最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 猫色々 | トップページ | 三本槍岳 »

2007年9月 4日 (火)

世間の目

色々な情報が配信されている記事の中で、昨日はこんな物を見つけた。
中国食品工業と言う会社の事だ。

最近も中国の様々な製品、食品の安全性が問題になっている。
この会社は岡山に有る会社で、創業が1948年と言うからそろそろ60年に成る。
中国と言うと、中華人民共和国をすぐ思い浮かべてしまうが、日本の中国地方とは、岡山、広島、山口、鳥取、島根の5県。
この会社は珍味等の加工で知られた所らしい。
この所の中国食品の問題で、会社に消費者からの抗議が相次いでしまい、結果として注文が減少、先月末で倒産。
国内原料6割、中国原料4割だったそうだが、会社としては、これは単なるとばっちりと思い、対応に甘さが出たと言うコメントをしている。
社名を変えるとか、素早い時代に対応する処置がなされず、中国地方と中華人民共和国との勘違いが消えないままでの倒産と成ってしまった。

私たちも、新聞やテレビで見ている情報が一番頭に残っていて、中国と言えば、報道される比重から見てまずお隣の国と思うし、意外に他の地域の事を知らないで暮らしている。
故郷三島へ帰ると、その町でのニュースは、関東甲信越が大きく報じられる千葉との情報の違いで、知らない事が多い。
友人は新聞にも大きく出たからこちらが知っていると思って居る様子。
箱根を越えると、別世界と言うのは大袈裟としても、こちらでの捉え方と、別の地域の人の捉え方の違いは、新聞等の報道の大小による事も大きいと実感する事がある。
細かい事では、日本の隅々に迄同じ事柄が伝わっていると事は無いんですね。

そう考えると、経営者としてのセンスと時代を見る勘で社名を変えていたら、この会社は、従業員を含めて大きな波を被らなくて良かったのかも知れない。
私も友人もスーパーへ行き、袋の裏に中国製と書いて有ると、まず買わない様にしている。
それでも、外食ではまず内容は分からないし、テレビでアメリカの人が、中国製の物を一切買わずに暮らしてみたが、無理だったと言うのを見た。
そこまで皆の暮らしに浸透している製品に、安全に疑いが有るとなると、社名にも敏感になる世間の目は仕方無い事では無いか。

安全な国に成って、皆が安心して買って貰える様に早くなって貰いたい物です。



« 猫色々 | トップページ | 三本槍岳 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

「中国食品工業」とは誤解されそうな名前。。
中国産を買わないようにしても、完全には無理。
友達なんかは、「今までなんともなってないんだから
そんなこと気にしたって仕方ないよー」なんて
のんきなことを言っています。

ニュースも文化も、箱根を越えると違います。
引っ越してきたころは、「おいしいケーキ屋さんや
パン屋さんは、こっちにはない。。
箱根は越えられないのだろうかー」など
思ったこともあります。

今は、いろんなお店、ありますよ〜。
たった今、グレー(子猫)が塀の上を
とことこ歩き、うちのデッキの方に来た。
うちの庭で悪さしないから、そっとしています。

俺も、買い物をするときは、値段より産地を見ます、中国製品は買わないようにしています、それにしても、中国食品工業は気の毒です、早く山陰食品とでも社名変更をしていたらよかったのに、これからは、中国と名前のつく国内の社名は、なくなるのではないですか。

ちなみに、野菜類はすべて直売所で買ってます。

こんなことってあるんですね。

本当に、これだけ中国製品過敏になっているのだから社名を変えれば良かったですね。

今までやってこられたので、こんな風になるなどとは思っても見なかったんでしょうね。

当事者って 案外こんなものかも知れません。


ちょっとお気の毒な話ですね。
細かい所にも眼を通されて素晴らしいですね。

いくちゃん

中国関連は安全が保障されないと購買層は拡大しないのか、今迄何も無かったからと呑気に使い続ける人が多いのか、分からないね。
でも、確実に回りの人は中国と見ると買わないよ。
二次加工だと分からないけどね。

箱根を越えて美味しい物、色々有るよね(^^)
私は、ウナギは静岡産と有れば食べるかな。

グレーの猫ちゃん、お宅の庭に何もしないんだね。
家のご近所の猫は、トイレ代わりに使うので、可愛そうだけど、見つけると追い払う・・トイレは自宅でして下さい。

榛名さん

やっぱり、野菜は産直ですね。
家の近くにも野菜スタンドが有りますから、出来るだけ、旬の物をそちらで求める様にしています。

社名を変えていれば倒産迄は行かなかったと思うので、経営者の甘さが社員にも大きな負担を掛けてしまったのが残念ですね。
世の中、緊張感足りない。

ベニマシコさん

カラッチさんの所で火傷をしたと見て驚いています。
大丈夫ですか?
お大事にね。

こちらの会社は社名を変えたりして、もう少し経営に敏感だったら社員も不幸な目に合わせなくて良かったのにと思います。
従業員の家族も、頼みの会社が倒産したらどんなに混乱するでしょう。
お気の毒だわ。

この会社は気の毒でしたね~。
今では輸入野菜は当たり前ですね~中国野菜も大きな顔して並んでますし、加工品タケノコやぜんまい水煮などは多いですね(~_~;)
冷凍物も殆どそうなのかな~と思うと手軽だけれど喜んで買えませんね。。

千春ちゃん

こちらの会社の従業員の事を考えると気の毒ですよね。
中国に限らず、輸入野菜はスーパーに沢山並んでいる。
千春ちゃんは身をもって体感しているだろうね。
その中で、私たちも、出来る事からしていなかいと、食べる事は大切だからね。
特にこれからの子供達には安全な物をと願います。

(*^^*ゞ ポリポリ こちら中国地方のニュースを山百合さんのブログで知っちゃいました~(汗)
中国食品工業の商品は、こちらでは時々目にしていたので吃驚!!

しかもこちらでは中国とつく名前の会社いっぱいあるんですよね~
まぁ^食べ物の会社でなければ、そんなとばっちりも受けないんでしょうけど~
カラッチの知り合いにも中国紙工(株)なんて会社もあるんだけど、大丈夫かなぁ~

そうそうカケスの友人が以前中国に仕事で行ったのですがあまりの食事のまずさに二度と行きたくないと言ってましたよ~
何でもメイドさんもついてたらしいけど・・・(笑)

カラッチさん

カラッチさんの住む所だと、中国地方って普通の感覚だよね。
全国的な話に成ると、食品だけに神経質になるよね。
以前にも事件を起こしたオウムと良く似た名前の所が電話が掛かって来て、困っていると言ってた。
そんな事から考えると、社名って大事だね。
中華料理って美味しいはずだけどねぇ〜
カケスさんのお友達、期待して居ただろうから、残念だったね。
日本の中華って、こちらの口に合う様になっているのかな。

中華街もめっきり人が減ったそうですね。

中国には中国のよさもあるでしょうけれど、こんなに続くと考えてしまいますね。

私も野菜は、産直のように、作った人の顔が見えるような気がするものが好きです。

でも、ウーロン茶なんかは、中国のものをかなり飲んでいます。ただ、以前から、中国のお茶を飲むときは、最初に入れた分は流した方がいいと聞いてました。乾燥のしかたが几帳面ではないらしいとのことで・・伝聞ですが。

ぴとこさん

中国との間で、食の安全に対する認識の違いが協議されていて、中々その溝が埋まらないと新聞に出ていました。
食は毎日ですから気を付けないとね。
中国の人は、輸出する物とは別の物を食べているとも聞くし・・
中国茶、好きですが、やはり最初に入れたお湯は流しています。
そうするのが良いと聞きますが、何となく洗い流しているのかなと理解して。
でも、その程度で良いのかなと疑問に思いながらも飲んでます。
感想の仕方が几帳面では無い・・そう言う事か・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫色々 | トップページ | 三本槍岳 »