最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月21日 (金)

コスモス

もう何年も前にコスモスの種を撒いた。
それからは、こぼれた種から何処と決まらずに咲くコスモス。
コスモスは群生していると綺麗だけど、我が家のは、不景気な状態で、あちらにこそこそ、こちらにこそこそと見栄えがしない。
しっかり纏めて咲く様にしてやれば良いのに、出て来るタイミングが悪いので、コスモスまで手が回らない・
今日見たコスモスの色が変わっていたので、これは突然変異かしら。
同じ物なのに、色々な模様が有る。
002 003
006 007
別の場所で咲いているコスモス。
008 010
こちらは普通の色合いよね。
写真を撮ったので、別の花も撮る事にした。
011 012
014 021
ランタナとルリマツリ
このオレンジのランタナは鉢植えの物から種がこぼれて地植えにした物。
鉢植えは枯れそうだけど、地植えは大きくなって盛大に咲いている。
ルリマツリもあちこちから出て来る。
お友達にも分けて上げたけど、今年も増殖中。
017 018
キジョウロウホトトギス、どうしても先端は虫にやられる。
019 020
これは今ちょっと名前が出てこない。
やはり数年前に植えて、こぼれ種からあちこちに咲く。

急に寒くなって、明日は雨の予報。
風邪引かない様にしなくてはだわ。

2011年10月19日 (水)

ディズニーシー

久しぶりに娘に誘われてディズニーシーへ行って来ました。
今年はシーの開園10周年だそうです。

娘の運転する車で家から約1時間、既にランドの駐車場はかなり混雑している。
シーはどうかと思ったら、やはり混雑で、私たちは一番上の階だった。

お馴染みの地球。
001
何も思わず見ていたら、娘が言うのに、グランマが、数年前にどうして水が途中から落ちないで、全部下まで流れるのだろうと言ったそうだ。
考えたら、一番高い所から水は落ちるはず、それが下まで流れて居るのと言うのはどうしてか、謎だわ。
きっと仕掛けは有るはずだけど、それを詮索している暇は有りません。

園内では、足下に気を付けて、小さなお○○は手を繋いでと言っているから、私は娘より16センチは低いはず。
○○の所は聞こえなかったからと、若干躊躇う娘の手を握って歩く。

005 009
010 011
012 014
015 016
ちょっと外国風の所を抜けて行きます。

   
お昼の時間なので、前々から決めている所に行く。
018 019
ここの杏仁豆腐が好きで必ずここへ来ると寄ります。
この中から、お互いに好きな物を食べたり、分け合ったりした。

お腹も一杯になったので、船に乗ってアラビアンナイトの世界に浸る。
アトラクションの名前は何と云ったか・・・
020_2 021_2

次は大好きなミスティクリズム。
ステージの上で、沢山の水や火、そして、躍動するダンサーたち、素晴らしいです。
一番前の席に座ったので、水しぶきが掛る。

お昼のショーが始まるので中央の海に行く。
022_2 023
026 027
030 031
暑くも寒くもない季節で、楽しんで見られます。
震災の時は、丁度このショーの始まりの時だったと、その時の様子をテレビで見た事が有るけど、この前に立っている黒い照明か何かが大きく揺れて居た。

ショーを楽しんでからちょっと休憩で、お茶にしたりしてからゴンドラに乗ろうと思ったら、猛烈な人が並んでいた。
諦めて、ゆっくり一定の範囲で回る車に乗り込む。
037

033 035
036
秋の夕暮れの日の落ちるのは早い。
一番綺麗な時でも有りますね。

早めの夕食を食べてから、夜の新しいショーを見る。
以前の夜のショーが好きだったのですが、今回のショーはファンタスティクだけど、ちょっと私的にはイマイチ。
夫々の好みが有るから仕方が無い事、これはこれで綺麗だったから良いでしょう。
最後は海底二万マイルに乗りこんで、おしまいにした。
大人も子供も楽しめる所で、人出は多かったけど、ゆったり楽しもうと思ったので、気にならなかった。
それでも、歩数計は1万4千歩、良く歩きました。


2011年10月13日 (木)

久しぶりのドイツ村

 

良い季節になった事だし、花も咲いているだろうと、ドイツ村で久しぶりに歩いて来ました。

バラ園もボチボチ
004 006
007
バラの周りにはこんな植え込みが有る。
002 005
バラ園を抜けると
008
帰りには、アヒルの散歩が遠くから見えた。
009_stitch 013
道路の反対に出ると、サルビアとマリーゴールド。
021
里山コースを歩いていたら、ホトトギスを見つけた。
この道、山栗が落ちていて、数年前にはかなり頂けたんだけど、最近は皆さん同じ思いなのか、空の物ばかり。
015_stitch 018
020 023
ここのコスモスは花が大きくて丈が短い。

来月辺りから始まるのか、イルミネーション用の物をあちこちに作りかけていた。
この可愛い小屋も装飾される。

歩いて気持ちの良い季節、時々は遊びに来よう。

2011年10月10日 (月)

おなかの空いた猫

三連休は良い天気が続き、お出掛けの皆さんは楽しめた事でしょう。

こう云う時は出来るだけ家にいるので猫たちを構う事も多い。
朝は、寝て居てもお腹すいたと鳴いたり、頭突きしてりして起こされる。
5時頃からですから、ゆっくり寝て居られません。

そして、お昼前、パソコンしていたら、マックがお腹すいたと訴えて頭突きする。
001 003
005
中々立たないから不機嫌な顔。
猫って手が可愛い。
008 010
じゃ、行こうかと立ちあがって階段の下へ行く。
この角の壁が黒くなっているのは、二匹が頬をこすりつけるから。
上を見上げて居るのは、二階でりんごが鳴いたから。
011
二階へ行くと、りんごが「にゃゃゃーーぁ」と尻尾を立てて激しく鳴く。
このりんごの向かう先に、ご飯置場が有るのです。
012 014
015
ご飯食べたら寝るだけのりんご。
寝て居るのに半目開いているから写真撮っていたら、迷惑そうに頭を上げた。
猫の手って可愛い。
暫く手を曲げたまま寝ていた。
017 018
私が食事の支度をしていると、対面式の台の上から見て居るまっく。
特に魚系の場合は身を乗り出したりして見る。
ご飯食べても、人が何を食べるのか気になるらしい。
この子がいる限り、テーブルに食事を出しておけない。
こればっかりは聞きわけ出来ない子です。
その点、りんごは人の食べる物に興味が無い。
唯一有るのはクリーム系のデザート食べる時だけ。

今日は、良いお天気に誘われて、町内を散策して来ました。
中々気持ち良かった。



2011年10月 7日 (金)

アップル

スティーブ・ジョブス氏が亡くなった。 まだ56歳と言う。

私が初めてパソコンに触れたのは何と云う機種だったのだろう。
夫のノート型の物で、画面は白黒でそこからポチポチとメールしたり、パソコン通信にも加入した。
そこの山フォーラムに入り、色々な情報を貰うようになり、自分のパソコンが欲しいと初めて買ったのがMacのディスクトップタイプのパフォーマーと言う物だった。
16年くらい前の話。
そのパソコン通信の仲間には、熱狂的なマック好きが集まっていて、教祖と言われる詳しい方がいた。
その方たちには随分教えて貰い楽しんだ。
何しろ、呪文は「もの先、かね後」を三回唱えて最後に「どん!」と言うのです。
つまり迷わずマックを買えと言う遊びでした。

猫を飼う事にして、名前を決める時も迷わず「まっく」と「りんご」。
このマックは良くフリーズしたけど、お正月には立ちあげた最初の画面に「謹賀新年」誕生日には「おめでとう」の文字が浮かび、何となく機械と言ってもペットの様でした。
そのうち、ボディーがスケルトンのiMacが発売に成り、手に入れました。
こちらのフリーズした時はボディーの横の小さな穴に細いクリップの先などで突いてやると復活。
これで初めてホームページを作った。

これも、最新のものに付いていけなくなり、今度はノート型の白いiBOOKにしました。
もうフリーズする事もなく、立ちあげて、おめでとうも謹賀新年も無くなったけど良き相棒と思っていた。

世の中はWinばかりですから、友人からの旅の計画書などがエクセルで送られてきたりすると読めなかったり、無料のフリーソフトも少ない、ウイルス感染には強くて良いけどともう一台にとノートのWin機種を買った。
慣れない間は有ったけど、それからはほとんどマックを使う事もなくなり、ホームページも専用のソフトも買い、便利に使う様になった。

そんな歴史を経て来ての私のパソコンライフの中で、スティーブ・ジョブズ氏の事は、ちょっとショックだった。
新しい製品を発売する時は先頭に立っていて、ラフな格好で紹介していた姿を思い出す。
まだまだ革新的な製品を出せるのに、早過ぎる死。
全力で走り抜けた様な生涯だった。
私たちに沢山の夢をありがとう、と感謝の気持ちと御冥福をお祈りします。
001
初めてパソコンを買った時、ステッカーが同封されていて、パソコン用の椅子の後ろに貼った。
椅子もほとんど使わなくなり、薄汚れているけど、まだ愛着が有るのはこのマークのせいかな。

2011年10月 5日 (水)

レポ

忘れないうちにと、速攻でレポ作成しました。

112

本当に御天気に恵まれた良い旅でした。

野反湖の秋

暑い夏の間はウォーキング゛にも行かずと言うか、行けずの方で、ひたすら我慢の日々でした。
そろそろ気候も良くなって、と思って出かけたのは四万温泉と野反湖。

036
紅葉も始まろうとしていましたが、峠は風が強く寒かった。
弁天山に登り、峠に戻ってから八間山を目指したのですが、日ごろの鍛錬の足りなさから足が前に出ない、またもや山頂近くで引き返して周りの景色を楽しむだけに成りました。
100
抜ける様な青空、この日は、この山域の白砂山に初冠雪。
近くの草津白根は、お釜に行けない積り様だと途中で会った方から聞いた。
それでも歩いていれば暑くなるし、気持ち良い散策が出来ました。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »