最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 晴れの一日 | トップページ | ユキワリソウ »

2012年3月16日 (金)

高尾山麓

3月となれば、高尾山の日影沢にハナネコノメを見に行きたくなります。
今回は、雛まつりの時に約束していた、milkさんとぴとこさん。

高尾山口で待ち合わせして、三人でお喋りしながらボテボテ歩く。
結構吹く風が冷たい、春は名のみのと言う感じです。
何時もはJRの高尾駅から歩くので、高尾山口からは初めて、ぴとこさんの案内です。
例年なら、この川沿いの道も梅が満開になっているはず・・
015_2
咲いているのは一部の紅梅だけですが、色が濃いから梅としては華やか。
022_2  
どんどん歩いて行くと、高尾梅林と言うそうですが、ここはチラホラとしか咲いて
いない。
024 025
水が綺麗、ここでは、奥入瀬にいる気分になろうと言う事にする。
私たちは、何処に行っても、それらしくなれて楽しめる、そんな理屈抜きの気楽な
所が楽しい原点かな。

この公園にもハナネコノメは咲いているはずですが、近づけない所に少し見えた
だけ。
ニリンソウもアマナも咲いていません。
031
アマナはまだつぼみも固い。
032
杉林を通り抜けて梅の林へ向かう。
033
ここも梅の開花はまだ、神社に手を合わせて、また来ます、その時は咲いている
と良いな。
035
街道に出ると、釣り堀、ちょっと三人で見ていたら、写真の男性が釣り上げた。
でも、キャッチアンドリリース、折角釣ったんだから、食べなさい! と思う。
魚をいたぶるだけの様に見えて、私は嫌いです。

花街道も花も少なく、豆腐屋さんのドーナツ楽しみにしていたんだけど定休日。
帰りに寄りたいと思ったコーヒーショップも休み。
038 002
012 006
ようやく日影沢に到着。
目当てのハナネコさん咲いていましたが、小さい、そして、まだまだつぼみが
沢山です。
何時見てもやっぱり可愛いー、そして、コチャルメルソウもやっと出ましたと言う
感じ。
キャンプ場のホールの前で椅子に座ってお昼。
喋ったり食べたり、良い時間です。
お腹一杯になりました。
013
日が当たってようやく開いたキクザキイチゲを見つけた。

元の道を帰ります。
048 050
山野草が咲いていないので、道端に咲いている黄色が目に付く。
フユシラズでしょうか、オオイヌノフグリも咲いている。
051 052
花街道の道沿いのお宅には色々な花が咲いていて楽しませて貰えるのですが、
石垣のオキナグサやフクジュソウがわずかに見られただけでした。
今年は寒くて、花たちの競演ももう少し後になるのでしよう。

花は咲いていなくても、しっかり花粉は飛んでいるらしく、一番若いぴとこさんが
クシャミが出て苦しそう。
私も若かった頃はとても酷い花粉症で、目は真っ赤か、鼻は・・・言えない・・
咳も出たりして、一番悪かった時は熱まで出た。
お陰さまで、年取って良い事は花粉症も枯れた様子
coldsweats01

高尾山口駅の上で、美味しいシフォンケーキと紅茶を頂いて、まだまだ話は尽き
ない。
毎月会っていて、ネットでもお話しした様な気分で居るから、その延長なんでしよ
うね。
楽しい時間は早いです。
またねと、名残惜しんで別れました。

何時行っても色々な顔を見せてくれる高尾山。
今回、山には登らなかったけど、次回も同じ所を歩く予定
lovely

« 晴れの一日 | トップページ | ユキワリソウ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪

お世話になりました(*`▽´*)


ボテボテ歩くって表現いいね~その通りだもんね。。

沢山歩いたけど全然疲れなかったねー
帰りのケーキとおしゃべりで疲れは家まで持って帰らなかったよ。。


遅くなっちゃったでしょう・お疲れ様でした。。

milkさん

楽しかったねぇー
今、トラックバックして来ました。

沢山歩いて、最後のシフォンケーキで疲れを取って、やっぱり高尾山は良い所。
今度は桜の所へ行きたいね。
花の種類が多いから、咲いている期間は長いそうですよ。

帰りは、娘が美味しいと言っていた胡桃パンを、東京駅で買った。
美味しかったわぁーっと、シフォンケーキ食べたのにね・・別腹

山百合子さん、こんばんは☆

仲良し3人娘のハイキング・・・楽しかったことでしょうね♪
日影までの道のりは長いけれども、
賑やかであっという間だったかな(#^.^#)

ハナネコノメ~やっぱり可愛い。
私ももう少ししたら会いに行かなくっちゃ。

今度はJR高尾駅のイチゲンドウでお茶してみてくださいね。
あの店 私結構好きなんですよ♪
晴れた平日にでも一人で出かけちゃおうかしらん。

ネコノメ、猫の目?にゃんこのめ!
猫好きとしては、見ておかなければいけない花だわ。
来年は、私もぜひ案内していただきたいところです。
花の目が全然無くてね、ひとりじゃ探せないと思うし。

高尾山は、なんだかんだ言っても、オールシーズン楽しませてくれますよね。
桜も紅葉も、そして新緑も綺麗です。
桜や梅は、滝と違って、上から下りながら見たほうが見ごたえがあると思っています。
高尾山の桜も、高尾山口からよりも、城山から下りながら見るのが好きです。
タイミングが会えば、久しぶりにご一緒したいですね。

矢車草さん

ハナネコさんに会いに行ったけど、寒かったし、これからと言う感じたでした。
でも、また行く時の楽しみだから、と次を期待します。
矢車草さんの所から近くて良いね。

高尾駅前のイチゲンドウって年配の女性のやっているお店かな。
今度行って見たいわ。
最近は、土日にお天気が悪いから週末どちらに行くのかな。

chiyomiちゃん

猫の目には、汚れなんて可哀そうな名前の物も有るよ。
ハナネコノメが咲く頃に一緒に見られたりするし、面白いね。

高尾は、都会に近いのに、色々楽しめるのは、花好きな人にも、沢山歩きたい人
にも楽しめて良い山だよね。
城山から下ると言うのも有りだね。
何故か桜の時って歩いた記憶が無いわ。

数日前、milkさんのHPのTOPでハナネコノメ見て、行ったんだ~~って思ったけど、山百合子さん、ぴとこさんとだったんですね。

開きたてが、すごく初々しい感じです。

水仙、雛祭り、と今回、すでに今年3回ですか?
一緒に歩いてるの。
見頃を見逃さず、密度濃く行動してて、日増しに若くなっててるんじゃないかと思いますよ。
3人共。

私、巾着作りましたよ。
驚くほど簡単でした。

ハイジさん

12月には鎌倉行ったし、毎月会っている。
AKBのメンバーで、都合が付いたらと言う感じだから、少しずつ人数が違うけどね。
皆さんと一緒だと年齢の事はあまり関係なくて、普通に喋っているんだわ。
興味の対象もネットの事も共通の話題が多いから楽しいのよ。

ハナネコさんも咲き始めたばかりで、とっても小さくてそれが可愛かった。
今月は高尾山集中強化月間になりそうhappy01
来週末も予定しているし、来月初め、天気良かったらオフ会だもの。

私も巾着作り始めた。
暫く続きそう、楽しいんだもの。

いつもながら、出遅れ。

今回の出遅れは、かなり重症になりそうです。

高尾ぶらぶら歩きは、いつも楽しいけれど、のんびり一緒に歩く人がいると、一層楽しいです。

また。よろしく^^

ぴとこさん

毎度楽しくお喋りしながらで、花は少なかったけど、楽しく花捜しが
出来ましたね。
色々忙しそうな時なのに一緒に行けて良かった。

またよろしくですhappy01
天気になり、暖かくなって欲しいです。

日影沢はどこから行くのかなあ・・・と思っていたら、こちらのレポだと、なんとなく懐かしい景色が。たぶん、小学校か中学校の時の遠足の1回がこのルートだったような。地元なんで、高尾山は何度も登ったので、どの時かイマイチわかりませんが。

ハナネコって可愛らしい花ですね。こういう野の花は全く疎い(全体的に花の識別はとても苦手coldsweats01)ので、いつか機会があればご教示願いたいものです。

MINMINさんの小学校の遠足で行った辺りですか。
今まで、JRの高尾駅から歩いたのですが、ぴとこさんが高尾山口からの道を
教えてくれたので、こちらの方が静かで良かった。
途中からは一緒なんですけどね。
川沿いの梅の咲く傍らの道を歩いたり、スギ林を歩いたり、良い道です。

そして、日影沢は、川へ降りる木の階段が有り、降り切った当たりの湿った岩に
咲いています。
良く見ないと分からないほど小さな花ですが、真赤なシベが可愛い花です。
山歩きして初めて知った花です。
小下沢林道を景信山へ行く途中の川沿いにも咲いています。
あの梅林もまだ咲いていないと言ってましたから、今年は遅いんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/54236896

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山麓:

» 春を探して・・ [ 明日晴れるかな]
勝浦のお雛さまの時に「次は高尾でハナネコノメに・・」のお約束でお別れして・・ また今月もお会いしちゃいました・・ [続きを読む]

» 高尾の春 [山笑う]
一週間遅れのレポ。 先週の木曜日、山百合さん と milkさん と一緒に、高尾山 [続きを読む]

« 晴れの一日 | トップページ | ユキワリソウ »