最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

勝浦ビックひな祭り

今日はネットのお友達と千葉の勝浦で開催されているビックひな祭りに出掛けた。
mimiさん、あずささん、moguさんです。
五井駅までお迎えに行き、297号を海に向かって車を走らせる。
勝浦は丘陵地帯から海に向かって下り切った場所に有る街ですから、狭い所、少し離れた守谷海岸に臨時駐車場が有ります、勝浦の町へ出ないで、直接そちらに向かいました。
その駐車場からは会場の市民会館までシャトルバスが出ています。
P2270001_4 P2270010_1 P2270012_3






神社の階段に並べられたお雛様は朝ボランティアの方によって飾り付けされて、夜には片付けているそうです。
雨や大風の時はこうした屋外の展示は行われていない。

P2270019P2270032
町の商店街の店先にも色々なお雛様が飾られていて、通りを歩きながら楽しめる。

最後は市民会館に見事に飾られたお雛様が圧巻。
 P2270039

このお雛様は、日本で一番大きなお雛様だそうです。



P2270026_1
P2270027お昼は、美味しい物を頂きました(^^)
P2270028






私たちの楽しみは買物に有ります。
干物屋さんへ寄ると、店の前一杯に魚が干してあります。
後30分程したら良いんだけどと言われても、その30分が待てないので、出来上がっているアジの干物を買って帰る。P2270029

2007年2月25日 (日)

江戸博から月島へ

今日は、下の娘と両国の江戸博物館に出掛けた。
東京へ行くとなると、目的を2つ程設定する。
午前中は、京橋で植物画の展示会が開かれているので、そちらの絵を見てから午後は江戸博へ行く。
江戸博の特別展は江戸城です。
江戸博へ着くと、人が多い、特別展は長蛇の列、なので、最初は常設展の方へ行く事にする。
以前来た時より、少し展示が違う物も有ったりして、のんびり色々歩いて楽しむ。
籠に乗って見た娘が「狭い!」と体験迄した。
そして、特別展に並ぶ・・混雑してる・・
見たのは殆ど人の頭。最後に江戸城の中をコンピューターグラフィクスで復元した映像。
奇麗で迫力が有った。
この様な展示は平日に来るべきであったと反省して江戸博を後にする。

次の予定は、月島。
MINMINさんの所で月島でモンジャを食べたと読んだので、行って見たい、食べて見たいと思っていた。
モンジャを食べた事は一度だけ。それも20年程前かも知れない。
なので、味も忘れているし、どんな物だったかの記憶も無い。
月島へ着くと、モンジャの店の通りが有る。
既にモンジャと言うかお好み焼きの匂いが漂っている。
通りをずっと歩いて、色々な店を見て歩く。
一回りしてから、娘が決めた店に入る。
ちょっと期待でドキドキ(^^)
着るものに匂いが移らない様にと箱形の椅子の下に荷物が入れられる様になっていた。
色々な種類の物が有り、娘に任せると、餅入りで、明太子とチーズ。
お姉さんが材料の入った大鉢を持って来て、作られますかと聞いた。
分かりませんと言うと、手際よく作って呉れる。
食べて見る、美味しい〜熱い〜早くしないと焦げそう、と中々忙しい。
予定では最後に焼きそばと思っていたが、既にお腹もふくれてしまう。
娘は、アサリを頼み、私は椎茸で終わりにした。
自分で作れと言われたら出来ないかも知れないけど、また食べに来たい思う所で、満足した。

帰りは、地下鉄で新木場迄行くと、日曜の夜の事なのか、時間のせいか、電車がすぐ来ない。
これではと東京へ戻り、今日は疲れたからと特急に乗る。
私たちの前に一人の男性が座った。
リクライニングを少々多めに倒して寛がれてた。
なので、その方の行動が私からよく見える。
車掌さんが回って来て、切符の確認、その方は蘇我迄と言うのが聞こえた。
その方は携帯でメールしたりしているからお迎えの依頼かな(勝手に想像)
蘇我に行けば、前が空くんだなとも思った。
私は娘とあれこれお喋りしていて、程なく蘇我に到着。
ふと、前を見ると、その男性こっくりしてて、降りない。
蘇我ですよと言いたい、でも言えない・・出迎えの方も困るだろうし、って私も経験有るんです。
迎えに行ったら降りて来ない、寝過ごしてしまったけど、当時は携帯も無い時代で困った。
電車が出ちゃうと焦る私、仕方無いので「蘇我に着くと五井はもうすぐって思うよね」っと娘に少し大きめな声で言って見る。
事情の分からない娘は?っと言う感じで曖昧な返事。
それでも、その方は降りない・・とうとう電車が発車した・・「あっ、寝過ごした・・」と呟くのが聞こえた。
まさか、こんな時に、いくらおばさんでも声は掛けられない物です。
「寝過ごしてしまった」と携帯で話でいるからお迎えを頼んだ人にだろう。

最後迄飽きない一日だった。





2007年2月17日 (土)

この頃

味噌作りをしたり、一緒に遊んだ友人が帰ってからの私は楽しく忙しい日々でした。

友人とは、東京駅で待ち合わせして、お昼を丸ビルで食べてから、日暮里の繊維街へ向かった。
友人は、あれこれと布を選ぶ、縫う事になる私にどの程度の生地が必要か確認してから切って貰い、3人とも大きな袋を下げて電車に乗った。
電車では若い人から席を譲られて、一瞬戸惑ったけど、遠慮しないで座らせて貰った。
見るからに疲れている様に見えたんだわ(^^)

友人が帰ってからは、相談していた型であれこれと楽しみながら作った。
細い体型の友人の物は、時として予定より布が余る。
そんな布をどうにかならないかと考えるのも楽しい。
教室では、足りない所をはぎ合わせる等と言うことはしないけど個人ですることなので、許されるのですね。
スカート3枚、パンツ1枚、シャツ5枚、ベスト2枚、ボレロ2枚、ジャンパースカート1枚を作り、夫々に発送。
三島は翌日に到着、早速喜んで電話が有り、あれこれとお喋りするのも楽しい。
そして、北海道は一日遅れで電話。
又また楽しくお喋りして、おばさんの話は尽きないのです。

私が最初にこのニットソーイングに出会い、教室へ通うと決めたのは、娘の為に何か出来ないかと思ったのが始まりです。
所が、娘達の希望と言うのが中々難しい。
生地とか色とか気に入らない様です。
その点、おばさんにはニットは伸びる生地なので、少々のサイズ違いにも対応出来るし、既製品の袖が長いとか、着丈が長いとか、腰回りがきついと言う事に問題なく修正の利く所がぴったり。
既製品では最初に自分に合うサイズを選び、色目とか、柄には妥協すると言う人が多い事も知った。
初めは、個人情報だからとサイズを教えたがらなかった友人も、最近では気にせず告知。
まだまだ勉強中の私には色々作る事が一番です。

季節は冬物から春物へ移行中。
色々な所で冬物のバーゲンが始まっている。
ボタニカルの展示会で出掛けたビルの中にも布の売り場が有り、ちょっと見たら安くなっていた。
又、嬉しい忙しさが続く(^^)



2007年2月 8日 (木)

友人

札幌の友人が上京して来て、6日からは空いていると連絡が入る。
早速三島の友人に連絡して、2泊3日で我が家に来ると言う事が決まる。
40数年の付き合いで、お互い子育ても終わり、無理無く、都合の良い時に会おうと言う事で、ここ数年は年に何度か会っている。
会えば、良く、これだけお喋りが出来る物だとお互い感心しながらも喋っている。

7日は、二人の希望で味噌作り。
午前中、二人に味噌作り指導、と言っても最初だけで、後は二人で圧力鍋とフードプロセッサーを使いせっせと手際良く作って行く。
P2080026_1

出来上がった味噌は早速札幌へ発送。




さて、午後は名残の水仙を見ようと、高速で道の駅「ふらり」へ行く。
少し遅めのお昼を食べて、いよいよ遊歩道へ向かいました。
P2070001_2
P2070002_3P2070004  






水仙畑に梅も咲き始めている。シキミも花が沢山咲いて、梅と水仙とで新鮮な景色になった。



P2070011
展望台では、雲の間の隙間から差し込む太陽の光が波間にスポットの様に見える。

P2070015 P2070018






展望広場の水仙は丈が短い、多分植えられて間がないのでしょう。
それでも、懸命に咲いていると言う感じです。
帰り道の水仙は、まだまだ奇麗に咲いていて、充分楽しませて呉れました。
今日は、誰にも会わない散策です。
この1ヶ月、水仙遊歩道では水仙と展望とを充分楽しませて貰えて、感謝の言葉で一杯です。

8日は午前中は味噌作り、今度は三島の友人の所の物です。
今日は、昨日の経験からほぼ二人に任せての味噌作りでした。
出来上がって早速三島へ発送する。
そして、午後、羽田から札幌へ帰る友人をバス停迄送り、JRの駅へ三島の友人を送り、楽しい2泊3日のおばさんの集いは、またね、の言葉をお互いに言いつつお別れしました。

ずっとこちらでは春の様な陽気でしたが、夜になって、「札幌は一面の銀世界です」と到着メールが来た。
        





2007年2月 5日 (月)

猫の日々

我が家の暖房は、設置するタイプの石油ファンヒーターとエアコン、寒さに応じて使い分けている。
最初に一気に暖かくしてからは、反射式の石油ストーブだけにしたりする。
そのストーブは、2000年問題で、電気が来ないかも知れない時に買ったと言う友人の所で使っているのを見た。
石油臭さも無くて、ストーブの上でお湯も沸かせると言うのが気に入って買い求めたもの。
今、家でこのストーブを一番気に入っているのがネコ達です。
ファンヒーターは暖かさが吹き出し口から出て来るのが嫌らしい。

りんごが機嫌良く座っていると、まっくが近づいて行き、邪魔とばかりに追い払う。
P2020001_1_2  P2020003          P2020008  

少し離れた所からりんごはまっくを見ている。顔を合わせたく無いまっく。

やがて、まっくはお気に入りのフリースのベットに入り込んだが、やや不満顔。
お気楽りんごは、まっくが離れたので安心したのか・・

P2020011

こんな格好で寝てしまった。
こんな格好をする時は、私たちも近くに居て、安心して居る時に限ります。

猫も2匹いると性格の違い、力関係等が分かって面白いし、夫々が好きな人をと言うか、主人と思う人を決めるのも分かった。
まっくは私をお母さんと思っているらしい。
夜、私が布団に入ると、にゃ〜〜と鳴きながら定位置に来る。
そして、腕をぎゅ〜っと布団に入れて、私の腕の辺りをもみだす。
私としては、肩なんぞお願いしたい所ですが、何と言っても猫の手ですから・・
しばらくすると、体の向きを変えて私にどっと寄りかかって寝る。
先日は、私の顔にぴったり寄りかかり、危うく窒息しそうだった。
明け方になると、寒いのか、布団に入って来る。
そんな時は肉丘が冷たいし、時にはくしゃみしながらだったり、まったく何と思っているのかと言いたいが、知らん顔していると、顔を猫パンチされる。
こんなじゃおちおち寝てられないと言いながら、猫親馬鹿な私は今日もまっくと一緒です。

2007年2月 3日 (土)

お買い物

今日は娘を連れて買物に。
団地の中を毎日何処かの石油販売車が回っている。
この2年程1缶14〜1500円、それがホームセンター等では1200円前後で売られている。
一度に何缶も買えばその差はアリアリ、っと言う事で今はすっかりホームセンターで御世話になる。
ここでは、いかにも退職後この仕事に就いたと言う人たちばかりが居て、その丁寧な仕事ぶりが気持ちが良い。
今日は、灯油の値段が下がっている。
ホームセンターでは他に猫の餌とか、日用品とかあれこれ買って次に行こうとしたら、娘がパフェが食べたいと言い出す。
まぁ、こんな事も良いかとファミレスに寄る。
テーブルの所にはドラエモンのお絵描きが有る。
子供用でしょう。そして、その紙は折り紙にもなる。
何となく娘と二人で注文した物が来る迄折り紙を折る。

200702031504000_1 あれこれやっていると、美味しいパフェと、クレープが来る。
ご馳走様。

さて、次は図書館です。
土曜日は混雑しているけど、返却本も多いので、借りたいと思う本にも出会えるチャンスが多い。
もう荷物を増やしたく無いからと本は出来るだけ図書館でと決めている。
あれこれ探していると柴田よしきさんの所へ出た。
この方とは、パソコン通信時代にちょっとご縁が有った。
まだ、今の様にインターネットのホームページには縁遠い頃で、柴田よしきさんから、キノコ関係のお話の場を作りたいから参加しませんかと言うお誘いが来た。
山フォーラムで私の名前を見かけたからと言う理由でしたが、声の掛かった他の人の中には知り合いが何人もいた。
キノコの話等を今の掲示板の様な所であれこれしたり、当事横溝正史賞を受けて間もなくで、新刊が出るとご案内頂いたり、年賀状等も貰った。
一度だけ、オフ会でお会いするチャンスが有ったのですが、都合が付かなくて残念でした。
私の方が、その頃夫の事などでそれどころでは無い状態になったのと、パソコン通信の時代からインターネットへの変換期で、きのこのお母さんと言うハンドルネームの柴田さんもその掲示板を閉じられた。
とてもキノコに詳しくて、作品に時々キノコの話が出て来たりする。
それから10年、次々と本を出して、私も読ませて貰っている。
それ迄、ほとんど、ミステリーを読んでいなかった私には結構新鮮で、今のテレビのミステリー番組が好きと言う元になったのかも知れない。
娘と二人で、色々な本を借りて、次は、スーパーへ。
スーパーでの買物を終えて、本日の買物終了。

2007年2月 1日 (木)

東京オフ会

昨日は、何時もネットで親しくさせて頂いているMINMINさんとぴとこさんと東京でオフ会でした。

私は、少し早めに家を出て日暮里で買物、待ち合わせの場所へも早めに着いた。
待っている間の人間ウオッチングも中々楽しい。
家路に急ぐと思われる人などの、お勤め帰りの人には夫々共通の雰囲気が有る。
私の前に女性が現れた、ちょっと回りと雰囲気が違うので、何となく見るとも無しにって、ずっと見ていたけど・・
そのうち、また同じ様な女性が旅行用らしいバックを持って集まって来た。
引率なのか、関係者らしい男性も来た。
そのグループを見ていたら、皆さん、最近では珍しく髪をセットしている。長い髪を後ろできちんと束ねていて、きちんとお化粧している。
美容関係みたいだなと見ていたら、次々と来る人、皆同じ雰囲気で、同じ髪型にセットしている。
なので、改札から歩いて来ると、そのグループの人だと分かる。
洋服は黒系。皆さん、どちらかと言うと、奇麗な方だけど、若過ぎず、落ち着いた感じの人も居て、最終15人程でぞろぞろと出て行かれた。

そうこうするうちに、ぴとこさんが来る。何だか、年の離れた妹を待っていた様な気分になる。
初対面のMINMINも来られて、3人で丸の内でお食事となる。
MINMINさんは私たちとのオフで、何処が良いかと思案された様ですが、私たちは気取らない所でと言う事で、本来はお酒も頂く和食の所へ行く。
野菜の料理のお店。好みの所です。
飲めない私たちはまずはウーロン茶で乾杯。
いよいよ料理を頼みました。
P1310013_1
P1310014_1
野菜中心で美味しかった。
危なく写真を撮り忘れる所だった。
こんな時、私等はつい美味しそう〜っと料理に目が眩んでしまい、食べた後で写真と思う事しばしですが、今回は落ち着いたMINMINさんとぴとこさんがいて良かった(^^)
話は、当然山とかスキーとか、共通の趣味の人とは年齢や背景に関係無く楽しくお話出来る物です。
混雑のお店で、次の予約の方が来るので、2時間程で移動。

今度はお茶を飲みますが、MINMINさんのスキーとぴとこさんのスキーの話題が楽しくて、時間の経つのも忘れる。
10時近くなり、名残惜しく丸の内のイルミネーションを見てお別れです。

P1310018_1 久しぶりに遅い電車に乗ると、混雑、皆さんお勤め帰りです。
結局その混雑は千葉の手前まで続く。
乗り換えた電車もそれなりの混雑です。
日本経済と家庭を支える皆さん、遅くまで大変です。

楽しいオフ会で、MINMINさんとぴとこさんに感謝の一日でした。



« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »