最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 寒い | トップページ | お出掛け »

2011年3月25日 (金)

余震

朝に夕にと余震が有る。
弱い時も有れば、強い時も有る、何でも無くても揺れている様な気分になる時も有る。
家から出るのが躊躇われるし、出先から帰れなくなったら困ると思うと、予定は立てられない。
3月中の楽しみにしていた予定4件、残念だけど延期や中止にした。
私などは些細なことだけど、人が動けばお金も動く、これからの復興の事を思えば経済の冷え込みは、それだけ復興の妨げになるかなとも思うけど、気持ちがどうにもならない。

今日は、お向さんがホームセンターへ灯油を買いに行くと云うので、一緒に連れて行って貰う。
ガソリンスタンドも、灯油も並ぶ事も無くなり、ほぼ平常に戻ったようです。
出来るだけストーブを使わない様にと思うけど、この所、真冬並みの寒さです。
心配ですから、ストーブを付けて居る時は、絶対側を離れない、ぐらっと来たら、スピード消火で消す。

お向さんの所は、赤ちゃんの居る御嬢さんが、千葉県で水道水を赤ちゃんに飲ませない様にと言う市の隣に住んでいる。
何処にも水が売って居ないと云う事で、もし有ったらと捜すが、入荷は暫く難しいと聞いた。
被災地へ送るだけでなく、此方での問題も発生して水不足になっている。
今保存している水が切れたらどうしようかと心配していた。
私たちの市の検査では水に問題が無いと発表。

私が以前大多喜へ行った時に、歓迎して呉れて、時々ブログに伺うワンちゃんの小雪さん、地震以来様子が変らしい。
地震の前も、お散歩に行ったのに、家に帰りたいと引き返し、家に入り10分くらいして地震になったと云う。
余震の前にびくっとしてお母さんにしがみつくと云う敏感さ。
毎晩夜中に大暴れして、障子やふすまを破ってしまったようです。
病院で、分離不安症と診断されて、安定剤が処方されたらしいけど、長期戦で行くと書いて有る。
人が行くと、喜んで迎えて呉れる可愛い小雪ちゃん、一日も早く落ち着いて欲しいです。

ホームセンターの帰りに、近くの農業センターへ寄り、一周歩いて帰って来た。
008 017
018 011
シャクナゲの咲いた物、サンシュユも咲き、オオヒカンザクラが満開になっている。
膨らんだ桜のつぼみ、別の所の桜はまだつぼみは固かった。

024 026
023 027
庭には、シュンラン、バイモ、ヒマラヤユキノシタが咲いている。
この水仙は、名前は分からないのですが、今ごろから咲いて呉れます。
日本水仙に比べると、匂いは良いとも言えるし、ちょっととも言える。
良く増えて、あちこちで咲いて綺麗。

避難している人が、「普通の生活がしたい」と言った。
その普通の暮らしをしている私たちは、今出来る事をして、慌てず落ち着いて暮らして行きたいです。

« 寒い | トップページ | お出掛け »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

千葉も大分被害が多かったようですが、山百合子さんのところは大丈夫でしたか、俺のところは大丈夫ですが、灯油が終わりそうで風呂が灯油なので暖房は我慢です。

やはり動物でも精神不安定になるのね。
小雪さん、お薬で少しでも安らげるといいけど…。

さて地震ですが、千葉では震度5クラスが何度も
起きているけれど、こう続くと、ボディーブロー
のように効いてきませんか?
グランマさんはお変わりありませんか?
こんな震災の時でも、花は美しく咲いてくれる。
なんて健気なんでしょうね。

榛名さん

生活に不自由していないので、被害は無いと云う事ですね。

千葉県も広く、海に面しているのは外房、内房と有り、外房の茨城県よりの辺りは、余震の震度も大きく、津波の被害にも合っています。

こちらは、灯油はかなりの値上がりはしましたが、ガソリンと共に供給は平常に戻っています。

灯油が高い時は、電気の方が安いと言われたり、灯油が安い時は灯油でお風呂などを沸かす方法が取られたりして、現象が逆転って事も有りますね。
まだ群馬は寒いでしょうから、暖房が途絶えると、この所の寒さは応える事でしょう。

ももちゃん

小雪ちゃんの様な敏感な子も居るんでしょうね。
昼間は大人しいと云うのに、夜中に暴れるって言う事は、地震の時の恐怖が甦るのかしら。

こちらの余震は、大きくても4、普通は3位ですが、今回の地震の時、初めはそんなに大きくなると思わず居たら、段々大きく、そして、長かったので、その時の様になるかと思ってしまうのが気持ち悪さの元ですね。

グランマは地震の時に、不安定な物につかまっていたので、娘が腕をぎゅっとつかんで落ち着かせていました。
後になって、ぎゅっとつかまれた後が色が変わっていて、別の見方をしたら、虐待と思われるなんて言ってます。

家族で、揺れた時の対処法を夫々の立ち位置で決める様に言っているのです。
でも、いざとなると、どの程度の揺れかを見極めようとして、中々とっさの行動って難しいです。

この所の寒さにも関わらず、花はちゃんと季節を告げて呉れますね。
花は好きでやたらと植えていますが、ちゃんとしたガーデニングとしての体裁が整いません。
こればっかりは計画的なセンスが物を言うんでしょう。

来週の火曜日辺りから暖かくなると予報は言ってますから、期待したいわ。
そして、被災地の方もずっと暖かくして下さいとお願い出来るものなら何度でも頼みたい所ですね。

余震はまだまだ続くみたいですね。

こちらはあっても震度1~2だけど、千葉は回数も多ければ揺れ方も大きい。
まだまだ大変な日々が続くけど、家族全員で協力しあって乗り切って。

今のせめてもの救いは、「季節はこれから春」ってことかな。
気持ちの上でもだし、電力に関しても。

被災されている方々に何も協力できず心苦しいですが、日々前向きになれるように祈ります。

ハイジさん

余震も少なくなって来た感じがします。
油断は出来ませんけどね。

こちらは、物資も含めて、ほぼ正常に近いと思いますが、納豆やヨーグルトの棚が空っぽでした。
納豆は、茨城の工場が操業できないか、損壊が有ったのでしょう。
ヨーグルトは、牛乳の出荷との関係かしら。
農業県の福島、茨城の事を考えると、生活の糧ですから、心身の苦しさは深刻を増しているのではと思います。

春に向かっているのは、少し希望が感じますね。
寒さに向かう季節だと、心配も大きくなるだろうし。
私たちは、今出来る事をして行くしか有りません。

昨日歩いていて、ふっと春の香りがしました。

山百合さんの花の写真に、ほっとしました。

小雪ちゃん、ハンカチくわえて迎えてくれた姿が浮かびました。よほどこわかったのですね。


ぴとこさん

花は忘れずに咲いて呉れますね。
昨日、久しぶりに出かけたら、春めいた花たちに季節を感じました。
そう思う気持ちも生きていてこそ思う物ですよね。

小雪ちゃん、ハンカチ咥えて喜んで呉れましたよね。
きっと、揺れた時の怖さが夜中に思い出されるのでしょう。
長期戦だと小雪ちゃんのお母さんは書かれていました。
皆が、安心して暮らせる日が早く来ると良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/51215375

この記事へのトラックバック一覧です: 余震:

« 寒い | トップページ | お出掛け »