最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

イルミネーション

毎度お馴染みのドイツ村のイルミネーションに行って来ました。
自然風景写真家の鳥越章夫さんが家に遊びに来ると云うので、是非見せたいと思っていたのです。
薄暗くなって入ると、日没は過ぎていて、シャッターチャンスを逃したと残念そうなとりちゃん。
ここは、4時過ぎに、年パス持っている私と一緒の車で行くと無料です。
先に観覧車に乗って上からの景色を見て、普段とは反対方向から見て回った。
013016022
024028033
042043046
047_stitch
056064066
067073077
078
と云う具合にベタベタと写真を貼って見ました。
今年のドイツ村のイルミネーション、中々気合が入っていて良かった。
人出も多かったから、迷子にならない様に気を付けて歩いたのです。


何時になく夜なのに写真が綺麗でしょう・・
とりちゃんが、最初に私のカメラをマニアルで
あれこれと設定して呉れたのです。
でも、今になったらは何が何やらで、同じ様にしろと言われたら・・・・無理
weep

2010年1月28日 (木)

同窓会

26日27日と高校の同窓会が伊豆長岡で開かれると云う事で、出掛けて来ました。
20年程前に一度同窓会が有ったのですが、その時に会えなかった人とは何と、50年ぶりと言えます。

で、その前に三島へ行き、いくちゃんとピカリさんとランチをする事にしました。
ピカリさんに会う前に、いくちゃんの案内で、富士山が綺麗に見える所まで連れて行って貰いました。
季節にはここに大根が干されて、その頃はカメラマンが並ぶそうです。
  003_4
005_5 010_3

大きな太い大根が取り残されている。
 
011_3
ピカリさんと合流して、楽しいランチをした後は、伊豆長岡の駅まで送って貰い、迎えのバスに乗る。

同窓会の会場では、懐かしい顔、思い出せない顔、等など有りましたが、そこはおばさんたちは柔軟です。

話をしているうちに段々思い出して来ます。
盛大にハグされて歓迎です。

12時過ぎの夜遅くまで、沢山お喋りしてすっかり少女に戻っています。
私たちは女子高でした。当時はベビーブームの走りですから、1クラス53名程。
少なくとも良い事ばかりでは無かった年月ですが、夫々良い顔に成って、楽しい時間を過ごしました。
脳梗塞で若干不自由な所の有る人が参加して、自然にサポートする人、親の介護の人、ご主人の介護の人など、抱える事情はちょっと置いての一時を過ごしました。
その後私は友人と伊豆をドライブ。
富士山の追っかけをしました。
026_3 028_3
029_2 032_2

富士山を楽しんだ後は、三島の友人の所へ。
昨年は病気をして心配しましたが、一緒にハワイにも行ったし、今はすっかり元気になり、健康は大切だを実感した時間です。

楽しかった
lovely


2010年1月24日 (日)

富山

moguさんから、伊予ヶ岳から富山へ縦走して歩きたいと云う話が有った。
元々は、昨年、ハイジさんたちが房総へ遊びに来る時にこのコースを計画して、moguさんも一緒にと云う事だったけど、天気が悪く残念行く事が出来なかった。

今年は鍋っこ遠足でお馴染みの皆さんを誘って出掛けた。
moguさん、シマダさん、chiyomiちゃん、リブルさん、masakoさん、良子ちゃんと私の7人ですが、私は縦走するのはちょっと歩きすぎと思い、富山に登って、皆さんを山頂で待つ事にした。
「道の駅富楽里」で待ち合わせしてmoguさんは伊予ヶ岳の登山口へ向かい、私は富山の登山口の無料駐車場に行く。

久しぶりの富山で、山が見えて来て気持ちはワクワク。
001





駐車場から歩いて、登山口の福満寺に入る。
脇に水仙が咲く道を登って行く。
002 003





結構急登です。
004 005





道の先に水仙が見えて来た。
水仙が綺麗に咲いている。
006 019





今年はどうも水仙の具合が悪いけど、ここは中々綺麗。
007_stitch


気持ち良く登って行くが、一旦下がって、次は階段の登りになる。
折角登ったのにと何時も思う所。
023





仁王門の跡にに出る、前にここに門が有ったのですが、台風か何かで壊れて以来階段だけに成っている。
025





この前に立つ立派な杉の木。
026_stitch






何か工事をしている南峰にはひっそりと観音堂が有る。
029 その上で工事をしていた。







以前はここから北峰に行けたけど、危ない所が有ると云う事で、迂回路が出来て北峰に向かう。
南峰から続く道は工事用のローラーが有り、資材を運んでいた。
テレビのアンテナ工事と書いて有る。
031





間もなく、休憩舎が出て来て、ここは、moguさんたちが伊予ヶ峰から縦走して来る道と合流する。
富士山が綺麗に見えた。
036 034





階段を登って行くと、今までは無かった山頂の表示が有った。
ここから伊予ヶ岳が見える。
038 039





北峰の展望台、凄い人。
今までこんなに人が多いのは初めて、100人の団体らしい。
賑やかでした。
展望台に登って景色を見る。
040 041





富士山、南アルプスもぼんやり見えた。
大島、八丈島、三宅島なども見える。
皆さんを待つ間、小さな花などを写真に撮って遊ぶ。
043





100人と入れ替わって町内会の団体が来る。
そんな中でも、一人で歩いて来たと云う人としばしお喋りをして楽しむ。
やがて、皆さんがやって来ました。

お昼を美味しく食べて、景色を楽しんで下山です。
伏姫籠穴へ降りて行く。ここも結構急な階段です。
ようやく、伏姫の籠穴に到着。綺麗に紅梅が咲いている。
046 045





私の車でmoguさんの車を伊予ヶ岳登山口まで回収に行き、「道の駅」で待っている皆さんと合流。
暖かく、良いお天気の中を歩いて良かった。
皆さん、遠路お疲れ様でした。

2010年1月22日 (金)

再びの水仙遊歩道

最近は、公共交通機関を使って出掛ける事が多くなった。
先日は初めて電車で保田の水仙ロードへ行ったので、もう一つの富山の水仙遊歩道で行くにはどうした物かと色々調べていたら、千葉から館山行きのバスが出ている。
そのバスは蘇我にも止まると云う事に成っているので、8時21分発のバスに乗る事にした。
今日は、一人で行く。
結構ガラガラのバスに乗り、1時間でハイウェーオアシス「道の駅富楽里」に到着。
降りたのは私だけ。
支度をしてのんびり歩きだす。
道路沿いの土手に成った所に鳥・・・動かない、どうやら既にお亡くなりの様です。
001
私にはメスのキジに見える。




道沿いの水仙が綺麗、更に進むと毎年こちらのお宅のキンセンカとか、ペチュニアには春を感じる。
002 010









椿も咲いて、黄色の水仙も綺麗。伊予ヶ岳の尖った山頂が見えて来た。
012 013 014





いよいよ遊歩道に入ると、やはり水仙の花付きが少々少ないと感じる。
何時も気にしているシキミはつぼみばかりで、一輪だけ咲いていた。
016 022





周りはこんな感じで良い匂いと、例年より少ないとはいえ水仙がが一杯。
029 034





041_stitch


今年はミツバチの箱が別の所にも増えていた。
049 052





展望台に到着。
周りの木が少し切り倒されて展望がもっと良くなった。
053 054 055






まだ時間も早いので、展望台から続く道に出て見たら、下から見て気に成っているピークに行ける道が有る。
気を付けながら登って行く、展望を期待したけど、木々が邪魔して見えなかった。
写真の真ん中が展望台、登ったのは左のピーク。
091 056 057






元の道に降りると、道の脇に植えられている河津桜と思える木に咲いている花ともうすぐと云うつぼみ、青空に映えて綺麗です。
059 062





此処までも誰にも会わず、下山します。
下る道の先に猫が歩いていた。
近づくとこちらに気が付いて、待っていた。
「みーちゃん」とか「たまちゃん」とかありきたりの名前を読んで見るが、ニャーと鳴いただけ。
064 066





少ないとはいえ、この辺りは何時も一番綺麗。
071 072 077










花の道が終わり、後はとんとんと下って行く。
ここも何時も気に成っている所で、身元の倒れた梅の木が枝を伸ばして何時も早くから花を付けている。
085 087 088






今年も健気に咲いていた。

道路に出る手前で猫に出会う。
白黒猫に会ったよ、と声を掛けるがニャーと去って行った。
このワンちゃんは、姿を隠して何時も小屋に入って吠えているんだけど、慣れたのかしら、じっとこちらを見ているだけ。でも、何処となく気弱そう。
089 090





道の駅には11時半に到着。
重くなるので、花や野菜はバスして魚の干物を買い、レストランで美味しい海鮮丼を頂いて、12時40分のバスで帰りました。
201001221207
帰りのバスは暖かくて、皆さん同様に私も気持ち良く居眠りをした。
疲れなくて、楽しめて、こう云う手を使うのも良いなぁっと感じるミニ散策。



2010年1月19日 (火)

水仙ロード

毎年1月と云うと、南房総の水仙巡りに出掛ける。
マイカーを止めてから、好きな時に出掛ける事が無くなった。
今年に成って初めての水仙歩きを18日にネットの友達だやんさんと出掛けた。
だやんさんは船で世界一周をしたかと思ったら、最近は四国巡礼の歩きをしている。
一人で歩いていると云う事なので、話を聞た私も、何時か行く事が出来たら良いなと思うようになって来た。

電車で途中駅で乗り込むと、久しぶりの事、笑顔一杯のだやんさんが手を振って出迎えてくれた。
館山まで行く電車は本数も少ないので、電車の中は水仙目当てと思われる人があちこちにいる。
車窓に海が見えて来ると嬉しくなる、生憎富士山は見えない。
保田駅に着くと、やはり多くの人が水仙ロードを目指して歩いて行く。
お天気も良く、風も無いけど寒い、昼ころには暖かくなると云うので期待して行こう。

早速水仙の出迎えが有りました。
アロエも咲いている。
001 003






見回して見ると、何となく水仙の花が少なくて寂しい。
今年は開花が早かったらしい。
お馴染みの景色。
011 012 013






無料休憩所でお昼を食べてから坂道を登って行くと、撮影のベストポイントに出た。
一番綺麗な所のはずだけど、やはり花は少ない。
014






竹箒の垣根、暫くこないうちにちょっと乱れている。
016

2006年の1月にあずささんと行った時に見た景色。
この時は雪の後だった。
12





その前年にSAKURAさんと歩いた時が、今までで一番の花の量でした。
その時写した写真をSAURAさんからお借りした物です。
2005suisen 5年前のその時の水仙はそれは素晴らしかった。









ロウバイが綺麗。紅梅はこれから咲いて来る様子。
018 020





咲き始めのカワヅ桜の下に咲く水仙、等をゆっくりのんびり歩いて楽しむ。
021 028





帰りは保田漁港直営の「ばんや」に寄り、干物を買って、そこからの無料バスで保田駅に。
心地良い疲れ、お昼からの暖かな気温にすっかり良い気持ちで帰りの電車の中では二人ともまどろんでしまいました。



2010年1月14日 (木)

さむぅ~

急な冷え込みで家から出られない。

猫の様子
032 031





りんごは帰って来たお姉さんにマッサージされていたら、バンザイする程リラックス。
余程気持ち良かったのか、甘え切っていた。

003 004









まっくはお姉さんがご飯を食べていると、横の椅子に座って、何も云わずじっと見つめている。
目の動きは、お姉さんの箸の位置です
happy01

006 009





次はマッサージ。
りんごより何事も警戒心の強い子が、ぐったり甘えている。

猫も、昼間は人の気配のする近くに居たがる。
まっくは私の居る所、りんごは最近グランマの部屋へ行き、ソファに丸くなって寝ている事が多い。
グランマがご飯で二階に来ると、いつの間にか近くに来ている。

そして、どちらの猫も無性に甘えて膝に来たりしてスキンシップを取ろうとする。
炬燵に入っているグランマの膝に入っている所は、まさに、猫とおばあちゃんです。



 

2010年1月11日 (月)

浅草七福神巡り

10日の日曜日、chiyomiちゃんに誘われて浅草七福神巡りに行って来た。

お馴染みの二天門の辺りで待ち合わせ。
001 鍋っ子遠足でお馴染みのRyokoちゃんと、久しぶりのM君とM君の恋人の5人、他の方は生憎都合が悪くなって来れない。10時に出発。
この5人を台東区観光ボランティアガイドの松本さんが案内して下さる。
黄色のジャンバーを着ているので、人混みの中でも見失わない。
まず、仲見世を通って本堂に向かう。
お正月の飾りが青空に映えている。
凄い人ですが、これではまだだとガイドさんは言っている。
002





本堂は、屋根瓦の張り替えでカバーが掛っている。
このカバーの絵はデザイナーの山本寛斎が描いた物だそうです。
005 迫力が有ります。
今までの瓦では重いので、チタン製の三分の一の重さの物に成ると云う。
これは日本の技術の素晴らしい物だと言っていた。
来年は綺麗な瓦屋根が見られるのだろうか。

外せない煙は頭に集中して掛けたけど、風向きが変わると掛らない、やっぱりボケ防止は難しいのか。
008





本堂での御参りも済ませて、いよいよ七福神巡りに出発。
浅草寺の中に有る大黒天。
006





次は浅草神社。009




ここは、恵比寿神、御参りしてガイドさんの案内で近くのイチョウの木を見る。
011

この木は戦災で火事に成りながらも残った物だそうです。








次に行くのは待乳山聖天
ここまでの途中で見たワンちゃん、寒いのかな
happy01
013





ここは、大根を供える事で有名な所。
014 大根は1本250円で売られている。

ここの庭から建設中のスカイマークタワーが見える。
これはまだ三分の一程だそうです。016









次は、今戸神社。招き猫発祥の神社です。
017 至る所に招き猫が有る。
縁結びの神社でも有るそうだ。




橋場不動尊
018
石浜神社
019





次は昔の吉原へ
このスタンドの前の木は見返りの柳020

吉原神社
021
ちょっとこじんまりとした可愛い神社です。


最後は鷲神社
023 立派です。

ここまで2時間以上でしたが、ガイドさんはかなりの健脚で早い、頑張って付いて行きました。
沢山知らない事を説明して頂いて、良かったです。
ここで細かく説明出来ないのが残念。

お腹がすいたので、次はお楽しみのお昼です。
休日ですし、とにかく人ばかり、私たちが入ったのは「ひもの屋」炭火で干物を焼いていて、席に着く前にあれこれ食べたい魚を見て待つ。
024
豆腐が出た。味が付いていて美味しい。
025





次にサラダが出る。
026






いよいよ夫々が頼んだ物が届きます。
chiyomiちゃんはアジの干物。
027

Ryokoちゃんは真鯛。
028





私はキンメダイ。
029 美味しくてお腹一杯に成り満足。
そして、後は仲見世に行き、人混みにモミクチャになる。
お土産を買ってから演芸ホールへ行くと、立ち見と云うので疲れた体にそれは辛い。
結局、また買い物しながら帰りました。
私の歩数計は1万9千歩、良く歩きました。
東京の中をこのようにして歩くのは楽しい事でした
happy01





2010年1月 8日 (金)

乾燥注意

年末年始と慌ただしいのか、これが普通なのか、良く分からないままずるずると日ばかり過ぎる様な感じなのは、此方があたふたしている間に日が暮れるからと云うか、自分の時間と時計の時間が合わなくなって来ているからかなと思ったりする。
はっきり言えば、付いていけないって事でしょうか・・・
既に8日に成り、落ち着いて来たので出来事を振り返る位の余裕は出て来た。

お正月の料理で一番好評だったのは、2日に東京の兄の家に行く時に持って行ったベーコン。
001
味付けして、冷蔵庫に入れて一週間乾燥させて燻製にした物。
子供たちが好きなので、今回は持ち寄りの御馳走に加えたんだけど、事の他の喜ばれ様で良かった。

年末からずっと干していて、すっかり乾燥した大根、戻して仙台のあぶら麩と煮て見た。
002
こちらも生とは違う歯ごたえと柔らかさで美味しい。
乾燥注意報が出ていて、お肌も突っ張るけど、干し大根には嬉しい季節。


ランの花はつぼみの物はこれからで、この花だけが咲いている。
004





小さくて気が付かない様だけど、その代わり時間によって良い匂いがするからその存在を分からせる工夫かなと感心する。
折角なのでアップを撮って見た。
005



2010年1月 2日 (土)

新年

明けましておめでとうございます。

乾燥した良い天気が続き、大根干しには嬉しい天気です
happy01
特別な変わりも無く健康に年越しの出来た事、今年も良い年にしたいものです。

お正月の猫の日々

下の娘はまっくに対してしつこい愛情表現をする。
001 003 002





004
あ~嫌だったと言いたげ。



新年ですから、二匹の首輪を新しくした。
006 008 009







りんごはピンク、まっくは黒とこちらも娘が選んで装着。
猫にとっては、嬉しくも無い事だったでしょう
coldsweats01

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »