いた花でも如何でしよう。
003 004
このニリンソウは、一昨年だったか、ホームセンターで枯れそうに成って隅に
置かれていた。
このままでは捨てられるだろうと買って来た物です。
少しずつ大きく成るのを期待して、今年もやっと咲きました。
そして、チゴユリは2株貰ったのが14株位に増えている。
今年一番に咲いた花。

008 015
クレマチスの原種系、アーマンディー今年も枝を一杯にして咲いた。
006 010
これは昨年苗を購入した桜、天の川と言う名前で、横に広がらないタイプ。
ようやくつぼみが膨らんで来たから、どんな花かと楽しみにしている。

植木鉢の隅に種が飛んで芽が出て、そのまま越冬したペチュニァが今朝
見たら咲いていた。
軒下だから良かったのかしら。
011 016
017 014
012 022
020 023
024
有ったはずのスミレが消えていたり、とんでもない所に咲いていたりと気まぐれ
な事です。

今日は、曇りで肌寒い。
それでも、花は次々と咲いて呉れます。

004

20日の朝、桜が咲きました。

2012年4月 9日 (月)

春爛漫

すっかり春爛漫と成り、桜もほぼ満開です。
こんな暖かで桜も咲いたのに家事ばかりしていられない、と出掛けて来ました。
本当は、いすみ鉄道沿いの桜と菜の花の予定でしたが、先日、NHKで放送され
たらしく電車は満員との噂。
静かな田舎の風景とは異なるのでは興味は半減、飯給の駅を見て、市民の森
へ行く事にした。
所が、飯給の駅には、世界一大きなトイレと言うのが出来て、景観も変わり、人
が一杯、車も一杯。車も止められない。
諦めて、市民の森へ行きました。
 
002_2  003_2
008_2  009_2
桜も咲いて綺麗ですし、人も少くなくゆっくり散策する。
010_2  005_2
大好きなスミレもキブシもあちこちで咲いている。
078_2  016_2
こんなイヤーな看板も有る。
そして、その予感は当たる・・
ヤマルリソウが咲いていて、可愛いと撮っていたら、何かロープが動く、ロープ
では無かった(泣く)
ギョエーと大きな声を出して遠ざかったのは私。
おーヤダヤダ、気を取り直して歩く。
030_2  045_2
風が吹いて来たら、桜の花びらが一面に飛んでいた。
この手掘りの様なトンネルを超える。
046_2  048_2
トンネルを超えると
桜並木です。
幹から花だけが覗いている。
054_2  055_2
キセキレイが何か咥えている。
巣作りなのか、餌なのか、可愛い尻尾を上下に振って忙しそうです。
064_2  066_2
ヤマルリソウが沢山咲いている。
今度は周りを見て、居ない事を確認して写真を撮った。
076_2  084_2
ヤブ椿で有りませんでしたが、上の方には桜も有り、綺麗でした。
やっぱりキブシも可愛い花です。
嫌な物にも会ったけど、ゆっくり散策して入口では、5、6月のサンコウチョウの
話を聞く事が出来て良かった。
 
帰り道の月崎の駅に寄って見ました。
087_2  088  

090 095

ここは静かで良かった。

2012年4月 7日 (土)

来客

久しぶりに浜松から姉が二泊の予定ででやって来ました。
日々忙しそうな姉ですから、中々遊びに来られない。
でも会えば話は尽きません。

翌日は姉と娘の三人でドライブに出掛けました。
まず金谷のフィッシュでお昼。
002 005
私と姉は「春の鯛尽くし御膳」娘は天丼。
鯛ご飯が山盛り、すべて鯛が使われていて、流石にご飯は食べきれなかった。
娘の天丼は、海老二匹、カニ一本、野菜、そして、アナゴが長く入っていて、
やはりご飯は食べきれなかった、その上、夕飯は食べられないと言うほどでした。

次に行ったのは水仙の時に良く行く「佐久間ダム」
006 023
042_stitch

040 051
風が強くてあまり楽しめなかったけど、桜も咲き始めていて春めいた陽気に
後一歩と言った所です。
この日の夜は、グランマと三人で、昔話をしたりして笑ったり、懐かしんだり
話は次々と飛んで楽しい時間。

翌日は、アクアラインバスで帰る姉を見送り、その後娘と私は粟又の滝まで
行く。
016 021
こちらはまだ新しい葉が見られず、春めいてと言えない状態。
011 028
それでも、スミレは咲いているし、ヤブ椿は終盤の様です。
030 032
川の流れも綺麗、所々に滝も有る。
遊歩道と山との間の水の中にメダカもいる。
038

034 047
ネコノメソウです。
052
川沿いですから、こんな湿った所に胞子の様な物がニョキニョキと出ている。
まだ新緑の季節には成らないけど、人も少なく、楽しく歩く事が出来た。

