最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月17日 (水)

猫洗う

暑い日々です。
毛皮の猫はもっと暑いでしょう。

久しぶりに、本当に久しぶりに猫を洗う事にしました。
家猫で外には出さないし、本人が日々セッセと綺麗にしているとはいえ、多分汚れは有る。
猫にとって決して好きな事ではないから、かなりの抵抗は覚悟して、まずまっくを洗った。
洗濯機の横にある、色々な物が洗える深いシンクにお湯を溜めて、猫シャンプーを溶いておく。
何だか、そっと入れたのに鳴き声に悲壮感が有る。
無事に洗って、満足に拭かせて呉れなかったけど解放する。

次はりんご、この子は、外に逃げると言う事がほとんどないから、洗われると言う経験は限りなく少ない。
初めは何事かと言う感じだったけど、最後はかなり抵抗して、私の手を噛んだりした。
でも、本気ではないから、少し痛いと言う程度。
結構しっかり全身を拭かせて呉れた。
001 003
洗ったばかりの頃、肉球は綺麗なピンク。
この日は、お昼ごはんも食べないで私の事を避けて居た。
顔を見るとササッと走って何処かに行く。
004 008
翌日には私を無視する様な事もなく、私のソーイングの机の上でフワフワになって寝ていた。
足と尻尾がはみ出してますよー
006 005
マックは、洗った日もちゃんとお昼は食べたし、夜はお母さんの布団で寝た。
この子の肉球には黒い所も有る。
毛皮の模様と同じなんだね。

良い匂いがして、フワフワだと家族からも触られて、良かったのか、迷惑だったのか
happy01

2011年8月14日 (日)

暑さに参る日々

毎日、毎日暑いと言わない日は無い。
一度涼しくなって、このままでいくのかと期待したから余計この暑さに青息吐息です。

そんな時に家から出るのは覚悟がいる。
ま、グランマの目の手術は終わり、一週間に一度の病院通いは続いていますが、覚悟は庭に出ての仕事です。

今朝は、ナスが大きくなっているかも知れないと、蚊対策に蚊取り線香を腰に下げて、帽子をかぶり、長袖を着て出ました。
大袈裟なっと思われますね
coldsweats02

見落としていた所の大きくなっていたナスを見つけたり、ピーマンも少し収穫。
最近トマトは終わったかと思っていたら、次に育っていた物が赤くなり始めている。
姫トウガンが葉の間で大きくなっていた。
まだ少し小さいのもぶら下がっている。
トウモロコシも時間差で植えたので、一度に取れないから丁度良い。
002
ついでに気になる草を少し抜いていたら、汗が噴き出して来て、家に入ると早速シャワー、蚊には手に一ヶ所刺されただけで良かった。

早く涼しくなって欲しいです。

2011年8月 7日 (日)

作品展

今日は、四谷で開かれているぴとこさんたちの写真作品展を見に出かけた。
千春ちゃんとも久しぶりに会えるので、おのぼりさんは、道迷いしないようにしっかり駅でぴとこさんと待ち合わせ。
ぴとこさんに会えて、少し待っていると千春ちゃんがやって来ました。
久しぶりと、手を振り合って喜ぶ(小学生の様な気分)

まずお昼を食べに行きました。
ぴとこさんが和食の店と言う事で、連れて行って呉れて、食べたのがこちら
002_2
豚肉のしゃぶしゃぶと、冷ややっこに茹でたモヤシに胡麻ドレッシングが掛っていて美味しい。
切干大根もちょっと普段とは違う味で、美味しかった。
三人で、あれこれ喋っていると、外では街宣車が煩く喚いていたが、何を言っているのか分からなかった。

食事が終わり、作品研究会修了展の会場へ行く。
こじんまりとした会場は、5人の女性の作品が飾られている。
一見、普通の写真展の様な、どうですか!っと言う決めポーズの様な華やかな物は無く、じっと見て居ると、暖かくてとても良い雰囲気に包まれて来た。
004 007
005 
006
009_3 010
会場を左から回って見た。
私も、そして多分写真を撮ろうと思う人は、綺麗な所、汚れている所は避けて撮ると思う。
でも、モノクロで家の中の私だったら取らない所を何のてらいも無く撮った写真に釘付け。
ビワの実の絵の様な雰囲気に撮れている物。
夕暮れの写真ばかりの方、モノクロの木の影の映る地面に色づいた葉が二枚、歩いて行きたい道の続く森の写真。
伸びやかで、好きな様に撮りました、それが幸せですと言っている様で、写真展でこんなに柔らかな気持ちで見られた事が嬉しかった。
キチンと綺麗でそれは素晴らしい写真展も良いと思うけど、時に息苦しい程に迫られて、疲れる事も有る。

写真を撮った皆さんにも会えて、お話しながらその人の写真を見せて頂き、何となく、その人となりの滲んだ作品展。
ぴとこさん、ありがとう、そして、益々の頑張りで、また素敵な写真を見せて下さいね。

2011年8月 4日 (木)

第一関門通過

急遽、白内障手術となったグランマの予定は忙しかった。

内科へ行き、健康診断、手術前の説明と目薬を貰う。
そして、2日の9時には手術室に入り、準備をされて待っていたらしい。
私は待合室で待機。
9名中8番目の手術と言われ11時過ぎに、私も呼ばれた。
モニター室で手術を見る事が出来るのです。
二画面有り、全体像と、目だけの物。
手術の様子が良く分かりました。
12時半に、片目をしっかり覆われたグランマが出て来ました。
怖かったけど、痛く無かったと言うのです。

結構、普段はしっかりした人だと思っていたし、自覚も有ったらしい。
しかし、この手術を勧められた頃は別の病院へ行くと言う事も有り、止めた経緯が有りました。約10年ほど前です。
今回は、見えなくなっている様子なので、私は否応なく予約して、あっという間に手術だったので悩む時間は少なかったけど、それでも、寝られなかったみたい。
以外にチキンハートだと分かる。

そして、翌3日には病院で目を覆っていた物を取り、保護眼鏡を掛けて出てきた。
段々あれこれが見えるようになり、家に帰ってから、テレビを見て良く見えるのでびっくり。
今朝は、小さな糸屑を拾い、こんなに小さな物が見えると喜ぶ。
もう、来週の残りの左目の手術は怖くないし、両目が綺麗に見えるようになるのを楽しみにし始めた。

私が嫌がるのを無理矢理病院へ連れて行ったと思っていた様な娘たちも、とても喜んだ。
なにはともあれ、良かった、良かった。

002 003
私の布団の枕の横はまっくの定位置。私の枕は、真中には置けない。
もう、すっかり寝込んでいた。
その頃、りんごは私のソーイングする机の上で寝て居る。
二匹に見守られていると言うか、身近に感じながら寝るんです。
008 009
ご飯下さいと、私を見つめる二匹。
006 010
201107311021
食事が終われば、クッションを枕に寝ているマック。
自分の両足を手で抱え込んで寝て居る。
どれも、何時見ても可愛いと思う猫親馬鹿のわたし
lovely

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »