最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

富山水仙遊歩道から大房岬

24日、南房総市に有る富山(とみやま)水仙遊歩道へ行きましょうと、ネットの友人、CompOnさんとToryさんを誘った。
CompOnさんは東京駅からバス「なのはな号」に乗り、神奈川のToryさんは早朝から高速で、待ち合わせ場所の道の駅「富楽里」(ふらり)10時に集合。
この道の駅は、高速のSAでも有り、一般道からも入る事の出来る施設です。
「なのはな号」は東京駅から野島崎灯台迄の高速バスで、アクアライン経由で来るのだそうです。1時間半で到着、とても快適だったと喜んでいた。
P1030058 P1030173







この道の駅にも水仙が沢山咲いている。
P1030174
高速の下を潜り、右手に富山を見ながらの道の脇にも水仙が咲いている。
P1030175
自然風景写真家であるToryさんは、私達とは少し違う目線で被写体を捉えている様子。
真似ようも無い事なので、目に付く物を写真に撮る。

道沿いの目印の自販機のある所から登り始めると、新しく、竹の花入れの出迎えが有った。
菜の花が奇麗〜と見とれる。ゆっくり登り次々に水仙の咲いている斜面に出る。
P1030183 P1030184






P1030185P1030188_3






フウトウカズラの赤い実、シキミの花。梅の小さな花も咲いている。
P1030193 P1030191 P1030197






斜面を登り切ると、道は左へ進む。
P1030198






この辺りも一面の水仙です。
P1030202 P1030204 P1030209






P1030211 P1030214






暫く行くと、ミツバチの箱が置いて有る。
葉を落とした木の間から富山(とみさん)が見える。
P1030212 P1030215






展望所へ寄りお昼でも食べましょう。
P1030216 P1030323 P1030218






新しく東屋が出来ている。桜の木も多いので、春にも良い所でしょう。
ここからの眺め、富士山の方向には木が有るので見えませんが、ぼんやりと大島が見えている。
山の中腹には雪が有るのも分かる。
分岐に戻りここからは下りです。
P1030319






目の良いTotyさんが、怪しげなキノコと言うので見ると、年末に娘と来た時見つけながらも取れなかったアラゲキクラゲです。
P1030071
これは年末の時に撮った写真。
今回は頂いて、帰ってから茹でて、芥子和えで頂いてみました。
こりこりとした食感が美味しかった〜(^^)


ここの下りの水仙はとても奇麗。写真撮影に余念のないTotyさん。
P1030224 P1030227 P1030230






P1030235 水仙とも別れ、滑りやすい道をどんどん下って道の駅に戻る。
P1030238






ここから、富浦の大房岬迄車を走らせます。
駐車場から海岸園地へ降りて見ると、浸食されて地層がはっきり見える崖を左に見て、広がる海。
Photo_2










遥か右手に富士山も見える。
P1030249 P1030244






足下にはハマギクが寒そうに咲いている。
P1030253






次に第2展望台へ行くと、富士山も見えて、右下に増間島、遥かに鋸山の山並みも見えて奇麗です。
P1030263 P1030265






その後は、第1展望台へ向かい、岬の中の道をのんびり駐車場に戻った。
道の駅「富楽里」へ戻り、東京へバスで帰るCompOnさんと、先ほどの大房岬で夕日の撮影をすると言うToryさんとお別れです。
一日お付き合い、ありがとうございました。

http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2008-01-29.html

こちらを見ると、Toryさんの毎週送信されて来るメルマガで奇麗な写真が見られますので、よろしくお願いします。



2008年1月28日 (月)

短時間の山歩き

日曜日に友人と富山水仙遊歩道を歩いた後、折角来て、このままでは物足りないしと、最近見つけた富山への途中に有る伏姫籠穴迄の山からの道を歩いて見た。
P1030341
道の駅「富楽里」から歩けて、最近道標もはっきりしているので、のんびり歩けると思っていたら、急登につぐ急登、そして、また急な下りで、短時間と言っても結構ハードだった。



道の駅から10分程で登山口、ここから急な階段です。(地図の現在地)
P1030340
どんどん登ると、常緑樹の木々の間から高速も回りも見える。
P1030343






千葉の山らしい木々の間を登ったり下ったり、途中登山道を塞ぐ様な倒木が有ったが、慎重に倒木の横の道を下ったりの繰り返し。
へろへろしながら登る横でスミレが春を告げる様に咲いている。
P1030344






P1030345 P1030346 P1030347






P1030348






最後は一気に下って、富山からの下山者で賑わう伏姫籠穴に到着。
P1030349
約1時間でした。
P1030351_2
階段を下ると、紅梅が奇麗に咲き始めていた。
P1030350  






ここから富山中学に沿った平らな道を道の駅迄戻ったのです。
P1030352
道の駅に向かう所から振り返って見ると、歩いた稜線が見えた。
P1030353
ここから歩いて富山へ登るのも、健脚な方には面白いかも知れない。

2008年1月23日 (水)

猫の日々

日替わり天気で、雪の予報が雨になってホッとしてますが、寒いので猫同様ストーブの前で丸くなっています。
こんな日は暇、猫写真見ながらブログで遊んでみる。

家の猫は血の繋がりは有りそうですが、姉妹とも思え無いのは、柄の違いです。
同じ家で、同じ頃に生まれたはずの沢山の子猫の中から2匹貰ったのですから、従兄弟くらいにはなるかなと思って居る。
水の飲み方が違う。
何故か、低い下に置くとその容器から飲まないので、まっくは2階、りんごは1階の洗面所の高い位置に夫々の水飲みを置いて有る。
まっくは容器からそのまま飲む。
りんごは、そのままの時も有るが、大体は手ですくって飲む。
P1030117 P1030155 P1030152






以前、リフォームする前はトイレは流すと水がタンクに入る前に手も洗える様な形になっていた。
その頃、水を流すと、2匹が急いで来て、りんごが手で水を受ける。
まっくは流れている水を飲む、同時進行だったら、当然流れの上の水を手で受けているりんごの下に居るまっくの頭に水が掛かる。
頭に水が掛かる度に迷惑げな顔をしていた。
2匹で特別喧嘩はしないけど、住み分けらしい生活をしている。
珍しくストーブの前で一緒に暖まっている。
P1030159 P1030163 わがまま猫のまっくは邪魔だと噛み付いてもどかそうとするので、何となくりんごが緊張している様子。
この時は何も起こらず平和であった。


P1030122 P1030127 P1030147






珍しく寛いで甘えるまっく。
私が布団の上に半纏を広げておいたら、ちゃっかりその上で寝ていた。
着るものに毛が付くので、気を付けているのに、こちらの油断は見逃さない。
何となく、人の衣類の上で寝て自慢そう。
ご飯待っているりんご、もの言いたそうです。



2008年1月18日 (金)

初雪と浅草

昨日の朝は、外を見てびっくり!
雪だぁ〜でした。
P1030118
夜中に何だか冷えるなぁ〜とは思っていたけど、予報にも無い雪には驚く。
それでも、道路は溶けているので、娘の出勤には障りが無くてほっとする。


この日は、浅草へ行く事に成っていて、寒いので着膨れて出掛けた。
年に2回、親戚の呉服展示販売を手伝いに行くのですが、その会で、毎年お芝居の劇場を貸し切りにして、お店のお客様や関係者で観劇会が有るのです。
今迄、新橋演舞場が多かったのが、今年は浅草公会堂での若手による浅草歌舞伎。
お芝居は3時からですが、随分浅草には行って無い。その前に少し歩いて見ようと、カメラも持って出掛けた。
お馴染みの雷門に向かう途中、美味しそうなお菓子屋さんに人が沢山居る。
こう言うのは心理的に弱いもので、つい見入ってしまい、結局どら焼きを3ヶ買った。
アンコが嫌いな私は白あん、おばあちゃんと娘には黒あんです。
雷門には人が一杯。アジア系の人も多い。
P1030129






仲見世通りをゆっくり歩いて行く、以前とはお店も変わっているのか、内容だけが変わったのか分からないが、賑わいに変わりは無かった。
宝蔵門を潜り、線香の煙をしっかり受け止めて奥へ進む。
P1030132 P1030134 P1030135






浅草寺では、お賽銭を上げて、あれこれ欲張りなお願いをした。
そこから浅草神社へ寄り、こちらでもお願い、八百万の神社仏閣に節操もなく欲張ってお願いだけをするのが、庶民の私達です。
よいお天気に狛犬さんも凛々しく見えます。
P1030136






五重塔も青空に栄えている。
P1030137
そろそろお腹も空いて来たので、何か食べましょう。
浅草にロシア料理の美味しい店が有り、数度友人達と来た事が有ります。
何処に有ったか場所も忘れているし、浅草は天丼が美味しいと聞いた様な気がして、お昼は天丼でした。
一人って、食事を写真に撮るのはちょっと躊躇われて画像無し。
まだ時間が有るので、吾妻橋まで歩いて見ました。
例の建物を見て、橋を歩いて回って見る。
P1030138




高速の下辺りの川沿いは風が強くて、寒い、強い風で、髪の毛がメチャクチャ、まるでご乱心の様です。
回りの人を見ると、皆さんご乱心の髪型・・橋を戻り、水上バス乗り場の横の公園に入って見た。

欄干にカモメが止まっていて、人が近づいても逃げない。
P1030140
ここは、道路より一段低くなっていて風除けに成っているのか、パンジーが植えられていたりして暖かな感じがした。




水上バス乗り場に船が着いた。
スターウォーズに出て来る、空飛ぶ船の様な形の水上バスだわ。
P1030143


まだ時間が有ったので、適当に散策して、スターバックスでコーヒー飲んでから浅草公会堂へ。


着物関係者の会ですから、着物姿の方が多い。
私も着物でも着て来ようかと思ったりしたのですが、久しぶりの浅草をあれこれ歩くのに慣れない着物ではと止めました。

昨年の大河ドラマ「風林火山」で武田信玄役の市川亀治郎さんが奇麗なお姫様に扮したりして「祇園祭礼信仰記 金閣寺」が有り、中村七之助がお富になる「与話情浮名横櫛」の上演です。
何となく知っている話と思っていたのですが、粋な黒塀見越の松にと言う歌に有る、お富,与三郎の話が最後がハッピーエンドとは思ってなかった。
今回は若手の活躍で、一生懸命な所が、楽しいお芝居でした。
帰りは、現実に戻り、混雑した電車に乗り、家に着くと、朝の雪はすっかり見えなくなっていた。

2008年1月14日 (月)

初物

連休は実に寒かった。
娘も風邪だったし、連休は何処も混雑だからと出掛けず家でのんびりとしていた。

庭のフキノトウが年末から気になっていたので、今日は、大きくなる前に収穫して天ぷらにしよう。
P1030106
初物で、春の味がして美味しかった。
残りの小さなフキノトウが大きくなったら、又食べてみよう。



私が食事の支度を始めると、りんごは時間に関わらず、ごはん〜〜っと鳴く。
まだでしょうと、相手にしないと、じたばたと転がる。
P1030109


まっくは、その様子をじっと見ているだけ。
P1030111






おかあさんの言葉に、諦めてストーブの前でスフィンクスみたいになっているりんご。
様子見のまっく。
P1030097 P1030099






キャットフードは何時も用意して有るので、好きな時に食べられる。
どうも、夜中にしっかり食べる様子で、昼はそんなに食べない。
ごはん〜っとおねだりするのは、花カツオ、これは、まだ小さくてちっとも太らないからと、おやつに与えてからの習慣。
何時もおばあちゃんがスーパーで買って呉れる。
だから、おばあちゃん好きらしい(^^)

やっとおやつ貰って満足。
後は寝るだけ〜
P1030094 P1030096


2008年1月 4日 (金)

盛り沢山

昨日は、親戚との新年会で下の娘と東京へ。
以前は何処かの家に集まっての新年会だったけど、最近は、あれこれ面倒は大変だからと、適当な店で2時間程食べて喋って解散と言うパターン。
集合時間は日比谷で2時、それならば、前に箱根駅伝の応援が出来るので、予定より早めに家を出て、東京駅に1時頃到着。
京葉線の八重洲口出口から、階段登って出るとすぐの、フォーラムの前辺りの場所で例年応援をする。
既に並んでいて、今かいまかと待っている。
200801031317





やがて、先頭の駒沢大学が後6分程で通過です、と言う車から、沢山の旗が渡される。
自分は2本、回りの人にも渡して、旗を振りながら待っていると、パトカーに先導されて先頭の選手が走って来る。携帯で撮る。

200801031324

少し間があき、次の選手、こちらも携帯で撮る。
200801031327
写真を撮る事に気を取られると、落ち着いて応援出来ないから、カメラはしまって、来た選手に旗を振って頑張れ〜〜と声援を送る。給水を受ける選手も居る。
先に車が選手を追い抜いて、車を止めて、走って来る選手を待っていて渡す、水を飲んだらすぐにボトルを捨てるので、ボトルを拾って車に乗り、後を追う、一連のキビキビとした様子から、走る選手、監督、チーム全体の連携を見た様だ。
やがて、ふらふらとした東海大の選手が来る、目の前で転んで、回りからは心配の声が上がる。
既に車から監督が降りている様子、立ち上がってよろよろと走り出したが、数メートル先でまた倒れる。
ここで、リタイアが決まった様子。
直ぐに車に収容された。かわいそう〜〜の声が出る。
全選手が走り抜けて、最後の交通規制解除の車が通り、町は普段の顔に戻る。
テレビで全体を見るのも面白いが、生で見ると臨場感が有り応援していても力が入る。
初めて見た娘は感激している。

ここから、ちょっと田舎者の私達は目的の場所迄迷って、10分遅刻(>.<)
沢山食べて、喋っての新年会はお開きになり、娘と私は舞浜のイクスピアリへ。
目的は、ここの美味しいどら焼きを買うのと、お店をのんびり見て歩く事。の積もりだったのに、映画館の前を通ると、丁度、「ミッドナイト・イーグル」の上映時間10分前。
早速入る。
北アルプスの雪景色が凄いと聞いていたので楽しみ。
ドキドキハラハラしながら見終わると・・娘は感動して泣いたと言う。
私が、どうして、敵方だけが、あの雪山へ大勢入り、ああ成るかなぁ〜なんて言うので、娘は、現実は見ないで映画に入り込んで楽しまなくてはと説教される。
はい、確かに私は現実的です・・ま、いっか・・楽しかったし、盛り沢山の1日だったしなと、どら焼き買って帰りました。



2008年1月 2日 (水)

初詣

毎年近所の神社へ初詣に行きます。
今年は、上の娘は仕事で帰って来れない。
おばあちゃんと、下の娘の3人で出掛ける。
有名処とは違い、しっとりとお参りが出来て好きな神社です。
駐車場に車を置いて、娘はおばあちゃんの手を引いている。
おばあちゃんには、普段は好き勝手を言うのに、出掛けるときは、必ず手を引いたり、気遣いをする娘達。
幼稚園の頃は、娘の手を引いて買物に行っていたので、二人は何時もセットの様に思われていた。
最近は、立場の逆転を一番嬉しく思って居るのはおばあちゃんかも知れない。
P1030073 P1030074_3







こちらで手を洗って、先に進む。
P1030076






昨年買った破魔矢と交通安全のお守りを返す。
この輪を潜って、左回りしてから、次に右回りしてからお参りします。
P1030077 P1030078






おみぐじを引いて見る、上々で、気を良くする。
失せ物は出ないと言うので、忘れ物しない様にしなくてはなんて言いながら、交通安全のお守りを買ったり、破魔矢を買う。
参拝者もご近所の方達の様で、私達の団地からの人にも出会う。
こんな竹林を見ると、早くも春の竹の子を思って嬉しい。
P1030085
風も無く、のどかな年始に成り、初詣もすませたので、気持ちはぐっとリラックス。
帰ってからは、箱根駅伝の応援に熱くなる。

明日は、親戚の新年会で東京へ行くので、東京駅近くで、復路の選手を応援出来る。



2008年1月 1日 (火)

新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、気ままなブログにおいで頂きましてありがとうございました。
少々ネットにも疲れが出ていますが、ぼちぼちと更新しながらやって行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

今年は明るく良い年にしたい物ですね。
P1030062 いよいよ房総の水仙が奇麗に咲いて来ます。
水仙強化月間として、友人たちと香りと花を楽しみたいと思っています。
ブログではそんな事をお知らせして行きますね。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »