最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

栗の渋皮煮

今日も寒かった。
秋です、クリです。
と言う事で、渋皮煮作って見ました。
002





美味しい~食べ過ぎ注意です
lovely

2008年9月29日 (月)

冷たい雨

今日は冷たい雨の一日だった。
ついこの間までは暑いと言っていたのに、涼しいを通り越して寒い。

ワレモコウは、勝手に繁殖して、所構わず出るので若干庭の厄介者扱いになっている。
元々この地に根付いていた物なので、私たちより先住者では有るんです。
移植すると具合が悪いのに、種がこぼれて育った物はとても元気。
ドウダンツツジの根元から出たのは、ドウダンを突き抜けて咲いている。
003 005









二階からも写真を撮って見た。
011





ヘブンちゃんは相変わらず綺麗。
008

この写真の後、雨が強く降って来た。

2008年9月26日 (金)

強風にて中止

昨日は、ウォーキング仲間で、お向かいのS子さんとディズニーシーへ行った。
行った事が無いし、知らないと、将来孫を連れて行けないと言うので、お天気の良い日に行こうと前々から計画していた。
天気予報を見て、即行動出来るのは、ご近所の良い所。
晴れから曇りに成ってしまった予報だが、家を10時に出る。
シーに着いたのは11時半。
何時もの様に大きな地球。
Imgp1267






歩く町並み、気分はイタリア
happy01
Imgp1268







今日は、ショーを中心に効率よく歩こうと言う計画ですから、まず、ミスティクリズムを見てから食事。
シェフお勧めセットと言う中華で、デザートはミッキー模様のババロア。
Imgp1270_2







次にメディテレーニアハーバーと言う中心に有る所の昼のショーレジェンドオブミシカを見る。このショーは初めて。
王冠の様な船?からモーターバイクが一斉に出て来た。王冠からは噴水。
Imgp1272 Imgp1278






満艦飾の船団がやって来て、迎える王冠は盛大に水をまき散らしている。
船団の中には火を吹きながら来る物も有る。
Imgp1282 Imgp1285






と、王冠の真ん中がどんどん伸びて、人が・・小林幸子みたいだ・・・

Imgp1286_2 船団の真ん中も上に伸びて、人が・・小林幸子が一杯・・
モーターバイクが凧、この場合はカイトと言った方が良いのか、ぐるぐる回りながら乱舞させる。
中々派手なショーだった。



次に向かうは、ベネチアのゴンドラ。
もう、行けないから、気分だけベネチア。
Imgp1287_2 Imgp1288






Imgp1291






マーメイドを見てから、アラビアンコースとへ行き、3Dで見る所が有るマジックランプ、次が、船に乗ってシンドバット。
気分はアラビア
Imgp1294






ぶらぶら歩いているうちに夕闇が迫って来ました。
ここは、水と火の滝の様な所。夕焼けが奇麗でした。
Imgp1296






こんな白い彼岸花も咲いているけど、回りは真っ暗になって来た。
Imgp1298
軽食を食べて、アメリカンウォーターフロントで、ビックバンドショーへ向かう。
大きな劇場で、入り口に人が一杯、最後のショーだけど入れるのかと思ったら、中は余裕です。
ショーを楽しんで外に出ると、もう日はすっかり落ちて、夜に成っている。
最後は、お楽しみ、今日の締めくくりのブラビッシーモと言う水と火の奇麗なびっくりするショーにワクワク。
このショーは8時から始まるので、30分程、良さそうな場所で座って待つ。
昼間のショーと同じ所。
でも、何となく風が嫌な感じに吹いている。
今年の2月の末、千春ちゃんとぴとこさんとこのショーを待っていて、寸前で中止に成った事が思い出される。
あの時は寒くて団子に成って座って待ってたなぁ〜
もうすぐ8時・・と、アナウンスが「本日は強風のため、ショーは中止とさせて頂きます」ガァ〜〜〜ンがっかり。
でも、他のショーは楽しかったし、良かったねとおばさん二人は帰りました。

私、風を呼ぶのかしら・・・


2008年9月24日 (水)

秋晴れ

天気が悪いと、何かをしようと言う意欲が無くなる。
何かと言うのは、目的が有ると、ちゃんちゃんと体が動くのに、何時でも良いと言う用事は、気分が乗らないと中々取り掛からない。
定年で目的を失った人の事が身につまされる。
と言う事で、最低限の家事をして、後は本を読んだり、テレビを見たりの暮らしが続いている。

天気の良くなった昨日今日、元気が出る。
朝食が終わり、洗濯を干して、新聞読んで、時々掃除して、パソコンで遊んでいたら、もうお昼。
お昼食べると、眠くなる・・・テレビ見たり、本読んだり、もう夕方です。
と、ぐーたら暮していても、それなりに生活には変化も有り、畑には、白菜の苗を植え、大根とベンリナの種まきをした。
沢山収穫出来たトマトは終わったから、その後の整理をして、ホウレンソウでも蒔こうかと種は用意してある。
ピーマンは、最近の方が収穫が多くて、毎年欠かさず作っている優れ物。
そして、ヘブンリーブルー、今年は、こぼれ種が元気。
元気過ぎて、気が付けば、近くのコスモスを巻き込み、ホウキグサ等はすっかり覆われてしまった。
S004 S003





この下にはポーチュラカの植えられたプランターが有るのに、もう見えない。
S006





こちらのポーチュラカは元気に咲いている。
S007





良く考えたら、今がちょっと暇と言うだけ。
愚痴の多い日記になったと反省。

2008年9月14日 (日)

写真展で横浜へ

昨日の13日土曜日は、パソコン通信時代からの友人、自然風景写真家の鳥越章夫さんの個展が横浜で有り、同じく当時から親しくしていたCompOnさん(大手企業を定年退職してから、何かと忙しいと言う)と赤城さん(薬剤師として今も仕事を続けている)の3人で出かけて来ました。
当時、通信の山フォーラムで仲良くなった私たちは、山行きにはシルバーボッカ隊と言う物を結成して、あちこちの山へ出かけていました。
我々は当然シルバーで、自分の持ち物だけを持つ。
ボッカ隊員は、荷物が持てれば資格が有ると言う事で、年齢性別の制限なく、それと無く、オフ会などで、勧誘されて隊員になった人もいます
coldsweats01
ボッカ隊は、テントや食料、水を持つと言うとても素敵な事で私たちは楽ちん登山していました。
鳥越さんはボッカ隊ですから、共同装備を持ちそれ以外にカメラや三脚を持って弁慶の七つ道具の様な恰好だと言われながらの、楽しい山歩きの思い出が沢山有ります。
軟弱でへたれな私が、幾つかの3000メートルの山へ登れたのも、ボッカ隊のお陰です。

今回は、シルバーの二人には久しぶりに会うので、楽しみにしていました。
関内駅で待ち合わせして、中華街へ行く。
餃子事件で少し客足が遠のいていたそうですが、連休の初日は中々の混雑。
お店の看板に福の字が逆さになった物が有る。
早速博識なCompOnさんから、福の字が逆さなのは、倒れていると言う字の人偏を取ると、到になるから、福が来ると言う意味に取って付けられると説明される。
S001
最初から勉強になるなぁ~




適当な店に入り、ランチをする。
ワンタンスープと、焼きそばと、デザートは杏仁豆腐。
S002 004 005




中華街を抜けて、港の見える丘公園を過ぎて、外人墓地方面へ、山手資料館の先に山手234番館の二階が会場です。
昨年も来ましたが、素敵な建物で、昔は外人向けのアパートだったそうです。
こちら正面二階左側の窓の所が会場です。
S012
連休と言う事も有り、次々と来客が有ります。
008



今年はまた、素敵な作品が沢山展示して有りました。
今年の春に、ネットのお友達と千葉の大多喜へ写真を撮りに行った時に、駐車場の脇につくしを見つけてそれぞれに撮った。
007
まるで、私などとは別の場所で撮ったかの様な素敵な作品になっている。
ゆっくり中の作品を見せて貰い、鳥越さんともお喋りして、私たちは会場を出る。
006


そこからブラブラと元町まで歩いて、途中の店でお茶。
コーヒーで何時間も喋ってしまう。
人生の事、ネットの世界で調べられる事の真実、等など話も尽きず、気が付けば夕暮れです。
石川町の駅まで歩いて、またねと名残惜しみつつ別れました。

おまけ  お昼御飯を待っている猫
017 S023

2008年9月12日 (金)

