最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月21日 (木)

ドイツ村を歩く

先日は一人で歩いたドイツ村、今日はお向さんと一緒です。
001 002
006_stitch
チューリップの坂です。
下の写真は上から見た所。
010_stitch
向かいの丘も新緑に染まる寸前のモコモコした緑が綺麗。
016 017
018 019
芝桜も満開になっていた。
025_stitch
その丘全体を下から見渡して見ると、こんな感じ。
013 031
八重桜やヤマザクラも咲いている。
026 028
029 030
032 033
036 040
水仙の遊歩道を歩くと、雑木林の中のスミレも可愛い。
037 038
039
鴨の散歩に出会う。
飼育員さんの言う事を聞いて、止まったり、道を変えたりして可愛い。
043
今日は、シイタケの摘み取りに入り、肉厚の大きめの物を収穫、お買い上げとなりました。
つい、好きな物は多めに取ってしまう。
夕飯に頂きましたが、美味しかったです。

ドイツ村を楽しんだ帰りは、何時もの場所へイタドリの収穫に行く。
044 046
こちらも、つい多めに取ってしまう。
右の写真は皮を剥いた所。
これを、沸騰した湯の中に5秒ほど付けて、すぐ冷たい水で冷やす。
煮過ぎるとクタクタになってしまうのです。
一晩水を取り替えながら漬けて置き、明日になったら、炒めて味付けして出来上がり。
食感はシナチクの様です。
そして、かすかな酸味が美味しいです。

2011年4月20日 (水)

トイレの猫様

家のトイレは、一階も二階も洗面所とトイレが一つのフロアになっている。
なので、お風呂に入ろうとしても、洗面所を使おうとしてもトイレが見える。
最近、りんごはトイレの蓋の上に乗り寝るのがブーム。
私たちは、トイレの猫様と呼び始めた。

昨夜は、娘がお風呂に入ろうとしたら、ぐっすり寝込んでいて、鼻息がスースーとまで言ってたそうで、何時もより遠慮して静かに風呂に入ったと云う。
002 004
しかし、このトイレの蓋カバー、足下マットと、洗面台の下のマットの三点セットになっているんだけど、昨年末、バーゲンで見つけて買った物。
付けて見たら何となく違和感、娘に言わせると、昭和の香りがする。
やっぱりどう見てもダサい。 今更替えるのもと暫く我慢です。
026
こっちは、マイペース。

りんごは、最近はグランマとすっかりコミニケーションが取れている様子。
勝手にグランマの座イスに座っていて、「ここでは無く、あっちでしょ」と指差すとちゃんと移動するそうです。
立っていると、座るまでニャーニャー鳴いているそうです。
そんな寛ぎ時間に、私が出掛けて居ないと、まっくがやって来て、りんごに噛みついたりしてどかしてしまうと言います。
グランマは八つ当たりだと言ってます。
と言って私が帰って来たからと喜んで尻尾でも振る訳は・・有りません。

011 010
初物です。
朝、近くの農家に電話すると、竹の子が有ると言うので、早速行き、3本買って来ました。
煮物にはアラメを入れて、milkさんの所で見た炒め物、オリーブオイルで炒めて、青いのは、これも畑で初収穫のスナップエンドウ。
そして、こちらは、イタドリ。
022
何時も、行く所で取って来ました。
手は掛りますが美味しい野の物です。
子供たちは、道端の草と呼びますが、それでも、美味しいと食べます。

春は、花見と野の物の収穫で忙しい。


2011年4月13日 (水)

桜尽くし

桜が満開です。
団地の中の桜も綺麗ですが、郵便局へ行った足で、近くの農業センターまで行って見ました。
団地から出て、昔からの集落を抜けて行く。
001
立派なヤマザクラが咲いていました。
002
岩ツツジとその向こうに、団地の縁に咲いていた桜と菜の花が見える。
003
こんな竹の道を抜けて行く。
004
足下にはスミレが咲いている。
006
表通りに出ました。田圃には水が張られているから、間もなく田植えでしょうね。
てくてく歩いて農業センターへ入りました。
012 013
トサミズキやモクレンも沢山咲いている。
016
フウの若葉に光が当たって綺麗です。
017 019
020 022
025
028 032
029_stitch
034 039
037_stitch_2
042 043
044
池には時々カワセミの姿を見る事が有ります。
今日は飛び去っていく綺麗な背中を見ました。

農業センターから続いているアズの里へ桜や景色や花を見て楽しんでから、階段を下りると、「道の駅、アズの里」です。
アズと云うのは、この辺りが、安須と云う地名からだそうです。
045
道の駅にも人が一杯、皆さんソフトクリーム食べて居る。
歩いて暑くなったし、私も
happy01

そろそろ帰る事にしました。
大通りをてくてく歩いて、団地へ通じる細く道を登って行く。
049
団地へ通じる道の斜面にも桜が植えられていて、菜の花が咲いていて綺麗です。
一万歩、目標達成、と云っても別に何時もそう決めている訳ではなく、これはあくまでも理想値です。

桜尽くしのウォーキング、中々楽しかった。


2011年4月12日 (火)

喋って、笑って、歩いた築地オフ

震災前に、シャインさんが築地へ行ったとブログにレポ。
それを見て、築地に行きたいとmilkさんが掲示板に書き込みした。
矢車草さんも私も行きたいと名乗りを上げて、3人で行く事になった。
そう言う事の行動は早かった、そして、指折り数えて待っていたら震災です。

もう言葉も気力も無く、今回は止めましようと断念した。
しかし、震災に合った被災地の人たちも頑張っていて、被害を受けない我々が日常まで自粛してしまったら日本経済は落ち込んでしまう、と気持ちも立ち直り、仕切り直しに11日、行って来ました。
築地駅10時に待ち合わせ、電車を降りると、何となく分かるんですね。
矢車草さんがいました。
早速初対面の挨拶をしてmilkさんを待ちます。
間もなく到着のmilkさんとは3回目のオフです。
ネットの不思議で、すぐに打ち解けてお喋りしながら築地市場へ向かいました。
お二人は初めてだと言います。私は二回目ですが、知ってると云う訳では無く、そのまま市場に突入。
001 002
003 004
トマトの様に見えますが、サクランボで12000円。
大きなイチゴが美味しそうー
006 008
カタクリが売っていました。
色々な貝を売っています。
狭い小路をあの店、この店と見て歩き、乾物等を買い、少し早いけどお昼にしようとなった。
009 010
011 013
三食丼と四色丼、三食丼のマグロ一枚減らして甘エビを入れた丼。
夫々の写真を撮っていたら、板前さんが、シマアジなんかどうと、ポーズを取る。

お腹一杯になり、再び市場へ、卵焼きを買い、持ち歩くからなぁーと言っていたら、安いし、保冷パックに入れて上げるから、と言うお兄さんの口車にのる事にしてお刺身を買う。
持って行った袋はかなり重くなって来た。
次に来る時は、ちゃんと保冷用のバックを持って来て、生ものももっと買いたい。

築地を離れ、お喋りしながら歩くと交番前に桜。
014 015
ここで、お巡りさんにお願いして三人の記念写真を撮って貰う。
撮って貰いながら言うのは何ですが、お巡りさんもっと笑顔で市民に接しましょう。
日比谷公園に行くはずだったのに、宮城の広場に出てしまい、ベンチで休みながら、ネットの話、山の話、自分たちの事等など、女三人寄ればの例え通りで楽しく過ごす。

東京駅方面に歩いて、丸ビルに入り、お茶する。
016 017
018
頼んだケーキです。
大きくて、美味しくて、嬉しい
happy01

話は尽きませんが、名残惜しみつつ、また何処かへ行こうねと言いつつお別れしました。
楽しいオフ会で、milkさん、矢車草さんありがとう。
駅に着くと、娘が迎えに来て呉れて、大きな地震が有ったよと言う。
まだまだ余震は続くんですね。

オフ会での楽しい余韻が残っていた今日、12日。
8時ちょっとに大きな揺れ、娘がグランマは座っているかとか、あちこち動き回り、見回る。
猫は脱兎のごとく下の部屋へ走り、私はやっぱりうろうろ無駄に動いていた。

電車は遅れている様だし、落ち着きません。
午後になって、団地の周りに植えて有る桜が満開だろうと、カメラ持って散歩に出た。
022 024
029 032
036 037
038 039
団地の桜を植えて有る縁をぐるっと歩いて帰った。

家の庭に咲いている花。
043 041
今年も、クレマチスの原種、アーマンディーが咲き始めた。
余震も無く、原発も早く収束して、静かに花を楽しめるようになりますように。

2011年4月11日 (月)

復興マスク

今日は楽しいお出掛けをしましたが、その事は後でhappy01

先日の高尾でぴとこさんに会った時、以前からお名前は聞いていたASAKOさんが、自分出来る事でと、復興マスクを作っているよと言う。
売上金を義援金として送るそうです。
早速、伺って10枚注文した。

早速、今日届きました。
001

まず、娘に一枚。
後は、友人、知人にと思っています。
勿論自分用にもね。

中はガーゼですが外側は薄い布です。
はめて見ると、顔にフィットして苦しく無く、ぶ厚く無いので楽でした。
そして、お洒落です
note

2011年4月 8日 (金)

景信山

昨日は、暖かくて良い日でした。
ネットで、矢車草さんシャインさんの小下沢のハナネコノメやスミレの花レポを見て、今日より若い日は無いと言った知り合いの言葉を思い出して、思い立って出かけて来ました。
気合を入れて早起きして、6時のバスに乗りました。
家から、高尾まで3時間近く掛ります。
しかし、乗り継いだJRは座れないほどの混雑、朝早くから通勤されているんですね。
お疲れ様です、と云っても夫も御近所の方も東京までの仕事の方は少しの時間差は有っても、似た様なものだったと思い出した。
御近所も最近は定年になり、のんびりされている様子。
そんななか、御邪魔にならない様にリックを網棚に上げて立っていました。
錦糸町で座れて、東京で中央線、高尾行きに乗り継いで座れてホッとしました。
つい、山へ行ける嬉しさでネットの友達にメール。
それが後に嬉しい出会いになりました。

高尾駅から9時12分の小仏行きのバスに乗ろうとしたら、物凄い列が出来て居る。
乗れるのかなぁーと心配していたら、前から乗って下さいと云う。
乗りこんだら、まだ続いて来る。
身体は右に少し倒れ気味、足はそのままで動かせない。
結局膨れ上がったバスは次のバス停で何人かが降りて、やっと足を動かせるようになった。
この時の足の捻りが後々響く。

何のかんのと言いながらも、日影で沢山の人が降りて、私は次の大下で下車。
車道を戻って、木下沢梅林を通る。
以前は車で良く山梨まで行き、中央道から綺麗な梅林を見ていて、何処なのか分からなかった。
数年してここを歩いた時に、納得したものです。
053_2
大きめな砂利の道を歩いて行くと、左は沢、右の斜面に色々なスミレが咲いていました。
061 082
068
沢山のスミレが咲いていましたが、名前が分からなくなる、なので、私は覚えきれないからと、「すみれ」で通す。
野に咲くすみれは大好きな花です。

ちょっと気になったのは、写真を撮るのに斜面に足を掛けるのでしょう。
崩れた所が難ヶ所も有った。

いつものマムシ草、テンナンショウとはちょっと違う物を発見、「ミミガタテンナンショウ」でした。
076
見上げればアブラチャン、周りもちょっと緑がかった黄色の花を付けた木があちこちに見える。
018 019
道端にニリンソウが咲いていたので一生懸命しゃがみ込んで写真を撮っていると、通りがかった方から、この先にもっと咲いていますと言われる。
確かに有りました。

沢沿いに下りると、ハナネコノメが咲いていて、嬉しい。
今年も会えないかと思っていたので、事の他の喜びです。
008
そんなこんなで、中々登山口に到着しない。
山頂は何時になるのでしょう。
087
ようやく登山口です。
何だかお腹が空いたので、おむすび1ヶ食べた。
11時です。

ここからの沢沿いの登りにもハナネコノメが沢山咲いていた。
真赤なシベは落ちて居る物も多かったけど、可憐さは同じです。

沢を離れると、段々登りはきつく、久しぶりの山歩きでゼーゼーですが、山の空気と、山の中に居ると云う幸せ感。
やっぱり思い切って来て良かったと思う。
バスの中での右足が何となく違和感も有るが、問題無く登れた。
109
最後の頑張り所のはじまり。
110
山頂は、数組の人がゆっくりお昼にしていました。
私も、お昼にします。
持って来たおむすびと、黄身が二つ入った双子の茹で卵、お菓子などを食べてぼんやり周りを見ていました。
心地良い疲れが広がって行きます。

登る途中で、ぴとこさんが私を追いかけて、日影を目指して花街道を歩いているとメール。
日影辺りで写真を撮っているので、出会えたら良いねと言う事なので、私はここから小仏バス停を目指して下る事にした。

元の道を下っているはずだった・・・
急な下りで、段々見た覚えのない景色。
倒木の有る所で、完全に間違えたと思い、元の道へ引き返します。
もう、ガシガシ登ると云う言葉がぴったりの道。
ロスタイム1時間、何とアホな事でした。
綺麗な正しい道を下り、小仏へ。
バス停少し前でぴとこさんと会えて嬉しかった。
御迷惑かけました。
バスに乗り、高尾駅前でお茶にして、あれこれお喋り出来て、本当に良い一日を過ごす事が出来た。
やっぱり山歩き、良いですねぇー

久しぶりの山歩きで、今日は足が痛い。
明日あたり、筋肉痛が本格化するかな
happy01
 

2011年4月 5日 (火)

ドイツ村

久しぶりにドイツ村に一人で出かけた。
そろそろラッパ水仙が咲いているころだと思ったからです。
001 004 
007_2 011
つぼみも多かったので、丘の上は何時もより花が少なく感じた。
013 014
020 023
024 028
林の中にクリスマスローズを沢山植えて有り、私たちウォーキング仲間からはミスマッチと不評だったのが、大きくなってびっくり、クリスマスロース通りの様になっていた。
026 027
遠くから白い花が満開だと見ると、こぶしの様だ。
025 065
下の方で子供たちの笑い声が聞こえる。
どんな時も子供たちは元気です。
トランポリンの様な遊具で遊んでいる。
033 029
普段は入れないようになっているミカン園、目の前に、うっ・・・美味しそうなタラの芽、目の毒です。
031 034
足下には可愛いスミレ。
桜も咲いている。
035 036
丘の上から向かい側を見ると、芝桜とチューリップの斜面。
040 041
丘を下る途中のアジサイの所に、ドライになった花が青空にすっくと立っている。
049  048
チューリップもまだ全部は咲いていない。
052_stitch
058 060
チューリップの上は芝桜。
色違いで植えて有るから、咲き揃っていない。
057
芝桜の所から、向かいの丘、先ほどチューリップと芝桜の斜面の写真を撮った辺りを望む。
061
ギンヨウアカシアの後ろに咲く桜、節電の為か、ゴンドラはお休みになっていた。
ゴンドラの上からだと、横浜のランドマークが見える。
今日は、富士山が薄っすら見えたけど、写真では無理。

春らしく暖かな一日で、今週は花の見ごろになるでしょう。


2011年4月 4日 (月)

庭の花

寒くなったり暖かくなったりだけど、ちゃんと花は咲いています。
今日は、近所の桜も朝より夕方の方が開いていた。
これからもっと暖かくなると云うから、一気に開花だろうね。

001 002
このユキヤナギは、鳥のお土産、いつの間にか大きくなってグランマの部屋の前で綺麗に咲いた。
その後ろには、水仙が咲いている。
水仙の後ろは椿、茂りに茂ってしまい、今年はばっさり剪定した。
お陰で日当たりが良くなった。
004 005
こちらは別の場所に有る同じ種類の水仙。
少し背丈が短い。
何本かはお姉さんのレイになってしまったけど、残りのヒヤシンスも綺麗。
006 014
左のピンクは、グランマのお友達から頂いた花。
もう十数年前に亡くなったグランマの大切なお友達、「とくさんの花」と我が家では呼んでいる。
右は、下の娘が小学校の時に学校で育てていて、春休みに持ち帰り、そのまま庭に入れて、毎年健気に咲く。
011 013
左の白い花は毎年増えて来ている。
なのに、名前を忘れて居る。
ムスカリ、存在を忘れていたら、他の花の間から咲いていて、慌てた。
ちゃんと別の所へ移植して上げなくては。

庭は花ですが、家の中は猫。
018 022
027 028
りんごの動作は、アイスクリームを食べて居る娘に欲しいよーと膝に前足を掛ける寸前。
手元を見つめ続けている。
うるさく鳴くので、その後、ほんの少し貰えて満足。

2011年4月 3日 (日)

何が出来るか

フラダンスを習っている娘が、レイ作りを始めた。
私のフラダンスに対する印象は、楽しそうに踊っていると云う感じで、夏ものと思って来た。
娘から色々聞くと、振り付けは、手話と同じで意味が有るそうです。
ハワイでは、森羅万象、自然に対する畏敬の気持ちをささげる様なものらしい。
本来の日本の盆踊りもそう言う物から発生して、今の形は変形と何かの法事で聞いた事が有る。
と云う事で、庭の花もレイ作り用にとヒヤシンスを植えたりして、開花を待って綺麗なレイが出来た。
005 015
今日は、その教室のワークショップが有るからと出かけて行き、レイを作ったそうだ。
娘たちが花を買い、作ったレイをネットで売り、売上金を震災の義援金にすると云う事でした。
それは、自分たちが出来る事で応援しようと云う事です。
これからもどういう形になるか分からないけど、自分の出来る事で応援したいと先生は言っていたから生徒たちも協力すると云う。

018
今まで家で作ったレイの中に、ドラセナの葉で作ったティーと云う左下の物。
地震の時に、オフィスであらゆるものが倒れたのに、このティーを掛けて有ったペットボトルがそのままだったと言い、これは、日ごろから癒し効果のレイだと言っていたけど、たまたまかも知れないけど何だかホッとしたと言っていた。

先日、春物を買うと云う娘に付き合い銀座へ行きました。
久しぶりの東京駅も銀座も人出は三割ほどは少ないと思った。
 
地震後のテレビを見ての衝撃、無力感、原発の事、等など何処へも出かける気力が無かった。
時間が経ち、気持ちも落ち着いて来て、何が出来るかと言えば、節電と義援金、そして、自分たちは普通に生活するべきだと思う。

自粛ムードで、観光地もキャンセル続きだとニュースで言っている。
花見も、自粛と言うが、元々のドンチャン騒ぎは嫌だけど、一年に一度の花見を楽しむ事は希望に繋がる。
昔から、お金は天下の回り物と言う諺が有るけど、このまま冷え込んでしまったら、私たちの周りも復興のお手伝い所では無くなっていまう。
もっと元気を出して、自分で出来る事、普通に暮らして行く事が、明日につながると思う。

2011年4月 1日 (金)

春色ご飯

昨日、お向さんと一緒にツクシ取りに出かけた。
毎年、私たちの秘密の場所が有り、去年は笑うほど有ったので期待して行くと、今年はボチボチとしか無いし、ちょっと痩せていて小さい。
それでも、有るのを取っていると、その場所より低い所にも見えた。
あまり期待しないで降りて行くと、こちらはちょっと太っていて、茎も長い。
こう云う事って、結構夢中で取る物ですね。
袋一杯に取れた。

家に帰ってから、暫く水に漬けてから袴を取り、味を付けて終わり。
そして今日は、ツクシご飯です。
何時も野菜を作っていて、新鮮な時に持って来て下さる方の所へもツクシご飯を届ける。
春の味で美味しかった。
007 003
008 009
ネギを最近シンプルで美味しいので気に入っているのが、サラダオイルと塩だけで柔らかく煮た物。 ネギがほんのり甘くなる。
そして、かもまんじゅう、こちらは、手が掛るけど纏めて作っておき、冷凍して置くから、必要な時に使えて便利。
大根と、ひき肉と炒めて、豆腐も入れて煮たもの、これは、山口県の郷土料理のケンチョ(大根と豆腐で作る)にひき肉を足して。 
ネギと、大根はツクシご飯を届けた御近所から頂いた物です。

こちらの町内の桜はつぼみは膨らんで来ましたが、開花はまだです。
002
この写真の桜は、東京駅近くで水曜日に見ました。
銀座も東京駅も3割ほど人出は少ないと思った。
節電でデパートの閉店時間は早い様です。
駅の中も節電で何時もより暗い所も有るけど、何ら問題の無い明るさ。
昼間の様な明るさにしなくても良いから、これからもこの程度で良いでしょうと思った。

今日から4月、暖かくなって来ましたから、気持ちも新たにして頑張って行きましょう。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »