最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 再びのボタニカル | トップページ | 幕山 »

2009年2月21日 (土)

先生の作品

石川道子先生の作品

006_2001_3









004_2
005









007 008








009_2 010_3









011 012

« 再びのボタニカル | トップページ | 幕山 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

夫々に個性があって素敵!
先生は線の細い繊細な植物がお好き?って感じがしますが・・・野原に咲いている健気な花も魅力的♪
サクラソウの葉っぱ、産毛のモコモコとってもリアル。

やはり得意分野ってあるんですね~下の生徒さんの作品もしっかりと力強さとか几帳面さとか夫々にお人柄が伺えるような、楽しませていただきましたconfident

流石~~♪ 先生の作品・・・
千春ちゃんが書いてるように、サクラソウの葉っぱの肉厚間が凄いですね!

↓の作品で布絵の下絵として参考にさせていただきたいと書いたけど、先生の野ぶどうのツルや葉っぱの感じが素晴らしい~~notes

みなさんの作品、どれもがステキです。
先生の作品は、空間のバランスが絶妙ですね。
それと、さらさらっと描かれたラフスケッチが
お上手で、さすが先生だわと思いました。

山百合子さん、いい教室に通われていますね。

千春ちゃん

写真で撮ると本物にはちょっと遠くなるのよね。
先生の絵ですが、今年はちょっと優しい感じの物が多いと思う。
サクラソウの葉が見ていると引き込まれそうですよ。

得意分野と言うか、好きな物を描くとついそうなるのよね。

カラッチさん

先生の作品は何時見ても素敵です。
躊躇わないしっかりした線、迷いの無い線と見習いたい所が一杯です。

カラッチさんの布絵の参考になると聞いたら、描いたお友達が喜ぶと思うよhappy01

ももちゃん

先生は今年80才になりますが、お元気で、フットワーク軽く何処にでも出かけています。
この先生と出かけると、歩く植物図鑑の様です。

詳しくしっかり描く所と、ラフなのに表現は出来ている所と絶妙なバランスで、見ていて疲れない絵になっています。

色々な方の中には、素敵だけど、写真見たいだったり、手が混み過ぎて、見ている者を疲れさせるという作品も有るのよ。

素敵ですね。

実物を拝見したかった。

こうやって画面でみているだけでも、ほれぼれしますね。精密さに、描くときの集中力を感じます。

今度、山百合さんの作品、本物を見せてくださいね。

先生の作品、精密さだけではなく、お花に深い愛情を持って描かれていますね。本当に引き寄せられます。
山百合さんの撮り方も上手だから伝わってくるのでしょうね(^^)
生徒さん達の作品も夫々個性があって素敵です。
素敵な先生にめぐり合えましたねnote

ぴとこさん

来年は先生の作品も含めて一緒に見ましょう。
細密に描くのは、観察が大切と言う事を教えられました。
私の描く物は、なんだかぼんやりしていると思うのは、先生の描く線の鋭さを見るからです。
ぼちぼち頑張って行きます。

あずささん

写真は、自分が写り込まないようにと、大変ですcoldsweats01
色々なタイプの先生がいらっしゃると思いますが、私が良いなと思っているのは、人と上手下手を比べない自分を持つ事、自分の絵を描く事を主力に考えている所です。

課題は沢山有りますが、焦らずに、自分で出来る登り方で精進したいです。

これが先生の作品なのですね。
あたしから見たら山百合さんと変わらないんですけどー(;´▽`A``

サクラソウの葉は見事ですね。
そこらへんはやはり先生の実力なんでしょね(笑)

えびちゃん

ハハハ、それは、本物見て無いからよ。
サクラソウは見飽きない綺麗さよ。
今年は、ちょっと迫力に欠ける作品が多いなと実は思っているの。
昨年は大きな作品で、とても良い物が出ていました。
ちょっとお疲れ気味だったのかと密かに心配しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/44129105

この記事へのトラックバック一覧です: 先生の作品:

« 再びのボタニカル | トップページ | 幕山 »