最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

横浜 いろいろ

昨日は、横浜で開かれていたパソコン通信時代からの若い友人の、自然風景写真家で有る鳥越章夫さん(Toryさん)の個展を見に出掛けた。
写真好きな、ぴとこさんと千春ちゃん、あずささんとmimiさんを誘っていたのですが、mimiさんは夏風邪で熱、ぴとこさんは冷蔵庫の急な故障で泣く泣く不参加、3人でのオフ会と成りました。
桜木町からバスで行き元町公園で降りた所が会場だった。
近くに外人墓地も有り、回りはちょっとお洒落な良い所で、会場の山手234番と言う所は、昔は外人向けの4世帯アパートだったそうですが、異国的な素敵な内部になっていた。
P8280011 P8280012






今は市が管理していて、営利目的では貸してもらえない所だそうです。
ギャラリーは2階。
Toryさんは何時も会う時の山仕様なスタイルでは無く、都会の好青年風で一緒に行った皆さんから何と、ピュアなと言う印象を与えた様子。
写真も花や、植物、山岳風景、と偏る事無く心地よい印象の物ばかりで、楽しませて貰った。
P8280002 P8280003 P8280006






P8280007 P8280009






ここから、バスで中華街へ行き、あずささんが良く行くと言うお店に入る。
海鮮焼きそばと餃子を注文。出来て来た焼き餃子は大きな羽根つき、美味しい〜♪
P8280013 P8280016 更にデザートには杏仁豆腐、相変わらず食べ過ぎです(^^;;





お腹一杯になった私たちは、港を目指して歩き、赤煉瓦倉庫まで行った。
P8280021


P8280018 P8280020






ランドマークタワーも大桟橋も見える。
港には海上警察の船が出る所だった。
蒸し暑くて、あれこれ歩き回るのも大変、赤煉瓦倉庫では、丁度良い椅子の有る場所を見つけて、山の話等で盛り上がる。
この後は、横浜スタジアムで野球を見ると言う千春ちゃんに私は付き合いたいと言って、連れて行って貰う事にする。

あずささんと別れて二人はハマスタへ〜♪
千春ちゃんは、ファン倶楽部と言う所で切符を買い、私は外野席の横浜側の席売り場で切符を買い、別の入り口から入るが、中で出会える事に成っている。
早速前から3列目辺りに座る。回りの人も千春ちゃんもベイスターズのユニフォームを着ている。
試合前からファンに色々サービスが有り、選ばれた人がマウンドに立ってピッチャー気分を味わえて、投球速度も出る。
監督にハイタッチ挨拶して貰ったりする。
6時に試合が始まると、応援をリードするお兄さんが前に立ち、息が合う様に大きく手を振りながら、声を限りに皆も一緒に歌ったり、夫々のシーンに合わせた動きをする。
P8280024 P8280029






P8280031 P8280032 試合は、どうも、中日が押し気味・・それでも、ファンは惜しみなく拍手して応援する。
とうとう、6回中日は満塁ホームラン。
近くの人が、「さすがに、ここで立浪をピンチヒッターにして、落合監督らしいなぁ〜」と相手を讃える。
負けていても、がっかりはしても、決して文句を言わず、前向きにひたすら体で表現して横浜を応援する皆さん、何だか良いなぁ〜
P8280030 気分は皆監督、あ〜だこうだと言う言葉にも愛が有る(^^)
私は、バス時間を調べて来なかったので、8時半をメドにして、残念帰る事にした。
千春ちゃんも、風の具合が雨でも来そうだからと一緒に球場を出た。
あれからホームランも出て、2点返したが、7対2で負けた様だ。

横浜駅に着き、すぐバスに乗れたが、外は雨になっていた。
雨にも合わず、野球も見られて、横浜を楽しんだ一日でした。
あずささん、千春ちゃん有り難う〜〜〜♪



2007年8月27日 (月)

鴨川シーワールド

久しぶりに夏休みで娘夫婦が泊まりがけで遊びに来た。
暑い季節なので、何処かに行こうと言う事に成ると、涼しげな場所となり、鴨川シーワールドへ。
暑い時なので、おばあちゃんはお留守番で、4人で出掛ける。
鴨川のお寿司屋さんでお昼を食べてから行くと、駐車場は一杯、普段とは違う知らない所へ誘導されて止める。
照りつける太陽に、「あじ、あじ」なんて言いながら、涼しい松林の中を歩いたりしてから入り口へ。
入ってすぐにペンギンの出迎え。
P1020174






進んで行くと、セイウチが何頭もいて、氷の山に顔を付けているのも居た。
一番大きなセイウチが背泳ぎして、ぐるっと水の中で回転して顔を出して目が合った・・
P1020135 P1020181






シャチのショーは、子供達の好きな物で、観覧席は一杯。
場所によって水の掛かる所が有り、ビニールカッパを買ってわざわざその席に座る人たちも大勢いる。
飼育員を頭の先に乗せて泳ぐのは、見ているのは気持ち良さそう〜
最後は、全身を見せて、尻尾を振ってバイバイして呉れる。
P1020138 P1020140 P1020142






暑いので、水族館の中へ入る。
美味しそうな魚屋,奇麗な魚、ブルーのクラゲ等しばし海の中気分。
P1020145 P1020147 P1020146






次はイルカショー
シャチより高く飛べるし身軽で仕草がとても可愛らしい。
P1020153
P1020157 P1020162





最後は白イルカのベルーガのショー。
ショーの前は、水槽の中をぐるぐる泳いでいるだけなので、何が出来るのかなと思っていたら、飼育員の指示を聞き分けて、つぶらな目がとても可愛い。
最後に水槽に近づいたお客さんに挨拶している所。
P1020169






このショーが最後で、閉園時間です。
出口の近くの水槽ではイルカの食事風景が始まっていた。
P1020178 バケツ一杯の魚を貰う。
飼育員の指示で、芸の真似事の様な事を教えられながら餌を貰ったり、甘えた声を出したり、可愛いねぇ〜と満足して帰りました。

2007年8月18日 (土)

揺れる、揺れる〜

この所早朝の4時台に地震が来る。
最初は、ちょっと大きいな、起きようか、どうしようかと思って居るうちに収まったので、TVを付けると、私の住む所は震度4と言う。
一番大きい所は震度5弱だそうな。
その日は3回程余震が有った。
昨日の朝も揺れて目覚めた。
結局そのまま眠れずに居るので、昼寝をする事に成ってしまう。
今朝も揺れた。
そして、久しぶりの涼しい日ですから、こんな日に働かなくて何時仕事するの、とばかり、一日庭の草取り。
途中で、おばあちゃんが「地震だったよ〜」と声を掛ける。
外に居ると感じない物ですね。
途中で電話が有った。
故郷の同級生から。
今日は、中学時代の同窓会が開かれると言ってたなと思い出した。
この友人は、何か有ると、心配して電話をして呉れる。
そんな気持ちは見習わなくてはいけないと、私も出来るだけ、何かが有ると、声を掛ける。
そんな事を教えて呉れた人で、やはり千葉の地震を心配して掛けて呉れた。
友人はお母様の介護が終わって、少し落ち着いたかなと思っていたら、ご主人の様子が心配らしい。
こちらに気を使わせまいと詳しい話はしないので、私もあえて聞かないが、同窓会に出られる様子なので、安心している。
声が聞けて嬉しかった。
夕方になり、疲れたし、気になっていた所は大体終わったので、今日はここ迄と、シャワーを浴びて夕飯の支度をと思ったとたんに、ちょっと大きく揺れる。
棚の物が1つ程落ちた。
家の中では、うろうろして、結局何も出来ずに揺れの収まるのを待つだけ。
TVを付けると震度3 、私的には4か3の強でしたね。
その後もう一度揺れた。
買物から帰って来た娘とおばあちゃんも車が揺れたと言っていた。
大きな地震が来たら、食堂テーブルの下にでも入るとか、もっと対応が有るはず。
こんな曖昧な対応で良い訳無いけど、とっさには何も出来ないで様子見てしまう。
う〜〜ん困った。

2007年8月17日 (金)

ももちゃん

暑い日々で、外に出ると熱中症になりそう。
出来るだけ、外出を控えている。
そんな時、我が家の西側の若いご夫婦の所のももちゃんがデッキに出て遊んでいる。
早速カメラ持って、撮らせて貰った。
P1020120 P1020121 P1020124









P1020125 可愛い〜「ももちゃん」と呼ぶと喜んで来る。
9ヶ月になるそうだ。
動物の持つ癒し効果は、こちらの所に無条件で入って来る不思議な物。
ももちゃんがベランダで遊んでいると、家の猫達は、2階の窓際から興味深そうに見ている時が有る。
猫とは違う犬ならではの目線と表現が可愛い。
もう、6年程前に死んだ我が家の犬の「もん」に似た目をして見上げられると・・もう、おかあさんになってしまいそう〜〜〜

2007年8月14日 (火)

放浪の旅 3

前夜、カラッチさんとは名残惜しんでお喋りしたけど、今日はいよいよお別れです。
野菜一杯の朝食。伊那で買ったかんてんパパのうどん和風汁を食べる。 P1020015





明日から仙丈、甲斐駒を目指して移動するカラッチ隊に見送られて、私はピラタスロープウェーからの縞枯山を目指しました。
8時40分のロープウェーに乗り、回りの景色を楽しんで7分程で終点。
P1020018 P1020019 涼しい風が吹いていますが、太陽の光は強い。
準備して9時、坪庭を回って歩き始める。
八ヶ岳が見えたり、カラッチ隊が明日から登る南アルプスが雲の上から顔を見せている。
北アルプスの槍も朝のうちは少し見えていた。
花は思ったより少ないがオトギリソウの黄色が奇麗。
P1020023
雨池峠から縞枯山迄は一本道の直登ですが、樹林帯になるので直射が当らないだけ涼しい。
P1020038 P1020040






それでも、汗が出る出る。
40分程で山頂。気持ちの良い場所です。
P1020044
ここから下って茶臼山へ登ります。

茶臼の山頂から展望台へ、生憎ガスで回りが良く見えない。
P1020073 P1020072






今日は帰る日で、途中の小淵沢の友人の所へ寄る事にしていたので、ここから茶臼に戻り、五辻経由でロープウェー駅に行く事にした。
五辻からは木道で、のんびり登って行くと間もなく駅が見えて来た。
P1020095





12時半のロープウェーが出ると言うので乗り込むと、夏休みの親子がラフな格好で居る。
帰りはガスで回りの景色は見えない。
駅を出ると、暑い〜もう少し上に居れば良かったと思っても、一人と言うのは結構寂しい物で、つい、先を急いでしまう。
次に来た時は、もう少し回り道してみよう。

ここから、蔦木道の駅近くの、この辺りへ来ると必ず寄る、お気に入りの店で食事、お昼の営業時間内に間に合って良かった(^^)
道の駅でお風呂に入り、さっぱりして小淵沢の友人の所へ寄る。
帰りの中央道は一部渋滞、千葉の我が家に辿り着いたのは10時でした。


ネットの友人達にも久しぶりに会えて、伊那のかつとんさんの所へも伺えたし、カラッチ隊とは2泊して、ハイジさん、マーガレットさん達とも会えのがとても楽しい旅になった元です。
皆さんありがとう〜〜♪


2007年8月12日 (日)

放浪の旅 2

道の駅の駐車場で気持ち良く目覚めて、朝ご飯の支度。
トマトとキュウリは我が家の畑で採れたもの。
P1010980
パンとスープも付いて、美味しく頂きました。
この日はカラッチ隊も休養ですから、二人でのんびりお喋りしている間にカケスさんがコインランドリーでお洗濯して戻って来た。


3人で近くの尾白川渓谷へ向かいます。
暑い日で、涼を求める人で駐車場も混雑でした。
神社の中には新しくなっている建物も有る。
P1010981 P1010985






吊り橋を渡る、揺れるので大勢では怖いかな。
下を見ると夏休みでキャンプに来た家族連れが水遊びをしている。
P1010986 P1010987






甲斐駒までのきつい登りで有名な黒戸尾根入り口。
P1010989






以前来た時とは変わり、渓谷の道は山よりに成っていて、休養のはずのカラッチ隊にはちょっときつい登りが続く。
P1010991
ここは、崩れやすい岩なので、時々通行止めに成ったりする。
そんな事から、渓流沿いから、より山沿いになったのでしょう。
下へ降りる事の出来る2つ目辺りで下に降りると、イワタバコの花が咲いていた。
P1010996
ここの岩場で涼みながらのんびりする事にした。
P1020003






お昼は、前夜のご飯で作ったおむすびと、千葉の梨。後はおやつです。
P1020007 P1020001_2 P1020009












お昼も終わり、ここから近くのサントリー工場へ見学へ行く事にしました。
蒸留水の見学は終わっていると言うので、別コースのウィスキーの方へ行く事にする。
見学が終わり、飲めないけど、瓶が可愛いからと、二人で記念に小さなウィスキーを買う。
P1020099










また、常宿に戻り夕飯の支度です。
マーガレットさんから差し入れの茄子とピーマンで炒め物。
寒天パパの寒天味噌味の汁物。野菜等で美味しく頂きました。
P1020012 P1020014 P1020015






今日は、こちらの併設されている温泉は休み。友人から聞いた近くのフォッサマグナの湯に入りました。
夫々のマイカーベットメーキングして、私とカラッチさんは最後の夜ですから、尽きない話の続きで、私の車内ベットで寝転んでお喋りします。
窓からは涼しい風、静かな夜です。山から下りると足の回復でこんな体操をすると教えて貰う。
寝転んだ二人は足を上に、天井に足を付けたり、その後は山の話等等、時間は足りない位続きます。
カラッチさんには携帯に自身のHPの掲示板に応援メッセージが入るので、チェックしたり、書き込みしたり。
折角書いたのに、間違えて消してしまったり、それは私も同じ失敗をするので、似た機能なんだと夫々の失敗の話等、修学旅行の様だ。

明日は移動日、名残惜し見つつおやすみなさい。



2007年8月10日 (金)

放浪の旅1

母の夏休みは山梨、長野方面へ出掛ける事にして、5日の日曜日はのんびり出掛ける。
放浪の旅のはじまりぃ〜
高速の一部渋滞も有り、談合坂SAは混雑、この先からはスイスイ行く事が出来て、山梨の友人とも無事合流出来た。
6日は、真教寺尾根から赤岳へ行くと言う友人と一緒に友人宅を出て、私は伊那へ向かいます。
時間が早いので、ゆっくり。杖付峠を越えると、守屋神社を見つけた。
P1010942
階段を上って行くのが躊躇われたので、下から見ただけ。

峠を越えると広がる高遠の町。

昔の人もこの峠を越えるととワクワクしたのだろうか。
そんな呑気な話では無く、歩いて越えるのだから、やれやれと思ったのか、どちらにしても、緑濃い奇麗な所です。
次に寄ったのが高遠城趾公園。
P1010947 P1010950 P1010951






セミの鳴き声が夏を感じさせるのに、不思議な静けさが有り、桜の木が緑の葉を茂らせている。
桜の時は花ばかり見ていたのでしょう。どちらも大木です。

いよいよネットの同級生かつとんさん宅へ到着10時です。
お庭にはヘブンリーブルー、素晴らしく奇麗に咲いています。
何時もネットで見ている畑も庭の花も、今日は生だぁ〜と密かに思いながら眺める。

P1010958 家のヘブンちゃん、咲き初めは中々奇麗だった・・なのに、最近は葉が無くて花もしょぼしょぼと咲いている。
手入れが悪いのか。
楽しくお喋りしてから、お昼を近くのお洒落なレストランへ食べに行く。

私とかつとん夫人は明太子スパゲッティー、かつとんさんは、パンと森の仲間達と言う食事。とても盛り沢山で豪華だ。
P1010963 P1010964






こちらはかつとんさんから御馳走になったデザート、ダイエット中を忘れる(^^;; ご馳走様でした。
P1010967
名残惜しかったのですが、次の予定も有り、また伺いますと失礼する。
次にかんてんパパガーデンに寄る。
緑の森の中で、広い所です。
暑いし、あまりに色々な施設が有る様で、私の中で何処へ寄ったら良いのか収拾が付かなくなったので、売店で色々お買物して帰る事にした。
帰りは来る時と違って、脇見しないで真面目に走る、鳳凰三山から下山するカラッチ隊と合流予定が有るからです。
本当は、カラッチさんとかつとんさんと私とで同級会をしたいねと、昨年から計画していた。
今回もちょっと日程が合わなくて、結局時間差同級会となった。
蔦木道の駅で合流。
早速夕飯の支度をする。
P1010968
圧力鍋でご飯を炊く。
カラッチさんの指示で、カケスさんが炒め物をする。
タマネギを炒める。
P1010969 その間に私はかつとんさんから頂いたジャガイモを茹でる。
P1010970






次にイカを炒める、続いて、キャベツと肉を炒める。
P1010972 P1010973






ご飯も炊きあがり、ジャガイモも煮えた。
P1010974
それを3つのパックに詰めて、お風呂の休憩室で食べるのです。
デザートは千葉の梨、そして、残ったご飯は手際良くおむすびにして明日のお昼になります。
P1010975 P1010976






出来上がった頃にハイジさんが来て呉れる。
とても嬉しい、暫くお喋りして、また機会が有ったら会おうねと帰って行く。
お風呂に入り、食事をした後に、マーガレットさん夫妻が訪ねて来て呉れた。
久しぶりのマーガレットさんに、私は初めて会ったよっちゃん。
山の話等をあれこれして楽しい時間だった。
さて、夫々の車でベットメーキングして、お休みなさいです。
充実した一日だったと眠りにつく。



2007年8月 4日 (土)

花火大会

夏恒例の花火大会に行って来ました。
何時もウォーキングに行っている所ですが、袖ケ浦市主催の夏祭りに成っていて、午後の1時頃から無料解放されます。
台風が去って、蒸し暑く、風も強い中を娘と出掛けました。
昨年迄は、休みが違うので参加した事の無かった娘も、今年から、土日休みに成ったので、楽しみにして行きました。
早めに着いたので、一番暑い時間帯、まず座る場所に荷物だけ置いて、早速ソフトリーム売り場へ。
後は、涼しそうな所を探して夕方を待つ。
やっと日が陰って来たので、荷物の所へ行き、レジャーシートを広げて、座布団を枕にしばし休憩。
遠くで催しの元気な声が聞こえている。
P1010877
お弁当を食べて、もう花火の時間迄待つしか有りません。
8時からですから、のんびり覚悟を決めて待つだけ。
その頃からは涼しい風に変わって肌寒い位に成った。
カウントダウンで始まった花火。
近くのおじさんの会話が聞こえて来る。
「何だか間隔も有るし、花火が小さい」
そのうちに、大きな花火が上がると、「この位無いとな・・」「この色は好きだ」辺りから段々無口になり、「凄い」とか、「おぉ〜」とか、最後は「いいな、いいな、凄いぞ!」で終わり、聞いていた私たちも、お気に召された様子にホッとする(^^)
スターマインと呼ばれる花火は、こちらから見るとヤケになって全部ばらまいた様に見える程連続です。
最後は特大の花火で、見ている私たちも拍手喝采。

花火に設定したカメラ、全部クラゲの様に写っていた・・ガックリ!
何とローカルな花火大会の終わりです。
そして、明日から、私は夏休み、お出掛けして来ます。
皆さんもよい夏休みを過ごして下さいねぇ〜(^^)
P1010878

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »