最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 再びの水仙 | トップページ | シモバシラ »

2011年1月29日 (土)

あらわかめ

水曜日に、milkさんとえびちゃとで行った「道の駅 富楽里」で生のアラワカメを買った。
今の季節しか採れない物らしい。
数年前の今ごろの季節に近くの大房岬に遊びに行くと、ワカメを取っていると言っていた親子がいて、打ち寄せる波の中から目当てのワカメだけを選別していた。
その中にこのアラメらしく物も有ったけど、その親子はワカメだけを取っていた。

milkさんはこんな風に食べた。

私は粘々しているとちょっと苦手なので、干してから煮物にする。
つまり保存食なんです。
でも、milkさんの食べたと云う事に触発されて干しあがった物を水に戻して、コンニャクとホタテと煮て見ました。
002
この所の乾燥で、二階のベランダに干したら2日程でカラカラ。
004
美味しかったぁー

竹の子の季節には一緒に煮ると、竹の子の色は悪くなるけど、とっても美味しい。
これは、母が良く作って呉れた物なのです。
静岡では、サガラメと言ってました。
御前崎に近い海で取れると言っていたので、地域限定かと思ったら、千葉でも見つけたし、以前日本海の方でも見た事が有る。
昆布より薄くて、表面が波波模様。
出汁は無いけど、すぐ柔らかくなって煮崩れしにくいのです。
乾物屋さんでは中々見ないので、やはり採れるのも限定されるのかな。


« 再びの水仙 | トップページ | シモバシラ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

わぁー私も明日食べよう・
カラカラに乾いてるよね。
コンニャクとホタテか・・
明日買ってこなくっちゃ。。
またまた食べ過ぎちゃうかも・・・

えびちゃんはお味噌汁にしたんだって・
それも美味しそうだよね。

アラワカメ初めて聞く名前です、やはり産地でなければのものですね。

おいしそうだ。

今日はドカ雪の朝を迎えました。
家族四人で雪かきをしたので、
玄関周囲は綺麗になりました。

ワカメの季節ですね。春はもう近いのかなぁ。
私も海の近くに住んでいた時には、海岸に
打ち寄せられたワカメを拾って干して食べたことが
あります。
ワカメにコンニャクにホタテの煮物が美味しそう。

milkさん

milkさんとえびちゃんも食べたと云うので、私も食べたくなって、保存食の積りでしたが戻して煮て見ました。
美味しかったよー

こう云う季節の物が手に入るって、何だか幸せ感が有るね。

榛名さん

やはり海の近くで無いと手に入らないのかしら。
包丁でトントン刻むとぬめりが出て、磯の香りがするようです。
今度、嫌がらずに食べて見ようかなと思っています。

ももちゃん

おぉ、各地で大雪のニュース。
大変ですよね。
雪かきって、こちらでは、たまの話なので、皆さんちょっとニコニコして雪かきしますが、良く降る地域では困りものでしょう。

このアラメ、煮物にも良いし、生を刻んでぬめりの有る所を食べるのも美味しいらしく、その食べ方の方がこちらでは勧められるの。

そちらの海で見た事が有るよ。
どこの海だったか忘れたんだけど、山陰へ旅した時、とある海岸でワカメを取っている女性がいて、私たちも少し採ったの。
帰ってから食べたら凄く美味しかったので、もっと採れば良かったと、欲深い事を考えました。
その時、一緒に拾ったのがアラメで、乾かして後で煮て食べたの。
海にも山にも幸は多いね。

以前にお土産にいただきましたね~ご馳走になりましたね。とっても珍しい感触だったのを覚えています。

ちなみに私はアラメを粒にした健康食品を毎日食べているんですよ~~食物繊維たっぷりで腸が超きれいになる感じですscissors

千春ちゃん

アラメを使った健康食品が有るのね。
何だか、とっても健康に良さそうです。

昆布とは違うし、ワカメとも違う、ちょっと不思議な食感ですよね。
今の季節しか採れないらしく、水仙を見に行き、タイミング良く売り場に有ったらラッキーってとこです。

今日は暖かくて、気持ち良く歩けそうな日です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/50719606

この記事へのトラックバック一覧です: あらわかめ:

» わかあらめ [ 明日晴れるかな]
昨日の食事処「道の駅・富楽里とみやま」でこんな物を買ってきました。 [続きを読む]

« 再びの水仙 | トップページ | シモバシラ »