猫とまったり

毎日ネットで、色々な猫ブログを楽しんで見ていると、皆さん上手に写真を撮る。
ピタッと決まった表情や動作の写真を見ると、常にカメラを近くに置いているのかと思う。
今が一番良いと思ってカメラを向けると、気配を感じた家の猫たちは動いてしまう。
何時もカメラを持ち歩く訳では無いし、身近に無いと携帯で撮って見る。
でも、何処か違う。
この猫のちょっと曲げた手が可愛いと思うけど伝わらないし、こちらを見つめる姿を可愛いと思うのは私だけ
coldsweats01
200809112023 200809112104





のんびりテレビを見ていると、いつの間にかマックが横に来て、私の手を枕で寝ている。
近くに携帯が有ったので撮りにくいなと思いながら撮って見た。
200809112224





娘が、母は猫グッズを見ると、すぐ買ったりして、猫に甘すぎると言う。
そんな中の一つに籠が有り、こちらの思惑は外れて寝る事が無かった。
それで、ちょっと工夫したら、しっかり寝ている。
011
でも、下に敷いた布、ちょっと派手、何処から持って来たのかしら、でも一応秋めいて紅葉だわ。
その下に敷いて有るのは、夏に涼しいようにと、水を入れるマット。
折角二枚買ったのに、臆病猫は絶対乗らない。
モニョモニョしてて良いと思うんだけどなぁ。だからと籠に入れてその上に適当な布を置いて見た。
この籠の置き場所は、椅子の上に座布団を重ねて私の部屋のテーブルとほとんど高さが同じになった。
猫だって、何処でも良いと言う訳では無く、高さとか、風の流れとかそれなりにこだわりが有るらしい。

やっぱり猫に甘い、それも猫には勘違いにかもcat

2008年9月 8日 (月)

秋晴れ

ずっと落ち着かない天気が続いていた。
今日は、予報もスッキリカラッと秋晴れと言っている。
何でも出来そうなほどの気持ち良さ。

こうなると、夏の暑さで参っていた朝顔のヘブンリーブルーが元気になる。
昨年、ネットのお友達かつとんさんから種を頂いた物。
この朝顔は暑さに弱く、快適な気温がお好みの様子。
色合いも良く、一杯花を付け始めた。
この花、去年のこぼれ種で育ち、別の場所に種をまいた物は、ひ弱に咲き始めている。
最初は、育つのかと思っていて、支柱も立て無いでいたら、あちこちに絡みそうになった。
慌てて、簡単な支柱と網をして様子を見ていたら、俄然勢いを増して、もっと伸ばしてやれば良かったと思う成長を今でも続けている。
先端は行き場を失い、風に揺れていて、窓の開け閉めの時、こちらに向かって来る。
004





こぼれ種は、大きなプランターの中だけでは無く、庭にもこぼれた。
庭に出た物は育たないかと思っていたら、この所一気に頑張り、近くのプランターを覆い隠して、近くのコスモスなどを巻き込んで咲いている。
006





ルリマツリの花も風に揺れて
、涼しい色が好き。
010


2008年9月 5日 (金)

交流

高尾山オフに行く日、歯医者が終わり、小湊鉄道の駅まで歩いて行った。
田園風景の中に有るローカルな駅、涼しい風が吹いていて、見回せば稲刈りの終わった田も有る。
本数も少ない線ですから、待ち時間は沢山有る。

ベンチに座って待っていると、後の席では、「暑いですね」と言う挨拶が有り、私より少し上の世代のご婦人が座った。
時候の挨拶だけかと思っていたら、そのご婦人たちは、自然に話し始める。
それは、たまたま電車を待っていると言うだけの偶然の出会い。
その電車を待つ20分も無い間に、そのご婦人たちは、身の上から今日のお出かけの目的、ご主人の勤め先まで、前に座った私まで知ってしまう。
そこには、個人情報も何もない。
一人の婦人は、編み物を習っている仲間とカラオケでのお出かけ。
もう一人の婦人は、家にばかり居るので気晴らしのお出かけ、何故家にばかり居るかと言うと、今年の初めご主人を亡くした(それを言う時は涙声)一人暮らし。
故郷は何処、子供の数、その子供が何処にいるか、個人情報の公開オンパレードだ。

カラオケ婦人は、喧嘩はするけど、夫が居なくなると寂しくなるでしょう。
そうなった時に困らないように、今からお友達を作って一人でも楽しむのだと言う、その言葉には、自分の方が残ると絶対の自信、自分の方が先に等、微塵も思っていない。
夫を亡くした婦人は、ご主人の定年後引っ越して来て、こちらに知る辺も無く、趣味も無く、友達も居ない、ご近所とは、懇意と言うほどの付き合いも無く寂しいと言っている。
その二人の婦人は、挨拶から始まってそこまでも話が出来るとは、何がそうさせる物が有ったのだろう。
波長が合うと言う言葉が有るけど、私は、席を離れて座っていたから分からないけど、多分、電車の中でも話は続いていたと思う。

私の方は、新宿から京王線で高尾山口へ、途中からぴとこさんが乗って来て、それまで黙っていた私は、すぐお喋りが始まる。
高尾山口まで、お互い久しぶりでは無いのに、ずっとお喋り・・
オフに集まった3人の予定時間の制限は無い。
なので、終電に乗るためのリミットの有る私を、ぴとこさんは家に泊まってと言うので、そのお言葉に甘える事にした。
お陰様で、しっかり楽しめました。

皆さんと別れて、ぴとこさんの家に着き、ご子息に挨拶、ご主人は出張で残念お会い出来なかった。
以前お会いしたことの有るご主人に何処か似ているご子息。
お茶を飲みながら、二人で話の続き、本の事、ネットの事、写真の事、気付けば2時近い
wink
枕を並べて(夜中に無意識に出る音が心配だけど)お休みなさいsleepy

ご子息が出勤されて、喋りながら起きだす。

朝食を食べて、ぴとこさんの最近買った写真集や本を見せて貰ったりする。
何時までも尽き無い話は何故だろう。
前日の婦人たちは初めて会ったのに、波長が合い身の上まで話をする。
ぴとこさんと私は、お互
好きな事が、自分の興味のある事、と言う共通点で話が続くのかも知れない。
自分とかみ合わない話をすると、どっと疲れるのに、これだけ話をしても疲れない。
千春ちゃんとえびちゃんと話をしても疲れなかったし、緊張もしない。
私は何にも気にしないで人と話が出来ると思っているし、そう思われているようだけど、そうでは無くて、波長が合いそうな人を無意識に選んでいる様な気がして来た。
そして、根っこに有るのは人が好きなんだと言う事かも。

家で咲いている花。 名前は、チェリーブロッサム
022

2008年9月 4日 (木)

夜の高尾山

昨日、高尾山へ出かけました。
新しい靴の試し履きも出来るし・・・何時も、山帰りには、行って見たいと思っていたビアマウントへ寄ると言うお楽しみが待っている。
036
歯医者の予約が有ったので、治療を済ませて、電車を乗り継いで高尾山口へ向かう、途中でぴとこさんが乗ってくる。会えば、お喋りの花が満開になる。
高尾山口駅には1時40分過ぎ、何時も、素敵な明るい笑顔の千春ちゃんと会える。
そして、今回は、えびちゃんを待つ。

3人とも初めて会うので、ちょっとドキドキ・・やがて現れたえびちゃんはすぐ分かった。
思わず、3人で、可愛い~っとおばさんは本音で遠慮が無い。
素敵な感性で人気ブログのえびちゃんは、思った以上に素敵な可愛い人だった。
すぐに打ち解けて、歩きだし、帰りの事もあるので、ケーブルの往復券を買って乗り込む。
登り側に座ったら、急な所では、前にのめりそうになり、足に力を込めて頑張る。
前の席は千春ちゃん、もし、イケメンの方だったら、頑張らないかも・・・

野草園に入る、ぴとこさんは三脚を持ち、写真を撮る前にザックの中から色々荷物を出して支度に時間が掛かっている。
私たちは、適当な被写体にカメラを向けている。
ザックを散らばらせていたぴとこさん、最近単焦点のレンズを買ったのに、忘れたと嘆きつつ、三脚を構えたりして撮影、カッコ良い。
えびちゃんの天敵はテフテフです。上を見ると、ヒラヒラと舞い踊る物体有り、下を見るように言い、私たちは、手で追い払う。
004 007





008 022





025 021





006









秋の花が咲いていた野草園は季節ごとに咲く花を変えていた。
野草園を出ようとしたら、ケーブルの切符を落とした人は居ませんかぁ~と下の方で、声がする。
「あぁ~私」とえびちゃん、まだ先が有るから、私、ママが切符を預かる。

花を楽しんだあと、サル園へ。
今年生まれたと言う7匹の子ザルの動きが可愛くて、皆で写真をバシャバシャ撮る。
園内で親切な説明を聞いて、猿山の群れの事情を聴いたりして、何だか人の社会を見ている様だと思ったりする。
033 032





ここを出る時、ぴとこさんは大切な三脚をあわや、忘れる所だった・・・ママは、重い物は預かれないし・・・なので時々流し眼で三脚確認。

ここからは、ゆっくり山頂を目指す。
汗が流れる山頂では、差し入れのミカンや、冷たいゼリーを頂く。これ以上は、今後に障りが有るので、我慢です。
035





もう、薬王院を通る道は閉められている。
037





お喋りしているうちに到着。
038





既に、上の夜景が綺麗なビューポイントは満席、まぁ、下の料理に近い所に座る。
意欲満々で、色々な料理を盛り付けて来る。
ラーメンなんかも有る。おでんも有った、飲み物もアルコールからソフトドリンクと取り揃っていた。
この料理だけで済む訳もない私たちは、数度通い、最後のデザートまでしっかり頂く。
039_2 013_2





2時間のタイムを1時間オーバーして、夜景も見て、えびちゃんの発案で、記念撮影。
015





下りはケーブルで、預かったえびちゃんの切符も無事に手渡して乗る。
帰りは、下り側に座ったので、頑張らなくても良い。
017





高尾山口からの電車で、途中で千春ちゃんが下りて、ぴとこさんと私が下りる。
乗り換えた私たちの電車から、えびちゃんが見える、こちらを気にしつつの姿が可愛い~手を振る私たちを引き離す電車。

この日は遠く、田舎住まいの私に気にしないで遊びましょうと、言う事でぴとこさんのお宅へお泊まり。

楽しい夜でした。皆さんありがとう~楽しかったよ~
(* ̄ー ̄*)

2008年9月 1日 (月)

九月

今日から九月です。
最近の天気は目まぐるしく、一日で、全部の天気を体験できたりします。
先日は、朝からの大雨でしたが、間もなく止んで青空が出てきました。
そのうち曇って来て、夕方には雷まで鳴りだした。
大雨だと、鳴き止む蝉も、雨さえ止めば命の限りに鳴いています。

昨日は、ネットのお友達、シジュウカラさんが、カケスさんと一緒に家まで来て下さった。
毎年、全国津々浦々を車で回り、山旅を続けるお二人の今年は北岳から始まって、南アルプス縦走、長野、群馬、新潟を歩いて17座、計画通りに歩き続けました。
時にはお天気に翻弄された様ですが、順調に日程も進んだので、こちらに来られると連絡が有る。
今年は会えないと思っていたので、思いがけない嬉しい事で楽しみに待っていました。
最後にお天気が悪くなり、停滞しましたので、日曜日になったけど、筑波山に登ってから千葉へと言う事で、昨日の3時過ぎ到着です。
一年ぶりの再会に小学生のように手を取り合って喜ぶ。
私たちは、同じ年と言う事も有り、幼馴染のような気がします。
シジュウカラさんの誰からも好かれる人柄も有り、今回の旅も沢山の人との触れ合いが有った様です。
時間も忘れて山旅の話が尽きません。

猫たちも自然にふるまっていました。
カラッチさんが写真を撮ろうとしてちょっとまっくに逃げられる。
033
今日は、ご親戚に寄ると言う事で、午後名残惜しく帰られました。



家では、ネットのお友達の話をおばあちゃんにしています。
実際にお会いして、その人柄を見て、どうして仲良くしているかと言う事が分かると言われました。
そして、私に、そう言う良いお友だちがいる事をとても喜んで呉れました。
初めは、ネットのお友達と言う事が中々理解出来ない様でしたが、沢山のお友達が訪ねて下さって、自分も知らない世界を知る事が出来たと90才になってもそう言うおばあちゃんも素敵だ、と改めて私も嬉しいと思う日々です。

りんごが、じっと見つめているので、水には氷を入れて見ました。
今日は蒸し暑いしね。
氷をちょっと触って、手に付いた水を飲むりんご。
030 029





まっくは水の中に手を入れて飲んだりはしない。
020
二匹とも、お客さんと言う感覚より、寛いで自然に過ごしていました。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »