最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

良いお年を

後、数時間で今年も終わりです。

今年は色々有りましたが、来年は明るい年になって欲しいと願っています。

今年のクリスマス、お姉さんからプレゼントされた新しい首輪の猫たちを紹介しましょう。
チリンチリンと鳴る鈴も可愛いです。
001 003

以前着せた時、嫌がっていたのですが、年末だからと赤いシャツを着せて見ました。
まずはりんごから。
018 019
020
匍匐前進しか出来ない様な歩き方に成っていました。
では、まっくはどうでしょうか。
021023
028024
まっくちゃんと呼んでも、嫌そうな顔しています。
似合うよと言ったら、横向かれました。
029
こっちも匍匐前進歩き、似合うのにと思ったけどストレス掛けても可哀そうなので脱がせました。
016
これで良しと言いたげです。

今年の門松は、お姉さんが、パセリと青いストローで作った物。
赤い実は庭のマンリョウ。
お正月気分になった。
010

お越し下さった皆様にはお世話になりました。
どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。

来年もよろしくお願いします。

2011年12月18日 (日)

美味しい旅

月曜日から水曜日まで焼津、御前崎と出かけ、美味しい物を沢山いただきました。
が、写真は撮り忘れたと言うより、カメラを持って行くには邪魔とか、混雑でそう言う雰囲気にはならなかったという事で写真は有りません。

何を食べたか。
初日はえびちゃんの行ったと云う、焼津港の「山ちゃん」は残念定休日でした。
なので、宿が教えてくれた美味しい所の一番近めに有った所で海鮮丼を食べた。
ご飯より上の具が多かった。
この日は歩きもしなかったので、宿から歩いて一時間の港へ行きましたが、途中から暗くなり、若干心細くなった辺りで港へ出た。
結構周りは暗い、あちこちの店を探すより、教えられた所でとなった訳です。
勿論一時間かけて歩いて帰りました。

002_stitch

翌日は御前崎で、海産物を売ったりする漁業市場は休みで、先端辺りに有る店に入ったら、混雑。
それでも、手際良くさばかれて、釜揚げシラス丼を食べた。
やっぱり新鮮で美味しい。
夜は、宿の、カニ食べ放題と言うコースが一番安かったので、それにしたけど、食べ放題と言う年齢でもないせいか、お代りどうぞと言われてももう駄目状態でした。

静岡に住んでいた頃は、何時でも行けると思ったのか、結局ここ御前崎方面は行った事が無かったように思う。
途中の相良海岸の辺りも暖かいのかハイビスカスが道端に咲いていた。
019 028
御前崎に到着。
潮騒遊歩道から階段を上がり、灯台、地球が丸く見えるん台の展望台から下の広場に降りるコースを歩いて、上では本当に海岸線が丸く見えた事で納得でした。


Img001  030033

035 040
浜岡原発の見える所。
近くの浜岡砂丘。
044 048


054 056
帰りには漁協市場でシラスを買えた。
マリンパーク御前崎のあっけらかんとした景色。青い空が綺麗。
058
今年も楽しい事、震災の事、見て居るだけで辛い事も有ったけど、良い忘年の旅に成りました。

来年は良い年に成りますように。

2011年12月10日 (土)

寒い

最近にない寒さで身体が慣れて居ません。
猫はもっとそうでしょう。
ストーブを付けるとその前に座りたがる。
久々二匹が至近距離にいるので、カメラを取りに行き、写そうとしたら急いで一匹が逃げた。
001 002
早わざのまっく、りんごは相変わらずの気にしない性格です。

003 004
お馴染みの猫ベットに戻り、写真なんか撮らないでよーっと言わんばかりの顔している。

りんごの水飲み。
007 008
カップの水の中に手を入れて、その手をなめる。
 009
010
011
水飲みの跡はお肌の手入れ。
下に降りてもまだ舐めて居る。

その頃、マックと言えば、もうぐっすり寝ています。
012 013
手入れも終わったりんごは相変わらずな姿で寝ています。
こんな姿を見て、娘たちは、猫に成りたいと言っています。

2011年12月 6日 (火)

AKB 4養老渓谷へ行く

養老渓谷の紅葉の季節に成ると、えびちゃんが来年は行きたいとのラブコールが有った。
ようやく、その夢が実現する時がやって来ました。
皆さんアクアラインバスで、袖ヶ浦までやって来ます。

新宿からの矢車草さんは、旅気分で楽しかった嬉しそうにバスから降りて来ました。
間もなく話をしていたら、あっという間に着いたと言うmilkさんとえびちゃんが到着。
良いお天気だと喜びあいました。

まずは、途中の紅葉を楽しみながら、目的のお蕎麦屋さんへ行く。
ここは、食事の撮影禁止と有ったから、美味しいお蕎麦の写真は無し。
築120年の名主の家だった所を改装してお蕎麦屋さんに成った所です。
人気店で、次々と来客ですが、予約しておいて良かったわたしたち。

お腹一杯に成った所で、養老渓谷へ向かいます。
001 002
駐車場の上の崖の紅葉が綺麗です。
が、毎年の事なので、見ていて若干今年は・・・と心配になった。
小さなリンドウも咲いている。
今回は、登りに林道を使い、沢コースは後にする。
反対コースにすると、山仕様の皆さんを最後の林道歩きでがっかりさせないためです。

でも、林道のモミジも綺麗です。
003 004
005 006
大福山の展望台へ到着。
皆さんは房総の山並みを楽しんで展望台に登りました。

いよいよ、下りの沢コースへ続く道へ下る。
015 021
024 028
ここは、養老渓谷のハイライトと言える所です。
毎年見て居ると、贅沢に成り、この色づきでは、凄いと言う時から見てイマイチ。
それでも、今年初めての綺麗な紅葉に会えて良かった。
033 034
035_stitch
もみじ谷を下ると竹林が有り上が見えなかったのですが、今年はその竹が刈払われていて、もみじ谷を見上げる事が出来る。

日高邸跡に行き、沢コースで元の駐車場まで戻りました。
038 039
参加の皆さんは、養老渓谷と言えば、ちょっとモミジの周りを散策すると思うらしい。
それでも、一応山仕様の格好ですが、沢コースは沢の小さな流れに適当に置いて有る石の上を渡ったりするので心配しました。
流石は歩き慣れている皆さん、滑る事も無く楽しげに歩いて良かった
happy01

次は、イルミネーションのドイツ村に向かいます。
ここも皆さん初めて。先週の水曜日よりも少し人出も少なく、ゆったりと回り、観覧車は相変わらず30分待ちと言うので諦めて帰りました。

お喋りしたり、写真を撮ったり、楽しい一日はあっという間。
昨年の夏に全員一緒が初めてなのに、何時会っても和やかで気取りも無く楽しい時間が過ごせます。

また遊びましょうね、と袖ヶ浦バス停でお別れしました。

2011年12月 1日 (木)

鋸山

11月の末日、水曜日に千春ちゃんとぴとこさんと三人で鋸山へ行って来ました。

ぴとこさんは初めてと言う事、千春ちゃんはもう何年か前に歩いたと言う事で、多分知らないと思う車力道を行く事にします。

浜金谷フェリー駅に車を置いて、JR金谷駅に向かい、駅手前の小路に入り、登山口までお喋りしながらのんびり歩いて行く。
001 002
道の角にはこんな物が置かれている。
右の石は、北海道の美大の人が作って置いた物だそうです。
006 007
ここは、車力道と古くからの道との分岐。
この右の道へ帰りは降りて来ました。
途中の家に、塀から可愛いわんこが顔を出している。
008 010
昔の切りだした石を運んだ道、轍の跡が残っています。

林の中をゆったり登って行くと、道標が有り、迷わず進む・・・
しかし、途中から私の記憶に無い道が、展望台が有ったりする。
やがて、どんどん目標から離れる様で、どうやら、鋸山の三角点の有る山頂へ行く道らしい。
新しく出来たのだろうか、この道。
アップダウンが有る、変化の多い道。
このまま進んで行くと帰りが心配と思い、山頂直前で引き返す。
やっと見覚えのある所に出た。
010ice 012
021_stitch
石を切り出した跡を見上げて。
023 024
石の中を見ると、こんな仏像とか、石屋さんの紋章が見られるが薄れている。
025
下から見上げる、地獄覗き、この石の先端から、とても私には下を見る勇気は無い。
ま、そんなこんなで、日本寺内の千五百羅漢とか、ロープウェーで帰るとかの予定は止めて、昔からの道から下山する事にした。
ここも、急な階段の下りが有ったりだが良い道だった。
026
案内板の所へ戻って、しっかり見ると、今までとは違うコースが出来て居る。
つまり、車力道から、ため池の所を左に関東ふれあいの道へ私たちは進んでしまった。
知らなかったぁー
と言う事は色々なコースが出来て選べるという事です。

次こそ、石切り場と日本寺へ行き、千五百羅漢をぴとこさんに楽しんで貰わなくてはと思った。

その後、私たちは、ドイツ村に移動。
イルミネーションを楽しんで、楽しい一日で、また会おうねと別れました
happy01

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »