最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 夏休み | トップページ | 夜の高尾山 »

2008年9月 1日 (月)

九月

今日から九月です。
最近の天気は目まぐるしく、一日で、全部の天気を体験できたりします。
先日は、朝からの大雨でしたが、間もなく止んで青空が出てきました。
そのうち曇って来て、夕方には雷まで鳴りだした。
大雨だと、鳴き止む蝉も、雨さえ止めば命の限りに鳴いています。

昨日は、ネットのお友達、シジュウカラさんが、カケスさんと一緒に家まで来て下さった。
毎年、全国津々浦々を車で回り、山旅を続けるお二人の今年は北岳から始まって、南アルプス縦走、長野、群馬、新潟を歩いて17座、計画通りに歩き続けました。
時にはお天気に翻弄された様ですが、順調に日程も進んだので、こちらに来られると連絡が有る。
今年は会えないと思っていたので、思いがけない嬉しい事で楽しみに待っていました。
最後にお天気が悪くなり、停滞しましたので、日曜日になったけど、筑波山に登ってから千葉へと言う事で、昨日の3時過ぎ到着です。
一年ぶりの再会に小学生のように手を取り合って喜ぶ。
私たちは、同じ年と言う事も有り、幼馴染のような気がします。
シジュウカラさんの誰からも好かれる人柄も有り、今回の旅も沢山の人との触れ合いが有った様です。
時間も忘れて山旅の話が尽きません。

猫たちも自然にふるまっていました。
カラッチさんが写真を撮ろうとしてちょっとまっくに逃げられる。
033
今日は、ご親戚に寄ると言う事で、午後名残惜しく帰られました。



家では、ネットのお友達の話をおばあちゃんにしています。
実際にお会いして、その人柄を見て、どうして仲良くしているかと言う事が分かると言われました。
そして、私に、そう言う良いお友だちがいる事をとても喜んで呉れました。
初めは、ネットのお友達と言う事が中々理解出来ない様でしたが、沢山のお友達が訪ねて下さって、自分も知らない世界を知る事が出来たと90才になってもそう言うおばあちゃんも素敵だ、と改めて私も嬉しいと思う日々です。

りんごが、じっと見つめているので、水には氷を入れて見ました。
今日は蒸し暑いしね。
氷をちょっと触って、手に付いた水を飲むりんご。
030 029





まっくは水の中に手を入れて飲んだりはしない。
020
二匹とも、お客さんと言う感覚より、寛いで自然に過ごしていました。

« 夏休み | トップページ | 夜の高尾山 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

カラッチさん方のご様子や、
一年ぶりの素敵な再会がとても伝わりますぅ。
お母様も少しずつそんなお付き合いを喜んで下さって・・
ホントに素敵な笑顔のお裾分けを頂いた気持ちです♪
2ぴきちゃんはマイペースですねwink

PS・・偶然なんですけど!
明後日お嫁に行った旧友が九州から帰省します・・
山登りを初めてるらしいので、4日晴れたら高尾山に行くつもりです(^^)v

シャインさん

今年のカラッチさんたちは、中々厳しい山歩きだし、こちらとは違う方角でしたから、会えないかと思っていたの。
車が有れば、定宿、蔦木道の駅まで去年の様に行けたんだけどねcoldsweats01

思ったより順調に山歩きが出来て、こちらに来られる事になり、とっても嬉しかったです。
山の話で、時間が足りなかった~fuji

猫たちは、お客さんだからと慌てる事も無く、すぐに慣れていましたよcat

シャインさんもお友達が山歩きを始めたのなら、高尾山にご一緒しての再会、楽しまれるでしょうhappy01

山百合子さん
こんばんわ~
カラッチさんとの楽しい様子拝見しました。
わたしも家の人にネットで親しくさせている方のおはなし、よくしています。
最近はわたしよりはやくいろいろなこと知っているのもしばしば。。

りんごちゃん、まっくちゃんかわいいな、氷うちに犬がいるときは、暑い時期には、氷カリカリ食べてました(笑)

らっしーさん

今年はカラッチさんと会えなくて残念だったね。
私もそう思っていたんだけど、こちらに来て下さって再会できました。
ネットの付き合の不思議を家の人たちも理解して来ています(* ̄ー ̄*)

猫たちは、氷を入れると不思議そうな顔していますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/42348304

この記事へのトラックバック一覧です: 九月:

« 夏休み | トップページ | 夜の高尾山 »