最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ワールドクッキング | トップページ | クリスマスイブ »

2007年12月20日 (木)

鍋物

今日は、陶芸に出掛けた。
陶芸と言うと、あれこれ作る過程で初心者は基本からしっかりやる、と思っていたが、私の行く所の先生は、楽しくと言うのがモットーなので、気楽に、半分遊びながら、好きな物、作りたい物をと言うお稽古です。
先生は私より少し若い女性です。
同じ市内でも、お宅はかなり田舎度の高い所に有り、家から車で30分位掛かる。
月に何度行っても良いし、お休みしてもそれは自由なのも気に入っている。
一緒に行っていた方の体調が悪く、最近は大体、一人でお稽古している。
行けば、先月作った鍋が焼き上がっていた。

鍋作りは、鍋用の土を手で叩いて、平の底を作る。粘土を紐の様にして、縁を立ち上げ、底と繋げる。
その上にまた紐を乗せて、下の部分と繋げると、大体の形が出来る。
後は、しっかり中と外を奇麗にしてから蓋受けを作り乾かす。
とここまで私がして、後の仕上げをお願いして先月は帰って来た。
仕上げとは、有る程度乾いたら、縁を奇麗にして、取手を付ける事。
焼き上がったよ、っと言う連絡を待って今日出掛ける事に成ったのです。
教室によっては、焼く事も含めて全部自分たちでと言う所が多いのでしょうが、私達の所は、こんな色合いが良いと希望を出しておく。
出来上がりは、同じ土でも、釉薬でも、釜の中の変化で微妙に変わるから面白い。
この鍋は、大きな物か、小さな物しか無かった、少人数になった我が家には丁度良い大きさ。
P1030039






鍋に合う蓋は、家に有った別の鍋のガラス製の物がぴったり有った。
そして、今夜は、早速、常夜鍋風にして見た。
下にはネギと豚肉、そして、陶芸の先生のお母さんが畑で作ったホウレンソウがたっぷり入り、卵でとじた。
P1030040
美味しい〜〜♪ ご馳走様でした。




« ワールドクッキング | トップページ | クリスマスイブ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

わぁ~お!!
美味しそう、グツグツしているのまで見えるし(^^♪

この間、お話されてたお鍋ですね~見事に完成しましたね!
コジンマリしているようですが深さもあり良い形だし取っ手も耳のようで愛嬌あって手作りならではの感じが出てますね~、年季のいる難しい箇所を先生にお任せして合作って良い考えですね"^_^"

あらまぁ~ ご自分で焼いた土鍋で鍋物とは・・・素敵ですね~んσ(^0^)
陶芸の先生のお母さんが畑で作られたホウレンソウも頂いて、今夜はアツアツ常夜鍋を囲んで、お話の花が咲いたことでしょ~

山百合さ~ん、ちゃんと鍋の形になっているのが素晴らしい~(笑)

山百合子さんて、すごい!なんでもできちゃうんですね。
自分でお鍋つくっちゃうんなんて、
お鍋ってどうやって作るのかなとか、ろくろをまわすのかな、なんて思ってました。
うちも最近は人数が少なくなって、もうひとつ小さいサイズのお鍋がいいかな、なんて思ってます。

今日は霜がおりて寒い日でした。
こんなときはアツアツなお鍋にかぎりますね。

素晴らしい鍋に仕上がりましたね、うまそうな鍋物。

どうやって作るのかなと思っていましたが、紐を作って積み重ねていくのでは、埴輪と同じ作り方ですね。

群馬の古墳に並べる、埴輪も作りに来てください、まだまだ足らないですから。

いい色合いの土鍋ですね。どっしりしてて味があるなあ・・。これ・・火を止めてもなかなか冷めなくて良さそう。

粘土・・太いうどんみたいなヒモにして巻いてくんだよね。お客様に陶芸をやる方がいて聞いたことがあります。それにしても凄い。

千春ちゃん

そうそう、養老渓谷の時にお話しした鍋です。
家の鍋は、大きくて大家族言う頃は便利でしたが、今はちょっと困ってます。
後は小さ過ぎて3人では足りない、と思っていた時に、先生から、鍋の土が入ったと言われて作りました。
先生も同じ様な形の物作って有ったので、真似て見たのです。
全部自作とは言えないけど、先生は、楽しみで作るんだから良いのよ〜と言ってます。
それに甘えている生徒達ばかりです(^^)

カラッチさん

美味しい鍋でしたよ。
先生のお母さんは、裏で広い畑を借りていて、私達が行くと、大根や白菜、季節の野菜を取って来て呉れます。
昨日も、ほうれん草と大根3本頂きました。
鍋の形になってているでしょう(^^)
冷め難くてこの鍋だと見た目も美味しそうだものね〜♪
本当に美味しかったよ〜

らっしーさん

何でも出来ると言うのでは無くて、誰でも出来るのよ。
陶芸に行くと、皆さんの作った物が焼き上がっていて、とても参考になるの。
素晴らしい物も有るよ。
ロクロと言っても、手動なの、電動なんて目が回りそうだわ(^^)

とっても寒い日には鍋が良いよね。
暖まるし、野菜も沢山食べられる。
家族の人数で鍋の大きさの変化を感じるね。

榛名さん

そうです、埴輪の低い物と考えれば同じですね。
紐を積み上げて行けば花瓶にも成りますよ。

群馬の埴輪、皆さんの気持ちが積み重なってと言う所で、素敵ですね。

かつとんさん

うどんの様にと言うのがぴったりでした。
粘土をうどんの太い物見たいに伸ばしているとき、私等はクッキー作りを思い出しました。
それを積み重ねて行くのですから、電動で目の回る事は出来ません。
そのまま、何段も重ねて行けば、傘立てとか、大きな鉢とか出来るんです。
何度行っても、中々一人では出来ないので、先生頼りです。
でも、土をこねるのは楽しい事です。
昨日は、大きなフクロウも作ってました。
来月出来上がったら紹介しますね(^^)

出来上がりを拝見したかったので、嬉しい。
私が想像してたより、深めの土鍋ですね。

これなら、小ぶりの土鍋と言っても、たっぷりできそう。オーブンにも掛けられるのかな?イタリア風の土鍋料理なんかも向いていそうなデザインでステキ。

色合いも清潔感があっていいなあ。

大きなフクロウも楽しみにしてますね。

自分で作ったものを使って、陶芸の先生のお母様の手作りのお野菜でお鍋・・・・・・暖かさ倍増ですね。

ぴとこさん

大きさは、焼くと少し縮みますね。
それで、小さいかなと思ったのですが、深さが有るので、丁度良かった。
これ以上大きいと、食べ過ぎです(^^)
土の出来上がりの色はもっと濃いのが有るのですが、昨日は、そちらの土で、陶板焼きが出来る様なのを作って来ました。
来月が楽しみ(^^)

大きなフクロウ、最初の物は素焼きの段階で割れてしまったので、再度挑戦です。
今回のフクロウは、見た目が雌の様だそうです。
割れたのはオスの様だと言われました(>.<)
でも、可愛そうなので、翼の取れた素焼きのフクロウ、接着剤で付けて、壊れた翼の方が見えない様にして庭に置いてます。
来月、雌のフクロウ紹介出来ると良いなぁ〜♪

わぁ!何だか不思議を感じますぅ。。
今夜は寒くて、仕事の帰りすがり鍋の用意を求めました。
山百合子さんへのメッセージに、ワンパターン鍋からの打破を伺った所で^^;
ふと お寄りしたら。。。鍋の季節に手作りの鍋であったかお鍋~☆
常夜鍋を卵でとじるんですねぇ♪真似させて頂こ^^

シャインさん

これからの寒い季節、鍋で暖まりたいよね(^^)
皆、寒い夜には同じ様な事を考える物です、シャインさんも鍋にしましたか。
常夜鍋は、豚肉とほうれん草で、茹でながらタレで食べるのですが、おばあちゃん等は、全部味付きで出来上がっている方が楽の様なので、最初から味を付けました。
なので、卵でとじたのよ。
お陰で、こんなにほうれん草を沢山食べたのは久しぶりと言われました。

今度、この鍋でクリームシチューを作る予定です(^^)

自分で造った土鍋、いいですね!
我が家も鍋をする時は大きすぎて、沢山入れすぎた野菜がくたくたになってしまいます~
常夜鍋、知りませんでした。今度してみよっと!

鍋でシチューも温まりそうですね~♪

あずささん

家族構成が変わると、便利だった大鍋も、小人数のには大き過ぎで不便です。
今度作った鍋も、もう少し大きくても良かったかなと思ったのですが、3人でぴったりでした。

常夜鍋って、しゃぶしゃぶの豚肉バージョンで、野菜はほうれん草なんですが、自分で茹でながらと言うのが年寄りには面倒らしい。
なので、味付けして、卵でとじました。
美味しかったよ〜〜昨日は、湯豆腐でしたけど、明日は、クリームシチューです(^^)
お鍋は活躍しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワールドクッキング | トップページ | クリスマスイブ »