最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 物置 | トップページ | シロヤシオ »

2008年6月 9日 (月)

ネマガリタケ

6月7日、那須の辺りでネマガリタケを取ろうと言うオフに出掛けて来ました。
メンバーは、何時もの山遊び隊です。
車の無い私は、新幹線で那須塩原駅に、幹事の、ぼとくさんが迎えに来て呉れた。
道の駅に9時半集合、シモンさん夫妻、だるまさん、マダム和子さんと今回はちょっと寂しく6名です。
行き先は、大峠を越えて会津へ抜ける旧道をネマガリを捜しながら歩く事に成っています。
以前歩いた時より、舗装が伸びていた。
身支度して歩き出す。
P1040264
根元でぐるりと方向を変えた木が有る。風雪に耐えて大きくなっているのでしようか。
P1040266







早速ネマガリが出て来たので、声を掛けながら、薮の中に入る。
足下に頃合いのネマガリタケを見つけて、手で折れる所から収穫。
適当な所でまた、道に戻る。
P1040268
深く入り込むと、結構迷うかも知れないので危険です。
私達は、あくまでも遊びですから、深追いはしない。




シモンさん熊除けの大きなカウベルしている。
収穫したネマガリタケ。
P1040270 P1040273







のんびり歩けば、新緑の中にヤマツツジ。
那珂川ですから、この川は、茨城へ旅をする事に成ります。
橋の上から覗くと魚の影が見えた。
P1040275 P1040279






P1040281







お腹も空いたので、川の近くの広場でお昼にします。
採り立てのネマガリを茹でている所。そのネマガリと、ベーコンを炒めたもの。
P1040286 P1040285







夫々が持って来たおむすびを食べ、持ち寄りのおかずで何時もの事ですが、お腹一杯。
茹でたネマガリはマヨネーズで食べる。 P1040289
P1040287_2







私は、鳥のササミとチーズの薫製。冷たいパイナップルのデザート。
P1040288_2 P1040291







ぼとくさんのウィーンのお土産は、メロン系のドライフルーツ。
P1040292







写真に撮れなかった物も色々。
お腹も一杯に成り、また歩き出す。
春ゼミが居た。
P1040293






クルマバソウが咲いているし、ギンランも群生していた。
Imgp0838 Imgp0845











P1040298







沼原へ抜ける道が有り、そこにこんな看板が立っている。
最後の、熊をからかわないと言うのに、皆で笑う。
P1040296 P1040297






三斗小屋宿跡に着いた。
以前には無かった鳥居が有り、そこまで行って見ると。
P1040302

P1040303











元禄 8年、会津中継道の開削により、白湯山信仰が盛んになった頃、表参詣口として三斗小屋宿に大鳥居が建立された。
慶応4年、戊辰の役で戦火に罹り、崩壊して、一部は苦土川崖下に転落埋もれていた。
明治の先人が渇望した歴史有る大鳥居の復元に着手して3年、平成19年9月に完成と言う碑が立っていた。

広場に成っている所には、こんな立派な石灯籠も残っている。
P1040307












その昔はそれなりに賑わっていた所も、今は春セミとカッコー等の鳥の声だけが聞こえる静かな所です。
P1040299 P1040301







今日は、ここまでとして、引き返す事にした。
途中で雨が降り出して来たが、傘をさす程度で良かった。
今夜は、板室温泉に泊まります。
十数年の付き合いで、最初の頃は、日帰り、そして、車中泊、テント泊、コテージ泊、とうとう、温泉宿に泊まると言う事でグレードが高くなって来ました。
宿は、誠に私達好みで、食事は持って来て呉れますが、後は自由にどうぞと言う感じで、気楽に楽しめた。
食事も、食べられる量ですが、持って来たメロン等のデザート等も色々頂いて、相変わらずお腹一杯。
掛け流しの温泉に入り、のんびりゆっくりして満足でお休みです。

« 物置 | トップページ | シロヤシオ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
毎年恒例のネマガリダケですね。
すぐに茹でて食べられるんだ〜
マヨネーズにつけて、、アスパラみたいな感じですか?

いくちゃん

恒例になっているネマガリタケですhappy01
本当は、取り立てに茹でる方が良いんだけど、昨日、帰ってすぐに茹でました。
朝、皮をむいて、みそ汁に入れて食べました。
お昼には天ぷらにもして見た。
現地では、すぐ茹でて食べたので、ちょっと甘みが感じられて、美味しかったよ。
食感はアスパラでしょうね。

ネマガリダケも癖がなくて美味しいですよね。
青森県の酸ヶ湯では、「ネマガリダケおでん」が
有名ですよね。甘い味噌に生姜が入ったタレをかけて食べます。

燻製にもゴクッ☆
夫が挑戦するといい続けているんですけどねえ…。
えっと、山と花の話しなのに、くいしん坊なコメントですみません。

それとそれと、此方のブログを読んでから、空豆が大量に食べたくて
・・ファーマーズマーケットまで自転車漕いで買いに出かけました。
400円で66個の空豆が鞘から出てきました。happy02

ネマガリタケオフ・・・いいですね~(^^ゞ
採れたてのネマガリダケ、茹でてるお鍋が小さくて思わず笑っちゃいました~
そうしてまたまた美味しいお料理が並んで羨ましいぃ~(^^)

一枚目の写真の最後、山百合さんですよね。
ギンランにも一杯逢えて、楽しいオフでしたね~

そうそう、先日テレビでネマガリダケを採る時、竹薮の中でゴソッと音がしたら、「熊さんですか~」って言いながら採るんだと言ってましたよ!
熊さんなら返事しないから、急いで慌てないように逃げるんだそうで~す(^_^;)

美味しそう・・・・sweat02
スモークもこりゃまたウマそーです。

緑深い山に癒されますね。
特に鳥居の人が立ってる写真がステキです。

ももちゃん

ネマガリタケと言えば東北北海道の定番らしいですね。
癖も無くて、美味しいけど、小さいから沢山採らないと、皆さんのお腹には入らないし・・でも、藪の中に入って、見つけながら歩くのは楽しい。
酢が湯にそんなおでんが有るんだ。食べてみたいなぁ。
燻製は、そんなに難しくないから、是非、ご主人に挑戦して貰って下さい。
美味しさは保証しますよhappy01
ソラマメ、美味しいよねぇ~

カラッチさん

ネマガリを茹でながら、シモンさんが、大きな鍋を持ってくれば良かったって言ってたhappy01
美味しかったよ、お昼にも色々な物が出て来て、お腹一杯になるの。
これでは、ダイエットなんて・・・
写真の最後は私では無いの。
マダム和子さんです、同級生だよ。
私は写真を撮る人ね。

竹やぶから出る時、残りのクマさんはまだかなと冗談を言いながらだった。
熊の好物なんだって。
だから、お喋りしたり、声を掛け合ったりしてたの。

えびちゃん

スモークって言っても、私のは、温燻だから、ちょっと柔らかいんだ。
何時か、えびちゃんにもご馳走したいhappy01
大鳥居が出来ていて、びっくりだったけど、復元したと言う碑を見て、戊辰戦争なんて、最近では幕末の歴史の事って思っていたから、タイムスリップした見たい。

ネマガリタケ、先日初めて食べました。
茹でたものをマヨネーズで食べたのですが
ベーコンと炒めたのも美味しそうですね♪

それにしても、山百合子さんの山遊びは
いつも美味しいものでいっぱいで、うらやましいです〜。

Tomoちゃん

ネマガリタケって癖も無いし、美味しい物だよね。
ベーコンと一緒に炒めたのも美味しかったし、私たちのオフの時は、焼きそばにも入れるのよ。

私たちのオフは、美味しいオフと言われてます。
そんなこんなの楽しみ方で、十数年、中高年は楽しく遊んでいますhappy01

ネマガリダケは私と義母の好物ですぅ♪
羨ましぃなぁ・・採れ採れをソテーやサラダ。
お昼ごはんまだで^^;
お腹が空いてきちゃいました~。一人だと作るのがつい面倒で・・ダメですね。

ギンランの群生・・素晴らしいんだろうなぁ☆
楽しませて頂きました。

シャインさん

ネマガリタケはお義母様とお二人で好物なんですか。
取り立てって、本当に美味しかったです。
生でもほんのりとした甘味が有って、熊の好物と言うのが納得coldsweats01

茹でて、味噌汁にして呉れましたが、風味が有って美味しかった。
山の中の空気と、美味しいご飯、幸せな時間ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/41480944

この記事へのトラックバック一覧です: ネマガリタケ:

« 物置 | トップページ | シロヤシオ »