最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 一触即発 | トップページ | 成田山の豆まき »

2009年2月 1日 (日)

水仙遊歩道

今日は、毎度お馴染み、南房総市の富山水仙遊歩道をパソコン通信時代からのネットの友人と歩いて来ました。
昨年のレポはこちら
ハイウェーオアシス富楽里に11時と言う事にして、横浜方面から一台の車に相乗り5名と、高速バスで2名、車で3名、私も車で行き11名です。
風も強かったので、高速から見える富士山が綺麗。目的地の前で高速を降りて勝山海岸から富士山の写真を撮る。
015_stitch

無事に道の駅富楽里(ふらり)で皆さんと合流。
044 高速の側面や周りに植えられた水仙も満開になっている。





のどかな道を歩いて、いよいよ遊歩道に入る。
遊歩道に入ると、一気に風も除けられているのか暖かく、上着を脱ぎたくなる。
水仙も綺麗に咲いていて、早速撮影に余念が有りません。
021 024





河津桜も可愛い、万両の赤い実も水仙の中で彩りを添えています。
025 029





暖かいので、巣箱の周りに
ミツバチの飛んでいるのが見えた。
030





展望台からは、大島も大きく見えて、良い眺めです。
032
のんびり歩いて1時間、ここでお昼にしました。




帰りは下りですが、ここも水仙が綺麗です。
甘い香りに包まれて気持ち良く歩きます。
036037_2





田んぼの中の菜の花畑が綺麗です。
040





時間が有るので、大房岬へ行く事になりました。
今度は海を見に行きます。
私は、Toryさんが最近写真教室の撮影会で使えるようにと購入した「フォトバード号」に皆さんと一緒に乗せて貰って向かいました。
045





大房岬の駐車場から歩いて海岸へ下ると、富士山が綺麗に見えます。
047 056





後ろにはこんな大きな崖が有る。
050_stitch


今日は、撮影大会のようになり、夫々思い思いにシャッターを切っている。
展望台へ向かい、遠くまで見える景色に、何の建物かと想像を巡らせたりする。
目の前には増間島、後ろ奥には鋸山。
060
1時間程の散策を終えて、駐車場に戻り、再び富楽里へ、ここからバスで帰る人を見送り、次の目的地は保田の漁港が経営する「ばんや」と言う食堂へ行き、美味しい食事をして皆さんと別れました。
楽しいオフ会の1日でした
happy01

« 一触即発 | トップページ | 成田山の豆まき »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

おぉ~ 今年も水仙遊歩道の水仙綺麗に咲きましたね~
4枚目の水仙と5枚目の河津桜・・・とっても素晴らしいね~んhappy01

山百合さんの写真も何だか一皮むけたみた~いscissors
トップの水仙もまた変わってましたね。

最後の海も・・・素敵!!
パソコン通信時代からのネットの友との楽しいひと時でしたね~lovely

写真教室への参加だったのかしら?
この日は、猫さんが耳の後ろまで舐めていた翌日ですか?

カラッチさんがおっしゃるように、写真がイイ感じに撮れていますね。
温かくて気持ちよさそうな風景だわぁ。此方はまだまだ寒いです。

カラッチさん

今年も行って来ました。
ここは、私の好きな所で、パソコン通信時代の皆さんを案内出来て良かったわ。
とても喜んで貰えたのよhappy01

河津桜が可愛かったので撮って見ました。
青い空にピンクの桜、写真だけ見ると春近しなんだけどね。

ももちゃん

写真教室では無くて、気の置けない親しいネットのお友達とのオフ会でした。
山歩きと言う程では無いので、皆さん立派なカメラを持って思い思いの所で写真撮って楽しかったです。

周りは、のどかな田舎の風景、ほのぼのした所と言うのも、皆をのんびりした気持ちにして呉れました。

まだ寒いよね。

山百合子さん
昨日は素敵な所に案内していただきまして
どうもありがとうございました。

お天気良いし、お花はきれいだし、美味しいものも一杯食べて
のんびり楽しい一日でした。
私を含めて、カメラが流行っているせいか
全員が(たらちゃんまで)カメラを持って・・・
大撮影会という感じでしたね。(笑)

そうそう、スタンプラリー
先着20名に水仙をプレゼントだったそうで
私が持って行ったときには既に配り終わっていました。ざんねん。

Tomoさん

昨日は、風は有ったけど、お天気が良くて、周りの景色もくっきり見えたね。
富士山があんなに綺麗に見えるのは珍しいんです。
皆さん晴れ女と男だったのかな。

本当に素晴らしいカメラを持っている人が多いのね。
小学生のたらちゃんがしっかりして来て、生まれた時から見ていると、会うたびに嬉しくなるんだわ。
亀さんから立派なカメラを借りて、一人前に撮ってましたね。
将来のカメラマンだわhappy01

スタンプラリー、早いもの勝ちなんだ・・・残念でした。

また、遊びましょうねwink

TBありがとう。Tomoさんの所は出来ないのね。

富山水仙遊歩道、今も満開の水仙が眼に浮かびます。
又行ってみたいけれど、千葉は遠い。

榛名さん

こちらは、何時も静かで水仙の密度も高いのでとても喜ばれます。
案内の甲斐が有ります。

群馬は梅の季節になりますねhappy01

おぉぉぉ・・・
始まりましたね、水仙強調月間が。
いつもながらきれいな景色~~。
好きです。
山百合子さん、車でってあったけど、車買ったの??

ハイジさん

マイカーを持たないので、例年の様に水仙強化月間とならないのよbearing
普段は必要な時に娘の車を借りる、つまり車を二人でシェアしているの。
この日もそうしました。
でも、色がね・・・何と言うか
   濃いピンク系なのよcoldsweats01

富士山見えるのは珍しいんですか!!
うわ~それはラッキーでした。

以前、私のカメラをたらちゃんに貸してあげたことがあるのですが
結構面白い視点で撮るんですよ。将来が楽しみ。

私のブログ、TBできないようになっていたんですね。
どうりで今まで1度も無かったはずだわ~~。(汗)
できるようにしました。失礼しました。

無性に海に行きたい気分。

Tomoちゃん

あの日は、風が有って空気が澄んで居たから見えるかなと思っていたけど、あんなに綺麗に見えるのは珍しいのよ。
だから、余計皆さんと一緒に楽しめてラッキーだった。

たらちゃん、本当に素直に良い子に育っているね。
これからの成長が楽しみhappy01

出来るようになったね。
私もTBしましたよlovely

えびちゃん

こんな綺麗な富士山と海の取り合わせ、見たくなるでしょうhappy01
えびちゃんも、今度行こうね。

パソコン通信時代のお仲間との楽しい散策&撮影会?の様子が暖かく伝わってきましたhappy01
山百合さんの写真、益々冴えてきましたね!
画像の一つ一つが、味わい深いな~と思いつつ楽しませていただきました。

Toriさんのフォトバード号に乗られたのですね!
けっこう大きいですね~
海の色が綺麗です^^

あずささん

楽しい水仙遊歩道でしたよ。
私は中々写真が分からないのよ。
でも、自分で見て、こう撮りたいと思うように撮れると良いなと思っています。

Toryさんのフォトパート号、10人は乗れるから、撮影会には活躍している様です。
そのうち、今回の散策もToryさんのメルマガで紹介されるでしょう。

房総からみる富士山はいいですね。素晴らしいお花のオンパレードで幸せな気分ですね。河津桜も菜の花も、千葉ってやっぱり暖かいのね。こんなに一杯だと、お花の香りもよさそう。

パノラマ写真、例のソフトで作られているのですね。いい感じですねshine
私は、残念ながらまだうまくできません。
今のパソコンが容量一杯で、大分削除したけど、もしかしたら空きが足りなくてソフトが入らないのかしら?これらの写真を見ればいいなって。ちょっと、このところ凹み気味なんで、元気になったら、また再トライしますね。

MINMINさん

足に続いて聞いた事が無い手の話でびっくりです。
でも、凄い先生がいらっしゃるんですね。
今すぐ何をしなくては、と言う事では無いようなので、ちょっと安心です。

房総から見える富士山は、何時もは霞んで居る事が多いんです。
こんなにくっきり見えるのは、風も有り冷たい日に限られています。
房総も、鋸山を超えた辺りから暖かさが変わります。
水仙の良い香りに包まれて歩くのは、中々良い物です。

パノラマ写真に合成して呉れるフリーソフト、面白くて色々撮っては作って貰います。
そんなに大きな容量では無いと思うんだけどねぇ。
雪山のパノラマが見られると良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/43928667

この記事へのトラックバック一覧です: 水仙遊歩道:

» 富山水仙遊歩道と富士山の絶景 [1歩・2歩・散歩♪]
水仙が咲く素敵なところがあると誘われ、南房総の富山へ行くことに。 雨上がりの日曜日、風は強いけれどお天気は最高! アクアラインの長い長いトンネルを越えると 海ほたるで、富士山がどどーん!と見えました。 まあ、飛行機の多いこと。 これは羽田と成田、どちらへ... [続きを読む]

« 一触即発 | トップページ | 成田山の豆まき »