最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 連休 | トップページ | 勝浦ビッグひな祭り »

2008年2月17日 (日)

ボタニカル

13日から、20日まで、津田沼に有る丸善のギャラリーで私達が習っているボタニカルアート(植物細密画)の展示会が開かれています。
12日に搬入して、16日は10時から14時半迄お当番で行きました。
私達の先生は来年は80歳のお祝いをしようと言う事ですが、とてもお元気で、活動的。
絵が素晴らしいだけでは無く、植物の事も詳しくて、そのお話を聞くのも教室へ行く楽しみの一つになっている。
お稽古に行き始めた頃は、もう少し、手取り足取りと迄は言わないけど具体的に教えて貰いたいと思っていた。
それでも、先生の持つ魅力と、無心に描く楽しさで続いて来た。
そして、最近に成ってようやく、先生の教え方の方針が間違っていなかったと思い至る。
それは、夫々の個性を我慢強く伸ばして行こうと言うタイプの教え方です。
なので、教室に有りがちの、先生も生徒も似ている描き方では無く、その人らしい絵に成って来る。
それでも、先生に憧れて、少しでも近づいて行きたいと思って居るので、何処か似て来ているのは仕方無いなぁ〜とも思う。
何時迄たっても、どの様に色を出したら良いのか分からない私ですが、何とか楽しいと言う思いだけは持ち続けて行きたいと思う展示会でした。

展示会では、私達の石川道子先生の作品を写真に撮って来た。
P1030487 P1030488
P1030489_2









P1030490 P1030491 P1030493










P1030492 P1030495


« 連休 | トップページ | 勝浦ビッグひな祭り »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

山百合さ~ん、( ^ ^ )/ こんばんわ~

植物細密画と言うだけあって、先生の作品とっても細密に描いてありますね~(^^ゞ
特にマユミとセンリョウ・・・庭に生えてるような筆遣いに驚きで~す。
実際に展覧会で見てみたいですね!!

そうして山百合さんの作品もみた~いσ(^0^)

素敵な先生ですね、横文字の直筆もさりげなくオシャレで上手~きっと字も上手なんでしょうね!って変なところにも関心してしまう"^_^"
私は柚子?が本物に見えた~あの微妙なテカリ感は素晴らしい~~。
そうそう、山百合さんの作品も見たいなflair

お花を愛する山百合子さんらしいご趣味ですね☆
それで、良~く観察されてもらっしゃるんだなぁと合点がいきました☆
何度か拝見した事があります、根気も観察力も大切そう。。
ご高齢でありながら、本当に素晴らしい作品を拝見しました♪
私も見たいです~山百合子さんの(*^^*)

こんにちは!
大きな写真で楽しませていただきました。
これは画像を大きくしたかったでしょう。
画面を食い入るように見ましたよ。
葉っぱとか緑の色遣いがすごく素敵。
父が油絵を少しやっていたのだけど緑色が難しかった。
これを父に見せねば。
千春さんが書いていたゆずも素敵。
葉っぱがああいう風に、くるくるっと巻くんですよ。
それから一番下のあざみ系のもすごくいい〜!
どれもこれも素敵なんですけどね。
山百合子さんのも是非〜♪

カラッチさん

先生の作品は見ていて飽きないんです。
そして、線の確かな事、きっちり描いてあるようで、どこかを抜いている。
それが、絵全体を柔かな雰囲気にしています。

私の絵は、線がふらふらしてて、何を描いても、出来上がるとがっくりです。


千春ちゃん

そう、ちゃんと見ると先生のサインも良いでしょう。
とっても字が上手と思っていたら、お若いころは、字を書く仕事をされていた様です。
葉や、花に当たる光の表現がとても素敵なのよ。

シャインさん

先生の作品を見ていると、こちらの気持ちがしゃんとします。
そして、植物に対する素直な気持ちが伝わって来ます。
常に、上手や下手と言うのではなく、しっかり植物の特徴が描かれていれば良いのよと、誰の事でも褒めて呉れます。
それが、甘やかしてと言うのではなく、伝えたい思いなんだと感じています。

いくちゃん

やっぱり分かっているね。
そうなのよ、緑色ってとっても難しいの。
緑も色々な緑が有り、その中にブルーを入れたりすると、空の色が映っていると言われるんだわ。
光の表現も、白く塗らない所を作るのではなく、空の色が写ったブルーを少し塗ったりするのね。
難しいけど、楽しいと感じるようにこれからも頑張って行きたいと思っています。

私の絵、下手なんだけど、先生の絵の後ではあまりにお目汚しcoldsweats02なので、もう少ししたら、その気になったら発表します。
って、勿体ぶってるみたいで恥ずかしいなぁhappy01

絵心はまるでダメな私ですが、見るのは大好き!
いくちゃんと同じく、画像を大きくしていただいて嬉しい限りですhappy01
以前勤めていた自然教育園でも植物細密画の本を販売していましたので、よく見ていました。
でも、山百合子さんの先生の絵はとっても素敵です。
暖か味があって、心がほっとします。
とても良い趣味ですね~いつか見せてくださいね(^o-)-☆

山百合さんの絵が載るのを、楽しみにしています。

あずささん

私の先生は、以前品川に住んで居た様で、自然教育園には良く絵を描きに行ったと言ってます。
素材となる花が季節ごとに咲いているものねtulip
絵心と言うより、好きと思うことで続けられるのかなと思っています。
描いても、描いても、満足しないし、何だか漫画みたいだとか、ボタニカルではなく、平坦な絵になっているとか、少しでも、納得できる絵を描きたいです。

榛名さん

何枚描いても気に入らない、それでも、続けていたら、優しい自然の中でを想像して貰える絵が描けるかなと、思うのですが・・

とっても素敵な細密画ですね。
どれもこれも素晴らしいですね。
皆さんと同じく私も山百合子さんの作品も見たいな。

色を作り出すのって結構難しいですね。
思い通りの色が出来たときは嬉しいですね。
夢中でやってると、同じ色を作り出すのが又、難しかったり。

楽しいことなさっていらっしゃるのね。

こんばんは!

ステキな絵ですね。
才能が全くない私には特別素晴らしく感じます。
ボタニカルって言葉さえ初耳です。。

山百合子さんのお部屋もきっとステキな絵が
飾ってあるのでしょうね。。

私も見たい・・!!

ベニマシコさん

初めは、長年やっていた木彫りのデザインを描きたくてと言うのが動機だったんです。
そのうち、すっかり絵の方に移ってしまいました。
難しくて、もっと熱心に取り組まなくてはと思いつつも、暇が無いと言うのを言い訳にさぼり気味です。
それでも、こんな展示会が有ると、もう少し頑張ってみようと心を新たにしています。

先生の作品を見ていると、気持ちがシャンとする。
そんな絵と、自然に対する心が近付きたい物です。

milkさん

昔は写真が無かったから、何とか植物の詳しい形態を残して置きたいと言う所ら始まった絵だそうです。
シーボルトが、日本の花を日本の画家に正確に描かせた絵の展示を見たことが有ります。
150年ほど前の絵なのに、生き生きとして素晴らしかった。

絵って才能ではなくて、続けていけば、有る程度までは描けると思っています。
その後は、その人の努力と才能なのね。
私には、その後の二つが無いのがよく分かりますweep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連休 | トップページ | 勝浦ビッグひな祭り »