最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« コスモス | トップページ | 文化の日 »

2011年11月 1日 (火)

法事と結婚式

土曜日は大阪で義兄の七回忌でした。
早い物ですと、感慨深くした。
この日は日帰りで東京へ戻る。翌日は義弟の所の末の娘の結婚式。
山口からの義姉夫婦と一緒にホテルに泊まる。
ここに、上の娘も合流。

根津神社で、親戚一同揃っての挙式です。
007
お天気が良くて、外での写真撮影になって良かった。
由緒ある神社での挙式は、久しぶりの神式で厳かに行われる。
式の間、花嫁の兄である甥の所の三歳の子が、式が進むにつれて、我慢出来なくなって来たのか、父親に、「僕には無理だ」と訴えている。
その様子が可愛い。

披露宴は場所を変えて、山の上のホテル。
花嫁はバイオリンをやっていて、趣味でオーケストラをやっていた所へ教えに行き、そこのバイオリンを弾いていた人と知り合ったと言ういきさつらしい。
個人指導もしていたようだ。
この春に二年のアメリカ留学から花婿さんが帰って来て、落ち着いてからの挙式になった。
花嫁の大学時代のお仲間との演奏に続いて、花婿花嫁のバイオリンとビオラの演奏、途中で、楽器を取り替えての演奏と楽しい披露宴でした。

この夜もホテルに泊まる。
義姉夫婦と、兄嫁さんと私と義弟の連れ合い。
遅くまでお喋りが続き、名残惜しみつつ、娘は帰って行った。

月曜日は、何処へ行こうかとなったのだが、浅草には行った事が無いと言う山口の義姉夫婦と、もう何年も行ってないと言う兄嫁なので、ご案内する。
136 138
朝早かったので、思ったより人出は少ないけど、日本語が少なく、中国の方が多いと思った。
浅草寺のお参りをして、次は浅草神社。
境内には菊が飾られている。
これから咲き始めたら綺麗でしょうと言う物も有る。
144 148
このトラ、黄色の菊が満開になったら、黒テープと合わせて縞模様になると言う事。
お昼は、大黒屋さんへ行く。
本店が休みで、別館へ。
行列の店と聞いていたので、早めに予約して置いて良かった。
151
これにお吸い物が付く。
大きな期待をしていたが、ま、普通の天丼と言うか、色グロの天丼だった。

ここからは、帰りの新幹線の前に、お土産を買うと言う事で、東京駅の大丸へ。
目当ての店を回って、お疲れ様でした。
大きな荷物はホテルから送り、手ぶらに近いはずだったのに、浅草や大丸でしっかり買い物したので義兄は両手に大きな紙袋を提げて居た。

今度は江戸博やアメ横にも行きたいねと言いながら、別れた。
夫の兄弟は仲が良くて、何時も、会うのを楽しみにしている。
これは私には大きな財産と言えます。

« コスモス | トップページ | 文化の日 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
良いお日和で何よりでしたね♪

法事に結婚式と、繋がって・・・忙しかったですね。
そして、東京見物の案内でしたか。。
毎日、秋晴れの良い天気でしたから怒涛のスケジュールも難なくこなせたのではないでしょうか?

ご主人様の御親戚とも、ある年齢に達すると融合しあうというか和気藹々といいもんですよね~。
全日程を終えて別れを惜しみつつ、又の再開を楽しみにって感じが伝わってきますね。

お天気にも恵まれて、よかったですね。

大人ならではの、愉快な集いという感じが伝わってきますね。

楽しいこと、美味しいこと、みんなで分かち合えるっていいなあ・・と思います。

私も、仲良くしよう~。

ご結婚、おめでとうございます。
ご主人の親戚とも親しくしていらっしゃる
山百合子さんに脱帽です。
私は既に薄い付き合いになっていますよ。
山百合子さんの気遣いが親しくさせるのかなと
思いました。
トラの菊、面白いね。でも、寅年でもないのに
どうしてトラなのかしらね。

千春ちゃん

夫との親戚の付き合いって、若いころから皆和気あいあいとしていたので、血の繋がりはないけど、違和感無く付き合えます。

今回はお天気にも恵まれて、法事は亡き兄を忍びつつも翌日の結婚式のお目出度で、感傷的になる時間も無かった。
再来年は夫の父親の50回忌だそうです。
来年は行事が無いので、親戚の残りの子供を何とか結婚させようと話ました。
って、家も入ってるcoldsweats01

ぴとこさん

西日本の賑やかな家族と言うのは、本当に楽しいです。
方言も混じっての事なので、余計感じるのかもしれませんね。

お姉さま方は賑やかで、別れを惜しみつつ、見送りましたよ。

ももちゃん

夫の家族は皆元気な人ばかり。
そして、何をしても賑やかなんです。
家族が仲良かったからでしよう。
母親が生きている頃は、皆でお正月に集まった物です。
それがそのままずっと続いているんですね。
今回は、東京見物楽しんで貰えて良かった。

本当にトラ年でもないのにトラの菊人形、どうしてかな。
満開になった黄色の菊の時に見たいです。

法事、結婚式と親戚のみなさんと楽しいひとときをおすごしのご様子拝見しました。
みなさん仲がよろしくてこれは山百合子さんのお人柄のたまものだとおもいます。

ご結婚おめでとうございます。
由緒ある神社の結婚式 身が引き締まるおもいがします。
秋のおだやかな陽に映えて白無垢の花嫁さんすてきですね

大黒屋のてんぷら 並んで待ったことあります。
ごま油の香りとエビの大きさにビックリたこともなつかしい思い出です。それ以来浅草=大黒屋のてんぷらなんです(笑)

らっしーさん

兄妹仲の良いのは、夫の家族が仲良くしていたからですよ。
結果、その延長線上に私たちもいるって事で、お陰さまで楽しい時間でした。

日ごろお化粧をあまりしないと言う姪が、白無垢に合わせて綺麗にしていたら、花嫁の兄たちから、誰かと思ったなんて言われていましたが、とても素敵でした。

浅草の大黒屋さんでらっしーさんも並んで食べたんですね。
今回エビは普通の大きさでした。
全体に黒っぽいのはごま油ですよね。
美味しく頂けましたから、次回は別の有名所で食べたいけど、食べきれなかったら困るので、ご飯は今回と同じように、少なめと頼んで見よう。
浅草、時々行くと楽しいよね。

山百合さ~ん、姪御さんの結婚式だったのですね~heart04
お義兄様の7回忌に続いて、ご主人のお身内の方達と和やかな良い時間を過ごされてきたのね~

3歳の小さな子供さんが結婚式の間、「僕には無理だ」と訴えってらった様子・・・この年齢の子にはじっとしているのが大変なのよね~
我が家の紗有美も七五三の事前写真撮影の時、髪は結わないしダダをこねてました~coldsweats02

本当に山百合さんの亡きご主人様のご家族・・・何時までも和気藹々とお付き合いされて微笑ましいですね。。
翌日の浅草巡りも青空の下、また一つ思い出が増えましたね!

カラッチさん

法事と結婚式と場所は別の所だったから、忙しいと思うけど、それも後になったら思い出よね。
夫の兄弟は長男と五番目に生まれた弟とは14歳くらい違うはずだけど、仲良くして来ました。
長男は家長らしく、長女と夫は真ん中で繋ぎ役かな。
下の弟はしっかりしているし、五番目はどうしても皆から可愛がられて、今でも、○○坊と呼ばれています。
仲良くと言うのは良いですね。
お陰さまで、お嫁さんである私たちも仲良くできます。

式とか披露宴とか、3歳の子にしては詰まらない物よね。
それでも、騒がず困らせずで良い子でした。
さぁちゃんも行事をまだまだ理解出来ないし、幼稚園に行くようになって何とかなるかなと言うところでしょうか。
それまでは、ジィジとバァバで頑張らないとhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/53136616

この記事へのトラックバック一覧です: 法事と結婚式:

« コスモス | トップページ | 文化の日 »