最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« お礼 | トップページ | 峠道の花 »

2008年5月26日 (月)

山梨の山

最近はちょっと身辺忙しかったけど、起きた事はそれとして、元気出して行きましょうと、週末はリフレッシュ山歩きをして来ました。
今回は友人が車を出して呉れると言うので、大きな荷物を担いで、途中まで電車です。

土曜日の24日
目的の山周辺は、すずらん祭りで混雑するらしい、なので、前夜ビジネスホテル泊にして、早朝からの行動です。
芦川村、今は笛吹市になっています。
どんべい峠を7時少し過ぎに出発。ここからの道は、散歩コースの様ななだらかさで、新緑の気持ち良い道をのんびり登って行くと、間もなくミツバツツジが現れる。
007_2 011










足元には色々な花が咲いていて、急いで歩くのが勿体ない。
ふと眼を上げると富士山がどぉ~んと見えた。
028





予報は雨になっていたから、期待はしていないだけ、感激。
大きく目の前に目的の釈迦が岳が見えるので、急な登りかと心配したけど、途中の太いロープを使わなくても登れる所でした。
051





山頂からも富士山が見える。そして、印象的な夫婦お地蔵様。
富士山とご一緒にとパチリ。
036_2 041





今回は、雨と聞いていたので、大きな望遠に強いコンデジは置いて来て、防水と接写に強い小型のコンデジを持ってきた。
360度の眺め、南アルプスも、白い頂を見せているし、名前は良く分からないけど、ぐるりと山に囲まれて、眼下は緑の山々が綺麗です。
山頂から、下山後に登る黒岳を見て、新道峠から歩くとなだらかそうだと地図で確認したり、お結び食べたり実にのんびりです。
名残惜しかったけど、下山、帰りは、太いロープを持つ方が楽かと時々使う。
緑のシャワーを浴びて、気持ちはすっかりリフレッシュ。
054 056










車で新道峠まで移動。
時間は11時少し過ぎ、ここから黒岳に登りますが、雲行きはちょっと暗くなって来た。
057





歩き始めてすぐに、河口湖が見える所へ出る。
059





ぽつぽつと雨が落ちたりして心配するが、結局それ程、降られる事も無く、下山出来ました。
082_2










この山も最後が少し急ですが、全体になだらかな道で、足もとの花を見ながら歩く事が出来る。

釈迦ヶ岳に近いのに、林の中の木の様子などが違い花も微妙に違うのが面白い。

060 070 085







073 080 081









084_2086_3






下山して、今夜の宿の下部温泉に向かう途中で雨が降り出して、付いてると喜ぶのでした。





« お礼 | トップページ | 峠道の花 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

百合子さん こんばんは♪
気分を変えて山梨まで。
TOPでお出迎えしてくださった夫婦地蔵様、富士山と一緒にパチリが良い感じ。

気持ちの切り換えの早い百合子さんを優しく歓迎し、見守って下さっているようですね。

色々お花も咲いていて、よいリフレシュの旅になりましたね。
私も嬉しくなりました。\(^o^)/

ベニマシコさん

良い山でした。
新緑とツツジ、色々な花が咲いていて、中々前に進めなかったです。
そんな山の中にいると、色々な面倒な話は忘れて、元気を貰えました。
何が有っても、自分の気持ち次第ですね。

山頂の夫婦地蔵様、ピカリさんのレポで見ていましたから、何だか初めてと言う気がしませんでした。
季節を変えて歩きたいものです。

山百合子さん、ボケた質問ですが、行ったのはいつですか?
この週末は雨で展望もなかったので、実にいい時に行けたと思います。

ベニマシコさんも書かれているようにTOPの写真も変り、心機一転、いつまでもくよくよしない!って感じがしてすがすがしい気分になりました。

車がない生活になってしまって不便なこともあるでしょうが、げんきいっぱいの日々を送って行きましょう。

千春ちゃんとおそろいの写真ですね。

天気も富士山も、山百合さんにエールを送っているみたいですね。もちろん、お花も。

私め得意の、夜行バスという手もあります(笑)

ハイジさん

土曜日の24日でした。
この日は雨の覚悟で、大雨だったら行ける所迄と思っていたのですよ。
そうしたら、山頂前では富士山くっきりでしたし、山頂からの眺めは360度、文句無しの展望でした。
黒岳は、曇っていましたが、時々傘をさす程度で、今回の山歩きはラッキーだったわ。

車が無いと不便の様でも、それなりに暮らせる事が分かりましたから、大丈夫です。
今度、長野へ行く時は現地でレンタカーと言う手を使いますねhappy01

ぴとこさん

千春ちゃんのブログ見て、びっくりでした。
隊長は何時行ったのかしら。
とっても良い山でしたから、季節を変えて行くのも良いなぁ〜と思ったりしています。紅葉とかねmaple

夜行バスねhappy01
私、電車はジパング三割引、年とるのも悪く無いですbullettrain

こんばんは。思い切って土曜日に出かけたんですね。
うちからは富士山が全然見えなかったけど
北側からはよく見えて良かった。
おじぞうさんと富士山、やっぱりいいな。

w(@。@;)w オウ~ 本当に釈迦ケ岳山頂から富士山バッチリでしたね!
この山だけは、カラッチでもあのお地蔵さんみれば山名が分りますぅ~。

三枚目の写真なんて~ あんな富士山見ていたら嫌なことも忘れてしまいますよね~σ(^0^)
デッカイ富士山に抱かれて、気持ちよい山歩きが出来た様子、こちらまで嬉しくなりました~
接写に強い小型のコンデジ、大活躍で良かったね~ん!

いくちゃん

三島からは富士山が見えなかったのか・・fuji
雨は絶対降ると覚悟していたんだけど、ラッキーでした。
この山はとても良かったから、また行きたいと思っています。
お地蔵さんと富士山、何だかほっとする山頂でした。
行って良かったですよhappy01

カラッチさん

ピカリさんの所で何度もお地蔵さんと富士山を見ていたもんね。
行って良かったと言う山で、新緑と、色々な花に出会えて、癒しの山でしたnote
接写に強いから花が奇麗に撮れて嬉しいよ。
今回は雨の覚悟だったから、このカメラだけ持って行ったの。
防水だもんねcamera

元気だなあ。元気のお裾分けをいただきました。
富士山と夫婦地蔵がいいですね。
幼い妻地蔵を守ってる男前でりりしい夫地蔵という感じがいいな。
このお友達が猿友ですか?

ももちゃん

元気を貰える山でしたhappy01

このお地蔵様に会いたいと思っていた所ですから、なんだか懐かしい人と会えたような気がしました。
いつも、写真では見ていたからね。
写真で見ると、帽子のかぶり方が季節によって違う様な気がするお地蔵様です。

一緒に行ったお友だちは、猿友では無いのですcoldsweats01

富士山と夫婦のお地蔵様が山百合子さんが来るのを待っていたかのようですねhappy01
気持ちが晴れ晴れされたのではと、私も嬉しくなりました。
山によって、お花も様々、不思議ですよね~
秋の紅葉も素敵な山とのこと。再び訪れるのも楽しみですね。
お天気も山百合さんに合わせてくれたようでlovely

あずささん

雨覚悟で行きましたから、富士山が見えた時は本当に嬉しかった。
そして、ピカリさんの写真で見ていたお地蔵様に出会えて懐かしい感じでした。
雨でもと思っていても、やっぱり晴れが良いものね。
釈迦ヶ岳また、行って見たいと思う所でした。
黒岳はちょっとお天気下り坂でしたから、河口湖からの富士山が次回は見たいと思いますfuji

毎年年末に行く山です。
けど、一昨年、ここでカメラを失くしてから行ってません(笑)
今の時期は全部は無理だけど冬は南ア、北ア、八ツ、奥秩父・・・ととにかく大展望の山です。
本当はナイショにしてるんですけど一番スキな山なんですヨ( ^ ^ )

えびちゃん

そうか、ここでカメラ無くしたんだ。
アクセスにはちょっと大変かなと思うけど、すっごく良い山だよね。
年末年始だったら、雪も有るかな。
冬なら、大展望だろうなぁ~
私も大好きな山になったわhappy01
また行きたいnote

檜洞への出発した夜、山百合さんはお帰りの山行きだったようですね。

かつとん・・富士の見える山としては黒岳は3回も行った山。芦川町を登っていくと釈迦ヶ岳は、かっこよく見える山ですよね。ここだけだと簡単すぎの気がして、まだ登ってないけど、初冬の大気が澄んでる日に行きたいと思っています。

えびさんのカメラ無くしたこと、かつとんも覚えています。持ち逃げとしたら山歩きする資格なしの、へぼがいるもんだ。

かつとんさん

檜洞のシロヤシオは綺麗だったでしょうね。
今の季節、新緑と花のセットで楽しめるから、何処へ行っても良かったと思えます。
山梨には黒岳は二つ有るそうですね。かつとんさんはどちらの黒岳に登ったのかしら。

釈迦ヶ岳だけでは物足りないでしょうから、黒岳もセットが良いですよ。
黒岳から見える河口湖も良かった。
その向こうに富士山が見えると言う事で、カメラマンが狙っているそうです。

えびちゃんのカメラ、悔しいと思う。
届けると言う発想が無かったのかなぁ~
えびちゃんは、素敵な写真撮るから、その時の画像の無いのも一層悔しいと思うんだわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/41324988

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨の山:

« お礼 | トップページ | 峠道の花 »