最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

養老渓谷

天気予報は晴れと言うので、27日養老渓谷を歩いて来ました。

私たちが千葉へ来た頃は、静かな山歩きが出来る所でした。
その頃の写真を見ると、道の両側に植えられていたモミジも今より小さい。
沢コースも、台風や大雨で、少しコースが迂回したり、崩れてしまったりで多少の変化は有るけど、楽しんで歩ける事に変わりは有りません。

養老渓谷駅から歩くか、沢コース入口の駐車場に車を置いて歩くかが普通のコースだったけど、今回は、養老渓谷駅の一つ手前の上総大久保駅から林道に入り、途中の紅葉を楽しんでから、山頂、沢コース、養老渓谷駅と歩き繋いだ。

002 009





上総大久保駅にはこんな絵が描いて有ったけど、無人だし、ほのぼのさせて呉れる。
反対から駅を見ると、余計雰囲気が良いと感じます。
045 049 053





林道の紅葉、ひと際真赤な木が有る。

駅からの道に入ると、人が一杯、展望台にも大勢の人たちが休んでいる。
展望台のフェンスの所から山道に入る。ここは、あまり人が入らない。
063 065





しっかりした大福山の山頂と云う標識は無い様だけど、この辺りが一番高い所で、その下に白鳥神社が有る。
076 078





神社から下り、林道の途中で、
いよいよ沢コースへ降りて行く、尾根道からこんな、お座り出来そうな木を見ると間もなくもみじ谷。
081 086 087





先を歩く人たちが、歓声を上げる賑やかなもみじ谷。
反対の山並みも綺麗に見えています。
093
どんどん下って、沢コースに入る。




098 101
日高邸の跡のモミジも少し葉を残しています。



113 117 115





104_stitch
見上げれば綺麗な紅葉。



122 123
沢コースの最後、駐車場が見えた。
何時もなら、此処で、お疲れ様ですが、駅まで40分程の歩きが待っています。

15時53分の電車に乗らないと、次は17時23分まで無い・・・カメ足で間に合うかしら。
焦ります、初めに写真をゆっくり撮ったりして油断した結果です。
ヘロヘロになって駅に到着、発車を待っている電車になだれ込む、朝は混んでいて座れなかったので、疲れた帰りは絶対座りたかった。
そのせいか、写真はボケ。
座って落ち着いたら、猫が三匹見えた。
周りの人に頭を撫でられたり、駅員さんの部屋にも平気で出入りして、そのうち駅長にでもなる気かしら。
128 130

ちゃんとレポ作りたい。

2009年11月26日 (木)

ネットの友人千春ちゃんの所で大量の柿を収穫したと云うので、おばさんの図々しさ、「いいな、いいな」を連発して送って貰ったcoldsweats01

枝付きが入っていたので、展示会も終わり、肩の荷も下りた事、タイミングも良く描いてみた。こうして写真で見るとアラが出るなぁ・・・・

そうそう、展示会は、100名以上の来客が有り、初めての展示会で心配だったけど良かった。
と言っても、地元の事、親類縁者、友人がほとんど。

016





大根と柿のサラダを作ったけど、今夜は同じく「良いな」を連発したカラッチさんの所で作った、と有るのを見たので柿とホウレンソウを和えた物を作った。

カラッチさんは白和えだったけど、豆腐が無かったので、マヨネーズとしょうゆ、バルサミコ酢で和えてみました。
美味しかったです。

018


千春ちゃんありがとう
lovely
そして、カラッチさんもレシピありがとうhappy01

2009年11月20日 (金)

展示会

19日から地元で、私たちボタニカルのお稽古をしているグループでの初めての展示会が「ギャラリー風の舎」で始まった。
今までは、他のお稽古の人たちとのグループ展の様な事を年に一度、カルチャーでの展示、津田沼の丸善でのグループ展など年に数度参加して来たけど、純粋に今のお稽古の人たちだけの物は初めて。
先生が高齢に成って来て、少しずつ自分たちで主体的に展示会が出来るようにと云う希望も有ったし、会場が遠く、車で行かれない人が参加を遠慮してしまったりと言う事も有り、念願の地元での展示会です。

会の名前は「コスモス」としました。以前、先生の関係する生徒の中で秋の一番好きな花アンケートで一番だった花です。

007










全員で飾り付け、搬入後の皆さんの笑顔が素敵で、私たちも幹事役として春から準備していよいよ開催できたと云う事で嬉しかったです。
月に一度のお稽古ですから、会場を押さえて、教室で概要の説明をしてと考えたら春でも早すぎる事は無かった。


020 003 006





特別参加の先生と、生徒12名の30点程のささやかな展示会ですが、「一生の趣味にしたい」と笑顔の方の言葉は、身近な草花を観察しながら描く事の楽しさが伝わって来ました。
005 009









出来るだけお金を掛けないで行こうと云う事で、お花を買わず、我が家のグランマのアートフラワーを借りる事にした。
柿の枝は随分前作った物だけど、それだけでは寂しいので、私が近くで取ったガマの穂、ウメモドキは友人から枝を貰った物を合わせて生けた。

そして、この日に間に合わせてグランマに作って貰ったのはアケビです。
これなら、御当番さんが水を変える事も無く、好評でした。
011 010








012 013





恥ずかしいですが、私の作品。
6月に咲いたコチョウランと、草取りをさぼっていたらあちこちから出て遂に穂を付けてしまったエノコログサ、そして、お隣との間の垣根替わりの、お隣が植えたサザンカがこちらにはみ出して来ていたのを頂いて描いたもの。
お稽古でアケビを作っていたグランマの参考にと、秋田の帰りの道の駅で買ったアケビ。
描いたり、参考にしたりした後は甘味噌炒めて頂いた、非常に役に立ったアケビです。

24日までですが、明日は御当番で出掛けます。


2009年11月16日 (月)

猫のもめ事

娘の熱も下がり、今の所他の家族に変化は有りません。
一番心配なのが、高齢のグランマですから、私たちは、平気で娘と接触していますが、気休め程度でしょうが、グランマには近づかない様にしています。

それでも、家の中は、いたって平和。
001 002 004





猫の寝姿は本当に可愛い。
005 006 008









と思っていたら、ソファに移動して寝ていたリンゴにマックが近づいて、頭をゾリゾリと音も聞こえる様に舐めた。
と云う事は次に来るのは猫パンチの応酬ですよ。
折角気持ち良く寝ている物を何故と思うのですが、その横に私が座っていたから。
体は少しマックより大きいのにリンゴは弱虫。
パンチも効果も無く、むなしく逃げ出すリンゴ、マックはその後に今までリンゴの寝ていた所に座る。
リンゴはまだ固まっていて哀愁漂う後姿。マックはもう手も伸ばしてノビノビと寝に入った。

しばらくしたら、横に座っている私に近付いて腕の上に体を乗せてゴロゴロ言う。
どうしてそんな意地悪するの・・っと言って見ても、関係ないもんねと言わんばかりの甘えっ子になっている。

リンゴは、結局下の私の部屋の椅子の上に寝ていた。

2009年11月13日 (金)

新型インフルエンザ

下の娘が、昨日は、熱が出たと少し早く帰宅して来た。
満員電車に乗って通勤しているのだから、あり得るかもしれないからと、夕飯は隔離して部屋で食べた。
運び屋は当然私。
食べ終わったよ~とメールが入る。家庭内別居。

今朝は、ちょっと手伝いに行く予定に成っていたのをキャンセルして病院へ連れて行く。
昨夜保健所に問い合わせると、近くの病院で聞いてから行って下さいと言うので、一番近い所へ朝一番で電話した。
普通にいらして下さいとあっけない返事。流行の初めの頃の厳重な管理は無い様です。
混雑の様なので、車で待っている事しばし、戻って来た娘は、「新型だった・・・」
同じ様な人が沢山いたそうです。
薬を飲んで寝ているだけ、考える事はどうやら食べる事らしく、お昼は何かなと言ってる。
完食して寝ている、途中、おやつも食べて、夕飯も完食、熱は有るけど食欲は落ちないようです。
グランマには出来るだけ接触しない様にして、これ以上の患者を出さないようにしています。
御近所での話を聞かないうちに、いきなり我が家にやって来たと云う感じのインフルエンザ、早く退散して欲しい。

昨日は、先日木曾駒さんの持って来た大根の漬物が美味しかったので、レシピをブログで見て作って見ました。

http://sky.ap.teacup.com/kisokomanohumoto/372.html
ショウガが無かったので、甘酢漬けにして有った物を入れた。
今朝食べて見ました。
001 美味しいと、グランマからも好評、
もうかなり食べてしまった。



家のあたふたも知らず、呑気な猫の写真をお届けです。
002004

2009年11月11日 (水)

雨の新宿御苑

今日は、あずささん、千春ちゃん、ぴとこさんと新宿御苑に行った。
夫々忙しい事も有り、時間調整をしてちょっとお久しぶりオフ会です。
楽しみに待っていたら、ムムム・・・雨、雨、雨でした。

新宿駅で10時に待ち合わせ、激しい雨で先にお茶にしよう思ったけど、肝心なお茶の出来る所が11時からとか、何とか歩いて御苑に行こうと歩きだした。
到着の頃には、靴はびっしょり、荷物の多かった私は山リックで行ったけど、カバーしなくてはと言う状態。
ゴアの軽トレッキングシューズで行って良かった。
でも、御苑には、同じ様な人たちが居て、濡れながら入場している。
001 002





芝生がまだらに、池塘見たいになっている。
007 010





あまりの大雨にたまらず、休憩所に入ると、カメラ教室と思われる人たちがいた。やはり熱心です。
011
この雨ではと、レストランに入り、お茶を飲んで時間を潰してお喋り。
そうこうするうちに、頃良い時間となり、天皇陛下御即位20年を記念する慶祝ご膳、一日50食と云う事で頂く。

カメラが手元にありながら、千春ちゃんに言われて写真を撮りそこなう所だった。
どうも、食い気先行で反省。夫々思い思いの構図で撮る。
私は、全部見せようと思うので、メニュー見本のようになってしまうと気が付いた。

013 017 018





どうやら、小雨に成ったようで、散策に出る。
まるで池の様になった芝生、雨に濡れて、木々の葉の緑と幹が黒々として綺麗。
025 026 フユサクラが雨に濡れている。
ツワブキを見ると、美味しそうだなと思ってしまうが、花を沢山付けている。



032_stitch 039
044




041_2
046








大きなユリの木が有る。都会の大きな木は御苑ならではの光景です。
足元には落葉も彩りよく、雨に打たれてイチョウも枝が垂れていて綺麗です。
048 050





回り込んで見ると、花も植えられて綺麗。
051_stitch 053_stitch



大きな眺めですが、週末にはこの芝生は人が一杯だそうです。

056  067





059_2 この桜の幹には苔が付いていて、雨に濡れて蛍光色の様に光って見える。








雨でゆっくりしていられないので、ぴとこさんが先日行って美味しかったと云うパフェを食べに四谷まで歩いて行く。
075_3 074_2





フルーツパーラーFUKUNAGAと云うお店。
気を付けないと通り過ぎてしまいそうな所で、2階です。
何とも、レトロな感じのお店ですが、素敵な雰囲気です。
今回は、季節のフルーツと云う事で、ラフランスのパフェ、
赤い実はザクロ、シャーベットもラフランスで、クリームも多すぎず、美味しかったぁ~
のんびりお喋りして、楽しんで、名残惜しんでお別れしました。

2009年11月 9日 (月)

三頭山で鍋っこ遠足

8日は、秋の恒例になったネットの友達chiyomiちゃん主催の鍋っこ遠足で、三頭山へ行って来ました。

武蔵五日市駅に8時15分に到着。
多摩moguさんの車に乗せて頂いて、千葉moguさんリブルさん、moguさんのお友達masakoさん、ryokoさん、hirokoさんと一緒に都民の森へ向かう。
都民の森の駐車場の周りは色づいた山や木が綺麗。
005 007





008 010





間もなく、シマダさん運転で上野原へ木曽からの木曾駒さんを迎えに行ったchiyomiちゃんと一緒に木曾駒さんが到着。
木曾駒さんはネットでは前からの知り合いだったのに、会える機会も無く、今回のオフを大いに楽しみにしていました。
嬉しいおばさんは、早速出会ってすぐに打ち解けてお喋りするのでした。

出発準備して階段の道を進む。
フカフカの歩きやすい道を行くと、枯れ落ちた木々の間から、カラマツの黄葉が見えた。紅葉は終わっていると思っていたので嬉しい色です。
012 013





大滝に到着。
ここの滝の横に有るテーブルと椅子の有る所で早速鍋を出して支度する。

大滝が見えるようにと掛けられた橋の中ほどで写真を撮って見る。
015_stitch









高所恐怖症と云うのは、こう云うのが若干苦手、橋の中ほどまで行き写真を撮って帰ると、chiyomiちゃんのザックから出た大きな鍋がガスに掛けられていた。
019 020 022









ヒラタケ、マイタケ等のキノコと、chiyomiちゃんお手製のキリタンポと、必ず入れられるネギとセリ。
セリは根つきの所も入れる。この根の部分が美味しい。
023 026 027





028 029





この鍋は、秋田出身のchiyomiちゃんこだわりのキリタンポです。
手伝いは、chiyomiちゃんの同級生でも有るryokoちゃん。
鳥肉と、キノコ、白滝が入って、沸騰したら丁寧にアクを取っている。
比内鳥スープが入り、キリタンポも入れる。正統派きりたんぽ鍋です。
ようやく沸騰して、ネギが入り、次に沸騰してセリが入り、再び沸騰したら出来上がり。

木曾駒さんが持って来てくれた、自家製の大根とにんじんの漬物が美味しい。
皆さん、美味しくて言葉も少なく食べる事にしばし集中。
ニコニコで満足満足です。
最後に木曾駒さんが持って来たかぼちゃのケーキ、お腹一杯のはずなのに、別腹で美味しく頂きました。
食べる事ばっかりで写真を撮り忘れ。木曾駒さん御馳走様でした。
036 037 食後は沢沿いの道を進み、ムシカリ峠から三頭山を目指して頑張るが、お腹一杯が応えて中々足が上がらない。



038 043 046





階段の急登が有り、山頂かと思ったら、まだ先が有ったりして、歩けば暑く、汗びっしょりでようやく山頂です。
富士山が見えて、山頂は大賑わい。
moguさんはここは5回目で、やっと富士山に出会えたと喜んでいる。
057 058 山頂からは、一気に
気分は温泉、温泉になる。
紅葉も残っていて、足元は綺麗な落葉の絨毯です。


鞘口峠を経由して、都民の森駐車場に戻りました。
後は、数馬の湯へ行き、バス時間を気にしてあわただしく出たけど、ビールが飲みたいと云う人たちとアワアワの乾杯に付き合いバスを遅らせる事にした。
遠い私は、マイタケ天ぷら付きのお蕎麦と美味しいと云うお豆腐で夕飯とした。

結局、皆さんシマダさんの車に乗せて貰う事にして、藤野の駅まで行き、ここで、木曽へ帰る木曾駒さんを見送るつもりが見送られ、高尾の駅から夫々の都合の良い駅で降りてお別れした。

鍋っこ遠足に初めて参加した時は、一昨年で、紅葉の高尾だった。
空前の高尾山ブームが始まっていて、土煙りのする山頂から少し下った所だったけど、銀座通りで鍋をしている様な状態だった。
昨年の御岳山は、みぞれ交じりの寒い鍋。今年は申し分のない気温と天気。

これぞ正しい鍋っこ遠足だ、と主催のchiyomiちゃんも喜ぶ良い一日でした。
オフ会参加の皆さま、お世話に成りました。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »