最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 収穫 | トップページ | イチジク »

2010年9月19日 (日)

お見送り

お姉さんたちが、転勤する知り合いを羽田まで送ってく事になった日曜日。
家では猫が二人をお見送りです。
001 002
004 005
寝転んでいたりんごは下まで降りて玄関でのお見送り。
マックは階段の上でと思ったら、降りて来て娘の部屋の窓からお見送りしてた。

暑い夏の間、何もしなかった、引きこもりだけという訳では無かった。

私たちが、若かったころ、レース編みなんて言う物が流行っていた。
昼休みとか、家での徒然とかに細い糸を一心に編んだ物です。
テレビだって今のように魅力的な番組も無く、娯楽は少なかった時代です。
もうほとんど残っていないけど、二枚だけが何時までも有る。やっぱり捨てられずにいたらしい。
シミが付いているし、真っ白だったのがきばんでいるし、どうした物かと考えていたけど、玉葱の上の茶色の皮を貯め込んで、それを煮出した湯水にミョウバンを入れて出来た物で染めて見た。
鮮やかな濃い黄色になって見違えるように変身。
写真にすると色がはっきり出無い。
007 010
008 009
さて、これを何処に置いた物か。
作った当時はテレビの下とか、ステレオの上とか、結構出番は有ったはず。
生活様式が何となく変わってきているんですね。

娘たちは、手仕事は滅多にしない、趣味ともしていない。
子供たちの小さな頃の着る物は、かなりの物が私の手作りだった。
当時の写真を見ると、膝に補強も考えてのアップリケなんかして有って、若い母親だったと、ちょっと今頃になって顔を赤らめたりする
confident
最近は何か作ってあげようと言っても、デザインがおばさん風だからと、即却下。
でも、珍しくダウニーバックは喜んだ。

次の世代の人たちは、どんな風に子育てするのかな。
それはそれで、その子供たちに何かを伝え、感じて行くのだろう。

« 収穫 | トップページ | イチジク »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

美味しい食事に、家庭菜園、レース編みまで出来るなんて、山百合子さんは、スーパー主婦ですね。

私世代の子育ては、母乳育児に、うつ伏せ寝、立会出産、ラマーズ法分娩、布おむつを使っていた最終世代ではないのかなと思います。
今の世代は、抱っこ紐もお洒落ですし、子供に与える知育玩具も、私世代より進化していて驚きます。

私に子供が出来た時、義父母が、古い育児を押し付けてくるのに参ったので、私に孫が出来たら、最新の育児法を勉強しようと思っています。

黄ばんだレース編みのもの、染めてしまうなんて、なんていい発想なんでしょう。
??年たって生れ変わることができて、きっと喜んでますね。

山百合子さん、今もお裁縫されるけどお子さん達の服も手作りしてたの。

↑ ももちゃんが書かれている通り、ホント「スーパー主婦」です。

ももちゃん

スーパー主婦って事では無くて、当時は皆さんそう言う事を娯楽にしていたのよ。
テレビより、時々行く映画が楽しかったし。
私は手仕事が好きだったから、暇が有れば色々してた。

>私世代の子育ては、母乳育児に、うつ伏せ寝、立会出産、ラマーズ法分娩、布おむつを使っていた最終世代ではないのかなと思います。

そうか、母乳は勧められたけど、立会って言うのは無かったし、ラマーズ法まがいの呼吸は教えられた。
当然布おむつ、セッセと作りましたよ。

おんぶは当たり前だったし、今のお母さんは知らないだろうなぁー

私も、もし、孫が出来ても自分の子育てを押し付けないようにしようと思っているよ。

ハイジさん

レース編み、今ならとても出来ない細かさですね。
当時は、皆で色々作った物です。
お昼休みとか、どんな物が有るか教え合ったりしたものだわ。

そう言う流れで暮らしていたから、子供の服も作ったりしたんだけど、お隣の方が洋裁が得意で教えて貰えたの。
そう言うラッキーな出会いも沢山有って、暮して来ただけ。
スーパーって事は無いのよ。
好きな事に興味を持って、続けて来れた。

素晴らしいです!
レース編みの手の込んだ作品、それはそれは思いのこもった作品ですものね~黄ばんだら玉ねぎで染めるって何気にいたずら子気分?成功でしたねheart02

既製品とは違って手作りの良さって、お嬢さん達もきっと思い出の服があるんじゃないかな?って思います。
小学校の修学旅行の時に近所で洋裁をしている方にワンピースを作ってもらった思い出があります。寸法を測ってもらったり凄く嬉しくて良く覚えています。母は何故?既製品ではなくて、あの時だけ特別に作ってもらったのかな?って不思議です
私は得意になって着て行きました(笑)

大人になったお嬢様方にも作ってあげられたらいいのになぁ~~私は大喜びですけれどね!!

千春ちゃん

玉葱の茶色になった外側の物を貯めておいたのよ。
木彫りの時に使った事が有るので、その色を出して何を入れて染めたら良いかとネットで見たら、ミョウバンと有った。
それって、ナスの漬物にも使えるしね。

で染めて見たら、黄色に出来上がった。
写真だと薄い感じなんだけどね。
甦って嬉しかったよ。

昔は注文で洋服作って貰った物よね。
今は既製服で良い物が有るから、中々自分では作らなくなってる。
子供たちの小さな頃は、型紙も売っている様になり、作り方も出ていたの。
簡単な物ばかりだったけど、作っている間の、喜びが有るんだよね。
それが、今は、ニットソーイングをするようになり、確かに初めの頃は、身に合わなかったかも知れないけど、今なら何とかなるのに。
だから、作ってあげると言う事は止めたの。

ハハハ、喜んで貰えると嬉しいんだけどねぇー

こんにちは!


素敵なレース編ですねー
パイナップルドイリーとか言っていたよねー
こんな色にするととても良いわ。。

私も昔々は編んだけど
段々目が詰まってきて立体的になっちゃったりしたわ・・

山百合子さんの器用さがとってもよく解るな。。

今は良いと思っても、全く私の「いい」と
娘達の【いい」は違うようですよね。
パッチワークなんて見向きもしません・。

今日は朝から凄い雨で、雷が鳴ったりして
表に出ることも出来ません、そちらはいかがでしょうか?

milkさん

パイナップルドイリーか、そう言う名前だった様な気がする。
パイナップルがどんどん広がるのよね。
でも、よくまぁあんなに細かな仕事が出来たもんだと思う。
今なら、目はショボショボで、一周も出来ないネ。

娘たちは、私の趣味をやって見ようとも思って無いし、方向性が全然違う物なのよね。
でも、出来あがった物はちゃんと批判はして呉れます。
何時も、ほとんど褒められないけどね。

こちらは、まだそんなに激しい雨は降っていないの。
大垣へ出張した娘から、凄い雨でホテルから出られないほどとメールが来た。
昨日の猛烈な暑い日に出て、明日はもっと冷えると言うのに、ちゃんと着る物持って行ったのかなぁー

大根の種を蒔いたから雨は欲しい所だけど、最近は程を知らない様に極端な降り方をするから心配。
大雨注意報があちこちに出ている。
milkさんも気を付けてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/49495427

この記事へのトラックバック一覧です: お見送り:

« 収穫 | トップページ | イチジク »