最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 再び水仙へ | トップページ | 春へ »

2007年1月27日 (土)

高橋 孝

以前、小椋 佳のコンサートに行った時に千葉の出身で津軽三味線と民謡を歌う人が出ていた。
その人を小椋 佳がプロデュースして世に出すと言うファーストコンサートが千葉で有ったので、娘と行って来ました。
と言っても、この事は、ネットの群馬のトラベエさんの所で知ったのでした。
トラベエさんはCDをネットでポチっとして購入したらしい。
私は、チケットをネットでポチッとして予約。
小椋 佳のコンサートの時歌を聞いて、ちょっと不思議なこぶしの人だと思っていたので、興味がわいたのと、コンサートには小椋 佳が来ると言う。
そして、料金は2500円、安い!
1時半開場と言うのでのんびり行くと・・既に長蛇の列
200701271331001 200701271331000 びっくりして携帯で写真を撮る。

そんなに宣伝していたのかしらと思いながら会場に入る。
そんなに前に行かなくても充分よと言う娘の言葉に、真ん中より後方の、更に半ば程の右側の席に座る。
前なら顔が見えるのにと母は若干不満。
ほぼ満席状態。地元だからなぁ〜

何と言うか、和洋の融合と言う感じで津軽三味線も効果的に使いながら、独特の節回しの高音が奇麗に響く。
バックのチェロの音が素敵。ギターも良かった。
そして、2部にはお待ちかね、小椋 佳が万来の拍手の中登場した。
一緒に2曲程歌ったが、圧倒的な存在感でした。
トークも慣れていて、適度に和ませたり、笑わせたり。
小椋佳の退場後は高橋 孝さん自身も、やり難いけど頑張りますと言ってた。
初めてのコンサートで皆さんに来て貰えて嬉しいと、初々しいトークや感じが好感が持てる青年でした。

コンサートも終わり会場を出ると、CDを買った人との握手会をしている。
本人がどんな顔なのか良く分からなかったので、近くで見ようと、ついでに携帯で写真を撮ろうとすると、娘が怒る。
でも、母は何とか撮ろうとするが、残念、どれもボケボケに写る。
しかし、携帯で写真を撮る人が一杯囲んでいる・・娘は更に怒る・・
人垣では無理だしと、写真を諦めて回りを見ると娘が居ない。
こんな所で迷子なんてとあちこち見回すと、離れた椅子に座って待っている娘を発見。
ヤレヤレです(^^;;
背の高い娘は人垣の上から見えた高橋孝さんの事を「ポチ玉」の犬を連れて全国へ行く松本君に似ていると言う。
やっぱり娘だって見ていたんだ・・

CDも良いけど、やっぱり生で見ると言うより聞くのは、どんなコンサートでも良い物だと思った。


« 再び水仙へ | トップページ | 春へ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

高橋孝コンサート、行かれましたか。
それはそれは(^^)……うらやましい限りでございます。

トラベエも「生」で津軽三味線とあの高音を聴いてみたいのですよ。
でも(小さな声で)、あのこぶしが歌謡曲として認知されるのかどうか……興味深いです。
歌なしの津軽三味線の演奏が聴きたいって願望もあるのですが、そういうのはなかったですか?

「ああ、今日は高橋孝のコンサートだなぁ」と思いながら仕事してました……悲しい土曜日(^^;
小椋佳は先週隣町に来たんですよ……でも、スノーハイク優先でご縁がなかったです。
フン、CDで良いのさ!……って、小椋佳のCD買えないんですよねぇ(^^;

高橋孝さんの話ではなくてすみません。
小椋桂さん、特別ファンではないんですが
子供の頃にNHKで放送してた
「マルコ・ポーロの冒険」という番組が大好きで
このサントラを担当してた小椋桂さんのアルバムは
しっかり買いましたね。
CDになってからもちゃんと買い換えました。
この記事を見てCD出して今、聞きながら書いてます( ^ ^ )

トラベエさん

高橋君って言う程若かったです。
そして、私も、あのこぶしに不思議な感覚と、高い声のときに何故か邦楽の新内を思い浮かべてました。
津軽三味線を聞かせて呉れましたし、コンサートとしては良かったです。
これからどう育つのかによってはブレイクするか・・
でも、小椋佳さんの存在感と歌唱力には痺れましたよ〜〜

帰ってから、娘と折半でCDポチッとしてしまいました。
早速今日届いたのですが、聞いた二人の感想は、コンサートとは違うって事ですかね。

えびさん

小椋佳さん、コンサートの中で、「山河」を歌いましたが、素晴らしかった。
以前近くの市民会館でのコンサートの時、手術の後と言う事で、少し痩せていましたが、昨日は、元に戻った感じで、充分な声量でしたよ。
トークも良かった。
えびさんの世代だと、小椋さんの活躍してた頃はまだ小学生?ではない。

少し前、たしか・・BSでこの二人の番組を見ましたよ。
小椋佳さんの作った曲って大勢の歌手が歌っているけれど素晴らしいものばかりですよね。かつとんも、凄い能力のある人だなと思ってみていました。もちろん、ご本人が歌うのも引きつけるものがありますよね。
若い歌手の青年だけど、小椋さんは能力を認め育てたいと思っているのでしょうね。

かつとんさん

今日は、届いたCDでこの人の唄を聞きました。
やっぱり生って言うのは本人の感情も入るし、バックも良いのでちょっと物足りなかったです。
でも、不思議なこぶしを生かして、小椋佳さんの後押しで成長して欲しいです。
千葉の人ですし、これからも気にして行きましょう。

コンサート、暫くご縁がないな~
10年位前に小椋 佳さんのコンサートに行った時のことを思い出しました。
曲も歌詞もとっても好きです。声もね。もちろんトークも素敵でした。

ファンなのに何故かCDをもっていません。やっぱり欲しくなりました。

あずささん

やっぱり小椋佳さんってファンが多いね。
声が凄く好きです。
数年前に行ったコンサートで、トークも良かったし、頭の良さがさりげなく出ていて楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び水仙へ | トップページ | 春へ »