帰りは日帰り温泉に寄って、ゆっくりした一日を過ごす事が出来た。

そして、今日は、晴れて暖かな日中に、ひまわりの種をまき、ヤーコンの球根
を植え付けした。
夕方には雨がぱらついて、寒くなる。
まだまだ春らしいと言う気候には今一歩です。

2012年4月 4日 (水)

春の嵐

昨日は、楽しみにしていた鎌倉へ行くと言うオフ会が有ったのです。
春休みのお楽しみで、毎年鎌倉辺りに集まっていましたが、前日から大嵐の予報
で、残念またとなりました。

夕方からの大雨と風、家でじっとして過ぎ去るのを待つばかり。
携帯の鉄道と、気象関連のお知らせがビロロンと鳴るばかり。

今朝はすっきり晴れて、風は残っていますが秋なら、台風一過と呼びたい天気。
庭の様子を見たら、花が咲きだしている。
001 010
002 006
004 007
008
すみれは、勝手に出ているのをそのままにしているから、何処に出るか分から
ない。
増えすぎた今の季節に咲く水仙。
038
家の中ではカトレア。
春ですねぇー

2012年4月 2日 (月)

高尾山でオフ会

久しぶりに高尾山でオフ会をしました。
参加メンバーは、トラベエさん夫妻、warabeさんふーせんさんぴとこさん、私。
高尾山口集合で、初めにwarabeさんとバッタリ、東京マラソンをぴとこさんと応援に行き、その時以来です。
やがてふーせんさん現れる。ふーせんさんとは何時以来でしょうか、変わらぬ
柔和な笑顔で、スリムになったいた。
それは、マラソンに力を入れていて、富士山マラソンに備えているそうです。
下から4時間半で山頂に行かない失格とか、中々厳しいです。
今日も、食事をしてから陣馬まで走るそうです。
トラベエさんは群馬から車ですが、先週開通したばかりの高尾ICからの道迷い
して最後に登場。
今回、ぴとこさんはトラベエさん夫妻とふーせんさんとは初対面。
でも、ネットでお馴染なのでも皆さんそう言う気がしない様子。

いよいよ出発、6号路から登ります。
043 044
梅が咲き始めていて、そこへケーブルが通る。
001 055
エンレイソウだ、ユリワサビだと写真を撮りつつ中々進みません。
006_2 008
いよいよ目当ての斜面にハナネコノメが見られた。
そろそろ赤いシベが落ちていたりする物も有る。
スミレが咲き始めていた。
そんなこんなで歩いていたら、私の荷物を見かねてふーせんさんが持って呉れ
ると言う。
私のザックの中には祭り寿司が入っていて重い、朝、ぴとこさんが一パック持っ
て呉れたんですが、何しろ、荷物より自分の身が一番重い。
訓練に負荷をかけなくてはといけないから、と言うふーせんさんの御言葉に甘え
て身軽になり、これで健脚の皆さんに何とか付いて行ける。

そんなこんなで階段をヒーヒー登り、山頂から少し進んでお昼にしました。
009
先日食べられなかったおからのドーナツをぴとこさんが買って来て呉れて、皆さ
んからはお菓子や漬物が出て、お腹一杯頂いて満足。

ふーせんさんはここから陣馬へ向けて軽やかに走り去って行かれた。

道を少し戻って、いろはの森から日影沢へ降ります。
日影沢で今まで見られなかった花が咲き始めていて嬉しい。
010 017
018 019
021 024
026 027
066 074
077 082
日影沢で咲いていた花たち。
汚れなどと可哀そうな名前ですが、実に可愛いと思うのは私だけでは無いはず。
コチャルメルソウも大きく背を伸ばしていた。
普通のネコノメソウもひっそりと咲いていたし、アブラチャンも可愛い。
イチゲさんも咲き始めてます。

ここから、バスには乗らず、花街道を通って高尾山口の駅まで戻ります。
090
先日通った時はお休みでしたが、今日は開店していたので寄った「ふじだな」と
言うコーヒーショップ。一休みします。
年齢のいったお夫妻がやっているので、中々忙しそうです。
美味しく頂いて花街道へ。
092 093
030 029
100 033
102 103
人様の家の中に咲いている花を見て、写真を撮ったりあれこれ言ったり。
失礼しました。
それでも、石垣のお宅のオキナグサは大きくなっていたし、通りかがったおじさんが、このお宅の灯篭は曰くが有る物と言うので、失礼してパチリ。
035 107
緑蕚梅(リョクガクバイ)ガクが緑です。
そして、好きなキブシ、春っと感じる物です。
108_2  112
梅林も先日より花が付いています。
038 040
041
先日は二回ともつぼみだったキバナアマナを初めて見られた。
120 
119
122 123
小仏川沿いの梅も見ごろでした。

楽しく歩いて高尾山口に到着。
ふーせんさんは何処を走っているのかなと話していると、何と、ふーせんさんが
現れた。
一同偶然にびっくり。
記念撮影して、またの再会を楽しみにとお別れしました。
久しぶりで本当に楽しかった、皆さんに感謝です。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »