最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

大晦日

今年も、いよいよ残す所僅かとなりました。

今年はネットの汚染でホームページを閉じる事に成ったのは残念ですが、そろそろのんびりしたらと言われたのかも知れないなと勝手に解釈したりしています。
と云う事で、再開するかどうか迷っている所です。

年末も、出来ない所も頑張ると云う事をせずに残ってしまった所も気にしないで余力を残しています。

おせちも子供たちの好きな物を中心にして、何時もは何人分ですかと言うほど作っていましたが、程ほどにして楽する事にした。

何だか随分手抜きのお母さんに成って来ました。
と云う事で、ほとんどの事は終了。

もう、お風呂にも入ったし、ミカンでも食べながら紅白でも見てのんびりしたい。

今年も、気ままな書き込みのこちらへお越しいただきましてありがとうございました。
楽しいお喋りが出来た事を感謝しています。
また、来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

時々登場して可愛がっていただいた猫たちの様子をお知らせします。
001 005







2009年12月28日 (月)

大根

我が家の細い大根を見て、まだだなと・・太くて立派な大根が6本届いた。
再びへそ大根にしようと、ベランダに並べて干している。
milkさんの所で見た干しカゴも有った事を思い出して、天井裏の物入れから出してこちらにも入れて干している。
006







シャインさんmilkさんの所で見た柚子巻き大根も、早速仲間入り。
作った事を思い出して、適当に干して、柚子を巻いて、また適当に干して甘梅酢に漬けた。
試食してみると、程良い甘さとパリパリした食感、美味しい~
シャインさんの所では、干し柿も入れていた。
こちらも良さそう。
007





年末にかけて寒くて良い天気と云うから、大根が良く乾くかと期待している。

この大根の柚子巻き酢漬けカラッチさんの所も作った。
大根関連ののネットの輪が広がっている
happy01

2009年12月24日 (木)

へそ大根

数年前に大阪の義姉の所で、美味しい干し大根の煮物を食べた事が有る。
それが、へそ大根と言われる物だと知り、昨年試しに作って見たら、良く出来たので、今年は畑の大根の作付面積を増やした。
いよいよ季節も到来して、良い天気が続く18日に大根を収穫、と言っても、かなり細い感じでは有る。
このへそ大根と云う名前は、輪切りにした大根を棒に刺して干すので、真中に穴が開く、それがへそ見たいと云う事から来ているらしい。
ネットで見たら、宮城県の
丸森町筆甫地区 の特産品を保存食として紹介している。
ここでは、大根を茹でているが、私は面倒なのでそのまま生を干して見た。
そして、干しあがった物を水で戻して煮るんだけど、戻している間に水を味見したら凄く甘い、なので、みりんを入れて砂糖はごく控えめにして美味しく頂きました。
大根を通して刺す棒も思いつかないので、紐に吊るして見たけど、これが中々面倒。
面倒な事は出来るだけ少なくしたいと、ざるに広げて干して見る。
紐の物と並行して作ったけど、干しあがりはそんなに変わらない。
ただ、ざるは時々上下を返し、紐の物はそのまま。
18日に干した状態
001 002





そして、一週間経った今日の様子
003 004





こんなに小さくなった。
もう少し水分が完全に無くなるまで干した方が良いので、明日もう一日と思っている。
何時もは乾燥注意報は嫌だと思うけど、今年は嬉しい。

庭の水仙もぼちぼち咲き始めている

009

穏やかな暖かな一日でした。

2009年12月17日 (木)

忘年会

今年もそろそろ終わりです、一年楽しんで来た事、これからの事など多々お話するのも楽しみです。
と言い訳しつつ、って誰にと聞かれても困るんですが、あえて言えば自分にです。
と云う訳で友人と忘年会に渥美半島に出掛けて来ました。

小学校の3年生から6年生の二学期まで渥美半島の付け根あたりに住んでいた事が有った。
で、その辺りの所もちょっと見てみたいとの希望も受け入れて貰えました。

当時は終戦後10年、まだ皆貧しい時代でしたが、世の中も落ち着いて来ていたのでしょうが、子供の事ですからそう言う事とは無縁で田舎暮らしを楽しんだ記憶が有ります。
自然の豊かな所で、橋の上からハゼを釣ったり、海ではアサリを取ったり
、近くの埋め立てられた小さな無人の人工島で遊んだりした。
行って見て、小さかった人工島は範囲を広げて大きく埋め立てられていて、人工島の面影は有りません。
家の有った所の横にはその島へ通じる新しい道が出来ていた。
アサリの取れた人工島との間の広い浜と海は埋め立てられて水路程度の汚れた海に成ってる。
変わらないのは、家の近くの神社と、学校、良く行ったうどん屋さん、お隣は薬局だったのが今でも営業していた。
その頃は遠いと感じた所は大人の足ではすぐの距離なんですね。
その変貌ぶりと、変わらない所と、懐かしさと複雑な気持ちになったけど、今から、53年前と指折り数えて自分で仰天しました。
変わるのは当たり前だわ・・・

今回のもう一つの大きな目的は鳳来寺山へ行く事。
下から歩くと階段が半端な数ではないので山頂駐車場に車で行く。
4.6キロ、約2時間で回れます。
079
駐車場から歩いて行くと、東照宮や本堂が見えて来ました。








082 083





085 東照宮です。
日本には東照宮が三つ有り、ここがその一つです。
徳川家康の両親がここに祈願して生まれたのが家康。
その事を聞いた家光がこちらにも東照宮を建てたと云う事です。

088 092 093





こちらが本殿。
名残の紅葉が綺麗です。
この上から山道に成り、登り一辺倒の階段だったり、岩道だったり。
095 100






101_2 奥の院経由でここが山頂。
684Mです。
日光の東照宮には何度か行きました。
静岡の久能山日本平は、その麓に住んでいた事が有るので、三つの東照宮に行った事になった。


渥美半島と言えば伊良湖岬ですが、手前の日出の石門(ひいのせきもん)の海岸線が綺麗で印象に残りました。
011_stitch_2







この岩の真ん中の穴はこんな具合に成っていた。
015 018





029
綺麗な海と、懐かしい場所、東照宮と楽しい忘年会となりました。
一年色々な所へ出かける事が出来た健康に感謝です。


2009年12月 8日 (火)

粟又の滝

今日は娘二人と、グランマと4人で、少し遅い紅葉を見に行こうと出掛けた。
娘たちの仕事の都合など色々調整したので、養老渓谷は残念でしたが、それでも車窓から名残の綺麗な紅葉を見てグランマは歓声を上げている。
お昼ごはんには、目当ての養老渓谷駅前の店は御休みだったので、粟又の滝へ行く。

平日なのに、大型バスも来ている。
凄い! 最近はこの辺り人気スポットになっているのね。
食後、足が痛いの何のと云う娘たちを残して滝まで降りて見た。
名残の紅葉を見てて、急な坂道で滑り、尻もちなんてカッコ悪い事も有ったけど、中々良い景色に満足。
011_stitch


010_3 021_3 022_3





母はここをずっと歩きたかったなぁ・・

ここから、温泉モードの娘たちと温泉でしっかり温まって帰りました。
温泉は、露天の方に入ったので、養老川の崖の景色が良い雰囲気。
024





温泉の庭には水仙がもう咲き始めている。

027




1月の水仙強化月間、早めに始動しないといけないかと思うのです。

何より嬉しかった事は、娘たちが、しっかりグランマをサポートして呉れた事。
後一ヶ月で92才に成るグランマは、口はまだまだ負けない強さは持っているけど、外を歩く時はちょっと心配。
でも、気のせいか、孫と一緒だと、よたついて見える・・・腕を取られて嬉しそうだわ。
帰りに、私と二人で寄ったスーパーでは普通に歩いてた
wink

2009年12月 7日 (月)

猫の暮らし

私が起きている間は私がいる部屋で丸くなって寝ているまっくは、私が自分の部屋で寝ると枕の横に来て右隣に寝る。
時々夜中でも顔を見て超接近したりするので、鼻息とひげが顔に当たる。
まだ寒くないのか布団の中にまでは入らない。
りんごは、まっくに遠慮して私の布団には来ない、
同じく私の部屋の高い所に寝場所を持っているので昨日の夜はそこに寝ていた。
そろそろ全員寝ますと云う頃、りんごのいびきが聞こえる。
猫でも、スピスピと云うのかグスグスと云うのか結構気に成る。
そのうち静かになり全員寝た。
りんごは娘の部屋に行き、布団に入り、温まると出て行くとも言っている。
まっくも、ずっと横で寝ていると云う事も無いけど、朝に成ると、ご飯の要求なのか、朝だと言いたいのか鳴きながら手で顔を触る。
結構、迷惑なんです、5時前だと寝不足に成るって・・・
001 002 004









ストーブの前でくつろぎ過ぎるりんご
006
と写真を撮る気配に
007





慌てている

今夜のりんごの様子を
021














見上げる先に有る物は
019
うぅぅぅ、何処から入ったのかカメムシ




022














物凄く眠かったのか、すぐ目が閉じられた。

2009年12月 4日 (金)

ホームページ閉鎖

プロバイダーの@Niftyから、海外からのアクセスでFTPアカウントとパスワードが第三者に不正に取得されホームページが改ざんされている事例が多数報告されているので気を付ける様にとメールが届いた。
このウイルスは感染している事に気が付きにくく、ホームページを閲覧した方にもウイルスを広げてしまう物だと云う。

そうか・・気をつけなくっちゃと思っていたら、何と!自分のホームページのトップの写真が消えて、壁紙も表示されていない。
まさかの展開で、再アップしようとしていたら出来ないうちに、肝心のFFFTPの反応が無くなり、どうにも出来無くなった。

パソコンの検証をしたら、どうやら大丈夫のようだった。
プロバイダーにも電話したり
出来る事はやって見たけど、ホームページを見た人に感染すると云う事ではと、止むなく閉鎖しました。

大丈夫とは思いますが、心配でしたらここにアクセスして見て下さい。

暫く、ブログだけでネット遊びは続けますので、よろしくお願いします。


2009年12月 3日 (木)

写真展とコンサート

ネット仲間であり、自然風景写真家の鳥越章夫さんの写真展が横浜で開かれている。
昨日はその初日だったし、最近はちょっとご無沙汰だったので、夜の渋谷のコンサートの前に寄ってから行く事にした。

今年の写真展は東神奈川駅のすぐ前でとても便利。
広くてゆったりとした会場の壁面に、ずらりと素敵な自然風景写真が飾られている。
中ほどの天井からつるされた透明クリアフレームと言う形にプリントされた作品が下がっている。
随分前から作品は見ているけど、ここ数年は見入ってしまう物が多くなって、カメラマンとしての成長を見た思いがします。(つい、母の様な目で見ている
happy01)
「はるかな道」と題された立山の写真は、大きな景色の中に登山者二人が写り込んでいて、その人の姿の有る事で、全体に命が吹き込まれている様で私にはとても良いと感じた。
風景だけなら良く有る写真なのに、はるかな道まで旅して来て、はるかな道を歩いて行く、一場面からの先までが見える様でした。

060 062 064




061





夜は、平原綾香の好きな私と、同じように好きと云うぴとこさんを誘っての渋谷文化村のオーチャードホールでのコンサートです。
「2009年宇宙の旅」と云う事で、一部は平原綾香の歌で、東京シティ・フィルハーモニニック管弦楽団の演奏です。
二部は久石譲の指揮でグスターブ・ホルストの組曲「惑星」の全曲をほぼ一時間通しての演奏でした。

丁寧に歌う平原綾香も益々可愛く好きになったし、壮大な宇宙を連想させて呉れた演奏にも感激。

素敵な一夜でした。

渋谷の街は10時になっても、人ばかり、東京の繁華街って凄い所です。

2009年12月 1日 (火)

イチョウ並木

昨夜は、姉と兄嫁さんと三人で汐留で食事をする事に成り、その前に明治神宮外苑のイチョウ並木に寄ろうと少し早めに家を出た。
青山一丁目で地下鉄を降りて地上に出たら、方向が分からない。
適当に歩いていると、ここも結構綺麗です。
013 012









権田坂の交差点では、箱根駅伝で聞く場所だと思い、新春の箱根駅伝の時はここを楽しみに見ようと思う。
道路の看板を見ると行きすぎた様なので、散策出来る林の中に入り、並木を目指して歩く。
ひと際真赤なモミジが綺麗。
017 020 021





間もなく目当てのイチョウ並木。
人も多いけど、イチョウも素晴らしい。
ワンちゃんのお散歩の人もいるし、地方からと思われる人もいる。
そして、看板を見て初めて知った事。
イチョウは恐竜の生息していた頃には多くの地域で生育していたのに、氷河期が来て、暖かかった中国以外の所では絶滅。
中国のイチョウを日本に移植して繁殖したのが今の姿だそうです。
東京都の木だそうですが、私の住む市もイチョウの木だわ。
030 031 032









035 039 043





044 053





綺麗な景色に歩く人は皆ゆったりとしています。
立ち去りがたい様な景色でした。

ツツジって時々こんな季節にも寒そうな顔して咲いている事が有る。
サザンカは今が綺麗な時。
050 052





時間は少し早いけど、汐留に向かう事にする。

054_stitch
カレッタ汐留の46階からの眺め。


青山ではまだ明るかったけど、地下鉄で新橋へ、何だか随分歩いて建物に入り、エレベーターを探してようやく46階に到着。
5時でこの暗さです。
三ババは、楽しくお喋りして、美味しく中華を頂きました。
兄嫁さんと私は11月が誕生月での集まりでした。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »