最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 海ほたる | トップページ | ホタルウォッチング »

2011年6月10日 (金)

日本民芸館

8日に目黒の駒場に有る、日本民芸館へ友人と出かけた。
本当は、3月に予定していたんだけど、震災で出掛ける気力が無く、ようやく実現したのです。

初めて井の頭線に乗り、駒場東大前で降りて、西口から歩いてすぐです。
小雨の中を行きますが、家からここまでが遠かったぁー

009 001
本館はどっしりとした建物ですが、堅苦しい感じでは無く、古い民家に入るようです。
ここは、柳宗悦の設計だそうです。
003 004
005 002
入る前から、良い感じと、キョロキョロしてしまう。
中は撮影禁止なので、ゆっくり二階から順路に沿って見る。

柳宗悦と新作工芸では濱田庄司の作品が一番好み。
どっしりとした重厚感のある暖かな器にうっとり。
朝鮮工芸、日本の諸工芸、大津絵等の日本の絵画、琉球王朝時代の衣装などが飾られていて、博物館とは違い、何となく庶民のものと言うか、やはり民芸の素晴らしさが伝わる。

一階には、日本の染め織、アイヌの工芸などが並んでいて、触りたくなるものばかり。
触らないでくださいと書いて有るから、触りたい気持ちを自分の手をなでなでして宥める。
友人は染め織り物、私は陶芸と夫々の好きな物を見られて嬉しい。

ここでお昼になったので、館の人に聞くと、近くの東大の大学院の中にランチを食べられる所が有ると言うので、そちらに行く。

雨も上がり陽が出ていました。
大きな木が有る中庭を眺めながら、ランチ。

そして、第2、3の水曜日と土曜日は西館が見られると言う事なので、民芸館の前に有る西館へ。
長屋門に、柳宗悦の設計の母屋が繋がり、亡くなるまで生活の拠点とした場所だそうです。
二階建てで、部屋が沢山有り、書斎には沢山の蔵書と愛用の机が有った。

ここは、展示物が時々変わる様なので、また行って見たい。

最近の家の猫の様子などを
cat
012  013
016
私が自分の部屋に居ると、大体PCの前に座っているので、座っている横に有る
別の椅子の上で寝て居る。
この椅子は、ソーイングをする時用の椅子で、座布団でかさ上げしているのです。
時にはPCの前をうろうろする、駄目と言われて、丁度出して有るミシンとPCの間の散らかっている所に座るりんご。
201106022211 201106022213
甘えっ子のまっくは、ソファに座る私の横に来て、いつの間にか手の上に自分の足を乗せて居る。
まっくは自分の見える所に私が居れば良いけど、二階から一階に下りていると、鳴きながら捜したりする。

今頃庭で咲く花
001_2
ツキミソウです。
良く見る、黄色の花はヨイマチグサで、この花をツキミソウと言うのだそうです。
夕方と言うか、本当に日が暮れて薄暗くならないと咲かないので、朝になって、しぼんだ花を見て、昨夜咲いたんだと分かるちょっと気を付けないと見られない花。
山野草を育てている友人の御主人から頂いて、もう何年にもなります。
その間に少しずつ増えて、咲いています。

« 海ほたる | トップページ | ホタルウォッチング »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

3月のお出掛けがやっと実現でしたか?

染物や陶芸や、日本独特の
いい雰囲気だったでしょうねー
日本民芸って落ち着いていて
いいな~って思う。

撮影禁止と言うのもしっかり見ることが出来て
いいと思う。

相変わらず・ニャンコずは可愛いわ。
だら~っとしてるのが良い・(*`▽´*)

ツキミソウと宵待ち草ってそうなんだ~
色々教えてもえらえて・・Σd(ゝ∀・)ァリガトォ♪

♪ま~てど暮らせど来ぬ人を~~は宵待ち草だよね。
アラ古すぎたかしら・・・


月見草というのがあるのですね、知らなかった。
宵待ち草のことかと思っていました。

ふむふむ。。初めての井の頭線でしたか?
お出かけ慣れしている山百合さんですが意外ですね?

芸術鑑賞、心静かに素敵なひとときでしたね。

まっくちゃんたらクールな顔して心憎いスキンシップ!嬉しいですね~肉球で手のひらマッサージしてくれたら最高ですがねsmile

milkさん

初めて行った民芸館でしたが、博物館の様な堅苦しさが無くて、良かったわ。
皮の羽織とかあってね、重かっただろうけど、粋でも有ったのかな。

我が家のニャンズは性格が違うので面白いよ。
りんごはグランマとコミニケーション取れるようになって来たし、まっくは相変わらず私にだけの甘えっ子です。

ツキミソウって知らなかったよね。
ずっと黄色のヨイマチグサがそうなんだと思っていたから。
ハハハ、私たちの年頃だと、待てど暮らせど来ぬ人をーだよ。

榛名さん

私も、知り合いから頂くまではツキミソウと言ったら黄色の花だと思っていました。
知れない事は沢山有りますね。

千春ちゃん

井の頭線って乗った事は無いと思う。
記憶にない物coldsweats01
初めてだと、遠いと感じるね。
芸術鑑賞と言うより、昔の人の生活に密着した用具と言う感じです。
立派な物も沢山有りました。

まっくはご飯食べた後、眠くなるので、私に寝ぐずりをします。
撫でて貰いたいんでしょう。
ニャーニャー鳴いて呼ぶんですよ、有る程度撫でられて納得すると自分のベットで寝ています。
りんごはそう言う事は無いんだけどね。
マッサージして呉れると良いなぁー

私も民族博物館類の展示を見学に行くことが好きです。
昔の人の知恵をしぼった道具を見ると、ルーツの
ようなものが見えてくるから好きなんですよね。

りんご・まっく、両猫とも可愛いですね。
性格がそのまま顔の相にも出ているますよね。
人間と同じだなぁなんて、思いました。

ももちゃん

民族博物館系が好きですか。
芸術とか難しい物より、生活に密着した物の美しさは暖かいね。
生活用品なのに、ちゃんと美学を持っているし、そう言うお洒落心って、またまた素敵です。

本当に猫でも性格が顔に出るのよね。
りんごは全くの呑気者って感じだし、まっくは中々人慣れしない。
人間と一緒よ。
顔に責任持てないといけないね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/51905775

この記事へのトラックバック一覧です: 日本民芸館:

« 海ほたる | トップページ | ホタルウォッチング »