最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

カンゾウ

今日は、明日には開きそうと言うカンゾウのつぼみを取った。
そして、さっと茹でて、ワカメと和えて見ました。

003_2
ごま油と、醤油と酢、すりゴマも一緒にして和えた。
カンゾウのシャキシャキした食感が美味しい。
後は、生協で新しい牛乳が配達されたので、1本残っていた牛乳を沸かして酢を入れて、カッテージチーズを作り、鳥のささ身の酒蒸ししたのと、玉葱のスライスをマヨネーズで和えた物も作った。
004
酒蒸ししたささ身をほぐしていたら、まっくが欲しい大騒ぎした。
仕方ないので、少し食べさせたら、もっともっととキリなく欲しがる。
困った子です。

夕飯も終わり、私が自分の部屋でパソコンを始めたら、二階で寝ていたはずなのに、降りて来た。
005 006
邪魔する事この上もない。
007 008
とうとう、入笠山のレポを作ろうと広げて有ったガイドブックを枕に寝てしまった。
こんなにお母さんの後を追いかける子もいるんですね。

2010年6月29日 (火)

庭の花も夏仕様

蒸し暑い日が続き、庭に出ると、いきなり蚊に刺される。
おまけに家に入ると、どうも連れて来るらしく、耳元で不快なブーンと云う音がしたりする。

うろうろとしている間に日が過ぎて、気が付けば庭の花も夏らしい物に成って来た。
001 002
004 006
010 011
013 014
トマトも収穫間近に成っている物も有る。
既に一つ赤くなったのは美味しく頂いた。
この色づいたトマトは、明日あたり収穫できるか。
019 021
家の中でもランが咲いている。
0041 009

数年前にカンゾウの芽を友人が送って呉れた。
酢味噌で食べましたが、根の付いた物が有ったので庭に植えたら、段々増えて、今年は5本花が付いた。
017 
本当は、花が咲きそうな時につぼみを取って、茹でてからサラダにすると良いんだけど。
まだまだつぼみは沢山有るから、作って見よう。
相変わらず、花より団子でした・・・

2010年6月26日 (土)

高尾山での出会い

25日に、久しぶりにえびちゃんとぴとこさんの三人で高尾山へ出かけた。
高尾山は平日に限ると云う賑わいで、最近は、山ガールと言われる人たちが来ていると聞いていた。
早速それらしい皆さんを、ケーブル入口、山頂で見た。中々カラフルだったりする。

私たちは、「高橋家」でお蕎麦を食べると云う事も大きな目標の一つなので、少々早かったけど、入る。
014 015
私は冷たい山菜蕎麦、ぴとこさんとえびちゃんはざる蕎麦に月見とろろ。
016 
駅で貰ったトクトクブックに付いてクーポンを出すと、こんなお土産が貰えた。
そば粉いり豆。
お腹も一杯に成った事だし、ゆっくり6号路から山頂を目指す事にする。
017 019
023 024
027 028
いよいよ山頂です。
029 030
蒸し暑くて、喉が渇いたのでえびちゃんと私は、冷たいミカンジュースを一気に飲んで、一息ついた。
山ガールや家族を見てお喋りしして、そろそろ下山しようと歩きだす。
031 033
花の写真を撮り、少し下った辺りで、アジサイが咲いているのを三人で見ていると、見知らぬ好々爺風のおじさまが、「何が有るの」と近づいて来た。
アジサイと分かると、カメラを持っているから、花の咲いている所を教えて上げましようと、私たちを3号路の道に誘う。
やがて崖の上に咲いている花、クモキリソウを指差す。
041
次にウメガサソウを教えて呉れる。
どちらも遠くて薄暗い所で、写真が綺麗に撮れなくて残念。
044
歩いている途中で、あの木に付いているのが、ヨウラクランと言われて、思いっきりカメラのズームを引いて見るけど、何しろ小さな花で、しっかり撮れない。
049
6号路との合流点辺りでイチヤクソウを教えて呉れる。
ここは通ったはずなのに、気が付かなかった。
ここも薄暗くてくっきり撮れない・・・
054 056
歩いている途中で、見つけた不思議な物は、キヨスミウツボ
063
最後はムヨウラン、葉緑素を持たない腐生ランだそうです。
077
ここは薄暗い上に、石垣の上に咲いていて、撮りにくい事この上もない。
えびちゃんは頑張って、玉石垣に取りついてましたが、結果はどうだったのでしょう。
神社の裏を通り、表に出た所でこのおじさまとお別れする。
78才で、毎週二回は高尾山へ来て、色々な植物を見ているそうです。
出会って知り合う人との情報交換もしている様で、私たちと歩いている時に、御婦人と話をしていた。
お陰さまで、自分たちでは見つからなかった花を教えて貰えて、感謝感謝です。
これからもお元気で高尾山を歩き、お会い出来たら、教えて頂きたいと思う。

ブラブラと帰る途中で、ソフトクリームを食べたり、写真を撮ったり。
081 087
偶然見上げた木にセッコクが残っていた。
今年は、ハナネコさんにも会いに来れなかったし、セッコクも時期を失ったと思っていたので嬉しい。
右の木は、高尾山では珍しいブナの木です。
以前はここに説明板が有ったとえびちゃんが教えてくれた。
帰りは、4時半終了のリフトにギリギリ間に合って帰りました。
090
ハプニング発生
電車に乗り、高尾に到着前、えびちゃんがロッカーに忘れ物。
高尾駅で降りて、再び高尾山口駅へ向かい、無事ロッカーの物を回収
happy01
携帯で、乗り換え案内を見ると、怪我の功名、私は、全ての電車の連絡がスムースに行く電車に乗る事に成りました。
初めに乗った電車で行くと、途中でややこしい乗り換えが有ったのです。

何時行っても楽しい高尾山、一番の欠点は家から遠いと云う事・・・
それでも行きたい高尾山です
lovely

2010年6月24日 (木)

入笠山と美しの森

レポはまた作る事にして、ちょっと報告です。

5月に結婚した自然風景カメラマン鳥越さんの結婚式に出られなかった仲間たちと、お祝いのオフをしようと計画された入笠山には、ネットの友達である、ぴとこさんとハイジさんも一緒。
楽しい再会で、心躍る歩きに成りました。
主役は、鳥越さんと夫人、CompOnじっちゃん、いなぴさん、みみっくさん、てんちゃん、ごみっち。
体調不良や、都合の付かないと云う人もいましたが、入笠山は10人で歩く事に成りました。
035_stitch
ここは、夏に成るとヤナギランが綺麗に咲く所。
052 070
道沿いに咲いている花を楽しみながら歩いて行きます。
066_stitch_2
湿原には新しい木道が付いていて、歩きやすい。
ハイジさんとぴとこさんとは初めてのみんなですが、以前からの知り合いの様に、和気あいあいと山の話などしながら歩いて楽しそうです。
久しぶりに歩く私も、緑一杯の中で幸せ一杯です。
やっぱり山歩きは良いなぁ~

下山後は、日帰りのハイジさんとは別れ、フォッサマグナの湯に入り、清里のペンションに向かいます。

ペンションでは、楽しい一夜を過ごして、ペットのももちゃんともお別れして、美しの森に向かいました。
082
美しの森では、レンゲツツジが出迎えてくれました。
087
美しの森の山頂から、300メートル先にクリンソウの群落が有ると云うので、ツツジ咲く道をゆるゆると進む。
118_stitch
本当に素晴らしい群落でした。
129 133
クリンソウの群落を見た事が無かったので感激。

まきば公園などに寄り道して、お気に入りのドライブインの「国界」へ行く。
ここのチャーシューは今まで食べた中では一番おいしいと私は思っている。
脂っこく無く、柔らかい。
この近くへ来ると、お昼はここっと決めている。
なので、チャーシューメンを注文した。
026
美味しく食べていたら、ぴとこさんがあらっと、店に入って来る人に嬉しそうな声を出す。
周りの人たちは、こんな所で知り合いがいるんだと、ぴとこさんは凄いと思ったらしい。
でも、それは、前日、お昼は「国界」でと言っていたので、ハイジさんがもしかしたらと寄って呉れたのだ。
混雑する店なので、お昼を少し外したのに、読みピッタリで嬉しい再会です
lovely

ここで、皆さんとお別れして、CompOnじっちゃんと、ぴとこさん、私はいなぴさんに小淵沢の駅に送って貰い、あずさに乗って帰りました。

オフを企画して呉れた、みみっくさん、いなぴさん、参加の皆さん、ハイジさん、ぴとこさんありがとう。

また、遊ぼうね。



2010年6月17日 (木)

セラピー猫

子供のころから猫が好きだった。
上の娘がアレルギーが有り、猫は飼えないと思い、犬を飼っていたが、社会人に成った娘が転勤で新潟へ行き、夫が亡くなって、下の娘の為にもと飼い始めた猫二匹、今年で13才に成る。
猫が大きくなって、上の娘も段々慣れて来たのか、子猫の時の様なアレルギーは出無くなった。
その娘も何ヶ所かの転勤から、昨年は帰って来て家から通える所の勤務地に成った。

二匹の猫は、夫々自分の主人と思う人を決めるのか、りんごは娘、まっくは私と言う図式が出来上がっていた。
そこへ帰って来た娘を一番気に入ったのか、りんごは娘に撫でられるともう天国と云う顔をする。
そして、朝は、6時20分に成ると娘を起こしに行くそうです。
下の娘は、夜中に起こされるからとドアは閉めている。
私と、上の娘の部屋は、ドアは出入り自由にと、猫が入る事が出来るようにしている。
起こされた娘が、まだと言えば次は40分に起こしに来るそうです。
日曜日などは、何時もの様に起こしに来て、休みモード全開の娘を見て、慌てて出て行くと笑っているから、ちょっと不思議。

先日の土曜日、お姉さんは出勤、休みの下の娘の部屋の前で佇んでいるので、ドアを開けたら、上の娘を振り返って小さな声で鳴く、「起こしたら」と言うと、二三歩進んでから振り返ってまた小さく鳴くので、「良いから起こしたら」と言うと、いきなり胸の上に飛び乗って「ニャア」と大きな声で鳴いたと言ってる。
りんごは私の所は朝は起こしに来ない。鳴いたりもしない。
時に、下の娘の膝に載り、甘えている姿をお姉さんに見られると、何だか浮気現場を見られたような慌て方をする。
お姉さんが帰る前までは、下の娘にべったりだったから、そんな姿を見ると、「浮気な茶色の毛の塊」と憎まれ口をきかれている。

まっくは時間など関係なく、お腹すいたよーと寝ている私に突進してくる。
結局、何のかんのでまっくに起こされている。
まっくは私が近くに居れば良いと言う感じで、部屋に居ると安心して寝ている。
庭仕事などしていると、見える部屋からじっと見たり鳴いたりする。
お向さんと話をしていたら、部屋から見ているだけでは声が届かないと思ったのか、二階のベランダから、私たちの方を見て大きな声で鳴いていた。

夜は、私が寝る時に何時も二階のお気に入りの寝場所で丸くなっているので、「まっくちゃん、かぁちゃんは寝るよ」と声を掛けると、眠そうな顔で頭を上げる。
私が部屋へ降りるとトコトコと降りて来て、布団の枕の横に寝る。
最近は寒くないので密着はしない。
冬は首元でアンカ状態です。
夜中にふと目を覚ますと、顔を見つめていたりする。
まっくちゃん、と声を掛けると口を半分開けてニャァと聞こえない程度に鳴く。
005 007
枕の横の定位置。まだ手足を伸ばして寛いではいない状態。
私も寝ると、一緒に成ってダラーっと長くなって寝ています。
001 003
りんごはその時々で好きな場所が変わるのです。
高い所が好きなので、ピアノの上に猫ベットが有り、時々寝ている。
暑くなると、ピアノの上に寝たりもする。

猫と暮らして見ると、それも二匹いると、夫々の役割と、個性の違いが有って、中々面白い。
確実に家族にとっては、セラピー猫です。




2010年6月12日 (土)

鎌倉へ

ネットで知り合い、色々お話しするうちに、以前のお互いの住まいが、ごく近所で有った事が分かった。
お会いしたいと願っていながら、中々機会が無かったmilkさんとやっと鎌倉で会えたのが11日です。
北鎌倉の東慶寺でイワガラミが咲く時に、特別展示をすると言うのに誘って頂きました。
お天気を見て、11日と決まり、楽しみに待っていたんです。
北鎌倉の駅は平日なのに人でごった返しています。
人だらけの中をmilkさんが見つけてくださり、無事に会えて良かった。
それからは、旧知の友人の様に打ち解けて、お喋りしながら東慶寺まで歩いて行きます。
駆け込み寺として有名ですが、、北条時宗夫人が
1285年に開山されたそうです。(パンフレットに書いて有る)
私が知っているのは、豊臣秀頼の息女がこの寺に入れられたと云う事。
男子が残ると、色々面倒だけど、女の子は尼さんにすれば良いと云う事で、命拾いをしたお姫様ですね。
駆け込み寺の事は、色々な本などで読んでいるのですが、追手に追い付かれても、持ち物だったか、履き物だったかが門の中に投げ入れられて、間一髪で間に合ったと云うのも結構リアルな話。
005
この門を駆け上がったのだろうか。
007  006
ここは、拝観料が100円、手入れの行き届いている庭、綺麗に咲いた花、観光地なのに安い、っと感激。
milkさんにアカバナユウゲショウの花を教えて貰う。
019 022
024 025
東慶寺のHPにハナショウブが咲き始めました、と書いて有ったので楽しみにしていましたが、綺麗に咲いている。
その周りに、八重のドクダミが咲き、ホタルブクロが可愛い。
030 032
シャクナゲが綺麗です。
033 040
046
岩の斜面一杯にイワタバコの花。
見事です。
milkさんと写真を沢山撮る。中々難しいです。
048 051
お墓が有ったので、引き返そうと思ったら、「大松監督のお墓がありますよ」と言われて、人様のお墓を撮るのは憚られるので、横に有るバレーボールの碑だけパチリ。
右の写真の石は、さざれ石。

***************************************************

さざれ石細石、さざれいし)は、小さなの欠片の集まりが炭酸カルシウム(CaCO3)などにより埋められ、1つの大きな石の塊に変化したも の。「石灰質角れき岩」とよばれる。石灰岩雨水溶解し、 石灰質の作用により、小石がコンクリート状に凝結し て固まってできる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より
*******:********************************************

君が代で唄われるさざれ石の事です。

目的のイワガラミ(ユキノシタ科 イワガラミ属)の特別公開は、6/1~6/15

平日11~12時 13~14時
土日15~16時

060 068

063 069

一本の木から岩に這い登って見事に大きくなっていました。
見学は1時間と言う制限が有りますから、あまり立ち止まると、大渋滞に成ります。係の人が声を枯らして立ち止まらない様にと言います。

milkさんと私は、早めに並んでいたので、しっかり見る事が出来ました。

元に戻ると長蛇の列に成っている。

013 020

029 055

054 014

次は、明月院へ行きました。

アジサイで有名な所ですね。以前、アジサイの終わった頃に来た時は、そんなに混雑では有りませんでしたが、聞きしに勝る混雑で、アジサイより人の数の方が断然多い、拝観料は、500円、東慶寺が良かったので、高いと思う二人です。

070 074

072 075

077 078

お腹もすいて来ましたから、北鎌倉から電車で鎌倉へ行き、鶴岡八幡宮の裏手辺りに成るのか、千花庵に向かいました。

080_2

美味しいと云う卵焼きと、ごぼうの天ぷら、二人で分け合って頂きます。

卵がフワッフワ、大根おろしと、特性ラー油としょうゆで美味しく頂く。

ごぼうの天ぷらも、ごぼうと思えないサクサクでした。

お蕎麦も食べたのですが、美味しいと夢中で、食べ終わってから、二人で、写真撮り忘れた・・・後の祭りです。

帰りは、鶴岡八幡宮に寄りました。

081 082

台風並みの低気圧による大風で倒れた大銀杏、しっかりヒコバエが出ています。
元の幹を移動した言う幹からも沢山の芽が出ている。

御参りを済ませて、駅前でお茶にしました。

083

冷たくて美味しい。

冷た過ぎて、二人とも頭にツーンと来たりしましたが、沢山のお喋りに花が咲いています。

住んでいた辺りの話し、山の話、ネットの話等など尽きる事が無い程です。

楽しい時間ってあっという間、また会いましょうねと約束してお別れしました。

milkさんありがとうhappy01

2010年6月 5日 (土)

ホタルブクロ

季節が少しずつ変わり始めると実感するのは、庭の花の咲き具合。
ホタルブクロが咲いて来ました。

002 010
濃い赤紫の物は、福島へ行った時に余りに綺麗だったので、分けて貰った物。
白の方は、薄いピンクだったはずなのに、いつの間にか白っぽくなった。
数年前に、知り合いから頂いて、その後花が咲かなかったので、絶えてしまったのかと思っていたら、有る年、急に増えて、今は何処にでも出ていて困る程。
園芸種の濃いブルーのタイプはまだ咲いていない。
野生の方が強いんだろうと思う。
004 005_2
クロタネソウが散り、実が出来て来た。
この実の中に黒い種が出来て、毎年増えるんです。
実をドライフラワーにもしている。
そして、砂利を敷いて有る所には、滅多に来客も無いので、車を止める事もないので、好き勝手に飛んで来た種から花が咲く。
まだ小さいのに、コスモスが咲き、やはり小さなクロタネソウも咲いている。
011
ヒメヒオウギアヤメ、数年前の事、何や赤い花が咲いているを見つけた。
多分、鳥の贈り物だと思っていたら、花の後は、黒い実を付けて、年々増えて行く。
何とかしようと思っていたけど、ついそのままにしていたら、ブルーベーリーの植えてある北側で朝日は当たるけど、後はちょっと日影に成る所で、ここは、以前は芝生だったのを苦労してはがして、野草を植えて、その周りに玉砂利を敷いた。
そんな所が良いのか増えて増えて、玉砂利も見えないほどに成っている。
写真よりもっと広がって増えているので、足の踏み場に困る。
今年こそ、何とかしよう・・・

そろそろ梅雨入りも秒読みとか、庭に出て、ホタルブクロの写真を撮っていたら、蚊が飛んで来た。
嫌な季節です。蚊取り線香をぶら下げての作業に成るのももうすぐですね。

2010年6月 1日 (火)

困った猫

良い天気の日々に、庭仕事が忙しい。
天気の悪い事を理由にさぼっていたツケが回って来たのです。
おまけに草もどんどん出て来ます。

一仕事が終わって家に入ると、猫がおやつ頂戴と寄って来る。
001 002
003 004
此方をじっと見つめたり、ニャ~と鳴いて見たり。
冷蔵庫に入っている事を知っているので、前に座って待つ。

おやつも食事も終わったのに、私たちが食事になると、マックは鳴かずにじっと見つめます。
012 014
これは、グランマのお皿を見つめていて、耐えられなくなり立ちあがった所。
でも、私が厳しく禁止しているので貰える事は無い。
010 013
りんごは、人の食べる物に興味は無い。
マックの様子を見ても知らん顔。
先日、ケーキを食べていたら、寄って来たので、娘が少し食べさせたら喜んだそうだ。
変な子たち・・・

今度は娘が帰って来た。
015 018
今度は大きな声で鳴く。
駄目と言われても、近くの椅子に座って見つめる。
今夜は焼き魚。 匂いがするので無理もないか。
027 020
お姉さんお帰りとばかりに、りんごも近くへ来たが、これは、娘とスキンシップを取りたいだけ。
相手にされないと分かると。
025 026
ソファーの上に置いて有った私の膝掛けにモフモフとしていた。
この膝掛け、先日の寒さで使い、仕舞い忘れている物でした。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »