最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ガーデンショー | トップページ | 山百合山へ »

2008年3月30日 (日)

高尾山から花の東京

パソコン通信が賑わっていた頃、NiftyのフォーラムFyamaに参加して楽しい時間を共有した仲間達との集まりが、当時から3ヶ月に一度定例会として東京の何処かで有った。
最近は、そんな集まりの時に限って、予定が入っている事が多く、この2年くらいは参加していなかったのですが、予定も無いのと、お誘いメールも届き、久しぶりのメンバーも参加すると言う事で土曜日の夕方からの予定を入れた。
となると、この日はどうしょう・・先週は裏高尾に行ったけど、歩いた事の無い6号路にハナネコノメが咲いていると言う、えびちゃんぴとこさん、ネットの皆さんの情報。
そして、今迄中々チャンスの無かったお蕎麦をお昼に食べようと、お昼少し前に高尾山口駅に到着する様に出掛ける事にした。
途中の車窓からは満開の桜、高尾山口の辺りはもう少ししたら状態の桜の出迎え。
程々の人がいる駅から、ゆっくり辺りを眺めて、「高橋家」へ入る。
ここは、家の中に柿の木が生えたまま、取り込んで店の中に鎮座している。
念願のお蕎麦を頂く。
上品な盛りつけで、夕飯に響かないのが好ましい(^^)写真は一人で入って撮るのは躊躇われて無し・・

お腹も一杯になり、満足して、12時に6号路へ歩き出した。
ユリワサビがあちこちで見られる。
Imgp0029
川に沿って歩くので、川沿いの岩辺りを見ると既にハナネコノメが見える。
私、離せば分かる年頃で、遠目が利くんです・・
しばらく歩いて行くと、川へ降りる事の出来る場所が有った。
降りて見ると、有りました、有りました、可愛いハナネコさんです。
Imgp0045 Imgp0057






思う存分、時間も掛けて、眺めたり、写真を撮ったり、せせらぎの音は癒しと聞いたけど、その通りだなと思ったり。
ニリンソウも咲いている。
Imgp0063











道を進むと、琵琶滝が出て来た。この辺りからヨゴレネコノメが見られる。可愛い花なのに、気の毒な名前。
Imgp0066 Imgp0067






そして、6から7迄の間に目当ての花が有ると読んでいたので気を付けていたら有りました。
この6、7と言うのは、6号路の道順に付けられた道標の様なと思えば良いのか、山なら何号目と言う感じの目印に成っています。
山肌の湿った所に可愛く咲いていて、ここなら、写真も撮りやすいと、携帯でも撮り、電波状態も良さそうなので、知り合いに写メールを送る。
Imgp0080Imgp0081_3






また、ニリンソウが咲いている。
Imgp0070






沢山写真を撮ったので、真面目に歩く事にして道行く人達と挨拶を交わしながら気持ち良く進む。
ミヤマカタバミが一つ咲いている。
Imgp0083







スミレも可愛いねぇ、と写真を撮って、通りかかりの方と話をする。
稲荷山コースに行くとスミレが咲いているとの情報。
分岐で稲荷山コースに行く、と、色々なスミレが咲いている。
Imgp0069 Imgp0096 Imgp0101







ここでも、スミレと遊ぶ。
スミレは、種類も多いし、間違える事は多々でしょうから、高尾山で見たスミレとして私の中では処理。

Imgp0102 Imgp0105







山頂はパスして、3号路から下山。
森林浴コースです。静かな山の中で、鳥の声と、スミレ、ヤマルリソウ、小さな花を見て至福の時間。
Imgp0114 Imgp0099





1号路と合流して、いよいよ人も多い道を下りますが、この最後のコンクリートの道が一番きつかった。
3時半過ぎに高尾山口に到着。

集まり迄の時間には早いので、市ヶ谷で降りて、水道橋迄お花見しながら歩いた。
中々見事です。
Imgp0116 Imgp0123 Imgp0125






時間通り、6時に東京駅近くの店に着く。
2階の大きな窓から下を見ると、桜も奇麗、ビルの前の広場では、イベントなのか、歌ったり、踊ったり。
Imgp0126
人皆、体を動かし、花を見て、笑い、ひと時の幸せを味わっている様な気がした。
集まりは、20数名、若かった人も子供を連れて来たり、体型も変わっていたり、何より、仕事も忙しくなって、山にも中々行けないと言う人も居る。
今よりずっとパソコンの使い勝手のややこしい時代に、苦労して接続、フォーラムに到達出来たら、こんな世界が広がったと言うワクワクする時代を共有して、今も何だかそのままで楽しい皆さんに会えて、良い時間でした。

« ガーデンショー | トップページ | 山百合山へ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

山百合さん

画像を見ていると、行きたくなってきました。でも、今日は寒い~

ミヤマカタバミやヤマルリソウ・・可愛いですね。

高尾は、高尾のスミレという本がたくさんあるくらい、スミレの種類が多いそうですね。

いつか、【お花訪ねてゆっくり高尾】をご一緒させて下さいね。

念願の高橋家・・よかたですね^^

一号路の下りは舗装道路だから、膝にあまりよろしくないですね・・。

それにしても、それから次なるお花見。そして、いいお仲間との交流。
春爛漫スペシャルツアーでしたね。

>よかたですね・・・・←なまてますねcoldsweats02

こんにちは!

山百合子さん・私はこのルートで
はなねこちゃんと会ってきました。
みごとに咲いていたでしょう・・。
今年は2度も会えてよかったね!!

お仲間との楽しい一時も
桜のお花見も・・・そしてあの念願のおそばも。。
盛りだくさんの一日を楽しまれた様で・
良かった!!

ぴとこさん

そうそう、春爛漫スペシャルツァーになりましたlovely
ぴとこさんもなまる程の「高橋家」のお蕎麦も食べたし、のんびりゆっくり写真を撮りながらの高尾山で、スミレにも、何よりハナネコさんがまだ咲いていて呉れて、ありがとう〜って感じでした。
ネットの情報を見ると、刺激にも成るし、効率よく歩いて目当ての花にも会える、やっぱり良いなぁ〜を実感した定例会での皆さんとの出会いも有ったしねnote

milkさん

同じコースだったよね。
ハナネコさんには裏高尾でも会えたけど、こちらは、写真も撮りやすい所に咲いていて、赤いシベも残っていて良かったhappy01

お蕎麦は、何時も気にしていたけど、お腹空いてない時間だったり、別の所に降りたりと中々チャンスが無かったの。
念願叶ったし、良かったわ。
高尾山って一人で歩いても安心な所だから、また機会を見て出掛けたいと思います。
milkさんとも一緒に歩いて見たいねrun

とことん、高尾!
頑張りましたね~色々コースがあるから行くたびに新鮮で楽しめましたね♪
ウチからは高尾って乗り換え乗り換えでチョッと億劫な場所なんですが山百合さんは千葉からだもんね~凄いわ。
いつもながら行動的に目いっぱいこなしちゃうんだから、そのパワーは凄いscissors

千春ちゃん

そう、とことん高尾山でしたheart04
千葉から新宿、新宿から京王線で行くのよ。
時間が上手く行けば2時間半だけど、乗り換えとか、あれこれで家から3時間は掛かるのよ。
でも、電車に乗ってしまえば、本読んだり、居眠りしたりだからねsleepy

高尾山は千春ちゃんと初めて会った思い出の山だし、かつとんさんともだわhappy01
出会いも人と、花、素敵な所よね。

w(@。@;)w オウ~ 行動派の山百合さん!!
片道3時間をものともせず、Niftyのフォーラムに参加することもあったそうですが・・・
今回はお一人での高尾山! 可憐なハナネコノメもスミレもヤマルリソウもニリンソウもとっても上手に撮れてますね~σ(^0^)

そうして水道橋の見事な桜も楽しんで、パソコン通信時代の懐かしい方達とのお喋り・・・良かったね!

カラッチさん

高尾は遠い様でも、こちらから行くのは、何処の山でも同じです。
何処も遠いって事ですから、寝て行かれるし、本読んでも良いと言うので、図書館とも言えますよhappy01
そして、到着すれば花が出迎えて呉れますからね。

パソコン通信時代の友人は若い人が多いんだけど、色々刺激を貰えるし、新しい情報も沢山有るので新鮮です。
子供づれの人もいて、可愛いのよnote

ムッフフ、今週は中々忙しいと言うか、充実した日々ですlovely

ほんと、みなさんの情報には感謝ですよね。
それだけに見落としがたくさんあると残念で。
もう遅いかもしれないけどもう1回行こうかと。

市谷から水道橋まで歩いたんですか。
あたし、外堀の高台に会社があったんで
この時期はいつも外堀の桜を眺めていました。

えびちゃん

ネットで咲いたと聞くと、落ち着かないよね。
で、高尾でハナネコが見られると昨年聞いて、待っていたの。
次はコガネネコノメだわhappy01
もう、奥多摩辺りでは咲いているらしい。
キクザキもアズマもどちらのイチゲさんも好きなので、来年は、6号路から登って、日影に降りたいと思っています。
花見つけながら歩くのは、セッセと歩くより時間は掛かるけど、楽しさ一杯だわnote

会社が外堀の高台からだったら、この季節、毎日がお花見だったでしょうcherryblossom
そぞろ歩きしながら、皆さん、何となく嬉しそうだった。
東京の桜、中々見事ですlovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/40688409

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山から花の東京:

« ガーデンショー | トップページ | 山百合山へ »