最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月21日 (月)

散策とドイツ村

娘が休みと言うので、一緒に出かけようと誘って見た。
毎度お馴染み、房総半島ぶらり旅。
高速で富浦まで行き、お昼には海鮮丼を食べて(写真撮り忘れ)大房岬へ行く。
海を見たり、森の中を歩いたりして、増間島の見える海岸まで降りて見た。
007 010
遠くに横浜(多分)も見える。
増間島の波打ち際に小さく鳥が見えたのでズームで引いて見る。
011 012
013 014
多分サギだろうけど、何サギか分らない。
崖には、イソギクや、ダイモンジソウが咲いていた。
015 018
散策を終えて、次に向かったのは、道の駅。
ここで、美味しいソフトクリームを食べたけど、カメラは車の中で撮れなかった。

お土産も買って、最後は、ドイツ村のイルミネーション。
025 026
027 030
031 034
037 039
041 043
楽しい一日でした
happy01

青トマト

夏野菜を抜いて片付けないと、と思いながら中々手がつけられないでいたら、いつの間にかトマトが出来て居る。
それでも気温も足りないし、青いトマトです。
どうした物かと眺めていて、ネットで検索したら、有りました。
トマトの甘味噌炒めと、ピクルス。
001 003
大きな物をざく切りにして、炒めてから砂糖と味噌を入れて出来上がり。
適度な酸味で美味しい。家族は変わった味で美味しいと好評です。

004 005
青いトマトは塩水に入れて置き、酢と水砂糖と塩、ピクリングスパイスを入れて煮立ててから冷まして、トマトの入ったガラス瓶に入れる。
保存用には脱気した。
生のままの物はまだ食べて居ないけど、保存用で、中の液が圧力鍋の中で半分以上こぼれてしまった物を味見して見た。
今回、砂糖を入れ過ぎてしまい、甘いそれと、青いトマトの苦みが感じられる、そして、食感が柔らかくなってしまい、ピクルスだけどいまいち。

甘味噌が一番良かった、来年は青いトマトはこちらばかりにしよう。

2011年11月18日 (金)

ボタニカル展示会

今年で三回目となるボタニカル展示会の為に、昨日作品を搬入して来ました。
同じ場所での開催なので皆慣れてきて、テキパキと事が進む。
004
まず、先生の作品
001 002
教室の方の作品
006 007
キョウチクトウを描いた方は、その上に白とピンクの花の実も描いて来ました。

この日の為に、グランマに頼んで布のアートフラワーでコスモスを作って貰いました。
お当番さんは水も変えなくて良いし、喜んで貰えました。
008 009
おまけに、アカツメクサ、壺は以前陶芸をやっていたころの作品で、夏には蚊取り線香の上にかぶせて居る、灯り取りです。
010

上手くは無いけど、私の今年の作品。
001_2 002_2
サルトリイバラは、昨年精進湖畔を歩いていて見つけた物。
ヒアシンスは庭に咲いた物。
同じく庭に咲いたムシトリナデシコとエノコログサ
002_3 003
下の作品は小さな物です。
ガラスなので、写真を撮る姿も影になっているなぁー
上の、先生と、教室の方との違いは歴然としていて、線が違う、まだまだ修行です。

でも、先生は、絵の上手な人は沢山いるのだから、無理に上手になろうとしなくても、植物をちゃんと観察してそれを表現出来たら良いし、自分らしい絵を描けたら良い、と言って下さるので、それを目標に、下手でも良いと皆同じ様に居直って楽しんでいる。

今日から23日までの開催です。


2011年11月15日 (火)

まったり鎌倉

夏の秋田駒以来の、AKB5で鎌倉へ行って来ました。
4で無いのは、夏に残念行けなかったぴとこさんが参加だからです
happy01
3時間掛る私に合わせて集合は10時半。
集まれば何時もの様な笑顔になれる私たち。

まずは、報国寺へ行こうと鶴岡八幡宮を通り抜けて行く事にします。
と、言っても途中に有るお店もチェックしつつです。
漬物屋さんに寄るのは、携帯のゲームと言うかコロプラにはまっている娘から頼まれて、漬け物を買い、コロカと言うカードを貰って来る事。
まずは一枚ゲット、色々な試食をしてのお試し、中々美味しい漬物屋さんだった。
003 006
007 008
えびちゃんに言われて初めて知った事。
八幡宮の額、八はハトのマークなんですね。
012 013
狭い道を車に気を付けながら歩いて間もなくと言う所で橋の上から下を見ると、大きな鯉、メタボ気味。
016 018
報国寺に入ります。
苔むした階段、大きな木、既に別世界。
020 022
023 027
私たちは、中で抹茶を頂くので、拝観料と共に700円を払う。
029 031
032 035
ここ報国寺は竹林が有名な所。
手入れされた竹林は綺麗、それを眺めながら頂く抹茶も結構でした。
039 040
美味しいお茶を頂いて、庭を散策して・・・次の写真をと思ったら、電池切れの表示
bearing
ここからは、milkさん、えびちゃん、ぴとこさん、矢車草さんのブログで見て下さい。
と言う事で気を取り直して、お腹が空いた私たちは、帰りはバスで駅まで、そこからは、江ノ電で七里ヶ浜迄行く。

イタリアンの店をチョイスして海岸通りを行くと、お洒落な店でした。
海を見ながらお食事したいと言う私たちの希望を聞いて、雑誌の中からえびちゃんが色々捜して呉れた所。
おされーな店で、おされーでは無い私ですが、気分だけはおされーで頂きました美味しい料理。
まったりゆったり、最近ちょっと忙しかったのでリフレッシュ。
お喋りしながら、江ノ電に揺られ、鎌倉で買い物して帰りました。
私は乗り換えなしの直通に乗れたので、時間は掛っても楽でした。
いやー楽しい鎌倉、やっぱり人出は多いけど良かった。
また行きたいなぁー

2011年11月 3日 (木)

文化の日

朝から周りも静かで、いかにも休日です。
皆さん何処かへお出掛けなんでしょうか。
思ったよりお天気はぱっとしません。

庭の菊が咲き始めて、秋だなと感じますが、相変わらず気温は高めです。

001 002
005 007
025 026
029 022
009 013
畑の野菜
006 019
021 020
トウガンはもう少し小さな物が別の所に有る。
白菜も大根も元気です。

2011年11月 1日 (火)

法事と結婚式

土曜日は大阪で義兄の七回忌でした。
早い物ですと、感慨深くした。
この日は日帰りで東京へ戻る。翌日は義弟の所の末の娘の結婚式。
山口からの義姉夫婦と一緒にホテルに泊まる。
ここに、上の娘も合流。

根津神社で、親戚一同揃っての挙式です。
007
お天気が良くて、外での写真撮影になって良かった。
由緒ある神社での挙式は、久しぶりの神式で厳かに行われる。
式の間、花嫁の兄である甥の所の三歳の子が、式が進むにつれて、我慢出来なくなって来たのか、父親に、「僕には無理だ」と訴えている。
その様子が可愛い。

披露宴は場所を変えて、山の上のホテル。
花嫁はバイオリンをやっていて、趣味でオーケストラをやっていた所へ教えに行き、そこのバイオリンを弾いていた人と知り合ったと言ういきさつらしい。
個人指導もしていたようだ。
この春に二年のアメリカ留学から花婿さんが帰って来て、落ち着いてからの挙式になった。
花嫁の大学時代のお仲間との演奏に続いて、花婿花嫁のバイオリンとビオラの演奏、途中で、楽器を取り替えての演奏と楽しい披露宴でした。

この夜もホテルに泊まる。
義姉夫婦と、兄嫁さんと私と義弟の連れ合い。
遅くまでお喋りが続き、名残惜しみつつ、娘は帰って行った。

月曜日は、何処へ行こうかとなったのだが、浅草には行った事が無いと言う山口の義姉夫婦と、もう何年も行ってないと言う兄嫁なので、ご案内する。
136 138
朝早かったので、思ったより人出は少ないけど、日本語が少なく、中国の方が多いと思った。
浅草寺のお参りをして、次は浅草神社。
境内には菊が飾られている。
これから咲き始めたら綺麗でしょうと言う物も有る。
144 148
このトラ、黄色の菊が満開になったら、黒テープと合わせて縞模様になると言う事。
お昼は、大黒屋さんへ行く。
本店が休みで、別館へ。
行列の店と聞いていたので、早めに予約して置いて良かった。
151
これにお吸い物が付く。
大きな期待をしていたが、ま、普通の天丼と言うか、色グロの天丼だった。

ここからは、帰りの新幹線の前に、お土産を買うと言う事で、東京駅の大丸へ。
目当ての店を回って、お疲れ様でした。
大きな荷物はホテルから送り、手ぶらに近いはずだったのに、浅草や大丸でしっかり買い物したので義兄は両手に大きな紙袋を提げて居た。

今度は江戸博やアメ横にも行きたいねと言いながら、別れた。
夫の兄弟は仲が良くて、何時も、会うのを楽しみにしている。
これは私には大きな財産と言えます。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »