最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 日々の暮らし | トップページ | 安房高山 »

2007年5月17日 (木)

夢を見ても朝に成るとどんな夢だったのか覚えていない事が多い。
それが、家のおばあちゃんはかなり具体的な夢を見るらしい。
朝食の時にそんな話をする。
誰々とどこそこへ行き、何かを食べたとか・・
私等は、所詮夢の話なんだからと、そんな話に取り合わない、冷たいのです。
時にはこちらを責めたりするから、夢でしょと一喝。
人生経験が長いと、見る夢もバラエティーに富んでいるのかな。
私が、珍しく今朝見た夢の事を覚えていたのは、夢の中にキムタクが居た。
何かしていたら、キムタクが「お母さん、そんなに慌ててしなくても良いよ」と言ってた。
キムタクが息子か・・・
そして、どうやら引っ越ししたらしいのだが、家にクーラーを取り残したままで、あのクーラーは去年買ったばかりで、勿体ない等と言っている。
こんな所にいかにも生活が出ている。
決して新しいのを買おう、なんて太っ腹な事は言わない。
出来るなら、夢一杯の現実的には無い、それこそ夢みたいな夢を見たい物です。

« 日々の暮らし | トップページ | 安房高山 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

キャハハ~キムタクが息子だなんてね(^^)
クーラー云々という現実的な事は置いといて~天下のキムタク様が息子として夢に出てくれたのだから拍手(^_^)//
でも欲を言えば恋人だったら良かったかな^m^

「会いたい」と思ってくれてる人が夢に出るんだそうです。
と言うことは、キムタクは、おばあちゃんに会いたがっている?(笑)

可愛いおばあちゃんだな〜。

千春ちゃん

そう、キムタクは息子だったみたいよ(^^;;
ハハハ〜恋人って幾ら何でも無理が有る。
渡哲也位に年齢が上がらないと釣り合わないよ、って、年の問題では無いね(^^;;

いくちゃん

夢にキムタクがて出来たのは私の夢だったの。
おばあちやんの夢はどうもそんな風な物じゃないので良く聞いて上げてない。
今度は、しっかり聞いて上げましょう。
それにしても、どうして私の息子がキムタクなの、今でも不思議です。
コマーシャルでも見たのかな(^^)それさえも忘れてる・・

長男がキムタクに似ていると信じきっているわたし・・

息子から、『世間で絶対にそんなこと言わないでね。ぼくが恥をかくだけだから・・』と釘をさされています。

言っているし・・(見えないからいいよね)

ぴとこさん

実際に似ているご子息と一緒だと、夢には出ないんだねぇ〜
私は女の子ばかりだから、男の子の事がイマイチ分からない、でも、どんなかなと想像はするんだ。
頼りになりそうだもんね、男の子。友達は全然違うと言うんだけどね・・似ているご子息、一度ちらっと拝見したい(^^)

山百合さんやぴとこさんの夢を壊すようで悪いけど~(笑)
キムタクにあったことのある我が息子曰く・・・
「あんな男がどうしてチヤホヤされるのかな? 俺の方が・・・」だなんて~
よくもまぁ~言うもんだわさ~
全国のキムタクファンから足蹴りされるわよ!
この母の顔を知ってる皆さ~ん、我が息子の顔・・・想像できるでしょ~(爆)

カラッチさん
キムタクにお宅のご子息は会った事が有るんだ・・
今、カラッチさんとカケスさんの顔をミックスさせて想像しています・・素敵じゃないですか。
きっと背も高く、凛々しい事でしょう(^^)
夢の中のキムタクは、キムタクでしたよ〜〜って、どっちかと言うと普通な感じでしたね。
夢の話してどうする・・

良い夢は、楽しいですね。

この前の、検査入院の時の悪夢、どんな夢か覚えていないけれど、とにかく悪夢だった。

何年か前、歯が悪くなって悪夢を見るようになった、歯がポロポロ欠けて口の中からあふれてくる夢である、毎晩毎晩、何度と無く見て睡眠不足になってしまった、痛みが無かったので中々歯医者へ行くきにならなかったが、思い切って歯医者へ行き、歯を治したらピタリと夢を見なくなった、不思議なものです。

榛名さん

困った夢を見た御陰で、歯の治療をしたんですかぁ〜、良かったのか、悪かったのか・・結果は良かったから良い夢だったと思いましょう。
夢って殆ど覚えてないのですが、多分毎晩見てますね(^^)

私の夢、トイレを探して見つからない、って事が多いです・・目が覚めて仕方無くトイレに行ってます・・

私もおばあちゃんのように夢のこと良く覚えていることがあります。
しかも、何十年も昔の夢までハッキリと!
現実的ではないのが殆どですが・・・
正夢っていうのも一度だけ。若い頃、勤め帰りに商店街で「春のブラウスのコンテスト」と言う催しをやっていたので
気に入った商品に名前と住所を書いて応募しました。
そしたら当選した夢を見たのです。夢か~と思ったら、その日に商品が届いたのです。
これには吃驚!
宝くじが当たった夢でも見ないかな~なんて欲張っちゃ~いけませんよね(笑)

あずささん

夢が正夢って事は忘れないよね。
私にもそんな覚えが有る。
その時は、本当に夢と同じ様な場面だったので、私って超能力なんて、錯覚したわ(^^)
それ以来、そんな事もなく過ごして、夕べの夢は何だったかと忘れてる〜〜

宝くじ、当りたいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日々の暮らし | トップページ | 安房高山 »