最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

勝浦ビックひなまつり

ここ数年、近くの勝浦で開かれるビックひな祭りに行っていなかった。
そろそろ出掛けたいとネットの友人、milkさんとぴとこさんを誘って出掛けた。
ま、AKB5の予定でしたが、都合の悪くなった人もいて、残念!

何時もの様に袖ヶ浦バス停で待ち合わせ。
今回は、勝浦まで行きます。途中にある重要文化財の西願寺阿弥陀堂附厨子
に寄る。
002 003
007 010
中々立派な御堂です。
ワンちゃんが吠えたてていますが、気弱そうで、あっちを向いて吠えていた。

まだ市原市内で、中々勝浦には到着しません。
以下省略

着いた所は守谷海岸に有る広い駐車場。
勝浦は狭いので、とても沢山の車を止める所が有りません。
ここからシャトルバスで勝浦の会場となっている街に行きます。
町中を歩いて行きますが、いたる所に、商店の店先にもお雛様が飾って有りま
す。
015 022
遠見岬神社の階段に飾られたお雛様。ここはお天気だと毎朝数時間かけて飾り
付けられます。
夕方には片付ける訳で、その労力には町の熱意が感じられます。
017 023
あちこちの店先のお雛様を楽しみながら歩きますが、お腹もすいたので食事。
031 032
ここのお店で食事にしました。のれんもお雛様。
027 030_2
店内も色々飾り付けをしています。
雛御膳を頂きました。
038 039
和菓子屋さんの店内飾り、ここでは桜湯が振舞われました。
043 045
046 048
この階段と、その上に続く二階の窓に見えるお雛様。
053 055
覚翁寺の前のお雛飾り、
お寺の鐘突き堂も立派です。
063 065
例年には梅も咲いているのですが、今年は遅れていて、まだ水仙が綺麗です。
この葉を落としたイチョウも秋には綺麗でしょうね。
061 066
本堂の両側にある欄間は波の伊八の作品です。
076 078
081
下は牛乳屋さんのお雛様の下に牛のぬいぐるみ。
まだまだ有るのですが、省略。
シャトルバスで駐車場に戻る。
ここから、行川アイランド(随分前に閉鎖されている)の前に有る旧学校に飾られ
ているお雛様を見に行く。
087 089
地元のおじさんが、取ったばかりのワカメを試食させて呉れた。
茶色だったワカメも、熱湯に入れると綺麗な緑になる。
帰りにここでワカメや、ヒジキを買った。
090 091
094 103
107 109
106
教室の中、下駄箱の中と工夫されて展示して有ります。
最後の雛は、享保の頃に作られた大きな、子供くらい有る大きさの物ですが、
その頃の物を復元して作られたものだそうです。
でも、お雛様は大きいとちょっと怖い、そしてとっても古いお雛様も有りましたが、
顔が怖い・・・
歌でも歌って、一緒に遊べそうなお雛様が良いですね。

お雛様な一日でしたが、楽しかったです。
と言うのは、何処へ行っても、私たちは楽しくお喋り出来るからですね。
milkさん、ぴとこさんお付き合い頂いてありがとう
happy01

2012年2月24日 (金)

房総の旅

何時も山へ行く時に、車を出して呉れる友人を房総の旅に誘った。
まず、21日、待ち合わせの袖ヶ浦のバス停へ。

いきなりですが、ここで携帯を落とした
weep
当然ですが、無傷ではいられません。
見ると、蓋を開けると完全に壊れそう、なので、しっかり蓋をして過ごしました。

浜金谷のフィシュに車を止めて、気を取り直して鋸山を目指します。
浜金谷の駅の写真を撮ろうとしたら、メディアが入っていないと・・・落としたの
かと元の道を戻りましたが有りません。
暴走の旅の始まりの様です。
再びのショックですが、気を取り直して山頂を目指す。

しかし、良く考えてみたら、前日メディアをPCに入れて画像を取り込んだと所
までは覚えているけど、後の記憶が無い、もしかしたら、元々入っていなかった
のではと、何と云う事でしよう・・・

今回は、初めてのコースです。
鋸山には色々なコースが有り、一番初めに登ったのは観月台コースでした。
ロープウェーから行くのは何となく観光気分。
数年前から、車力道と言うコースも出来て、これは中々面白い。
でも、いずれも一等三角点の山頂には行けませんでした。

先日歩いた時に、沢コース入口と言うのを見つけたので、帰ってからネットで
色々検索したら、ここからのコースが山頂まで行けて、石切り場に出られると
知った。
沢コースと言っても、川沿いに歩き、ちょっと荒れた山道を歩き、適度のアップ
ダウンと、手彫りの真っ暗なトンネル、一部ロープの岩の狭い道と、急登のある
所でした。
下りには嫌な道です。
山頂から石切り場への道を進むと、先日、ぴとこさんと千春ちゃんと歩いて、
引き返した所は、山頂直下だったと分った。
写真も撮れないし、結局車力道を下った。
降りたら、登山口が整備されて綺麗に成っていた。
これがもっと整備されるのかしら。

車に戻る途中に出会った地元のお兄さんに、携帯の扱う所を聞くと、館山か
富津と言う、遠いです。
一応メディアを売っている所を聞くと、コンビニと言うでは有りませんか。
早速近くのコンビニに寄ると、有りました。
カメラの事は一件落着。

翌日からの写真を貼りましょう。
022 008
016 012
崖観音と言われる所。
023 030
館山の沖ノ島の海岸線を一周した。
037 038
039 041
042 045
047 046
千倉のお花畑です。

楽しかったので、色々な失敗は忘れる事にします。
帰宅して、新しい携帯もゲット、何とか繋がっていたので、色々なデータを
コピーして貰えた。
写真も少しは綺麗に撮れるはず。
落とさないようにしよう。

そして、SDカードはPCに入ったままだった。
これからは予備を持つ事にしよう。

2012年2月20日 (月)

雛人形

子供が小さな頃は、楽しみながら飾り付けをしたものです。
段々その作業が面倒になり、いまやお雛様は天井上の物置に入っている。
その物置は天井から階段を引き下ろしたりするので、少々厄介、なので滅多に使わない物が入っている。
家のお雛様は、段飾りと言う物なので、段の組立てをしなくてはならない。
これが、昔々家具屋さんに頼んで作って貰った物で、少々ひずみも出ていて、木槌で叩いてはめ込んだりする。

一人でするには疲れる作業。

今年は、何も全部飾る事は無いと、お内裏様とお雛様だけを出して見た。

これが家族に好評でした。
ならば、お菓子を乗せたりする小物も出せば良かった。
001
以前からお雛様を出しても猫は悪戯した事が無かった。
今回も興味ないのか近寄りもしない。
004 005
欲しいのはおやつのオカカだけ。

2012年2月17日 (金)

雪でびっくり

寒いなぁーっと思い窓から外を見ると、雪が積もっている。
さっそく外に出て見ると、何時咲くかと待っていた沈丁花が雪を
かぶって寒そう。
種が飛んで出たサクラソウにも雪が・・
005 007
鉢を置く、杉を輪切りにした台の上にも。
軒下のサクラソウは何とか無事。
010 013
畑にも雪は積もっているけど、10時過ぎ、陽が出て来て、どんどん
溶けている。

猫だけは変わらず元気です。
003
でも、今夜にも雪の予報、週末まで冷え込むらしい。
これじゃ、花の開花も遅れるよね。

2012年2月 9日 (木)

同窓会

高校の同窓会に行って来ました。
当日の朝は生憎の雨でしたが、伊豆長岡駅に到着すると雨も止んで、会場までは駅からのんびり歩いて行く。
ホテルのフロントに受付の幹事がいて2年振りの再会を喜び合う。
ま、それからは、おばさんたちですから、お喋りしたり、笑ったりの楽しい時間を過ごしました。 
また2年後に元気で会おうねと別れました。
 以下省略

今回は、富士山には会えずで残念でした。
写真も撮る暇も無かった。

今日は、すっきり晴れたので、娘とアクアラインの「海ほたる」まで行く。
ここへ来たら何時ものヨゴリーノを頂く。
001 004
シルエットになっている富士山を見ながらヨゴリーノを食べる、美味しい
lovely
008 011
アクアラインの地下部分の空気穴である「風の塔」の先に有る羽田へ飛行機が降りて行く。
スカイマークタワーもすっきり見える。
013 020
滑走路まで良く見える。
ひっきり無しに飛行機が飛び立ち降りる。
016_2
こんなに周りの景色がすっきり見える日も珍しい。
夕日の沈むころまで居たかったけど、またと言う事で帰って来た。

2012年2月 3日 (金)

寒さに負けず

寒いと言っても風も無いので、またカメラ持って農業センターと、
併設されている「あずの里」に行って来た。

歩いていると手が冷たい、手袋が嫌いなのでついはめないけど、
上着の袖の中に手を入れて歩く。
何処も冬枯れの景色です。
農業センターに入ると、よくカワセミの来る池が有るんですが、
凍ってる。
犬を連れたおばさんが、石なんか投げて「凍っている」と言いながら
確認してた。
これじゃ、カワセミも来ないと思ってどんどん進むと、足下にフウの実
が沢山落ちている。
005 010
008
大きな木です。まだ実が沢山付いているからこれからも落ちて来るのかな。
桜の木もしっかり冬休みで、春を待っています。
何も無いので、どんどん歩いてアズの里の公園に入る。
古墳の丘に登って見ると。
016 015
この真ん中の木にヤドリギが付いていて、遠くから黄色に見える。
良く見ると、実が出来ています。
017 018
他の木にも丸くなって付いている。
木は大丈夫なのかしら。
この古墳は、浅間塚と書いて有り、古墳の上にまた土盛りして出来た
物らしい。
古墳はそのまま下に眠っている。
この辺りの豪族の塚らしい。

周りに梅の木が有るから、早とちりの梅が咲いているかと捜したけど、
まだまだ固いつぼみ。
そんな中で、一本だけ、早まったと言いたげに寒さに少し痛められた
様な梅を発見。
019
ちょっと寒そうで可哀そうです。
次に、別の丘に登って見る。
025 030
まだ椿もそんなに咲いていない。
ロウバイだけが良い匂いをさせている。
この丘の尾根筋に歩く道は中々良い雰囲気です。
034 035
036 039
この後は落葉一杯の道を歩いて、滑りそうになりながら、駐車場へ出る。
後は元の道を家まで歩くだけです。
道路に出ると、最近出来た歩道のお陰で結構な車が通りますが安心して歩ける。
歩道の横は田圃です。
畦にはタンポポ、寒そうで背が低い。
040_2
田舎道をセッセと歩き、団地へ入る道は、少し登り坂。
寒かったのに、身体は暖かくなり、ウォーキング効果有りですね。
写真撮ったり、のんびり歩いて約2時間。
早く春にならないかなぁー
wink


« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »